やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

秋の「乙女期」

a0158478_11332115.jpg



「林檎の キャラメリゼ」 

林檎の季節がやってまいりました! まずは「紅玉」ですね。
フライパンで作るところの「キャラメリゼ」を、レンジでチンして作ってみました。

ほろにがいキャラメルが甘すぎず、普通の砂糖煮と違った味わいが楽しめます。




一昨日の晩のこと。

ドアツードアで、3分の職場(歩いて)に車でご出勤の優雅怠惰なわたくし

だって 帰りが暗いんだもん。

田舎道は真っ暗闇なんだもん。

しかも、お墓もあるんだもん。

と、[おとめ]ないいわけ。

「てめーいったい何歳だと思ってんだ!! 033.gif」 という突込みが、今全国から聞こえましたが。。。

最近は職場のおねえさま方も

「たしかに・・・・・あの道を下っていくのは怖いかも・・・・いいよ。車にしなさいよ!」 
と言ってくださるので 堂々と車で通っている。

でも、たまには「自転車で行くか!」という気分のときもありなので 
(それでも、けして歩いては行かない。 なるべくぴゅ===っと帰りたいから)
一昨日も自転車で行った。

その日の帰りは、偶然荷物が多くなってしまって、優しいお姉さまは「乗せていってあげようか? 荷物だけ届けてあげようか?」と心配してくださったけど

「大丈夫ですよ。
、転ばない限り だいじょうぶ!! わはは!」003.gif
と元気よく、職場から出た。

いつもなら、ほとんど誰もいない曲がり角で、向こう側から自転車が現れたので、おっと・・・とよけたら
どうも「本田君」らしかったので(暗闇でよく見えない)
「おやすみ~~♪」とあいさつしたら やはり彼の声で「おやすみなさい~」と小さい声が遠ざかった。

そして、次の曲がり角から坂道の狭い一本道。
まさに暗闇に飲み込まれていく感じの、真っ暗闇の下り坂。
自転車のライトなんて、ほんとに足元1メートルくらい先しか照らさない。

慎重に坂を下りたところで、向こうから車が来るのに気がついた。
この時間、こんなことは滅多にない。
道は車がやっと一台通れる幅。 右側は池のフェンス。 左側は空き地の藪。
憶測で、もう少し先に行ったら左側は田んぼの土手になってしまうから、降りてよけるならこのあたりで・・
と思い、かごにいれず、ハンドルに下げた荷物を気にしながら左側に足をつこうとしたら


そこに地面が無かった・・・・・・・・

自転車ごと、奈落の底に落ちる私・・・・

いや、実際は50センチくらい落ちただけなんだけど。
藪に隠れて、まさかそこにそんな穴があるなんて!!!!
しかも、その数m手前なら、充分な空き地があったというのに!!!

なぜ、そこに落ちる!!>>自分!!  あたりすぎだろっ!!!!

かろうじて、自転車を地面と平行に頭の上に支えこらえていたら、件の対向車がのろのろのろのろやってくる。
「早く行ってくれ===!」と、心で叫んでいたら
ゆっくり、私の横で止まり 窓を開けて

「ごめんなさ~~~~~~い・・・・・」 と 男のか弱い声で言って、去っていった。


見捨てるんかいっっ!!!!031.gif


だいたい「ゴメンナサイ」じゃなくて 「だいじょうぶですか??」 だろが??!!

ああ。。。。おばさんって、こんな状況でも「だいじょぶですか?」じゃなくて、「ごめん」で去りたいのね???(涙

しかし、にわかに この状況に笑いがこみ上げてきた。
怒りではなく、もはや笑い。

さすがだ。 これが年を経るということか。 うむ。 わるくない。

噴出しそうな自分。 けして打ち所がわるかったわけではない。 (本当に、どこもなにもなかったからね)
強いて言えば、自転車を支えた右肩が、こういう予期せぬ動きで50肩が疼いたくらい。
そして、自力で穴から脱出して、数十メートル先の自宅に帰った。

翌日の職場で、事の顛末を話して、お姉さまと二人でげらげら笑った。

夕食時に本田君が来たので
「夕べの自転車は本田君だよね?」と聞いたら 彼は わたしだとわかっていたらしく

「なにかあったんですか? 自転車で来るなんて。。。」というので
「たまには自転車なのよ。でも、あのあとさ~~」と再びこけた話をしたら

優しい目で「けがはなかったですか?」と聞く。

家族含め、初めて心配してもらった。


じ~~~~~~~~~~~ん。007.gif



おばちゃん。いっきに「乙女期」に突入。

だから、この職場はやめられない。
[PR]
Commented by azoo_azoo at 2012-10-13 06:47
いやぁ、怪我がなくて何よりでした。
いやぁ、ほんま、意外に意外なとこ負傷したりするもんですもん。
運がよかったです?
いや日ごろの行い?
いや、
受け身?
ともかく、後で笑える話になってよかった。
気を付けてくださいよ~~~!
車で、通勤してください!
Commented by vinge at 2012-10-13 10:08
☆あずりんさん

おかげさまで無事でした。(^^;)
ふかふかの草藪だったので怪我しなかったと思うんですけど、落ちる瞬間って、ほんとにいろんなことが頭を駆け巡るんですね。(笑

そもそも、ここに勤めるとき、娘を夜は出したくないって強く思ったからなんですが、その理由を身をもって体験いたしました。

けして人に襲われるのが心配とかじゃないの。(爆
Commented by バード at 2012-10-13 18:33 x
くまたろうさんったら・・・・・・・(笑)

確かに、落ちる瞬間って不思議とスローモーションで、感じたことのない時間の流れですよね。

のんのんさんと、御宿の朝を歩きながら、
くまたろうさんだったら・・・・
(もう無理!!)
て言われちゃうよね。
と話しながら歩きました。

私は運転ができませんので、歩き&自転車ですのよ。

あ!タイヤ交換もいたしましたわよ。

でも、お互い気を付けましょうね。
なんたってS38星人ですもの!
Commented by itym19 at 2012-10-14 06:51
いやいや、無事でよかった。
自転車だって、危険な状況聞きますもん。

私、学生時代に、やはり暗闇の中、工事中の穴に落ちたことありまする。
Commented by vinge at 2012-10-14 09:57
☆バードさん

お!その感じがわかるってことは、バードさんもどこぞに落ちましたね?? (笑

う~~む。 あの時は暑かったのとサンダル履きだったのが敗因だと・・・・・(汗
と、言い分けさせていただくと、昨日はあの4倍くらいの距離平気で歩きましたよっ!!

でも、ほんと気をつけないと。。38星人 平地で躓いちゃいけません。(爆


Commented by vinge at 2012-10-14 10:01
☆さくさん

あはははははははは!!
やっぱ、一度はどこかに落ちた経験みんなもってるのね~~! “ヘ(゚▽゚*)

会社の人にこの話すると、みんな「池でなくてよかったね~」って言ってくださるけど、さすがにフェンス越えで池ポチャはしないと思うんだけどね~。
気をつけまする~~。
Commented by u-たん at 2012-10-15 09:33 x
数年前ワンコの散歩で側溝にハマった(^^;
一瞬何が起こったかわからないよね~

無事でなにより。
あの坂道の暗闇は怖そうだわ。

でもせっかく自転車に乗ったのにね。
あ、でも白馬の王子にあったからいいのか(爆)
Commented by vinge at 2012-10-15 12:50
☆u-たんさん

側溝! うふ。
バードさん曰く、「38星人」だもんね~。 ほんと、気をつけないと~。^^;;

で、あの坂道。。。わかるでしょ?
でも、転んでもただでは起きないよ。 そこはしっかりと!(爆
Commented by アットロ at 2012-10-16 01:26 x
アトリエのおやつに「キャラメリゼ」作ってみて 失敗しました。(×)
溝が浅くて良かったですねぇ。「お怪我はなかったですか?」ってゾクゾクしますね。気を付けてくださいね。ヒマなときレシピ教えて下さい。
Commented by vinge at 2012-10-16 11:58
☆アットロさん

いよいよ林檎の季節になりました。(^^)
この「キャラメリゼ」は、林檎とバターで「チン」したあとで別に作っておいたキャラメルをかけて再び「チン」づる「なんちゃってキャラメリゼ」。。
本来は、フライパンに直接果物と砂糖をいれて火にかけます。そのほうがキャラメルぱりぱり~。 バナナでもおいしいですよ。^^
くわしいレシピはのちほど送りますね~。
by vinge | 2012-10-12 12:22 | つれづれ | Comments(10)