やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

棚田百選とれきじょ

a0158478_15131136.jpg
棚田百選に選ばれてる「稲倉の棚田」



日曜日

夫と二人で図書館へ本を返しに行き、その足でふらふらドライブ(最近のパターン)

「田植え直後の水鏡を撮りたいよ」と、稲倉の棚田へ。3年ぶりくらいかしらね。

毎回なんだけど、道どこだっけ?場所どこだっけ?とワーワー言いながら登る山道。
ナビ使わないんでね。いつも感で。(って、いい加減に道を覚えろ)

ここだここだと上って行く先に、何やら黒い煙? ん?

a0158478_15205477.jpg
煙を目指して棚田のてっぺん。 煙は棚田のむこう側。

「てーへんだ! てーへんだ! 火事だ!火事だ!!!」

野焼きにしては黒い煙、あれは絶対タイヤかなんかが燃えている。
と、棚田そっちのけで見入っていたら、やっぱりサイレンが鳴って消防自動車がやってきた。
水鏡どころの話じゃなくなって、早々に退散。

山沿いに真田の方面。

真田というのは地名。来年始まる大河ドラマの「真田さん」のいたところ。

a0158478_10002304.jpg
御屋敷公園といって、つつじの季節がとてもきれいなんだそうだけど、すでにつつじは終わり。
閑散とした公園内。

誰もいないなか、カメラを向けてたら ぶらりと「ボランティアガイド」と胸に札を下げたおじさんが現れる。

「歴史好きの方ですか?」と聞かれたので
「いえいえ、全くそうではなくて・・・」と言ってるのにどんどん説明してくれる。(笑)

最近、こうしたシルバーボランティアの人が観光案内してくれるのよね。
で、この神社は真田幸村が上田城を建てる前に一年半ほど住んだ場所だとか、ここで一番由緒のあるものは
a0158478_10083561.jpg
この手水鉢で、これは徳川関係の本田さんのところから政略結婚でお嫁に来た小松姫の嫁入り道具の一つで(重いな)
正面にタチアオイ 写真手前の側面には十字架のようなかたち、その裏側には稲穂が彫られていて・・
と、とうとうと説明された。

へーへーと聞いて、でも、何もかもよく知らないから、じゃあ、あの建物(神社)も古いんですか?ときけば
「あれは=  平成になってから建てたもので」とかいうから、なーんだと思って
じゃあ、あれは?これは?とつっこんでいくと
実は、石垣も階段も、つつじも、松も、 そんなに当時からあったものってなくて
土塁とか、そんなものが少し残ってたり、神社の裏に小さい祠があったのがそれらしき跡だったり、
説明してくれるおじさんが子どものころはただのやぶだらけの山だったことや つつじも古そうだけど、昭和の初めか戦争後か?
青年団で植えたのか?なぜ植えたのかもよくわからなくて・・・

おまけに、唯一の歴史的価値のある(といいたい)この手水鉢。
嫁入りで本田家から持たされたというのに
よくみると、彫られている年月日が小松姫のお嫁に来た時代より百年もあとだったりするんだよ。



がっっぴょーーーーん! ( ゚Д゚)



いいんだよ。なんだって。 信じたいんだよ。 

信じたもん勝ちだよ!!!!     

(:_;)

おぢさん。 説明しないほうがいいんじゃないかしら。

(ノД`)・゜・。


このなんていうか・・・歴史ブームに乗っかって、なんとか村おこししようとするね。涙ぐましいほどの何かを垣間見た気分。

もう、このところの話はやめて、武田信玄がせめて来た頃の史実に話を替えたら、さすがにそのあたりも大変お詳しく。
地元「砥石城」を攻めてきたときに、3000人の兵を引き連れて、諏訪から大門峠を13時間で越えてきたとかいう話に引き込まれていく。

しかし夫がまたもそこで何を言うかといえば

「3000人ですかー。  飯も う〇こも たいへんなことですなー」

(ノД`)・゜・。
(ノД`)・゜・。
(ノД`)・゜・。

いいんだよ。なんだって!! (怒)



いるでしょ?こういう小学生。 先生が説明した後で、突拍子もない質問する子。
「おめーさんは、今の今まで何聞いてたんだ???はああーん⤴??」って言いたくなる子。
関心が、みんなと違うとこにすっ飛ぶ子。

60代男子。健在。

まあね。おぢさんも何聞かれても言われても、おぢさんはおぢさんで説明できれば満足って感じでしたから(今日は暇なんだそうだ)
60代に入るとみんな自由よ。 爆

ちょうどおじさんの携帯が鳴ったので「大変楽しゅうございました、ありがとうございます。」とお別れしたら、
すぐ、おじさんが駆けてきて

「火事!鎮火したそうです! 廃材が燃えたんだそうですよ!」とわざわざ報告に。


田舎の人って親切なんですよ。













[PR]
Commented by azoo_azoo at 2015-06-10 07:31
ぷぷぷ・・・

棚田の緑に癒される。
田舎で生まれて田んぼや畑は見飽きてて、
それでも田植えの済んだ田んぼを見ると癒されるわぁ。
いい風が吹き抜けるの感じる。
Commented by vinge at 2015-06-10 09:38
☆あずりんさん

梅雨入り後の青空(?) しっとり透き通ったいい風が吹いておりまする~~。

夜はカエルの大合唱♪
にぎやかよ~。
Commented by アットロ at 2015-06-11 20:23 x
アハハ これは傑作「小さな旅」エッセイ賞金賞ですよ。
案内のおじさんの丁寧さに辟易しつつも、申し訳なくて立ち去りがたい田舎の一こま。あるあるもいいとこ。
で ご主人様の左脳的現実質問。爆笑
そーだけどー・・・。
こちら 蛍の乱舞の夜です。BGMは田んぼのカエルの軍団。
Commented by vinge at 2015-06-12 01:03
☆アットロさん

ありがとうございます~♪
♪お・れ・の!おれのはなしをきけーーー! と歌ったのはどなたでしたっけ?
時間と持ちネタたっぷりな人が多すぎるんですよ。(笑)

そっか、夫左脳人間なんですね?(たしかに妻の情緒をまったく解さないわ)(;´・ω・)この人の発言に時々冷や汗かきます。まったく!

いよいよこちらも梅雨入りです。
by vinge | 2015-06-09 10:59 | おさんぽ・おでかけ | Comments(4)