やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

がんばりどころ

a0158478_10472862.jpg
何度でも何度でも~♪撮るよ~♪

野ブドウ

でもね、きれいな色程「虫」が入ってるんですってよ♪る~♪



他人様のブログでおうちの不具合を読むにつけ。 ああ。うちもうちも。と激しく首肯。
やっぱり20年過ぎるとあちこちがったがたですね。

今一番直さなきゃならないと思ってるのが玄関ドア。
大分前から、鍵がうまく回らない。滑りが悪い、ひっかかる。などなどで、人が出入りするたびに「がったんがったん」うるさいの。
(締りが悪くて力ずくで引っ張るから家ごと揺れるときもあり)←
かつて、ドアチャイムなんて可愛らしいもの下げてたんだけど、これが必要ないほど、だれかが出入りしたらわかるから。
しかもそのチャイムも激しい開け閉めに落下して破壊されたんだったww

夫が何度も直しているんだけど、もうそんな素人技ではどうにもならなくなってきて、いよいよプロに頼むかと・・
鍵部分だけでも直せるかもしれないけど、昔の玄関ドアって断熱のことってあんまり考えられてないのよね。
玄関断熱ってなかなかすごいらしいので、もういっそドアごとってことになりそう。

で、カタログやネットで調べ始めたら、これがなかなかいいお値段。
工事は一日でできるけど、どこに頼んだらいいのやら。
こういうとき、夫って「いいよ。やろうよ」って簡単に言うけど、自分で業者探しとか絶対しないからなー。
むむー。

まー。ともかく玄関は予想外だった。
築24年の我が家。 2階増築、外壁の塗り直し、下水道が来て、トイレの改修。
洗面台は一昨年替えたし、台所のガスコンロも替えた、次はお風呂かな? 内装の壁もそろそろだけどこれは自分たちでできるかな?とか
あ、その前に車も! 
と、次から次へと買い替えやら修繕の時期が来ていて、まさかの玄関ってかんじ。

アタマイテー 

こんな頭の痛いときに、夫は最近休みといえば家に居ないのであーる。
ま、今日は仕事だけど、友人に誘われて~とか(先週は千葉へお出掛けよ)、山の会~とか、来月も楽しい予定がおありのようで。

コ・ン・チ・キ・ショー!メ!!(怒)

と、思わざるを得ない妻なのであーる。


そして、昨日。 娘から。
「研究室!!!行きたいところに行けるーーー!!」と喜びのメールが。
もう1年生の時から希望してた研究室に入れたそうで。このまま院に進む気満々だし、院に行ったら海外もありなんだとか。

そ、そつぎょうは・・・・いつやーーーーーーーーー!?

いや。娘には怒らないよ。彼女じつは学費免除なのです。ありがたや~。

でも、当面仕送りは続くよなー。


無言




よし。ここが頑張りどころや。

11月の職場の予定がすざましい。







[PR]
# by vinge | 2017-10-14 11:56 | つれづれ | Comments(6)

秋の日はつるべ落とし

a0158478_10232446.jpg
この3年ほど北帰行しなくなった「きんくろはじろ」

夏の間、ずっと一羽きりでこの池にいる



10月1日

「ただいま」
a0158478_10261416.jpg
「おかえり」

再会の秋




「おかえり」といえば、一昨日弾丸のように帰宅のP。
午後来て、昨日の午前戻っていった。しかも滞在時間の半分以上寝てたwwww

馬鹿みたいに忙しい弓道部の幹部なんだけど 以前のようなポーカーフェイスのPでなくて
人前でも泣いたり怒ったりするようになったんだそうだ。
男子に向かって「殴らせろっ!」くらいの発言する(実行せず)そうで。 あらやだ。誰に似てきたんだか・・・・滝汗
ま、
たぶん。いいことだよね。苦笑 (この先「は〇ーーーー!」と叫んで録音されることの無きように願う母)





先日日曜日に、久しぶりに夫とドライブ。
棚田の風景を見にいって、そのさらに上にある前から気になっていたカフェに行く。

a0158478_11011226.jpg
夫とカフェに入るなんて、今まであったかな? 爆



このお店ドラマ「りばーす」のロケに使われた場所です。
以前から大きな赤い屋根が目についてたけど、ずっと神社かなにかの屋根だと思ってたのww

お昼食べたばかりだから、お茶だけで・・・と思ったのに、メニュー見てたらあんみつ食べたくなって注文。
a0158478_11054930.jpg
あれ?これあんみつ?パフェみたいだけど・・w

夫も「この店いいなあ~」って言ってたけど、次は娘と来よう。そして、ケーキセットにしよう。← 


ここからさらに足を伸ばして真田方面へ。

a0158478_11143004.jpg
真田昌之のお墓がある「長谷寺」
一時期のあの騒ぎはすっかり冷めて閑散としてますが、それでもちらほら観光客の姿も・・・(あるだけまだまし)
山深くにあるお寺なので、本堂の扉が閉まってます。
なぜなら・・・・・
a0158478_11203192.jpg
こういう理由で

(扉を開けると、賽銭箱とおみくじとお札が並んでるのwww)

静かに開けて、静かに拝んで、静かに閉めて帰ってきました。


直売に、キノコやりんごが並び始めて今年は栗もたくさん!!
もう栗ご飯を一回、甘露煮を一回作ってますが、さらにむーが「セブ○イレブンで売ってた!!」と買ってきたのが、この大きな栗!

a0158478_11270674.jpg
セブンさんて、店によっていろいろだよねー。こんなふうに直売風だったり・・この前住宅街にあったお店に入ったら、おでんの「貸鍋します」って、小ぶりのアルミの鍋がずらずら並んでて驚いた。

この大きな栗は「ためしてガッテン」でやってた保存法で熟成中。 1週間ほどしたら蒸して食べよう~!














[PR]
# by vinge | 2017-10-05 11:16 | つれづれ | Comments(4)

7か月!

a0158478_08482641.jpg
菱(ひし)
北欧デザインっぽくない?


近くに行くと、一株ごとにケロヨンがのっていて、きゅんきゅん鳴きながら池に飛び込む。

きみらは何カエル??



背中は完治。今週はまた瞬く間に過ぎて~明日から10月ですと。寒いね。
背中をやられるとよくわかるのだけど、肩甲骨の真ん中あたりが凝ると気持ちが落ち込むのです。
夏休みの最後の日に帰るかもしれないといっていたPも結局帰れないことになり、朝晩の気温差とか、いろんなものがごっちゃになって
もう、本当に久しぶりに感情が揺さぶられまくり。 やさぐれてたわー。はー。


話変わります。がらり。

あれから7か月が経ちました。

いつ食べる??と、時々覗き込んでいたのですが、ちょうど買った味噌が終わったので、いよいよ食べてみることに!!

a0158478_09293065.jpg
おおおお!いい感じ~~~~!

義父母が元気だったころは、義母がお気に入りの味噌屋さんから仕込み味噌を家の裏の大きな甕のなかに仕込んで、帰省のたびにそこから分けてもらっていたのですが。
いつも新味噌の時期になると「新味噌おいしくないねー」というのが口癖で。
で私は「そうですねー」とか適当な相槌を打ちつつもらってたけど。
彼女は、味噌も終わり近くなるとやっぱり「古味噌まずいねー」とか言っていて、思いだしてみると「今がおいしい」といった日があったかどうか?というか、いつでも何かくれる時「これはおいしいから」って言ってもらってなかった気がするww
なんだろ、嫁に対する謙遜ってやつだったのかしら?「つまらないものですが・・」てきな。
あ、あれ? もしかしてーあのとき「そんなことないですよー。お義母さんのお味噌おいしいですよー」とか言えばよかったわけ??
うわ。今気が付いたわ。 爆

というわけで、なんとなく「新味噌はまずい」という刷り込みのもとでの開封。

a0158478_09475549.jpg
味噌汁!
焼き味噌むすび
キュウリの粕漬け


麹多めなので甘いです。 最近ずーーーーっと、市販の普通の味噌に慣れてしまってたので、あれ?味噌ってこんな味だったっけ?って感じ。
ただ、よけいなものが入ってない分。

とっても健康的な味がします。爆  (うまいか不味いかの言及せず)←

さて、毎日の味噌汁がたのしみ♪



















[PR]
# by vinge | 2017-09-30 08:49 | 作る | Comments(6)

秋色いろいろ

a0158478_20035090.jpg
朝露の冷たさ

モズの高鳴き

金木犀の香り

a0158478_22272895.jpg

魚の跳ねる音

a0158478_22293361.jpg
収穫

a0158478_22313759.jpg
おおいぬたで

a0158478_22324935.jpg
a0158478_22333421.jpg
ぬるで

a0158478_22342560.jpg
あめりかせんだんぐさ

a0158478_22290048.jpg
のぶどう

a0158478_22423303.jpg
ふっくら猫


[PR]
# by vinge | 2017-09-24 20:40 | おさんぽ・おでかけ | Comments(6)

君の名は

a0158478_11293897.jpg
連日連投

ヒマなの。ふふ。


動けないからって、PCばっかり見てたら、やっぱり肩が凝ってどうしようもないのであーる。(「安静に」の意味取り違え)
で、ちょっとばかり散歩。
そろそろ朝顔(朝顔は短日性の植物なので秋にかけて花が咲く)の季節なので近くの土手に毎年勝手に生えてるこれを見に行く。

a0158478_11332630.jpg
なんとこのアレチウリの繁殖ぶりよ!!!! 涙
前は、ここ一面に朝顔だったのに・・・・ 
違う土手も、越して来たばかりのころは、ワレモコウやオミナエシ、桔梗などが花畑のように揺れていたのに、今は影もない。
かなしいかな。

ところで「君の名は」なんだけど。あれじゃなくて。3回も見たあれじゃなくて。
植物の名や地名というのが気になるお年頃なのですが。(おそろしく個人的に)
昨今の市町村大合併により、昔からの地方名が消えつつあることから気になり始めた土地名。
これが調べ始めたら面白いのね。やはり、その土地の形状からつくものが多くて、古語の音に当て字だったり、もっと近年になると
鍛冶町や馬場町(ばばんちょう)と、職業名だったり。地名って歴史や地理なのに、消えるのはすごく惜しいと思うんだよね。
植物名も和名は古語の当て字もあれば、見た目や利用価値からついたもので、
その土地だけで呼ばれている名前もあったりするのが面白い。
古い本だけど宇都宮貞子さんの著書は民俗学的でもあって、これは何回でも読み直す。

a0158478_13213043.jpg
それと、昨年だったか古本屋さんで見つけた「植物名の由来」 これもちょっと楽しい本だった。
日本の植物学の第一人者である牧野富太郎先生に師事したこともありながら、その恩師に造反とも言える異説をたくさん揚げているのである。
牧野博士はこういってるが、私はこうだと思う。という箇所がいくつもいくつも。
読めば、ああそういうことかなと思っても、それが真実であるかどうかはわからない。
ただ宇都宮貞子さんの、地元のお年寄りの聞き伝えを、歩いて一つ一つ拾い集めて考察したものと重なるものもあったりして、やはり、名前とはたった一つでなく生きて変化していくものなのかなと思ったりする。

そして、最近私が気になる「君の名は」なのだけど。
この最初の朝顔の名は「まるばあさがお」 朝早く咲いたばかりのこれは、もっと深い青。
最近、この種が誰が言いだしたか「崑崙朝顔」と書かれているブログが目につく。
数年前からちらちら気が付きだしたのだけど、さすがネット社会、あれよあれよと広がっている。
なんと名がつこうと、やはり名は変化するものだとおもうからそう呼ぶ人たちに水を差すような野暮もいいたくはないけれど。
出自まで崑崙山脈のある地方だと書かれてると、ん?それあり?って思ってしまうんだよね。
マルバアサガオは、熱帯アメリカ原産であり、ヘブンリーブルーなどの西洋朝顔と同じ。
葉の形が異なる種はアフリカ系で、日本には両方とも中国経由でかなり古くから入って来ている。
気候的に崑崙山脈付近では無理があろうかと思うのだけど、本当にそこが出どころなのか確かな情報がどこにも出てこない。
なんていうか、こう出自がはっきりしないものの名は、どうも「中央3丁目」や新しいカタカナ名都市と同じような気がしてしまうのは偏屈ものの考え方かしら?

ま、呼び方に関しては、私はほんとにどうでもよい人なので、自分の名なんかとくに。
どんなニックネームであろうと、私が認識できれば何でも返事するし、してきた。 
多少の愛がこもって呼ばれるなら何でもいいわww
「くまたろう」でも「くまごろう」でもね。(笑)








[PR]
# by vinge | 2017-09-20 14:09 | つれづれ | Comments(4)