やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

知らない世界

a0158478_8323987.jpg


写真は在庫から。。。  コスモスってどうしたって中学生の頃を思い出すよ。
呑気だったなあ~。私の中学生時代は。。。。。



一昨日のブログに、「都会に行った娘」から連絡がないと書いたところ、
昨日は電話があった。

しかも午前中。005.gif

めずらしいことだ!  よほど何かがあったと思うじゃない?

「たいしたことじゃないけど・・・」と2回ばかり繰り返して、ごちょごちょと近況を教えてくれた。
「大した事じゃない」と繰り返すのは、私がいちいち大反応をおこすのを前もって制しているからだ。008.gif

いや、単に私の声がでかいので、電話だと「ええ===!?」と一言言っただけで、むーの携帯がハウリングしてやかましいのだそうだ。

だって、たまにしか掛けて来ないんだもん。 テンションどうしたって高くなるじゃん?008.gif

で、今回は静々と話して、静々と切った。

まあ、本当の近況だったわけで、ちょっとまた忙しいから引越しにはまだならないが、ちょっと頑張ってる。
とのこと。
新しい仕事とかもやっていて、
初めて会う人とか、その交渉とか、手続きとか、 

誰の手助けもなく、一人で彼女の世界は広がりつつある。

むーたろうには、前から書いているかもしれないけど、中学の頃から手放しで(野放しか?)、どこに行くのも何を選ぶかも、みんな彼女任せで、ついて行ってやったことがない。
都会の暮らしの様子を見に行ったことも一度もない。

心配しないわけじゃないんだよ。

でも、なんだか、この子は 最初から、小さい頃から、 「いつか手を離す」 ことが頭にあったんだよね。

たぶん。自分が必要以上に心配性だってことがわかっていたのかも。

心配性はいまだにそのままだ。。

だから今回の電話でも、また新たな人との出会いに、田舎の人間はすぐ「警戒」するようなことを言ってしまい
突っ込んで詳細を聞こうとしたら

「そこまでは心配しなくてもいい」と、ぴしゃりと断られてしまった。

断られたけれど。
そういうふうにいってくれるようになったことがうれしかった。

仕事で初めて会う人が「こんなに若い子だと思わなかった。。」というそうだ。
今では、こんな若い子が一人で仕事をするのは珍しいんだろうか?



最近の会社は、入社式にも親がついて来るそうで、私のバイト先ですら、今年は内定者の親を交えての懇親会を入社式の前に行うそうだ。


ジャズシンガーの綾戸智絵さん
彼女が、彼女のお母さんの介護をすべて背負って、疲れ果てて倒れたときに、
彼女の息子さんがお母さんの智絵さんに言った言葉。

「おばあちゃんの人生のなかには、お母さんが知らなかった部分があるんだから、おばあちゃんにもおばあちゃんが知らないお母さんの世界があったっていいじゃないか。。」

なかなかいいこというね!と思ったよ。


子どもの人生を親が全部知る必要はないよね。

親の知らない世界を持ってこそ、独り立ちなんだろう。
[PR]
Commented by u-たん at 2010-10-22 20:42 x
そりゃそうだって思うよ!

特に男の子の秘密は暴いちゃいかんなあって。

自分を振り返ると、スゴーく危なっかしいのに
知らん顔してくれてた親は偉いと 今 思うよ♪
Commented by vinge at 2010-10-23 09:29
☆u-たんさん

そうだそうだ! 男の子は秘密の固まりなのだ!!^^;; 

心配性はね。知れば知るほど心配になるんだよ。
だから、知らんふりは自己防衛かもしれないなあ・・・と思うこの頃。
で、たまにサプライズで電話が来て、うれしさも倍増。
ありがたいことでありまする~。^^
Commented by おとね at 2010-10-23 12:57 x
まあ、何回も書いてるけどさ
私の母なんざ「子どものことをすべて把握するのが親の務め!正しいあり方!」と思っておるらしい節がある

私もマシンガントークの息子がようやく私の知らない世界を作り始めたなあ、と感慨深いよ

むー嬢すばらしいね
「そこまでは心配しなくていい」なんてなかなかいえないよ
言える母であるくまたろうさんこそすばらしいとおもう
Commented by vinge at 2010-10-23 21:52
☆おとねさん

そういう親が多かったよね。女の子は特にね。
うちも似たり寄ったりなかんじでしたよ。^^;;
「大事に思う」ことが、過ぎてしまうんだよね。たぶん。。

心配は尽きないけど、でも、そうやって独り立ちしていくんだって思うと、きっと心強くなる。

おとねさんの息子君も、うちの娘たちも、きっときっと、わたしたちより強くなるよ!

それもたぶんね。^^



by vinge | 2010-10-22 09:52 | つれづれ | Comments(4)