やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

青い胡桃のプロジェクトっ!!

a0158478_09322816.jpg
山の湧き水

やわらかで美味しいお水



この頃、気温の上昇とともに私のPCがめちゃ熱い。 どれくらい熱いかというと、PCの排気を横で受けてる夫が
「これ暑い!!」と文句言うくらい。
膝の上で長時間お使いになると低温やけどする場合があります。という注意書きを「短時間でもやけど」と書きなおしたいくらい。
本体そのものも壊れるんじゃないかと心配になるから、ちょっとつけては消し、つけては消しの繰り返しで、なかなか更新に至りません。

で、今朝、夫が「中にほこりがつまってるんじゃないか?」というので、エアダスターで外側から吹いてみたら(気休め)
あら、でもちょっといい感じよ?
というわけで、急いで書きます!!



先日 グルグルつばめ食堂」のAfricaさんが「どこかに青い胡桃ないかなぁ~」と叫んでいらしたので。(笑)

ん?青い胡桃? 今時期のやつ?? と脳裏に浮かび・・
(常にヒマ)夫に「山の胡桃とりにいく?」と誘うと 「行くっ!!!」っと即答。

かくして、山へ芝刈り・・ならぬ「胡桃採り」に出かけたのでした。

a0158478_11580616.jpg
くまたろう家テリトリー内


胡桃といえば、長野県が生産高では国内一位。
隣町はその中でも有名な生産地。 
出荷しているのは「しなのくるみ」や「かしくるみ」といった、アメリカや中国原産のものだけど、山には日本固有の胡桃の木もたくさん自生していて、つまり、胡桃を育てるのに長野県は適しているってことよね。

Africaさんが作ろうとしてるのは、青い実を砂糖煮にして食べるという、トルコのお菓子。
堅い殻を割って、中身を食べるしか知らないから、え??それってどうやって??って思うよね?
つまり、胡桃の果肉を食べるってこと?種部分固くないの??ってもう疑問符だらけ。

この固有種(山胡桃)でもいいのかなあ~?と、若干思いつつも、「でもどんなものか見てみたい」という興味本位で
「青い胡桃プロジェクト」に参加です。うふ。(送るだけの人)

a0158478_13483716.jpg
全部胡桃の木

猿のように登ってとるの (嘘)


ここの木はすごく高くて、手が届かないのであきらめ・・
もう少し先の道沿いに、採ってくださいとばかりに張りだした枝を発見。

a0158478_13544622.jpg
たわわ~

車から降りて、ちょこっと手を伸ばして、数房採る。 山の神様いただきまーす♪ 

表面はべたべたで、すぐ黒くなってしまいそう。(灰汁が強い)
採るのは簡単だけど、砂糖煮作るのは大変そう~~。とても真似できそうにありましぇん。汗汗 

で、これをどうやって??といろいろ検索した結果。私にも作れそうだと思ったのが~~。
インクを作る!!
ほう ほう。これならできそう!色水遊び大好き!!

というわけで、勝手にプロジェクトの内容増やしました。(笑)






















[PR]
Commented by africaj at 2016-07-15 18:18
くまたろうさん、今回のクルミ考察記事に、この記事をリンクさせてもらいました―♪
すっごい綺麗な水や木々!
美しい写真にタメ息です。この山からやってきたくるみなんですね~。改めてありがとうございます(深々)

そして、楽しみにしてますよ―!インクっ♪
髪染めにもできるそうだから、私実験台になりますよ~るん。
Commented by vinge at 2016-07-16 09:24
☆Africaさん

お互いにリンクー。 
Africaさんの青い胡桃から私もいろいろ検索して脱線して(笑)あ~~おもしろいおもしろい~~♪

なんか、こういうかんじ、Pと会話するのとすごく似てるんです。(嬉)

でね、調べてたら、胡桃でゾンビの手になっちゃった人のブログ見つけて、胡桃の話はすぐ終わっちゃったんだけど、どうもその手は12日後にだいぶ薄れてたから、きっと2週間で元に戻りそうよ!! (注目するところ!)

とりあえず、インクにするには実を干して黒くなるまで待つだけなので簡単♪ 
うまくできたらこちらも送りますね。
Commented by azoo_azoo at 2016-07-18 06:13
胡桃の木なんて何十年ぶりに見た。
昔実家の村に1軒だけお医者さんがあり
(一応公的な診療所)
その裏庭に1本なぜか胡桃の木があって。
時期が来て実が(固いやつ)落ちるのだけど、
誰も拾わないので、拾って持って帰って祖母にあげたら、
すんごく喜ばれた記憶があり、その後数年拾いに行ったな。
門扉や塀はないので出入りは自由だし、
誰の物という感じではなく勝手に拾った人の物、
みたいな田舎のアバウトな存在でした。
とっても背の高い木でしたが、そんなのに、登ったりしたら危ないよ~。
なんかなつかしい光景でした。
Commented by vinge at 2016-07-18 22:15
☆あずりんさん
田舎にある風景ですね~。
私も子どものころ、同級生の家の近くに、明らかに誰かのうちの畑なんだけど、勝手に入ってましたね。(笑)
登りやすく枝が広がっていてよく登ってたのだけど、ある日目の前に大きな毛虫が・・・・、それから遊ばなくなったの。胡桃は毛虫が付きやすいんだよね。苦笑

あずさんのおばあちゃんとの話、いい話だなあ~。
ほのぼの。絵本の世界のようです。

by vinge | 2016-07-14 12:02 | つれづれ | Comments(4)