やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

いつのまにか

a0158478_9322568.jpg



いつまでもアンニュイな気分でいられないのが主婦である。

先日来、放置されてるバイク置き場の続きをやり、たまった洗濯物を片付け、その他あれだこれだと動いて
午後にはクタクタで昼寝をし、それでもまだすっきりしないまま仕事に行って、
しょうがの皮をむいていて手が滑り、左手薬指の外側を切る。

家に帰って、猛烈に眠くて10時台には寝てしまい、とても嫌な夢で目が覚め、もう一度寝て、次にはけらけら笑う夢を見て起きる。

うん。 元気になった。

指も痛くない。




冒頭の仔猫。 (前記事の仔猫と同じ)
また拾ったのか??というのじゃなく、近所の野良ネコの仔。

母猫はもう何回も子どもを産んでいて、今回の出産はたった一匹だけだったらしく余裕の子育て。
母猫は決して人に近寄らない。
もともと「のら」の仔は、親に倣って人に近らない。

「りく」は、どこかで飼われていた猫の「捨て猫」なんだろう。

うちの猫事情は、もう家の中で飼う「りく」だけになった。

以前からいた「にゃん」さんは、相変わらず家に居つく猫でなく、あちこちで別の名前で呼ばれている。
「耳をすませば」の「ムーン」と同じで、「ここにつなぎ止めるわけにはいかない」猫なのだ。

「ねねさん」がどうなったかとお思いの方。

じつは、もうずいぶん前なんだけど、実家にお帰りになった。

15年住んだ家を捨てて、我が家に転がり込んだ「ねねさん」は、じゃれつく「りく」に辟易して、ある日ふいにいなくなった・・・
と思ったら、元の家のご主人が電話してきて「うちに今いるのは『ねね』だろうか?」と聞いてきた。

3年ほどもうちにいて、出入りは自由にしていたのに、全く帰る気配がなく、すっかり「うちの猫」になっていたのに、
あっさりとおかえりになって、静かな余生を過ごしているらしい。

猫っていうのは『家につく』のでなく、『家を選ぶ』のだ。


「りく」が家を選んできたのかどうかわからないが、「りく」は完全室内飼いで徹底する。
いままで、そうしたことはなかったのだけど、泌尿器系の病気にかかりやすい体質がわかってから、
外には出さないことに決めた。

外を自由に歩き回る猫を見ると、人も猫も「うらやましい」と思うし(いや、猫の気持ちはわからないけど)
心苦しくもある。


仔猫を引き連れた母猫は、毎回同じで、ある程度仔猫が大きくなった頃に、いつの間にか親も子も姿を見せなくなる。

たま~に、あの時の「お子」だろうと思われる猫が、ちらりと姿を見せることがあるけど、
それ以上はこない。

いつのまに、いなくなる。

どこかで、元気で。 猫らしくすごしてくれればいい。 

 と願う。



a0158478_1032182.jpg

[PR]
Commented by azoo_azoo at 2013-07-31 17:30
2枚目の写真、せつのぉて、涙出そうになった。
なんだ?!笑
Commented by vinge at 2013-07-31 23:20
☆あずりんさん

仔猫の姿は、もう見なくなりました。

せつないです。 (._.)
Commented by u-たん at 2013-08-01 17:08 x
夢が色々持って行ってくれたんですね~

ニャンは健康面からも室内飼いがいいと思う。
って、家のニャンズは出入り自由になっちゃったけど(脱走魔に私が堪えられなかった)

そうでしたか。ねねさんお戻りになられたのね~
ニャンにはテリトリーがあるから 多頭飼いがうまくいくかは運だよね。

我が家は大きい方をしたあとは、どたどた二匹で走り回ってます。
しゃー うにゃー って喧嘩も毎日してる(>_<)

世界から猫が消えたなら やっと予約本きました♪

Commented by vinge at 2013-08-01 22:59
☆u-たんさん

昨年、Mたんになでてもらった「ねねさん」。(*´ω`*)
彼女は静かに暮らしたかったのよね(もう高齢だし)、でも、ちゃんと元のおうちに帰ったのは、いろいろな面でほっとしました。 とってもかしこい猫です。

室内飼いと出入り自由では、やっぱり心迷うところありますが、雄は特にケンカがね。。ここはすでに「にゃんさん」の縄張りなので・・・・体格ではボスになりそうな巨体猫なんだけど、びびりやです。(;^ω^)

「世界から猫が~」って泣けるらしい?
久しく新刊本って読んだことなくて、私が今読んでるのが「内田百閒」。(たぶん、このせいでいろんな夢見ちゃう)
「のらや」以後はまってます。笑
Commented by おとね at 2013-08-02 08:51 x
あずさん、激同意、です。

ほんと、どれだけ言葉をかさねるよりも
一目でわしづかみされるものって確かに、あるな。

くまたろうさん、ほんとうらやましいわっ

Commented by vinge at 2013-08-02 09:16
☆おとねさん

子どもとか、仔猫とか、小さいものの表情くらい愛しいものはないですわ。(*´ω`)

え?うらやましい?  猫欲しい?(爆
Commented by おとね at 2013-08-02 19:14 x
うらやましいのは、あなたの感性。
と、表現する才能。
Commented by vinge at 2013-08-03 09:30
☆おとねさん

素直にお言葉いただきます。ありがとう。(*^^*)

お礼に猫送りたい。(≧▽≦)
Commented by アットロ at 2013-08-04 21:58 x
内田百閒 のらや・・・いい。って くまたろうさんの飄々とした文章も夏目漱石や内田百閒を彷彿とさせますよ。読者を悩ませない気づかいがそこここにあってね。疲れていると ハッとする夢を見るから、若いけどきをつけてねー。皆さんのコメもサクサクとあたたかいですよね。ニャンたち 幸あれ!!
Commented by vinge at 2013-08-05 09:41
☆アットロさん

ありがとうございます。
内田百閒おもしろいですね。さすが漱石の弟子!(´▽`) 
漱石は若いころから大好きなんです。(ほかにあまり読まないだけですが)
疲れたり、面倒なことが続くと、古典文学や落語が読みたくなります。
もっと疲れると、文章より絵の多いもののほうを・・・(爆

こちらは梅雨に戻ったような日々で、ニャンたちは、家でもごろごろお外でもごろごろ。。。
でもこれらが一番疲れを吹き飛ばしてくれますね。^^
by vinge | 2013-07-31 10:31 | つれづれ | Comments(10)