やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

アオコ大発生

a0158478_9582250.jpg



昨日から、また暑さが戻ってきた。

毎年この時期に、池の「藻」が大発生する。
そして、あの悪臭が漂い始める。

硫黄化合物「2-プロパンチオール」
都市ガスなどに添加する臭気とおなじなので、池のそばを歩いていると「え?どこかでガス漏れ?」って勘違いしそうな匂い。

今朝は、一段と強く匂って頭が痛い。

たまらなくなって、役所の環境課に電話してしまった。

そうしたら「池の管理は、地区の水利組合ですのでそちらに連絡しておきます。」とおっしゃった。


うん。

知ってる。


知ってるけど、あえて役所に電話したのだよ。


その水利組合の組合長は、うちのすぐ前の田んぼの持ち主なんだもの。
そして、この池は、そのお宅の田んぼと、もう一軒の農家でしか使わないってことも知ってる。

だから、苦情は直接言いにくいのだよ。(´・ω・)

役所の人は丁寧で、「こちらから連絡しますが、よろしかったらお名前と電話番号を」というので

「どこそこの◯◯と申します。」と偽りなく答え、電話番号も伝えたのち
「ただ、その水利組合長さんはよく存じております。近隣ゆえ苦情を言うと今後のことがありますので、うちの名前は出さないでください」というと

「わかりました、では匿名で・・」と言って一旦電話を切り、5分後にまた掛けてきてくれて
「(地区担当者に)伝えましたところ、最近池の様子を見ていなかったとのことで、数日後には池の水を払って掃除する予定でした・・とのことです。今しばらくお待ちください。」
と、素早い対応。

おお。すばらしいぞ。◯◯市役所! ぐっじょぶ!

池には、いろいろ問題が発生する。

数年前から、ユスリカの大発生もある。
ただ、池の周囲の家だけにその被害があり、そこから2軒離れただけで、「え?そんなことあるの?」という状況だったりする。

その被害のあったある住人が、あまりの大群に、どえらい剣幕で自治会長やら水利組合やらに怒鳴り込んださわぎがあった。(うちにも『おたくのあたりはどうなの!!??』と電話してきた)

その人の言い分としては、池の周りの草刈り後、焼却しないで放置して積み上げたからだという。

そういうこともあるかもしれない。
ただ、ユスリカは、周期的に大発生を繰り返す・・という、自然方程式もある。
そのとおり、昨年くらいから確かに数は減ってきた。
一概に、水利組合の管理が・・・ともいえないし、実際のところはまだよくわからないのが現状だ。

大体。池が先にあり、その周囲に家を建てたのが後だ。
家が近すぎて、野焼きが危険だということくらい、その人にもわかっているはずなのだ。


我慢がならないほどの大群。虫の脅威。
それは我が家も同じに感じた。


アオコのガス臭も、もう少し我慢すれば、やがて消えることわかっている。

それでも、電話しちゃったんだよ。 頭痛くて。 


「その原因があなたにあるわけじゃない」とわかっていて、どう伝えるべきか。

水利組合長さんが、「今年はうちが当番になりました。」と教えてくれた時の、彼のピリピリしたものを感じて
直接言えなかった。
言ったら「苦情」になることがわかるから。

「苦情」はお互いが苦しい。

でも言わないと伝わらない。

ちょっとこうなの。
ちょっと知っていてほしいの。

で、

あ、そういうことなの。
それなら、待ってみる。
それなら、こうしてみる。

そうお互いが思えたら、いいなと思う。

怒らずに。
[PR]
Commented by azoo_azoo at 2013-09-14 09:13
水辺が近くていいですね~
などと牧歌的なことばっかりは言ってられないんですね。
そりゃいいことばっかじゃないわなぁ。
確かに近隣に「苦情」は言いにくいよね。
私も隣の騒音・・・と、それはいいとして。
一刻も早く改善を見ますよう、お祈り申し上げます。
Commented by vinge at 2013-09-14 15:11
たかがため池、されどため池。いろいろありまする。(´Д`)
今年の夏は、水不足やらポンプ小屋の故障やら・・そして、池の周辺整備や掃除やらも、農家の高齢化により人員不足。。。
組合長さんの神経ピリピリも分からなくないけどね~・・
「いいこと」には、そうでないことも~。ま、しかたないっす。(´・ω・)

by vinge | 2013-09-13 10:51 | つれづれ | Comments(2)