やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

ご迷惑をおかけいたします。。

a0158478_9254065.jpg


ひっそりと、庭の片隅にあるので、花盛りだったことに気がつかなかった。。百日紅の花。


今朝、ごみ出しに行こうとしたら、電線の工事作業車が入ってきて、作業員の方が
「恐れ入ります。車出されますでしょうか?」と、丁寧におっしゃられるので

「いえ、別の道がありますので大丈夫です」というと

「申し訳ありません。ご迷惑をおかけします。」と深々とお辞儀された。

こういうことって、日本人だけかしらね。外国知らないけど、きっと日本人だけだよね。
工事現場には「頭下げた人の絵」の看板があったり
駅でも、お店でも、ちょっとでもお客さんに通常の業務が届けられないときに

「ご迷惑をおかけいたします」って謝るの。

病院で血液検査するから、腕を差し出して待ってると
「ごめんなさいね。。。少し血をくださいね。 ちょっと痛いですよ。 ちょっと我慢してくださいね。。ごめんなさ=======いい!!」
って言いながら血を抜く看護師さんがいるのね。

頼むから。。それって、逆に不安になるからやめてって思うんだけど。。008.gif

何かがあると「あやまれあやまれ!!」って言う人たちがいるせいでしょうか。




あるお母さんがね。娘はもう子どももいていい年なんだけど、幸せな結婚して暮らしているそうな。

娘は、小さい頃はとてもいい子で、お母さんの言うことをよく聞いて、勉強も出来て近所でも評判の優秀な子で、、、、
でも、あるときその娘さんは、自分の道は自分で決めたいと、それまでのお母さんに約束した将来図とは全然違った方向に進んでしまったそうです。

そのお母さんは、自分との約束の将来図と違ったことにがっかりだったんだけど、でも仕方がないなってあきらめてたのに。。。
近所の奥さん仲間に「ねえ、お宅のお嬢さんあんなに優秀だったのにどうしちゃったの?」って聞かれるのがとても辛いのだそう。

それが、何年も何年も過ぎて、孫さえ成人になろうとするときに、まだそういうことをいう人がいる。
ついに、そのお母さんは、娘に言ったのね。
「あなたがあんなことになるから、お母さんは近所の人にいまだにこんなことを言われる!
お母さんはいまだに迷惑しているんだよ! 悪かったねって謝ってよ!!」




娘は、誰かに迷惑かけたなんて、これっぽっちも思ってなかったから、
だって、約束の将来図にはならなかったけど、自分は自分の選んだ道で幸せに過ごしているし、他人様には何の迷惑を掛けた事もなかったし、親に暴力振るったり暴れたり家を破壊したりしたこともなかったし、どんなに思い出しても、なにをあやまればいいのかわからない。。
そして、とても悲しいのだそうです。



必要以上に、あやまる心理も 必要以上に あやまられたい心理も よくわからない。


どちらもとても病んでいるのではないかと、そんな気がする。


だけど、謝ってもらってもどうにもならないことを、謝ってもらっても余計に悲しかったりするんだよね。
お互いに、悲しい思いしか残らないのよ。。。



わたしは簡単には謝んないからね。 へへん。
[PR]
Commented by フラン at 2010-09-01 13:46 x
くまたろうさんらしい、独特の視点ですね。

確かに、どうにもならない事を、謝ってもらっても・・・ってことって、結構多いですね。

私は、ご存知のように、夫にはかなり結婚生活で失望させられる事ばかりで、確かに心の中では、そんな風に育てた親を非難の気持ちで思っている部分があります。でも、電話や直接あった時に、私や長女に「こんな子に育てちゃってゴメンね」って謝られるのも、非常に複雑な気分になります・・・。謝られている対象が、自分の夫や父親なんですから・・・。

簡単に謝らないで欲しいな~と、いつも思います。
あっ、ヘビーな話題でごめんなさい。
Commented by vinge at 2010-09-01 15:35
☆フランさん

日本人の「ごめんなさい」には、相手に対しての思いやりやねぎらいの言葉としての「悪かったわね。」があると思います。 
英語でもあるのかしれませんが、へりくだる自分というのは、日本独特ではないでしょうか。
それがいまや、ちょっとしたことでも「あやまれ、あやまれ」、もしくは「先に謝っとけ!」になっているような気がします。
非常に「謝る」という行為が軽くなってしまったと思うのです。
これは、いずれにしても責任逃れ「俺は悪くない!」という態度が見えてしまう。
親子間のそれは、またちょっと違ったニュアンスだと思いますが、いずれにせよ「過去の否定」でしかないと思うのです。
人生の過去を否定したって、なんにもならないですよね。むなしいだけです。
心から謝るって、本当はもっと難しいことだと思うのです。

「ここは謝っとけ」というのは。。。。。単なる逃げですもんね。
Commented by のんのん at 2010-09-01 17:45 x
日本の美しい文化でもあるんと思いますが、
確かにくまたろうさんのおっしゃる面もあるよね=。

わたしが毎日思うのは、
夫が出勤前に楽しみに見てるめざましテレビの今日のうらないコーナーで、
BAD(最下位の星座)人にあやぱんちゃんか誰かわかんないけど(あまり区別がついてないのです。わたし)、
「ごめんなさーい。最下位は○○座のあなたです」って言うの。

「なんでお前が謝る?」っていつも思う。


その母娘さんの件は、ああ、読むだけで辛いっす。
どうしちゃったのって聞いちゃう近所の人もすごいけどね。
Commented by vinge at 2010-09-02 07:01
☆のんのんさん

都会の人ごみの中では、ぶつかっても全く謝らないどころか、にらみつけて通りすぎる・・・・という人も多いと娘はいいますが、そういう人って、他人には「謝れ!」っていいそうな気がします。^^;;
占いコーナー、変だよねえ~。わたしもそう思うよ。
ぽーこの小学校のラストの担任も「すみません」を連発する人で、それもすっごい耳障りなんで、一言申し上げたら「腰の低い自分をアピールしていていいかと思った。。」とおっしゃったときは、もう笑うしかないってかんじ。

母娘の話は、なんだかなあ~~~でしょ? 70~80歳になる奥様方の会話なんだけど、気が若いんだか、逆に〇けがはじまったか?と思っちゃうよ。。。彼女たちが現役で子育てしていた時代の、猛烈な「子育て競争(どちらが優秀か?)」を想像させる話でした。 
それにしても・・・・・せつないね。(T T)


Commented by ホーゲル at 2010-09-02 09:41 x
【あやまる】
思わず久しぶりに出てきてしまいました。
何と言っても、【ぶつかった机にもあやまってしまうワタクシですので・・・・】

そう言えば主人、オランダの友人に(便利な日本語)
ということで、(どーも、どーも)
って教えてた。
あれって、とても便利な言葉のような、ずるい言葉のような、・・・・・。

あやまるより、気持ちよく【ありがとう】言える方がいいかな?
Commented by vinge at 2010-09-02 22:58
☆ホーゲルさん

お久しぶりです!コメントありがとう~。(^^)/
そうでしたね。ホーゲルさんは机に謝ってしまうんでしたっけ・・
でも、そんな姿は、優しくてかわいらしいホーゲルさんを想像します。
そして、わたしも、人にぶつかったときくらいすぐに謝りたいと思います。^^;;

「どーも」もとても便利ですが、「すみません」も「ごめんなさい」であり「ありがとう」であり、曖昧で便利なことばになりつつないですか?
でも「ありがとう」は、ちゃんと「ありがとう」と伝えたいですよね。



Commented by おとね at 2010-09-03 09:12 x
この記事に触発されて!
お休み宣言したのにまたしてもつらつらと書いてしまいました

自分のその時の琴線に触れる何かをもらえる、ということが
生きてる醍醐味だなあ、と思う

ありがとうね、くまたろうさん。

で、私は、あやまるよ。わりとすぐ・笑
Commented by vinge at 2010-09-03 09:55
☆おとねさん

おお!そうでしたか!! @@;;
このあとの続きを今書き終えたところです。 わたしの「独特の視点」かもしれません(と、フランさんのコメントをお借りします)

「独特」が、琴線にふれてくれるとうれしいなあ。

なぜわたしが謝らないかの理由です。  いいわけとも言います。(爆)
by vinge | 2010-09-01 10:13 | つれづれ | Comments(8)