やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

焚き火もできない。。

a0158478_20295463.jpg



落ち葉の季節だ。
少し前に、県内全域に「落ち葉を燃やすことを禁止する」というおふれがでた。

落ち葉はダメでも、近隣の農作物の残骸を焼く煙は、毎日あちらこちらから昇っている。
毎年の風景。

何がよくて、何がだめなのか。。。よくわからない。


先日、テレビで東電の元おえらいさんが、原発を作ったときの話をしていた。

問題は最初から想定できた。
科学者は指摘をしていた。

だけど、利益を優先する議論の中では、そこは強くいえなかった。
科学が、未来を想定できても、人の欲をプラスしたら
たやすくありえない答えを出すことが出来る。

かつて、神風を信じたように。

「そんなことは日本では起きない・・・・・・・・・・・・・・・・と思った」



そんなの科学者じゃないだろ。


目先のことばかり考える。 あほー。




この先、森は残る

人が滅びる。


それなら、それでもいいんだろうか。
[PR]
Commented by アットロ at 2011-11-29 20:34 x
小松左京の 日本沈没でも 地質学者の警告を無視して政治とお金を第一に持って来て あの結末でしたね。人は滅びるかも。たき火して焼き芋したいですね。遠赤外線の効果でたき火はとてもおいしかったですね。農地の焼き藁と同じことです。あーじれったいですね。もっと他に禁止してほしいことが山積みです。とても変な日本です。
Commented by vinge at 2011-11-30 09:23
子供のころ日本沈没やノストラダムスが流行って、怖くて仕方がなかったです。
世の中の大事なものがまず「お金」になってしまった人間社会。 たぬきやきつねに葉っぱを「お金(にみえるように)」に変えてもらいたい。そうしないと、人の目がこちらにむかないようです。

焚き火が出来ないなら・・と、落ち葉に埋もれてみました。
土とおひさまの匂いがします。
by vinge | 2011-11-28 20:33 | つれづれ | Comments(2)