やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

あれよあれよと休みも6日目!

a0158478_1134987.jpg


野の花って元気。 どんな暑さの中でも元気。


そんな元気を少しでも分けてほしいくまたろうです。 お休み6日目。(;´Д`)


お盆行事も、もはや、のんびりしに行く田舎はないので、夫の実家も掃除して風を通しに行くのみという・・・・・

ただ、ただ「暑いだけ!」ですわ。。(´・ω・)


夫の実家のお墓は、高い山の上にあるので一人で行ってもらい、その間に義母の夏ものを探し出す。

春に「とりあえず」の物だけ持ってホームに移ったので、その後の入院やらなんやらで、家のほうの片づけができないまま夏になっていた。

義父の書斎と客間が続きの部屋で、その両方に足の踏み場もなく散らかされた衣類の箱、箱、箱・・・・
いったい、今までどこにこれらが仕舞ってあったのかが不思議なくらい
いままで、ほとんど衣類は捨てなかったんじゃないのかと思われるほどの量を
認知症が進んでから引っ張り出してしまっていた。

ヘルパーさんもこの状態には手出しができないので、、普段使いを畳んで積み上げてあるだけ。

おそらく、自分では片付けようとして、結局なにがなんだかわからなくなり、散らかしては途方に暮れていたことだろう。


片付けながら、危うく私も途方に暮れかける。。。。(爆


もう何も考えずにゴミ袋を握りしめ放り込む。
そして、まだ着れそうなものを発掘する。
2時間かけて、ようやく3分の1ほど「足の踏み場」を確保。

床の間が、元の通りに現れたとき、やっと、この家のお盆を思い出した。
義父の笑顔とか、小さかった子どもらの声とか・・・

a0158478_11385226.jpg


義父が、孫が生まれるとわかってから、心配しどおしだった池。 水深10センチほど。

庭は春に植木屋さんに刈り込んでもらって、ずいぶんすっきりしたけれど、すでに草ぼうぼうのうえに、蚊がいっぱいで踏み込めない。(;^ω^)


書棚も整理して、Pに頼まれていた本も探した。
もう古い本ばかりだし、Pとは分野が違うのであまり望むものはなかったけれど、科学を目指すという視点で書かれた昭和43年頃のアメリカの人の本が面白かった。

私が、この頃あれこれ心配した余計なことを、拭い去ってくれるような内容で、
これは、もしかしたらPにではなく、私のために義父が差し出してくれたのかもしれないと、
そんなことを思った。

お掃除のご褒美に。




昨日と今日は仕事。

鬼のように3時間半働いてきまっせ~~。



追記!

ほぼ日でこんな記事がありましたが→http://www.1101.com/tamamushi/index.html


義母宅で発見! 玉虫~。 

a0158478_13254787.jpg

[PR]
Commented by azoo_azoo at 2013-08-15 16:10
うわ!!
生きた玉虫!!
いるんだ、ほんまに!
・・・ていうか、イトイしんぶん読んでる?
私もファン。
Commented by azoo_azoo at 2013-08-15 16:14
あ、慌てて送信してしまった、笑。
実家の母の部屋も、義母さんの部屋と同じになりかけていました。
衣類と何やらいろんなものがとにかく箱や風呂敷に包まれ積み上げられて。
触ろうとすると嫌がるので、何もできずに帰ってきたけど。
義母の部屋も、そんなだったよ。
何を探して何を隠そうとしているのだろうと、
絡まった母の心と頭の中を想ったのだが。

お疲れ様!
Commented by vinge at 2013-08-15 22:26
☆あずりんさん

これ、実は生体ではなく、側溝に落ちてたのを拾って葉っぱにのせたものなにょ。(;^ω^)
で、イトイサンみたらびっくりした。なんてタイムリー!
タンスにしまっておくと着るものに困らないんだって。へ~。へ~!ですわ。

でも着るものっていってもねえ・・・あの義母の部屋を片付けたあとじゃ、なんとも複雑な心境。
義母たち戦争経験者たちは、衣類とか捨てられなかったんだろうねえ。。ほかの物もそうだけど・・
うちも箱とか風呂敷とか、いっぱいだった。で、片付けると嫌がるの。何かに必死な感じもした。

いろいろ思うよね。 
今まで子どもらのことで共通の話題を持ってたけど、今度は親のことでまた共感できますね。
ブログやっててよかったなあ~って。 感謝。

by vinge | 2013-08-15 11:37 | つれづれ | Comments(3)