やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

一歩深く

ブームと呼ばれるものが、すべて悪いという話ではない。


あ、長くなるし、わたしのぐだぐだなので、読みたい方だけ続きをどうぞ。
















日本での『流行』の流れの速さと、波の大きさは、やはり度を越えているように感じる。
本ばかりではなく、バナナダイエットや、納豆ダイエットで、店頭からバナナや納豆が消えてしまうような、
物自体が少ないのではなく、あふれるほどあるのに(ダイエット法も他にあるのに)、その「もの」がなくなってしまう事態はやはり異常ではないかと思う。
それと、一時のものだから『流行』というのだとはいえ、出荷元はその騒ぎの間、普段の出荷量を変え、ようやく間にあるようになったときには波が引いていき、結局は在庫を抱えて損をするという。
スーパーも医者も、みの〇んたの、健康情報番組を止めて欲しいと苦情をいったこともあるらしい。
そういうのも、やっぱり異常だと思うのね。

流行っているものを、自分も楽しみたいという気持ちや、話題になっているからやってみよう、読んでみようというのも、全然悪いことじゃない。
それがきっかけで、好きになったり、ダイエットなら効果があったり、
人との会話のきっかけになったり、仲間が出来たり、いいことだってたくさんあるわけ。

だけど、異常だと思えるほどの飛びつきように、どうしても浮かんでしまうのは
『軽佻浮薄』という言葉。
個人を軽々しいというわけでなく、全体のイメージとして、そういうものを感じる。

自分の軽薄を棚に上げて言えた話じゃないけれど・・・・・

たとえば、おとねさんのコメントのように、長くそれを続けてきた人から見ると、あわてて飛びつく人たちに
『本当にそれがわかるのか?』という疑問を持つのと同時に、
わたしなど、カメラの趣味歴の長さのわりに、
上達もちっともしないから、流行の『女子カメラ』の女の子たちに嫉妬心さえもってしまう。
だって、彼女たち本当に上手な写真撮るんだもの。

だけど、そこをあえて言わせて貰うなら、写真は今や誰でも上手く取れる。
カメラ機能の向上はすごいから。
フィルムの時代から、デジカメになってピント合わせも、絞りの技術も、シャッター速度もすべてカメラにお任せできるようになった。
あふれる情報メディアから、美しい構図や、絵柄をイメージするのも簡単になった。
そして、言い直せば、それは『誰でも同じ写真』ともいえる。

個人でそれを楽しむうちは、それでもかまわないけれど、やがてあふれた『同じ写真』は飽きられるだろうな・・と思う。
つまり、その『飽きる』時が流行の終わり。

カメラ機能の向上が、カメラの流行を作ったと考えると、流行というのは、本当の技術や、自分だけの感性がなくても出来ることにある。
それが『軽佻浮薄』を感じる所以かも。

本当の技術や、自分だけの感性を持つことは、やはり容易なことではないと思う。

だけど、今の学校での勉強を思うと、本当に自分の頭で考えることや、感性を大事にすることって育てて来れただろうか。。
誰もが同じ物を作ったり描いたりする図工。公式さえ覚えればいい数学。暗記すればいいだけの歴史。
学校だけでなく、小さい頃からする(させられる)、あらゆる習い事。
時間を奪うゲーム。
危険だからと奪われる外遊びの数々。
器用ではあるけれど、工夫がない。
「もう一歩深く考える」ができない。させない。

別に、それでもいいじゃないの?と思うのなら、もう少し考えてみて欲しい。

こうして、「自分で考える」をなくして育ってしまった人が多いから、流行の波がやたらと大きくなっているのではないかと。。
本や趣味程度なら問題はないけれど、政治家を選ぶことを、その場の『流行』で選んでもいいのか。。
顔がいいからとか、芸能人、聞こえのいい言葉、それらで選ばれた人も多くはないのか。。

あ、これ以上は過激になるからもうやめよ。



ところで、下手の横好きで長~~く続けたわたしのカメラ。
それだって、意味ないんじゃないの?そのうえ、ちっとも上手くならないし。。
でもね、最近わかったの。

たとえ、風光明媚な場所で撮った写真でも、自分の中では少しも愛着を感じないし、『上手く撮れた』と思えないのはなぜだろう。。
地元の、毎日見飽きる風景ばかりを撮りたくなるのはなぜだろう。。
毎日撮っているうちに、『思い入れ』が違うんだなって気が付いた。
わたしの『好きな場所』は、ここにある。 
大事な風景は、「ここにある」
そう気が付いたから、やっぱり、長く続けるのもいいもんだと、そう思います。
[PR]
Commented by おとね at 2010-04-19 12:04 x
「熱く語ること」さえも「いけてない」と言われてしまいそうな気がする。

自分もオタクなので息子が「にわかオタ(というのがあるらしい)」を
忌みきらう気持もちもわかる。(ちょいとかじってるだけなんだってだけどふつーそーでしょ、みんなそんなに時間ないしあんたに比べたら。いわないけど)

わたしね、結論を出したがる人しかも急いで、という人たちが増えたのかもな、と思ったりする
不登校一つでもそう
なぜ時間をかけない?なぜ早急に結果を出したがる?

すべてのことがつながってる気もする

で、わたしは自分の好きなことを追求せざるをえないうちの息子も娘も
悪くないなあ、と思う。
それが生きる活力になって人に迷惑かけないなら何も問題ないことだ、と思う。
文化や芸術はそういうもんだと思う
あなたの写真を見る機会がなければきっと一生いかなかっただろう
あなたの場所には。
で私は表現する人にあこがれます
パトロン気質だな、と思ったりする(笑)
Commented by vinge at 2010-04-19 16:22
☆おとねさん

今朝の新聞なんだけど、最近の高校生はノリで話すことは好きなのに、がっつり語らうことを嫌う・・・って様なこと書いてあったね。
そういうことがかっこ悪いように捕らえてるのか、それともそれ以上は語れないのか。。。
後者が増えるから「かっこわるい」に納めようとするのか。。

わたしもすべてはつながっていると思いますよ。
不登校はその中の一部分でしかなく、学校へいくとか行かないとか、学校が悪いとか悪くないとか、それだけの問題ではないと思う。

立ち止まって考えているのなら、それもよし。ただし、考えているだけもなんだけど。。。
走り続けて、何も考えていないほうが怖い。

わたしの写真なんか、芸術とはいえない自己満足でしかないけれど、わたしの大切にするものに、誰かが共鳴してくださるのはとてもうれしい。
伝わるということは、そういうことなのか。。。と思うのね。^^
Commented by りぼん at 2010-04-20 17:22 x
好きです、くまたろうさんの写真!
しゃがんで見なきゃわからないちいさな花に
お~こんなところでかわいいやつっ!って目を細めてる姿が
季節の変わり目に吹く風をふと見上げた空の色や
おおらかに息づいている毎日の自然の風景が
うきうきやしーんと畏敬の気持ちで切り取られてる
くまたろうさんのやわらかな眼差しをいつも感じます。
そして、ちいさなし合わせのおすそ分けをいただいてます。

なんだかコドモの時からいつも追い立てられて自分の気持ちと関係なく
いろんな情報やあたえられたものをなぞっているだけなような感じ
ゆっくり味わって日々を暮らしたいなぁと
いつもありがとうです!
Commented by vinge at 2010-04-20 18:17
☆りぼんさん

ありがとうございます~♪
そんなふうに言っていただくと、ほんとうれしいです^^
ちょこっとでいいの。ちょっと立ち止まって、耳を澄ますだけで、いろんなことに気が付いたりします。
風の音を聞いたり、花のにおいに気が付いたり。

でも、いつも住んでいないところに出かけると、私もその余裕がなくなっちゃうんですよね。
だから、いまいちな写真しか撮れないのかも。。
ほめられて、調子に乗る女なので、どんどん見てください。
調子に乗りすぎたら、どうぞしかってください。
これからもどうぞよろしくね。
by vinge | 2010-04-19 11:05 | つれづれ | Comments(4)