やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

職人

a0158478_22193935.jpg


出掛ける前に「わくわくしてる?」ときけば
「わたしね、初めてのことの前に、わくわくすることってないのよ。
だけど、そのかわり、緊張することもないというわけ。」という。

なるほどなあ~。
むかしから、人前に立つときでも、遠足の前日でも、試験の前でも。
どんなときでも平常心でいやに落ち着いてるなあ~と思ってたけど、そういうことなのか。
初めてその謎が解けたわ。(爆



電車を乗り継いで乗り継いで行った先は、山に囲まれ、川があり、池があり、人が少なく、
なんら、こことかわりばえのしない、なじみある風景の街。

同じ日に学校見学に参加したのは、うちを含めて「3組」のみ。。。。。。

一組は、ぽーこと同年齢らしき男の子と、その母。
もう一組は、 40代と思しきご夫人とその夫。

見学目的のご本人は・・・男の子と、ご夫人。

そして、ぽーこの場合。

「どうも、姉さんが主目的でわたしがおまけだと思われてて、年齢も姉さんが18で、わたしは中学生だと思ったって。。。。」
(う~む。その見た目年齢の低さも、一人旅が心配になる要因のひとつなのよ025.gif

「で、どちらかといえば、姉さんに学校に入るように盛んに勧めてくるのよね。(笑」

リカレント入学のほうが多いらしいその学校は、今年「70歳」の新入生もいるらしく・・
「60代」もざらにいるらしい。

「言っちゃ悪いけど、、それじゃ、カルチャーセンターだ!」と、わたし。008.gif

「でもクオリティーは高いよ」と、むーたろう。

「うん。本来はね、60歳になったときには完成されているような人材を育てたいから、若い人に入ってもらいたいんだって。
だけど、18ではいる人は少なくて、いろんな経験も必要ではあるって言ってたよ。
それに、今の若い人は、頭はいい。 でも、怒られなれていない。

ここは、職人を育てる学校で、作家になりたい人は美術大学に行けばいい。
2年間はきっちり基礎をやってもらう。
作家は売り物を作らないけれど、職人はあくまでも『売れるもの』を作ることだから
陶芸ならば、2年の時にはきっちり同じ形のものを100個作れるようにならなくちゃならない。。
その2年が終わったら、どこかの工房なりに入る人が多い。

その先、自分の好きなものを作りたいなら、高いお金を出していい材料を自分で仕入れて作る。
3,4年という学年は、その作業場所提供をしているだけ。
学費は自分で稼いでくる。
バイト先もあるし、腕がよければ、その場で教師が引き抜いていくこともある。
(教師は全員、独立した職人さん)」

聞いてきた話を、思い出しては、一つ一つ話すぽーこ。

昔ならば、10代で弟子入りし、雑用からはじめて徐々に師匠の仕事を見ながら覚えていく・・という職人の世界。

そういう人を育てる余裕もお金もない現場の事情。
機械化により、同じものが100個でも1000個でも作れる時代。

職人を育てるのは、こういう『学校』でしかない。そして、かなり『厳しい』。
失われていく「手仕事」に危機感をもって作られた場所。
あまやかな学校が多い中で、ここは、けして半端な気持ちでは入れない『専門学校』

「だけど、高校生の説明会に行かせて貰いたいって高校に頼むと、たいがい専門学校ってないがしろにされちゃうんですよねって、ぼやいてたよ」
と、笑うぽーこ。

一日目はいろんな説明を聞いたり見学をして夕食会、二日めはほぼ一日掛けて、実習体験をさせてもらってきた。

「で?あなたはどう思った?」という問いかけに

「すごく魅力的だとおもったよ。」と。

そして

「だけど。。。。。。。。。。。やはり、その前にわたしはやることがある。。。」


行く前も、帰ってきてからも、やはり平常心。





そして、むーたろうはというと・・・・・・・・・・
[PR]
Commented by u-たん at 2012-05-15 10:03 x
ほ~ほ~で続きが待ち遠しいです♪
ゆっくり待ってま~す!
Commented by vinge at 2012-05-15 10:54
☆u-たんさん
ほほ~い。^^ちょっと待っててね~。

u-たんさんも好きでしょ?こういう学校?? うふ♪
Commented by azoo_azoo at 2012-05-16 05:45
あ、あそこの事かな?
私は、そこのもっと先の日本海側の生まれなので、
大体どういう山の中なのか想像できます、笑。
Commented by vinge at 2012-05-16 06:47
☆あずりんさん
あ、そうそう、そのまま行くと日本海かな?

なんか、むかし有名な政界のかたの出身地?だったとかで、道とか公立学校とかが、めっちゃきれいだったそうです。
「あのね!歩道と車道が同じくらいの幅だった!」って・・・・

そんなとこに感激するくらい、よそのこと知らんのですわ。(笑
by vinge | 2012-05-15 09:25 | つれづれ | Comments(4)