やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

おや、もう晩秋か?

a0158478_11320181.jpg
この森が一番落ち着く

秘密の場所



この森が・・とか言って、ほかにどこも行けなかったからなんですが。
ともかく、紅葉も終わりです。
これから信州は長い冬に向かうばかり。

先週は、呑気に壁塗りなどやってられたのが最初だけで、その後がきつかった。
週半ばに、先月からようやく決まったバイトの方が、ぎっくり腰でこられなくなり(涙)
週末(金曜日)の大きなイベントで、準備のため連夜残業。
その金曜日は朝から出勤で、昼に一度帰り、夫が用意してくれたお昼ごはんを(牛丼)がっと掻っ込んでから再び職場、そしてさらに残業まで。
ずっと動きっぱなしなので、最後は足が上がらなくて、蹴躓いてばっかりww (笑いごとでなくマジやばい)
土曜日に、やっと起き上がって、職場に忘れてきたカメラを取りにいって、戻ってからまた寝て起きて食べて、また寝て、食べて隙あらば寝て・・・と繰り返し。気が付いたら日暮れ。
日曜日には復活して家事もいろいろやったけど、今朝になっての筋肉痛ってなんなの? 
この筋肉痛はいつのものなのっ??

いろいろが~、あとからツケでやってくるお年頃~ ぺけぺん。

とりあえず。今日もおやつをたべてがんばろ。


おやつ

ものすごくおいしいフロランタン

Africaさんの手作り♪(感謝♡)
a0158478_11584821.jpg
このパッケージごとお店に並んでてもいいよねー?



それにしても、今年は夏から秋にかけて変なお天気が続きましたが

a0158478_12054152.jpg

  このロべリアは、5月に苗を買ってきて、半分枯れて残りの半分  がこの状態でずーーーーっと咲き続けてるの。



  かと思えば

a0158478_12073990.jpg
この、サフィニアは、夏に全部枯れてこぼれ種でここまで復活。
ようやく咲き始めたところ。
(おいおい、もう冬だよー)


a0158478_13272902.jpg
今年、二株だけ里いもを。
そのうちの1株を収穫

これも、一時枯れかけたものの、なんとか復活。

台風後、野菜高くなりましたね。(悲)


猫だけは順調に(夏も秋も関係なく)お太りになり

a0158478_13415791.jpg
先日、動物病院で「ダイエットをせよ!」といわれwwww
今日から「ダイエット食」(普段のよりチョと高い)です。

くうううううう。懐も寒くなるわっ!!!


皆様も、お風邪など召されませんように。







[PR]
# by vinge | 2017-11-13 12:09 | つれづれ | Comments(4)

やればできるこ

a0158478_13552936.jpg
目覚めたら霧の中

目覚めても夢の中



こんな日は鳥がよく鳴く。 霧の奥からアオゲラの声がするから、カメラもって探しに出掛けたら、なにも聞こえず、なにも見えず
あきらめて家に入ったとたんに、再び声が・・・・がっくり。
見ようと思って見に行っちゃダメね。

紅葉がもう終わりそう。悲
先日の3連休をいったいなにしてたんだ!
といえば、あの絶好の紅葉狩り日和の日々を D・I・Yに費やしてたからですだ。

えーえー。夫は山へ登ってたっていうのにね。

a0158478_14090299.jpg
だれでもぬれーる、「すぐぬれーる」。という商品がありまして。
こういうのに乗せられやすいんだよなー


夫は「やりたきゃやれば?俺は知らんが」という反応で(実際には無言) 
むーは「え~?かあさんが??」と懐疑的に。

ま、ね。 君らはもう数十年私と付き合いがあるから、私がやることにはどんなことになるかよくご存知だろうが。
まあ見ていたまえ。案外私はコテさばきがうまいのだよ。
「はさど氏」につぐ「くまたろう」だよ。 えっへん。

しかも、道具はケチって100均商品を駆使して作っちゃうという(大口叩くけど、これが自信の無さの現れ、失敗しても安く仕上げたからいいだろうという言いわけの準備)
a0158478_10335382.jpg

100円のコテに↓100円のプラ板切って貼る
a0158478_10334251.jpg
たったの200円でコテと受け板完成


てなことで、誰もいない隙に始めた次第。
とりあえず、トイレと洗面所前の壁に着手。一日目は下塗り。二日目で本塗り。

a0158478_10284246.jpg
すべて書くと長くなるから書きませんが。 まあ、いろいろありまして。ともかく道具は本物使うべきだなと(途中で折れた)
でも、まあまあにでき上がったわけなんだけど。

それを帰宅して見た夫の一言

「おれの思ってたのと違う」


むっかーーーーーーーーーーーー! (怒)

つまりあれですよ。 上の写真で分かるかどうか? 私はあえての刷毛目?を残した「イマフウ」の「温かみのある壁」(と今風ではいうらしい)にしたんだけど、昭和の男は「しっくい壁=土蔵のつるつる壁」を想像してたらしい。

そこで、わたくし、おもむろにトイレのドアを開け、
そこにプロが張った壁紙を「どん!」とたたき

「みよ! 今の流行は壁紙でさえ、漆喰を汚く塗りました風の壁!!!」どどどどん!(再び壁叩く音)

つまりね。夫ってインテリアってどうでもいいのよ。壁なんてそもそも見ちゃいないのよ。
いっそ、汚れたまんまで何がイケナイの?ってやつなんですよ。

ついでに、以前使って余ってた壁紙でここも変えてみますた。

before
a0158478_14020012.jpg
after
a0158478_14042503.jpg
はい。横文字シールは明らかにしっぱい後を隠すためであります。
(こういうシールって、外国人が着ている変な日本語Tシャツと同じよね)

これ見た夫の反応。
「へー」

とりあえず、私は壁紙貼るのは下手だけど塗るならどうにかなりそうってわかったので、このまま進めて玄関まで漆喰塗るぞ!





[PR]
# by vinge | 2017-11-08 10:01 | つれづれ | Comments(4)

懐かしい瞳

a0158478_08221184.jpg
雨の日の前の夕暮れ

見渡しきれないウロコ雲


3連休はどこにも行かず、文化的なものもなく、ひたすら のんびりと。

というわけで、曇り空の土曜日は午前10時近くに起床。 我ながらびっくり。 
(前の晩、寝るのも遅かったけどそれでも近年こんな時間まで寝たことない)
時間がずれたせいで、何もかもの調子がおかしくて、ようやく頭がすっきりしたのが午後2時過ぎ。

小雨の合間に、庭に出たら向かいの不耕作地で何やら探し物をしている少年。
棒で草を分けて探している。
そこに、少年の父らしき人がグラウンド方面から歩いてきて、一言二言会話してからまた戻っていく。
その時、ちらりと私の姿を見つけて軽く会釈。 知らない人。

おそらく、少年の兄弟が野球の試合にきて、そこに付き添ってきた弟・・・というところか。
見ているのに飽きて、池の周りで遊んでいる。 
・・・にしては・・・その子も野球をしていてよい年頃に見えるのに。

カメラを持って庭にいたので、池の鴨を撮る振りして少年に近づいて
「なにを探しているの?」と聞いてみたら
「このあたりに昨日カナヘビがたくさんいたんです。 でも、今日はちっとも見つからない・・」という。

「今日は寒いから、建物の際や、石の下あたりに潜んでいるんじゃない?」

そこから会話が始まって、今日は両親が地区の役員で少年野球の付き添いで来たこと。 少年は野球に興味が無いけどカナヘビとかが好きなんで探していること。いま5年生で、ここよりもう少し川のほうから来たことなど教えてもらう。

言葉遣いがとても丁寧で、少し大人びた口調をする。
知らないおばさんと話すのも嫌ではない様子なんで、こちらも写真撮りながらあれこれ聞いてたら
「でも、僕カナヘビよりも鳥のほうがもっと好きなんです」と、唐突に言うので思わず振り返った。

「そうなんだ! おばさんも鳥大好きだよ。 このあたりにはたくさんの種類がいるからね」

それから、鳥の話が始まって、あれは知ってる? カワセミ見た? あれもいるよ、これもいるよ・・
というと、少年の目がどんどん輝いてきて「え?それもいるんですか? 僕それ見たことないです!見てみたいなー」
と声が弾んでくる。

懐かしい瞳
かつて、私は毎日こんな瞳を見ていたんだ。

図鑑やネットでたくさんの種類と名前を知っているのに、実物はまだほとんど見たことなくて、家族で鳥に興味があるのは自分だけで
もっと、山へ行きたいのに連れて行ってもらえない・・とか
少年の鳥へのあこがれる想いがあふれでて止まらない。

そうだ、と思って庭に招きいれ「ほら、ここで鴨を散らばしたあとがある」と、外猫がやらかした残骸を見せてあげたらそれすら大喜びで
居間から不審げに見ていた夫も呼びだして、夫の羽コレクションも見せてあげたら、もうタメイキしか出てこない。(笑)

少年がポケットから小さなコンデジをとりだして「これ、この前撮ったんだけど、ミサゴですか?よくわからなくて・・」
というので見せてもらって「ああ、そうだね。これはみさごだね」と言ったら

「うわww よっしゃーー!」とガッツポーズ。 やっと年相応の姿に。
そしたら、彼のお母さんらしき人が探しにきて「あ。親がきました!」(親がきた・・てww)

「あああ・・すみません! 」とあちらもこちらも同時に同じ言葉を。
イマドキ見知らぬ子を家に連れ込んだら誘拐になりかねないもの。爆

鳥の話をしていたこと、うちも娘が鳥大好きで親も引き込まれたことなどを話したら、彼のお母さんも、少年が3年生くらいから鳥が好きになって、でも誰も連れてってやれなくて、いったいどうしたら彼の興味を満たせるのか思案していたことなどを教えてくれた。

全部がPが鳥に興味を持ち始めた頃とおなじだった。 
野鳥の会に入会して、鳥の先生に出会って(アポなしで押しかけたっけ)野鳥の会の支部長さんのお宅にも何度も出かけて、
週末には山を歩いて・・・そんな思い出が一気にあふれてきて、この子にも、その人たちに会わせてあげたくなったけど
あれから10数年、彼らも皆引退してしまったしなぁ・・と思ったところで

ああ、そうか!あの時の彼らは、今の私たちなのか? と気が付いた。

「また、いつでもいらっしゃい」 夫が、あの時の支部長さんと同じ言葉を少年に言った。
わたしも、あの時の鳥の先生と同じように、少年に何枚かの鳥写真を渡した。

「ねえねえ!お母さん!!僕も山に行きたいよ!つれてってよ!!」と、少し大人びて見えた少年が普通の少年に戻っていた。
「そうね・・じゃ、今度じいちゃんに頼んでみようか?」とお母さんが言うので

「そうだ、おじいちゃんでもいいね。おじいちゃんいくつ?」と何気に聞いたら

誰かと同じ齢だわwwww

「おじいちゃんね・・・」とにやにやして振り返ったら

そこに複雑な表情をした夫が腕組みして立っていた。




[PR]
# by vinge | 2017-11-05 08:43 | とりのはなし | Comments(4)

11月の色 いろいろ

a0158478_13185502.jpg
11月のはじまり

a0158478_13195902.jpg
霧が沸き立つところ

a0158478_13215862.jpg
日差しが45度に上がってくるとたちまち霧は消えて

a0158478_13230078.jpg
a0158478_13281179.jpg

a0158478_13283060.jpg
空が高くなった



久しぶりにカメラ散歩

なのに通りかかりの所属長に捕まって、事務所に連行される。 ぎゃーー
(もう、職場に住んでるようなもんだよ。)

お茶して、しゃべって、「仕事して?」って言われて「いやだ」って断って帰宅w

イカルの声がして、ジョウビタキもみつけた。

冬が見えてきた。

a0158478_13415797.jpg
リンゴのお菓子を考え続けているので
(来週の仕事でアップルパイを予定)

家でガトーインビジブルを焼いてみる

a0158478_13442707.jpg
これね、冷蔵庫で3日くらい置いとくとおいしいよ

a0158478_13440685.jpg
干し柿順調

おひさまありがとう








[PR]
# by vinge | 2017-11-01 13:47 | つれづれ | Comments(8)

お日様恋しい~

a0158478_09214516.jpg
また台風がやってきた・・

晴れたら紅葉はどんなだろう




ネットを始めて何年にもなるけれど「ふぇいすぶっく」も「ついったー」も「いんすた」もやらない。ブログが精一杯。
何か探すのはぐーぐるさんで、それ以外は必要ないと思ってたのに・・
ここにきて「ぴんたれすと」にはまってるんです。

最初は仕事で必要になって見てたんだけど、あれこれみるうちに「あらこれもいいわね」「これもおもしろそうね」「これもつくってみたいわね」
と、ふくらむふくらむww
新しい情報、都会のセンス、さまざまなアイディアがどかどか脳内に入り込んでくる感じ。

ま、ほとんど追い付いていってないですがーーー 
仕事ではちょっとだけ役に立ってる。 先日は接待の場で、お客さんに「こんな田舎なんですが、こんなこともできるんですよ」って自慢気に言ってるのが聞こえてきて、エプロンの下でガッツポーズを。
ホメられたらすぐ木に登りますよ。えーえー

職場は若い人ばかりになってしまって、最年長のわたし。(悲)
それでも、今が一番いい雰囲気になったかも。
昨日も出勤で、男性一人に女性5人で和気あいあい。仕事はてきぱき。
ずっと笑ってた。 楽しかったなー。

a0158478_15261424.jpg
先週の台風の後の畑の様子

いつまでも名残惜しく残してたトマトの支柱が倒れて、危うく大根を直撃するところだったww
ようやく、それを片付けたところだけど、また雨。大雨。
いろいろな作物が心配です。


















[PR]
# by vinge | 2017-10-29 15:24 | つれづれ | Comments(2)