やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

出会えたことに。。

a0158478_9151266.jpg



まるで、真冬に戻ったような寒さ! 土曜日は一日中雪が降ったり止んだり。。
今日はすっかりいいお天気です。

過去ブログを巡っていたら、昨年の3月27日も雪でした。
昨年は4月になって、チューリップも咲いてから大雪が降ってびっくりしたんだよね。。

春はこんなふうに、寒さと暖かさを繰り返しながら・・でも、かならずやってくる。

昨日過去ブログを巡っていたのは、ウロコ先生からのコメントを読み返していたから。。

ウロコ先生に出会ったのは、2008年だったのかその前だったのかちょっと曖昧。。

ぽーこが、英語の『冠詞』にひっかかったときだった。
この子は言葉にこだわる人だから、曖昧な文章や説明を納得するまで時間がかかる。
(そこは、さらっとながして・・・・ができない)

私が『考える学習をすすめる会』の掲示板をネットで探し出して、「ぽーこ」のHNで投稿した。
そのときの説明は、会のメンバーの別の方だったのだけど、とても丁寧な返信に驚いた。

それから、会のHP、メンバーの先生方のブログを読み、ウロコ先生のブログに行き着いた。。

わたしは、自分からリンクをお願いしたり、まったく初めての人のブログにコメントしたり、ましてメッセージをいれたり・・・・なんてことは、やったことないんですよ。

これでも、かなりシャイなんで・・・・012.gif

でも、ウロコ先生のブログを読んでいたら、どうしても、どうしても、お話したくなって、掲示板のことをきっかけにメッセージをいれたら・・・・・

なしのつぶて。

あら????  私、もしかして、すっごく失礼なこと書いたのかしら?それとも、いきなりすぎて『無視』されたのかしら・・・それとも、多忙でそれどころじゃなかったのかしら・・・

いろいろ思ったけれど、仕方がないとあきらめていたら、先生のブログで「スパムメール」が多くてそれを振り分ける作業(?)で大事なメールを読み落とすところだった。。と書かれていたので
「もしや?」と思い、再度メッセージを送ってみた。

ほんとは、こんなことする私じゃないのよ。
一度ダメだったら、再びチャレンジするなんてこと、滅多にないので。。。なにごとも。

「もしかして、失礼なことを書いていたのなら申し訳ありませんでした」というようなこともいれて。。

今度は丁寧な返信がきました。
「私は、たとえどんな内容であっても、返事をしないなどということはありません。ぜひもう一度前回書かれた内容で送信してくださいませんか?」と・・・

それから、
それから私のブログも全部読んでくださって、ぽーこのこともとてもよく理解してくださって、
我が家のおばかな出来事を、先生のブログに取り上げてくださったり。。
写真ブログをとても気に入ってくださったり。。
気になると、直接電話してくれたり。。
もちろん、ぽーこの質問には、丁寧な説明、しかも彼女のこだわりをきちんと見抜いた回答を下さった。

ただ、こういうことを、我が家だけにしてくれたのじゃないの。

先生は、全国にいるたくさんのブロガーさんや、掲示板で会った子どもたちや・・
誰でも、誰にでも、ウロコ先生と話したい、繋がりたいと思った人すべての方にそうしてきたということ・・


ウロコ先生のこの姿勢は、もちろん本業の上でも同じことで、
私には、塾という場所にあまりご縁がなかったので、他のところはよくわかりませんが
おそらく、どこの学校への合格者数を宣伝文句にするとか、偏差値を上げることを強調するとか、そういう所とは違って、まったく違って
小学生から高校生まで、東大を目指す子も、発達障碍の子も、そしてそれぞれの親御さんにも。。
みんな同じ教室で、一人ひとりに向き合ってこられたということ。。



今、書き手のいなくなった先生のブログをみると、リンク先のそれぞれのブログでウロコ先生を悼み、悲しみ、
追悼の記事を書かれています。
掲示板には、ウロコ先生宛のメッセージが続々と寄せられています。
どなたの記事を読んでも、メッセージを読んでも、
浮かび上がるウロコ先生のイメージが同じです。
みんなに同じ人であったこと・・・それって、すごいことじゃないですか?



別れを悲しむより、 出会えたことを感謝したい。


訃報を知ってから一週間がたち、そう思うようになりました。


とあるブロガーさんの中に書かれていた言葉

「訃報を知る直前、多くの子どもたちが津波で天に召されたことを新聞で読んでいました。

この世で勉強を続けたくても続けられなかった子どもたちのために、

ウロコ先生もあちらに逝かれたのでしょうか。」


ウロコ先生流に勝手にリンク。。037.gif


でも、私もそう思いました。 

わけへだてなく。学びたい子にはどの子にも、その子の学びにあわせて。子どもをまっすぐに見て。。。


そんな先生がいてくださったこと
出会えたこと



ほんとうに、 ありがとうございました。
[PR]
Commented by ちゃこ at 2011-03-30 00:16 x
リンクをありがとうございました。^^

「みなに同じ人であったこと」「一人一人に向き合ってこられたこと」
まさにそれがウロコ先生でしたね。
たとえそれが命を縮めることになったのだとしても.....

>わけへだてなく。学びたい子にはどの子にも、その子の学びにあわせて。子どもをまっすぐに見て。。。

ウロコ先生から学んだこと、目指すものをこんなに素敵な言葉で書いて頂きありがとうございました。





Commented by vinge at 2011-03-30 09:42
☆ちゃこさん

うきゃあ~~~!!Σ(・ω・ノ)ノ!ちゃこさん!!

すみません。。。。。こんな場末のブログにリンクさせていただきまして。。m(__)m m(__)m

ウロコ先生からは、母親としてもいろいろ学ばせていただきました。
娘にとっては、「これから」という思いがあったのでしたが、その半面でこれ以上のご無理をおかけしてはならない。。という気持ちがあったのも嘘ではありません。

世の中に、ウロコ先生のような意思をついで下さる方が少しでも多くいらっしゃるように。
そう願っています。
こどもたちのために。。
わたしたちのために。。

ちゃこ先生も、季節の変わり目、ご無理なさいませんように。。
コメントありがとうございました。^^
Commented by バード at 2011-08-30 07:51 x
≪みんなに同じ人であったこと・・・≫

存じ上げませんでしたが、なかなか出来ることではないですよね。
短い期間だったとは思いますが、くまたろうさんやぽーこちゃんご縁ができて、宝物ですよね。

必然だったような気もします。  

偉そうに、ごめんなさい・・・・・。

Commented by vinge at 2011-08-30 15:09
☆バードさん

ありがとうございます!^^
まさしく、バードさんのおっしゃるとおりだと思います。

一期一会。
すべての人との出会いを、そう考えたいと思います。
by vinge | 2011-03-28 10:32 | つれづれ | Comments(4)