やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

一面でしかなく。。。

a0158478_972762.jpg


一昨日は、こんなに素敵な空だったのに、昨日からどんより・・後・・本日は雨。。

うっかりだ、うっかりだ、うっかりだ!
寝過ごした!寝過ごした!寝過ごした!!

目覚ましがなる前にパッチリと目が覚めて、直後目覚ましが鳴って、止めてからそのまま寝るってどーよ。。。008.gif

気がついたら、夫は食パン食べてコーヒー飲んで、お出かけになるところでした。

012.gif はい。「10分で作る弁当」が自慢のわたしも、今回は間に合いませんでした。

ごめんよ。夫。  (しかし、ここぞとばかり朝マックをねらってるんじゃなかろうかという疑いも。。。)




いや実際、ここ数日間かなりお疲れモードで、やっぱりこの気温変動にはかなわない。
涼しくなって寒くなって、がたっと動きが鈍くなって、自分、蛇かなんかじゃないかと思うよ。(変温動物)

飛び飛びのお休みも、ずっとぐだぐだ過ごしてました。
そんな日曜日の午前中だったかな。 ぽーこが見ていた番組で(地方番組)
「ブッポウソウの繁殖」を、ある村の中学生たちが観察する・・・という内容だったんですが。。

ぽーこもわたしも途中から見たので最初がわからなくて。。
でも、その活動はニュースなんかでもやっていたので、数の少なくなったブッポウソウの繁殖活動のことだけだと思ってたんですよ。

その年、赴任して来た先生が鳥に詳しいらしく、そのクラスで巣箱を取り付けたりしてたんですが、
活動する中学生の中に、一人だけ私服の男の子がいて、カメラはどうもその子を中心に撮っている様子。

先に見ていたぽーこが
「どうも、この子わたしと同じ立場らしいよ。。。。。」と。。。

な=るほど、どうも不登校の子らしい。
でも、とても一生懸命にブッポソウを調べていて、観察会のお知らせを近所に配ったり、観察会であいさつしたりしてたのでした。

やがて、ブッポソウのヒナが孵り、無事に巣立ちの日を迎え、番組も終盤に差し掛かったとき
鳥から、「その子」のことになり

「〇君は、その後、初めて自分の足で学校まで行きました」 と、ナレーター。

そして、そのことがすごい彼の変化であるようにいい、担任の先生も
「いや~。最初に彼を見たときは、本当に弱弱しくて、どうやって生きていかれるんだろうかと思ったほどでした。。」とか言っていて。。

番組の趣向としては、弱々しくて学校にもこれなかったひきこもりの子を、鳥の観察ということから外に出るきっかけを与え、ついに学校にまでこれるようになったんです!!

素晴らしいでしょおおお====!!

と、いうことらしかったんですが。。。

でも、彼のつぶやきもちゃんと入っていて
学校に向かう彼は 「 どうしても行かなくちゃならない用事があるもんでね。。」とか

放課後、クラスメイトと話し合いの中で 「今後このブッポウソウの繁殖活動を続けていきたい。学校の行事としたらどうだろう」というほかの子に対して

「いや、それはダメだと思う。 学校行事にしてはならないんだと思う。 こういうこと(生き物を扱う)はそういうことではない」
と、きっぱりと言うんです。

わたしは、これだけのことをいえる子が、弱々しい子だとは思えなかったですね。
彼はもともと、ちゃんとした自分を持っている子だと思いました。

番組の最後、彼が「自分は変わったと思う」って言う部分だけを流して終わりましたが、
この締めくくりも、彼がこの活動を通して、弱かった自分から強い自分に変われたんだというふうに見えるかもしれないけれど、やはりこれも番組を制作する側の意図するところを強調させたに過ぎないかんじで、なんとも後味の悪い終わり方でした。

結局、学校側についたというか。。。。学校が彼を救った(変えた)というかんじで。。

テレビとか、ネットとかもそうかもしれないけれど、結局一面しか見えないように作られる、そしてどうしても一面しか見えないんですよね。
一面だけが強調されているものを見て、それがすべてと思い込まないようにしなくてはならないよね。

彼は「変わった自分」というけれど、本当は何が変わったのか。。。
彼は番組の思惑とは別の意味で「変わったと思う」といったんじゃないかな。。と思うのです。

まあ、これもわたしの一方向からの思い込みであって、真相は彼でなければわからないんでしょうけどね。。

あ、ぽーこの感想ね。

「 っち! 」 021.gif


これでおしまい!
[PR]
Commented by のんのん at 2010-09-28 11:46 x
あああ、そういう番組だったのね。
手に取るようにわかるわ(笑)。

その子は最初から弱くなんてないのにね。

「学校に行った」ってことを、すごいことみたいに言う。わかるわ。
彼はただ、どうしても行かないといけない用事があると思ったから、
行っただけなのにね。

そういえば、うちの次男がPTAの文集に何か書いて出したか、
写真を載せていいってことで先生が撮った写真を渡したかなんかのとき、
「PTAの役員さんたちがすごく喜んでいた。
 これも一歩よね=とかって」っていうのを聞いてすごく不快だったわ。
彼にとっては「ま、仕方ないからいいよ」って気を使っただけなのになあ(爆)。
Commented by おとね at 2010-09-28 13:26 x
よくもまあそんな無神経なことができたもんだわね
そのこってそのこって大人だねえ!!!

のんのんさん、お察しします~~

私はスーパーで私のこと憐れむように見てる人たちにすごく傷ついた
で、今は別の意味で憐れまれてる気がする
あ~ああんなになっちゃって~という視線
べっつに~いいも~ん

そういえば見返す、とかそういう感情ともいつの間にか縁の切れたことよ、ありがたいありがたい。
Commented by akai at 2010-09-28 14:26 x
2番
Commented by u-たん at 2010-09-28 15:54 x
本当におこたつ恋しい♪
こんな朝はず~っと寝ていたいものね。

意図して強調させる番組かあ。

目に見えているものは そのものではなくて
自分が見ている自分自身なのかもなあって
そんなことを感じました。

私も変温動物よ~

せっかく早く帰ったのに 頭痛がしてきたわ=また雨降るのかなあ。
Commented by vinge at 2010-09-28 22:54
☆のんのんさん

うん、わたしには「その子」は全然弱い子になんか見えなかったですよ。
ほんと、次男君と同じに、まわりが「すごいね~」って褒めるとこ、見当違いもいい加減にせえよ!!って思っちゃうよ。^^;;

地方局の小さい番組だったけどね。。
ああ、純粋に「ブッポソウの繁殖」だけで見たかったのになあ~~(T T)
ああいう盛り込み方って、学校そのものだわ~~。


Commented by vinge at 2010-09-28 23:01
☆おとねさん

ほほ=、まわりの視線気にならなくなった? ^^v
気にしないということは、ほんとに楽になるよね。 わたしだって、やっぱ、いろいろ気にしたよ。。
虚勢も張ったしね。
その視線から子どもを守らなくちゃ。。とも思った。
でも今ほんとに何にも思わない。 こういうテレビ見ても「ああああ」とは思うけど。。。^^;;

Commented by vinge at 2010-09-28 23:02
☆akaiさん

すみません。よくわかりません。
Commented by vinge at 2010-09-28 23:11
☆u-たんさん

メディアはさ。発信は大事だけど・・・あきらかに意図されたものって、なんか嫌なの。 
素直じゃないので。。。。。ははは。^^;;

頭痛だいじょうぶですか? たぶんそれは長電話のせいです(爆)
ありがとね。 ^^v
あたたかくしてね。。
by vinge | 2010-09-28 10:19 | つれづれ | Comments(8)