やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

まようこころ

a0158478_22205929.jpg


行ったり来たりの冬景色。
そうでなくても春の遅い信州。 2月から時間が進まない感じでしたが。。。。。
なんと!もう3月下旬じゃん!!005.gif

と、本気でびっくりのくまたろうでござんすよ。

ごぶさたでした。
いや~~。いろいろありまして。 

洗濯機はぶっこわれるわ、鹿にぶつかって修理が済んだばっかりの夫の車は、またも惨事にみまわれ、
しゃれにもネタにもならないと、ブログを書く気力もうばわれてました。(泣)
(幸いなことに夫は無事です)

まあ、それ以外にも仕事が忙しかったり、なんだりかんだりなんですが。。。
ここのところは、夫の母の介護のことで、ばたばたと。。

以前から、もうそろそろ自宅での介護は厳しいこと、たとえ車で2時間の距離で通えなくはないとしても、
出来れば近くにいて欲しいことなどを考え、施設入所は、わたしたちの市内で・・と考えて、あとこちに入所申し込みはしていたんですが
そんなことではなかなか入所できない現状。
おそらく、永遠にその順番は来ないものと思われていました。

そんなときに、たまたま職場で新設で空きのある施設があると聞いて、見学に行ったところ即入所可能とわかり、
いよいよ、義母の施設入所が現実的になったのでした。

が、しかし。

いろんな手続きを聞いて、各方面にも連絡を取り、親族の意見も聞き・・・・・・
というところまできてから。

夫が悩む。

「・・・・・・やっぱりさ、『(自分の)家がいい』っていうんだよ・・・・・・・」007.gif

もちろん、そう言ったのは義母です。

デイサービスから帰って「ここはわたしの家かしら?」と言うようになり、
息子の顔を見て「あなたの親は誰?」と聞く。、
もう、ほとんどのことの判断も、行動も出来ないようになっている義母。

あらためて、言葉の力はすごいと思う。 
たとえ、頭の中ではいろんなことを考えられても、その意思表示を発せられない状況なら、まわりは『何も考えていない』と判断するだろうし、
こうして、はっきりと言われれば、それが確たる義母の気持ちだと思える。

さあさあさあさあさあ。 揺れる息子の「こころ」ですよ。034.gif

こちらの施設に入所してもらおうという理由は、近くで楽に会い行ける事、清潔で快適な居住空間が得られること、介護の共倒れにならないように・・ということ。などなど。。
他にも理由はたくさんある。

ただし。多くはわたしたち『介護者の立場』からの理由。

それじゃあ、義母の気持ちはどうなってしまうんだろう。。

夫が、「施設に入れたら、最初は誰でも嫌だって言うんだよな。。。でも、そのうち言わなくなる。。だけど、それが人生最後のあきらめなんだろうな・・・・」という。
それこそ、夫流の考え方で、わたしはそこが不満なのね。

夫は、折り合いをつける方法は、どちらかが「あきらめる」事だと言い切る。

わたしは、「あきらめる」ということは、対する相手に「負い目を負わせる」ということになるのじゃないかと思うんだよね。
そして、それは「ともに不幸」であると思う。
夫は、まさに、施設に入る=義母があきらめる=入れた自分を後悔する という図式をたてている。

親は、子どもが笑っていてることが幸せであるし、
子どもも、親が笑っていてくれることが幸せなんだ。

折り合いをつけることが、共に不幸でない方法だってあるはずなんだ。 
「ともに幸せ」である方法がきっとある。

夫が、ゆらゆらにまよう。 わたしもゆらゆらにまよう。

とりあえず、風穴を開けたくて昨日はこの柵を壊した。

a0158478_10555589.jpg

いやいや、ただ、ずいぶん古くなったので、作り直すだけなんだけど。^^;;

夫は夫で、ゆらゆらの心のまま、今日は大阪まで遊びに行っちゃったのよね。。。。

ま、いいか。042.gif
[PR]
Commented by u-たん at 2012-03-23 15:11 x
無事でなによりでした。

風穴は開いたかしら~(爆)
色々あるよね。
ゆらゆらは大事にしたいしねえ~

嬉々として旅立つ・・のは「帰る場所」があるから
と私も声かけてもらったことがあります♪
Commented by アットロ at 2012-03-23 17:31 x
大変なことでした・・・。橋田壽賀子と山田太一と倉本聰のドラマが合わさっても 事実のインパクトが勝ります。機械物は修理できるけどね。α波のゆらぎみたいな心の波をサーフィンで乗り切ってくださいね。私もボスの両親と同居ですよ。
Commented by バード at 2012-03-24 08:47 x
いくつになっても、男の子?は母親に優しいのですよね~~。
自分の親の時と違って、配偶者の目に見えない【おもい】
これは私も、長年一緒にいたのに戸惑ったわ。
自分の息子と嫁の立場も違うけど、確かに【ことば】
は人を、自分自身をも縛ってしまう気がするよね。

本当に子育てが一段落したら、介護、待ったなしできますね。

Commented by vinge at 2012-03-24 14:11
☆u-たんさん

風穴は開いたわ~(笑 
思い立ったら塀でも壁でも壊すわよ!!(爆

早々に今日の夕方帰ってきます。
今頃電車の旅を楽しんでおることでしょう。
あと、月末までに廃線になる電鉄に乗りたいんだそうな。  安上がりで結構なことです。(金爆
Commented by vinge at 2012-03-24 14:20
☆アットロさん

老いていく親に、未来の自分を重ねてみたり。。
過去の元気な頃を思い浮かべてみたり。。
ゆらゆらゆらゆらゆれますねえ~。

心の波に酔いしれるもよし。しかし船酔いになってはいけませぬ??^^;;
そのときそのときの最善をつくすしかない・・・のでしょうかね。。
Commented by vinge at 2012-03-24 14:42
☆バードさん

男の子(?)の母親に対する想いというものは、娘のそれとはまったく違うものなんだな~と、つくづく思います。
性別が違うんだから、当然と言えば当然なのかもしれないけれど・・

>確かに【ことば】は人を、自分自身をも縛ってしまう気がするよね。
ほんとに。どんどん不明瞭になっていく中で吐き出される言葉の数々。たくさんの石の中からどれが本物の石なのかと躍起になって探すような気持ちがする。
はたして、それに意味があるだろうか。。とか、
ふと思ったりするよ。
夫にはいわないけどね。

同年代、介護の話ばっかりよ~~。^^;;
by vinge | 2012-03-23 11:02 | つれづれ | Comments(6)