やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

五感をとりもどす

a0158478_951428.jpg


遅い信州の桜は、ようやく3分咲き。



少し前のこと。

ぽーこが窓の外を眺めつつ、唐突に 
「わたしは、大事なことはみんな鳥に教わった・・・」とつぶやいた。

それ以上のことは何も言わず、わたしも「なるほど」といったきりだった。

あれほどたくさんの本を読み、小賢しいほど情報通なのに、
大事なことは、みんな「鳥」なのかと・・・・
そして、あたりまえだが「親」でもなければ、「師」でもないらしい。 

実に彼女らしいといえばそれまでなんだけど。



ここのところ、わたしは体調が思わしくなかったので、
若干(?)いらいらしがちで、「言葉」というものがわずらわしかった。

聞こえてくるものも、読むものも、たとえ音楽であっても、はては、自分の頭の中に浮かぶ言葉であっても、
そういうものがすべてうっとおしく感じたので、家にいる時間、一人でいる時間はなるべくそういうものから遠ざかりたくなり、テレビもネットもつけない、音楽は聴かない、本も読まない、そして何も考えない。
ひたすら、庭いじりに没頭していた。

そうはいっても、けして仏門に入ったわけでもないので、ネットのメールチェックもしたし、寝る前のEテレ「2355」でボルボックスの歌も聴いてたし、考え事もずっとしていた。

そして、ぽーこのつぶやいたことも、繰り返し考えていた。



テレビもネットも消して気が付いたのは、「言葉による情報」というものは不必要なものまで流れ込んでくることだと思った。
体調がいまいちな時には、「前向きな言葉」さえ必要がないどころか、イライラを増幅させるような気がした。

そういうものを取り込まないようにして、自分に必要なことだけ取り込むとしたら、
どこかを閉じるしかない。
目を閉じるのか、耳を閉じるのか。 「考え方」を閉じるのか。

そうして、殻に閉じこもって、ずいぶんいらいらしている。 体調も悪いわけだった。


五感を取り戻したいと思った。

風の音を聴く。 鳥の声を聞く。 気温を肌で感じる。 水をあじわう。  
感覚を取り戻す。

「言葉の情報」を断って、五感を開く。 

聞こえてなかったものが聞こえてくる。見えてなかったものが見えてくる。


「ほんとうに大事なことに気が付く」


あ。

ここか 


ぽーこの言葉にむすびついた。





*カメラも少し控えるようになりましたので、写真ブログも、ぼちぼち更新になります。
(その間に、メンテナンスにも出します。 ピントがちっともあわなくなったので。。)
[PR]
Commented by おとね at 2012-04-20 11:54 x
言葉はツールの一つにしか過ぎない。

そうかいたとこです。わたし。
Commented by あずりん at 2012-04-20 12:22 x
>五感を開く
にはもってこいの季節到来です。
ゆっくり、たくさん、開いてくださいね~。
Commented by アットロ at 2012-04-21 09:55 x
鋭いときには 閉じてみるのも楽です。
Commented by vinge at 2012-04-21 16:53
☆おとねさん

そうね。ツールであるけれど、とてもわかりやすく、そして、言葉は受け取り側のものであるのだなあ。。。
と、思うのね。

だから、だいじなんです。
Commented by vinge at 2012-04-21 16:56
☆あずりんさん

ようやく、こちらも春になりましたよ。。
生命のエネルギーがあふれすぎて、少々気おされ気味になるのが毎春のことなんです。^^;;

ゆるゆる、自然体でいきますわ~。
Commented by vinge at 2012-04-21 17:09
☆アットロさん

>鋭いときには
どきっ! じ、じつは・・・・体調わるしのときは、わたしのお口からも、猛烈な毒(舌)が出ていることが判明(汗

これは閉じなければ・・・・と。反省。。。(T T)

by vinge | 2012-04-20 10:20 | つれづれ | Comments(6)