やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

師走に怖い話

a0158478_16334543.jpg


昨日の午後、横から見た『浅間山』 

「こはくちょう」がやってきた!と地方紙が報じていたので、さっそく探しにいってきました。
まだ、2羽だけでした。 
他の池か、川のほうかもしれないけど・・・寒くって~~。そこまで追う元気なし!008.gif


うちは、予定が書き込まれるカレンダーは、ほとんどの月が真っ白なんですが。。
さすがに、12月は土日はほぼ予定が入りました。(今年は地区の役員だから、なおさらね)

やっぱり、師走だね~。 何かと用事があるもんだ。


土曜日は、20数年ぶりに「会社の忘年会」というものに、参加しました。

こいうのは、どこの会社も変わらないわね。。しかも、20数年経ってもね。。037.gif
でも、私は飲まないし、久しぶりだったせいもあるのか、やたらと疲れたわ~~。
帰ってきて、寝る時間になってもなかなか寝付けなくて・・
夜中1時過ぎて、翌朝の地区の大掃除を思い出して目覚ましセットし・・・なんとも、すごく疲れているので、起きれるかしら??と思ったのだけど、目覚ましがなる前に起きて、神社の掃除に行ってきました。

そのあと、近所の小学校の先生している方から「お茶しに来ない?」と声かけられ。。
お昼までおしゃべり。。

先生なんて、まさに今、最も忙しい時期なんだけど、彼女は独身で一人住まいなので「忙しいんだけど、なんだか誰かと話さないといられない。。。」というわけでお付き合い。

もちろん、個人情報なんて絶対話さないけど、日々の大変さをぽつぽつ語る彼女。
でも考えてみたら、先生って職業は案外外部の人との付き合いってないのかな。。
まあ、どうしたって、外部の人に「愚痴」とか言ったらまずいこともいっぱいあるだろうけど。。
教員に「鬱」になる人が多いのはわからなくもない。

ま、昨日は、学校のことばっかりじゃなくて、趣味のこととか自分のこととか、いろいろ話して彼女の「気分転換」になったかなあ??なってくれたらいいなあ。。

それにしても、この先学校ってところはどうなっていくんだろう??って疑問は残ったけどね。

疑問といえば、

夕べ、私は途中からしか見れなかったのだけど、
NHKスペシャルでやっていた「世界ゲーム革命」という番組。

終わりのほうだけ見ていうのもなんですが。。。
「怖かった」です。

もともとは「障害者」のために開発された技術が、その分野では開発する資金が乏しいので、ゲーム開発業者に提供して開発を進めてもらう。。
もちろん、ゲーム会社は、それをゲームに応用していく。。
たとえば、リモコン操作が必要なく脳波を感じて動かす画面・・とかね。

その「脳波」を利用する・・・ということから
どういうことで、脳は刺激を受けるか。
どんなゲームがより「脳を刺激するか」の開発へ・・

「テスター」といわれる人たちが、新しいゲームをひたすらする部屋。
その人たちは、もう「人」ではなく。単なる機械のようにゲームに向かわされているんですよ。。
「表情のない顔」でね。。


もう、自分の理性で「ゲームはやめよう」とか、決められない状態に脳を操作されてしまうのなら
ゲームは「麻薬」と同じです。

しかし、開発にも販売にも、歯止めはまったくかかっていないわけで。。。
これを「怖い」と思わずにはいられないです。
[PR]
by vinge | 2010-12-13 11:59 | つれづれ | Comments(0)