やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

気から病

a0158478_17103669.jpg


「ほら。きれいだったから撮ってきたよ。 PCに送っておくね。」とPのスマホから。


風邪ひきまして。 (あけまして・・・みたいな)


わたしはのどから。ってんで、日曜日から急にのどにやってきた。  

でもすぐにのどの痛みは治まって、夕べから鼻水が滝のように流れ落ち。
マイティッシュボックス抱えて、朝の仕事へ行ってきた。

今朝の調理師君が若い子で 「大丈夫?」と心配してくれるけど「熱があるなら帰っていいよ」というのを聞いて
「小学生か!」ってつっこみたくなった。

「風邪」→「休みの目安」→「発熱」 それ以外で休むと「や~い!や~い! ずるやすみ~!」って騒いでた小学生男子。
もしくは「熱が無いなら学校へいきなさい!」と親に言われ「うん。わかった!」と素直にしたがった小学生男子。
奴は、どちらかといえば後者のタイプだな。

世の中の人は本当に勤勉だと思う。
ちょっとやそっとの体調不良など気にせずに(相当無理をしても)会社に出かけて働いている。

ある時期までは私もそういう一人だった。 

今は、そうとうのヘタレだから、風邪引いた!と思ったとたんに、家から出られなくなるような気がするのよね。

気がする。



小学低学年のころは、休みたくて休みたくて、でもどんなに念じてもおなかが本当に痛くなることはなかった。
だから、どうやって親を信じさせるか、あの手この手の悪知恵ばかり働かせて演技した。

あんな演技を繰り返した罰が当たったのか。
いまは休みたくもないのに。 「おや?」と思ったら、体が勝手にリンクする。
今までの経験からの状況が勝手に表れてくれる。
あ、そうか小学生低学年の時は病気の経験自体が少なすぎるから、想像できなかったのか。

一時期よりもだいぶましになって、大丈夫大丈夫って自分に言い聞かせができるようになった。
でも、ほんとめんどくさいよ。苦笑

今日の昼の国営放送に話題の「こじまさん」が出ておられましたね。
のんのんさんが、先日紹介されていた本。
図書館で探したら二人待ちでした。

内容は・・・きっとよくわかるかもしれない。 おそらく。共感するところがあるかもしれない。

テレビでもそのような話があるかと思って、横になってみていたのだけど、風邪薬をのんだせいか
爆睡して気が付いたら終わってたという・・・

まだ聞いてはならないってことか。
探りたくない気持ちがあるんだろうな。じぶんのなかに。



マスクして仕事してると、寮の若い子たちが数名「大丈夫ですか?」って心配してくれた。
2日目に会っても本気で心配してくれる男の子もいて、もうおばちゃんうれしくて涙が出るわ。
(マスクの下で鼻水だして)(きたない)


もうひとついいこと。

昨日、鳥取のアットロさんからおいしい梨を送っていただいた。

a0158478_18295615.jpg

                                    「こら~!先に覗くな!!!!」(; ・`д・´)


a0158478_18313470.jpg


                                  こ~んな大きな梨~~~~♪



ジューシーでとってもおいしい梨です。 ごちそうさま。 ありがとうございます。
のどに染み渡る~~。
梨って、喉にとってもいいんですってよ。

そういう事って最近とっても興味があって、ちょこっとやってみようかな。。。 って思う50代なのだ。
[PR]
Commented by あずりん at 2014-09-10 23:00 x
お大事に。
子供の頃はよく休む子だったの。
今は休みたくても休めないの。
身体も丈夫になっちまったの。
Commented by のんのん at 2014-09-11 09:31 x
わたしは具合悪くても無理して登校するようなコでしたねえ。
高校もやめたいとか思いながら皆勤した。
ああ、大学やめればよかったとか、いろいろ思って、
息子たちがどこかうらやましいです。

こじまさんのすたぱ見たよ。
その手の話はしなかった。しないことにしてたんだろうね。
ま、時間も短いし。
オーストラリアに引っ越して、ご主人が専業主夫になったという話が主でした。

最後の質問コーナーで、出産して不安障害になったそうですが?という質問に答えてましたが、
過去のことにまでは言及しなかったよ。
ま、時間もないしね。

Commented by vinge at 2014-09-11 10:54
☆あずりんさん

丈夫がなにより!(笑)

休みたいときに休める環境ってのが大事なのかなって思ったりする。
自分にも他人にも嘘をつかずに。
Commented by vinge at 2014-09-11 11:26
☆のんのんさん

こじまさんて、最近全然見ないしこんなにエッセイ書いてる人なんて知らなかったです。
すたぱの最初だけ見たんだけど、男性的な人って印象でした。そっか~。それでご主人が主夫に?(ちがうか)
本のような内容は最近いっぱい書いてる人いるし(ごめん読んでもいないのに断定して)
気になるけど、あまのじゃくだから流行ると読めなくて。(爆)
というか・・・・私は、そういうところに答えを帰着させてしまいそうだからあえて避けてるのかもしれない。

学校をやめてればよかったか、行ったからよかったのかってことは。。。
いまだに私自身の答えはないかなあ。。(中途半端に高卒なもので)
ただ、Pともよく話すのだけど、人生は、あっちにすればよかったとか、あの時こうしてればというのは「ない」ってことだけは確かだねって。
同じ時間に、二つの経験することって、どうにも無理だものね。


Commented by アットロ at 2014-09-11 18:26 x
出演させていただいてありがとうナッシー!!
なんで千葉県のふナッシーかといえば 鳥取の二十世紀梨の親木は明治に千葉からいただいてきたんですって。だから梨は千葉発祥。
リクちゃんは皮を召し上がるかも。鳥取ではワンコもにゃんこも梨を食べます。早くノド風邪鼻水治りますように。あ それ 例の大学の梨です。旨み研究の末の優秀な味ですってさ。うんまいよ。
Commented by vinge at 2014-09-12 11:13
☆アットロさん

こちらこそありがとうなっし~!(≧▽≦)
まいにち「うんまいうんまい」と頂いております。夕べは「咳止めシロップ」も作りました!これがおいしいんでびっくり。
おかげさまであとちょっとで脱出できそうです。(そしてPに移ったし)汗
箱と見れば、真っ先に「俺が俺が!」と入りたがる大猫に「恐れ多くも。このゆにばーしちぃーの紋所が目に入らぬか~!!」と追い出した次第であります。( ゚Д゚)
Commented by おとね at 2014-09-16 08:45 x
おくらばせ。こじまさん、その昔、かの伊集院静せんせを大激怒させて番組放棄させちゃったそうで。
無礼である!とせんせ、激おこぷんぷん。
それについて、せんせが書かれているもの読んだのだけど
(大人の流儀)きっと、天真爛漫傍若無人系の人なんだろうなあ、こじまさん、と親近感。ま、そういうとこも、きっかけのひとつではあったのかも、と思ったりする、お母様との確執。
一方通行のお話だけで判断するのは早計かもな、とおもったよ。
Commented by vinge at 2014-09-16 11:19
☆おとねさん

そうなんだ~。私は彼女のことはアナウンサー時代もあんまり見たことなかったし、先日のすたぱで「こういう話かたをする人なんだ~」って初めて知りました。
まあ、大体の人は自分の主観でおはなしするだろうし、とくに家族の関係は、客観性は望めないだろうな~って思うのね。
なので、私はそういうものは読まないし書かないのかもしれない。
と、今思っただけだけど。(;´・ω・)
by vinge | 2014-09-10 18:40 | つれづれ | Comments(8)