やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

さむいね!

a0158478_1065939.jpg


普段、全然仲良くない2匹。(にゃんさんは仲良くしたいんだけど、お局が嫌がるので)

あまりの寒さに、人の膝の上に乗りたがってうるさいので、ほっとひざ掛け(電気敷布のハーフサイズ)を出してやったら、一日中くるまっている。
にゃんさんがやってきて、いつもの「おいら指定」のクッションに乗ってたんだけど、いつの間にかこの状態。

微妙に隙間を開けているところが、二匹の関係を物語る・・・・・037.gif




ここのところいろいろあるんだけど、またまた、そのいくつかおもいつくままに。。(ツイッターよりは多めに)


***********


日曜日に、恩師の所属されている美術展に出かけ、3年ぶりくらいで先生にもお会いしてきた。
今年で、私が高校を卒業してちょうど30年。
先生はまだまだお元気そうで、大学教授職も退官されたお年だけれど、会の中心となり活躍されている。
来年は会の90周年記念展も行うそうで、その一番の責任者もされるそうだ。

先生に
「今はなにかされていますか?  絵は?」と問われ

「いえ。 絵はまったく描いていません。 ただの主婦です」と答える。

確か、この前お会いしたときもそういう会話をしたと思うのだけど、
こう聞かれると、「何か始めなさい」と暗に示唆されているようで、こころがくしゅくしゅする。

30年後は私が今の先生の年なる。 その頃は?。。。。とか考える。


**************


かつて、ひとから
「それは、あなたでなくちゃ出来ないわ」といわれたことがある。

なにか特別な手業のことではなく、単なる行動のことを指しているのだけど

「あなたみたいには出来ないわ」ともいった。

そういう言い方がちょっと嫌だった。 


先日、何かの会話の続きから、ぽーこが

「わたしがいまやってることを、『ぽーこちゃんだからできるのよ』といわれるのが嫌」といった。

そうそうそうそう!!051.gif
やっぱ、親子か(爆)


そして、なぜ嫌なのかは、二人ともうまく説明できないところがなんとも・・・・・・(汗)




******************


私が結婚できるとは―イグアナの嫁〈2〉 (幻冬舎文庫)

細川 貂々 / 幻冬舎



『つれうつ』で一躍有名になった彼女の、「つれさん」と結婚に至るまでと、お子様が生まれるまでのこと。

彼女の漫画を最初に読んだのは、〇会の中学生向け月刊情報の連載漫画から。。
超進学校を目指す子等に向けた漫画としては、めちゃくちゃゆるくて、ダメダメな中学生が主人公で、
君ら勉強する意欲失わない?と思わせそうなくらいなんだけど。。
こういう漫画家を選ぶところが、この〇会のすきなところ。

で、『私が・・・・』のほうだけど

彼女のお母さんが絶妙なポイント。 良くも悪くも。
押し付けがまったくなさそうで、そうでもない。
ま、ごく普通のお母さんなんだけど。。


結婚する・・ということ。についてもなるほどね~と思える箇所もあるんだけど、
なんとなく、今は自分の娘がそういう年頃(その手の話はまったくないが)に近づいてしまったので
見る視点が変わってきた。
そのとき、母のとるべき態度・・・・とかに。。


なんだかなあ~~~~。
まだイラン心配なのにねえ(笑)
[PR]
Commented by kyabiabu-kerobin at 2011-09-27 13:47
本当に寒いです!
おこたでぬくぬくしたい~にゃんず抱きしめて(笑)
そうそう。お子さん生まれてたのよね~。
ホン読んでみたいな。

彼女が携帯でなく 家電わざわざしてきて、それを息子につなぐとき ちょと感慨深いわ。

Commented by vinge at 2011-09-27 15:20
☆u-たんさん

いやん。もう~その家電にMたんが出たときの想像しちゃうわ。
なんか、火花がばちばちばち=====っと。(笑)

ないね。
うちは、なんもないよ。

コタツで本読みながら昼寝するよん。(爆)
by vinge | 2011-09-27 09:36 | つれづれ | Comments(2)