やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

時間と距離

a0158478_11534282.jpg
11月半ば・・も過ぎて
まだ鮮やかな黄色の波



このセイタカアワダチソウについて書くつもりで、下書きに突っ込んで数日。
いよいよ何やら押し詰まってきた予感。

特別、何をしているわけでもないのに、時間ばかりが過ぎて困る。
すべてが落ち着いてやってられない感じ。

なので、ここ数日若干イライラしている。
そんなところへ、Pから久しぶりのメール。 
所用の返事を書きつつ、ついでにちょっとばかり愚痴もこぼしてみたら、すぐ電話がかかってきた。

家族間の愚痴を一番理解してくれるP。
あんまりいわなくても「うん、わかるよ。たいへんだね。うんうん。」ってほんとになんて聞き上手なんだーーー。滝涙

「私も母さんによく似てるから~」といって、自分のほうのあれこれも話してくれて
「あ、そうだよ、そうなんだよ!」と、ここも納得の相槌。

断ればいいものを断りきれないところ。でもやれば楽しいことも知ってること。
知ってるから断りきれなくて、何でも請け負っちゃって、イライラあたふたしちゃうところ。

あはは、そうだそうだ。そこがだめなんだ。おまえもか!わたしもだ! 
みたいな話題と、昨今のPの周辺の事情なども話して小一時間。

そろそろ時間だからまたね、と、切ろうとして「すこしすっきりした?」と聞くP。

うんうん。 涙涙

電話切ってから、急に「もし、Pがお嫁に行くことになったらどうしよう!!」と想像して花嫁の父みたいな気分に襲われる。爆

あ、この気もちは、初めて一人暮らしさせた時とはちょっと違うぞ?
完全に、Pはわたしのもの!という独占欲じゃないか!!

うー。まずいまずい。

ま、そうは言っても、これも離れて住んでいてこそだよね。
家族といっても、近すぎればきっとまたそれなりに愚痴が出るはず。
似たもの同士は、わかりすぎて疲れる時だってあったはずなのよ。たぶん。Pも。




先週、ものすごい久しぶりにお直しの仕事依頼があって、これこそもう断ろうと思っていたことなのに、何年か前にお直ししたことを覚えていてくださったお婆さんの電話を断りきれなかった。
数年の間に、御病気もされて「そちらに伺えなくなったから」といわれて「もうやめました」といえなかった。
「時間をいただければ」といって預かりかえって、ミシンに向かう。

a0158478_11463557.jpg
袖丈を、カフス外してただの筒袖に直す。
たった、これだけのことに何を躊躇したんだろう?と思う。 
そして、ミシンに向かう時間が好きだなとも思う。 お直しも好きだと思う。こうやって、すっきりぴったりした服を着たら、気持ちいいかな?とか思う。

なによりも、こうして一人でいろんなこと考える時間があることがうれしい。

最近は、そういう時間がないことにいらだっていたのかも。










[PR]
Commented by azoo_azoo at 2016-11-20 15:57
>似たもの同士は、わかりすぎて疲れる時だってあったはずなのよ。
首肯。

物思う秋の終わりだね。
色んな事が降り積もる、やたら積もる時があるんだよな。
Commented by africaj at 2016-11-21 07:39
うん、わかるわかるーPちゃんじゃないけどw
忙しい時って地面に足が付いてなくて、思考が空回りしちゃうからー。
そんな時って、温泉入っててものんびり長く入ってられないんですよね。
サウナと水風呂繰り返して強制的に頭の中空にする事にしてるー。
時間ない時ほど料理するー夜中でも。
でも頭がスッキリしてストレス消えるのわかるよね。

Pちゃん、全部わかってて聞き役できるって、度量の大きな子ですねー
凄いな。くまたろうさん、Pちゃんが大好きなんだね。
Commented by vinge at 2016-11-21 13:10
☆あずりんさん

いろんなものが降りつもる~~。(笑)

サラリーマンの奥さまがた。ご想像ください。
かたや時間があり余り、かたや自分の時間もままならない。この状態が続くのはちょっときついっす。苦笑
同じ屋根の下、24時間一緒は、Pも知ってるんだよね。
10年もそうしてきたんだもんねぇ~。
Commented by vinge at 2016-11-21 13:42
☆Africaさん

そうそう、そうなの!もうこういうときは、物事の順番とか考えずに「これやる!」って決めたらそこに集中しちゃった方がいいのかもしれないねー。
というわけで、今日もミシン部屋引きこもりました。(笑)はあー。ちょっとすっきり。

Pはねー。小さい頃から、泣かない怒らない。この母からしては不思議なくらい怒らない子なの。爆
そうして自分の感情は押さえて人の話を聞くことできるから、子どもの頃は、子ども同士の付き合いきつかったと思うんだよね。
なんというか、そういうPを守りたいっていう感情はとても大きくあったと思うんですよ。

でね。
なんか、そういう役割をしたいって別人がぼちぼち現れてるらしくて・・・
当人は無頓着なんだけど。(その成長が遅れてる)
でも、なんか嫉妬するんだな。
夫に知れたらもっと危ないかも。爆爆



by vinge | 2016-11-18 12:00 | つれづれ | Comments(4)