やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

転居

a0158478_21384931.jpg


義母宅裏の山の中でみつけた「ふきのとう」


目まぐるしくお天気が変化した日曜日。
義母の転居が済んだ。

土曜日にご近所の方々にあいさつ回りをし、最後のデイサービスから戻った義母を迎えて、
ヘルパーさんや、ケアマネさんにもお礼を伝えた。

ご近所の皆さんは「さみしくなるわ」と言いながらも、どことなくほっとした表情で、
どんなに毎日息子が通い詰めていたとしても、90過ぎた独居老人が近くにいるということは、様々な思いがあったんだろうと察した。

それもそのはず、最後となれば「実はあの時・・」といろんな打ち明け話。
夜中に緊急連絡のボタンを押してしまい、駆けつけてくれた方がいたり、
雪の日に、交代で玄関までの雪かきをしてくださったかた。
お惣菜をいつも届けてくださった方。

電気が消えてれば気がかり、つけっぱなしなら、また気がかり。

ありがたいご近所付き合いではあったけれど、長いこと気を揉まれていたことも確かだろう。
本当なら、もっと早い決断をすべきだったのかもしれない。

せめて、今後空き家になることで、別のご迷惑をかけないように
とりあえず長年放置した庭の手入れを、4月早々にするように植木屋さんに頼んだ。
家も、時々風を通しに行かなければならない。

こうした空家問題は、田舎に限らず 今、あちこちで話題になってるよね。

今すぐに全部をどうにかすることは難しいけど、少しづつやってかないとなあ。。。

話を戻そう。

ともかく、日曜日の午後、わけもわからず車に乗せられた義母は、お気に入りのクマのぬいぐるみをかかえて
新たな「家」に到着した。

まー、最初はご不満。(;^ω^)
ご機嫌ななめで、「帰る帰る」と言い続ける。
夕ご飯の時間になったのを機に「またくるね~」と、私たちは退散した。
(保育園に泣き叫ぶ子を置いて 後ろを振りかえらず去ったあの時の気持ちを思い出したよ!)

翌日、夫が行くと「ごきげんさん」だから大丈夫とのこと。前日の夜は8時になったら『眠くなった』と言って、さっさと寝たそうだ)
今日、私も一緒に行くと、ほかの入居者さんと一緒に雑巾縫いながら歓談中。

自室は東南の窓から明るい日差しがいっぱいに入り、隣家の庭の大木の梢に様々な鳥が来るのを眺め
「ここはいいところだわ」と、とてもうれしそうに話してくれる。

ベットに「くまちゃん」が寝ていて
「私が作った」と、バイタルチェックに来た看護師さんに自慢げに話してるけど

お義母さん。
その「くま」作ったのは私です。(-ω-)/

ま、それはどうでもいいわ。(苦笑

もうじき、窓の外で梅が咲く。次に桃が咲く。 
新芽の季節も美しいだろう。

そうだ、お城の桜も見に行こう。

にこにこにこにこ。義母が笑っていた。








おまけ

引っ越しと言えば段ボール箱ですが・・・

a0158478_2321297.jpg


これは、遠いところから送られてきた箱。(引っ越しに非ず)











a0158478_2334630.jpg


               通りかかる人に襲い掛かろうとしてる「猛獣 小僧」が詰まっているので要注意!
[PR]
Commented by azoo_azoo at 2013-03-13 07:33
送る皆さんにも、それぞれ色々な思いがあること、
そうして想いを馳せてあげられるくまたろうさん、すごいです。

義母さんの笑顔がたくさんの毎日になられますように。
Commented by vinge at 2013-03-13 14:18
☆あずりんさん

ありがとうございます。(*^^*)

どこもおなじでしょうが、少子高齢化、お互い様と言いつつも、お互いしんどいのも確かなこと。

まだホームにお願いできる義母はいいけれど、私たちの時には、そこに入ることさえできないかも。。。
そうしたらどうなるんだろう~。
なんてね・・そんなことばっかり考えちゃいます。(´・ω・)

Commented by u-たん at 2013-03-15 10:12 x
すまほから投稿ができてなかった(>_<)
私も空家がこころの底ですごく負担。
片付けて処分すればいいんだけど なかなか足が向かないの。
考えると動けなくなっちゃう。
そうやってうだうだすることにも、
残された人間としての意味があるって思うけどね(^^;
苦しい言い訳か(笑)
今年こそはなんとかしたい。

くまちゃん抱いて、わたしもあなたも区別がなくなっていくのね。
すごいことだなあ。
どうでもいいわと思わせるお義母さまも。
くまたろうさんも♪
Commented by vinge at 2013-03-15 15:17
☆u-たんさん

あちこちで空家問題出てますねえ~。
子どもは少ない、家だけが残る。。。。100年前には想像すらしなかったことだろうね。

いいとこなんだよ、義母の家。
建て直して小さくして、別荘とかいいかも。

無理だけど。(爆

今日も行ってきました。
ほかにもお人形抱いてるおばあさまとかいらして、みんな幼女のようないいお顔です。(*^^*)
by vinge | 2013-03-12 23:05 | つれづれ | Comments(4)