やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

連休はじまり・・・そして「冷やし中華はじめました。」

a0158478_861328.jpg


人びとは、多くのことを見慣れるにつけただそれが見慣れたことであるというばかりにそのままに見過ごしてしまうのであるけれども
思えば年ごとの春に萌えだす木の芽は年ごとに新たに我らをおどろかすべきであったろう、
それはもし知らないというならば、我々はこの小さな繭につつまれたほどのわずかなことすら知らないのであるゆえに。。。。
                                              (銀の匙 中勘助)

 

季節はずれの「いんふるさわぎ」。。。。なんとか、のりきったようです。042.gif
ご心配いただき、ありがとうございました。

夫も、義母も、新薬の吸入タイプで、ほんとにあっというま(その日のうちに)に「治った」ようになるのだけど、けして「治る」わけじゃあ、ないのね。
菌は残っていて、周りにも撒き散らわけで。。
先週水曜日、かかりつけの女医さんに話したら
「わたし、それまだ処方したことないけど、あんなのちっともいい薬だと思わないわ!
あれのおかげで、みんな治ったと思って出歩くから、いつまでたってもインフルエンザが収まらないのよ!
それに、耐性菌だって絶対できると思うし・・・・わたしはあんなの嫌いよ!」
と、えらく憤慨。。

たしかに、そうかもなあ~と。。。。 子どもだって、こんなにすぐ元気になるのに、いつまでも家の中でじっとしていなさいって言ったって、たいくつでしかたあるまいよ。
とはいうものの。
「そうかもしれませんね~。。でも、もしわたしが罹ったら、やっぱりそれ処方して欲しいです~」
と、正直な気持ちを一応伝えておきました。
だって、やっぱり「インフル」を薬無しでこらえる辛さは身に染みてる。

そのうえ、これから「うつらない」ともいえない「それ」に対してどーーーーんとこい!と構えられないので
「予防薬とかないの?」ときけば
「あるよ。 たみふる。 自費だけど」と、ぶっきらぼうに答える医者。

薬と病気の「いたちごっこ」をわかっていても、目の前の辛さから逃れたい一心に、安易にすがる。
安易にすがる代表=自分。 

まあ、そんなわけで、わたしはこれで「発症」せずにすみそうで、ぽーこはテレビで話題になり、売り切れ品薄状態の「なんちゃら」いうヨーグルトを食していまだにうつらないところをみれば、明日には、むーも帰って来れそうです。

そうして、連休が始まり、ものすごく気温が上がった昨日。
畑仕事を午前中にやり、午後は近くの山へ・・・・・
出かける途中に、寮から出てきたと思われる青年を見つけ
「あ?〇君?」と声をかける。
今年の新入社員の〇君。 

そうそう、今年の新入社員といえば、昨年に比べるとほぼ全員「おとなしい」というか
「おっさんくさい」 008.gif
一人だけ、「小〇旬」に似ているイケメンのほかは、なんだかみんなくたびれた感じが漂う。
そして、〇君は・・・・・・・「たなか〇んや」に似ている。そう、あの芥川賞のさ。
本人にそう言ったら 
「あんまりうれしくはないですね」と、むすっと答え、その答え方がさらに「田中氏」に似ていたから、ほかに聞いてた寮生が大爆笑。
「もう、たなか〇んやにしか見えない・・・」とくすくす笑う。

そんなわけで、〇君にはちょっとわるいことしちゃったなあ。。と思っていたので
「どこいくの?乗ってく?」と声をかけると
ちょっとびっくりした顔して、ああ、寮のおばちゃん!と気が付いたところで
「あ、駅までなんです!いいですか?」とすんなり同乗。

これから、東京へ行くのだけど、あまりに暑くて、参ったな~と思ってたところだった・・・とか
ぽーこもいたので
「この子、朝いる子だよ」というと、
「はい。わかります。 どういう経緯かわからないけど、ずいぶん若い子がいるなあ~って思ってました。」
とか、素直によくしゃべる子でした。 
おまけに、降りるときには「またおねがいします!」とかって、ちゃっかりしてるのも最近の若者らしく。。037.gif
ま、これで、あの件は「ちゃら」ね。ってことで。。。

終始黙って聞いていたぽーこには「もう、母さん、ほんとに寮母さんだよ==!」と言われましたです。はい。

それにしても暑いこと!
「さっぱりしたものがいい」という夫に、お昼ごはんは「冷やし中華」。
山は、まだ「寒さ」の影響か、山桜も咲かず。。咲かないというか、花の付き方がちょっと変です。

それでも、里山花盛り。

a0158478_9362817.jpg





a0158478_9365380.jpg
a0158478_9371413.jpg
a0158478_9375880.jpg


昨年は、ひとつも花をつけなかった我が家の「梨の木」、今年は復活。
花だって、「お休み」する年もあるさ~ね。
梨の花って、たくさんの「小さいブーケ」をつけてるみたいでかわいい。
[PR]
Commented by バード at 2012-04-29 14:05 x
本当に、関東と一月位季節が違うんですね。

梨の花、初めてです。
清楚な花ですねぇ。

それにしても、≪インフルちゃん≫。
家族の皆様、よかったわ!!

私は、以前は(抗生剤)を飲まずに無理やり治した。
どうなるのか、試したかっただけだけど・・・・。
でも、家族には(君のやわな菌なんかにうつるわけない!)
と断言されて、ただただ寝込んでたわ。
あ、当然というか誰にもうつらなかったけど、1週間外出禁止。
今は、もちろん【くすり】よ!!!
Commented by azoo_azoo at 2012-04-30 07:50
梨の花って、こんななんですか~
可憐ですね。

銀の匙
懐かしい、私も大好きでした。
Commented by vinge at 2012-04-30 12:55
☆バードさん
ありがとうございます。 何とか無事に連休過ごせてます!“ヘ(゚▽゚*)

わたしも連休とかじゃなかったら、罹ってもしかたないかなって思うんだけど。。。
以前、罹ったときはタミフルもなくて、抗生剤はわたしが受け付けなくて、とにかく通り過ぎるのを待ちましたわ。そのときも、夫が持ち込んだ「菌」だったのよ=。

とにかく、今の「薬」はすごいです。問題も多々あるでしょうが、それでもすごいと思っちゃうわ!
Commented by vinge at 2012-04-30 13:00
☆あずりんさん

可憐で清楚でしょ? 林檎にも似てるけど、ちょっと違うし、「梨」の上の写真は「桃」なんだけど、それともまた違うの。

で、それが「ゴミ」の中から生えてきたとか。。。。余談ですが。。。(爆

「銀の匙」 疲れているときとか、現代ものを読みたくないときとかに、すんなりと頭の中に入ってきてくれます。
いいですよね~。^^
Commented by さく at 2012-04-30 22:33 x
ま、色々お疲れ様でした。
昨日のそちらの気温、びっくりだよね。
季節も、ゆっくり移ろってくれよ~。
里山に想いを馳せていますを
Commented by のんのん at 2012-05-01 02:55 x
昨日は朝から、すかいぷで失礼しました~。

つまり、たみふるを出してもらったの?

いまだいんふるにかかったことのないわたしは、
そのつらさを知りません。

予防接種はしない主義だと友達にいうと、
「それはあの苦しさを知らないからだよ」と言われてしまった。

Commented by vinge at 2012-05-01 07:42
☆さくさん
どもども~♪
2,3日前も気温は、東京より暑かったんですよ~。
むーたろに、「こっちは寒いから・・」とか言っといて、全然寒くないじゃん!!って、ひとりつっこみ。

山の景色はまだ、4月上旬ってかんじですが、一挙に緑の爆発です。
Commented by vinge at 2012-05-01 07:50
☆のんのんさん
どもども~♪こちらこそです~~♪ ^^

そうなの。予防の「たみふる」 直近に発症者がいる場合出してもらえるの。でも、免疫はつかないけどね。

義母は予防接種していたんですよ。 でももらってきちゃって・・・そういうこともあるから、わたしたちはここ何年か予防接種してないんだけどね。

普通の風邪が、子どもに殴られる感じだとすると、いんふるは「ボクサー」に殴られる感じ??
強烈だけど、どかっときて、すっと治れば、ねちねちしつこい普通の風邪よりいいかな・・・と、ちょっと思ったりもする。。。。
ん~。でもやっぱりいやだなあ。うん。知らないほうがいいよ。(笑
Commented by のんのん at 2012-05-01 09:04 x
なるほど~。強烈な例えだわ。

一生知らずにいたいわ(爆)。

もう風邪も憶えてないくらいひいてないので
(たぶん結婚してから熱出したことない。
風邪気味かな~で、家にある薬飲んだら治ったってのが何度かあったくらいで)、
風邪のつらささえわからなくなってしまったわ。
Commented by vinge at 2012-05-01 21:51
☆のんのんさん

それはうらやましい~! 
不思議なことに、わたしは子どもからうつることはほとんどなくて、ほぼ夫からなんだよね。
なんで=? 夫より子どもとのほうが密着度高いのに!(爆


by vinge | 2012-04-29 09:41 | つれづれ | Comments(10)