やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

カテゴリ:作る( 63 )

7か月!

a0158478_08482641.jpg
菱(ひし)
北欧デザインっぽくない?


近くに行くと、一株ごとにケロヨンがのっていて、きゅんきゅん鳴きながら池に飛び込む。

きみらは何カエル??



背中は完治。今週はまた瞬く間に過ぎて~明日から10月ですと。寒いね。
背中をやられるとよくわかるのだけど、肩甲骨の真ん中あたりが凝ると気持ちが落ち込むのです。
夏休みの最後の日に帰るかもしれないといっていたPも結局帰れないことになり、朝晩の気温差とか、いろんなものがごっちゃになって
もう、本当に久しぶりに感情が揺さぶられまくり。 やさぐれてたわー。はー。


話変わります。がらり。

あれから7か月が経ちました。

いつ食べる??と、時々覗き込んでいたのですが、ちょうど買った味噌が終わったので、いよいよ食べてみることに!!

a0158478_09293065.jpg
おおおお!いい感じ~~~~!

義父母が元気だったころは、義母がお気に入りの味噌屋さんから仕込み味噌を家の裏の大きな甕のなかに仕込んで、帰省のたびにそこから分けてもらっていたのですが。
いつも新味噌の時期になると「新味噌おいしくないねー」というのが口癖で。
で私は「そうですねー」とか適当な相槌を打ちつつもらってたけど。
彼女は、味噌も終わり近くなるとやっぱり「古味噌まずいねー」とか言っていて、思いだしてみると「今がおいしい」といった日があったかどうか?というか、いつでも何かくれる時「これはおいしいから」って言ってもらってなかった気がするww
なんだろ、嫁に対する謙遜ってやつだったのかしら?「つまらないものですが・・」てきな。
あ、あれ? もしかしてーあのとき「そんなことないですよー。お義母さんのお味噌おいしいですよー」とか言えばよかったわけ??
うわ。今気が付いたわ。 爆

というわけで、なんとなく「新味噌はまずい」という刷り込みのもとでの開封。

a0158478_09475549.jpg
味噌汁!
焼き味噌むすび
キュウリの粕漬け


麹多めなので甘いです。 最近ずーーーーっと、市販の普通の味噌に慣れてしまってたので、あれ?味噌ってこんな味だったっけ?って感じ。
ただ、よけいなものが入ってない分。

とっても健康的な味がします。爆  (うまいか不味いかの言及せず)←

さて、毎日の味噌汁がたのしみ♪



















[PR]
by vinge | 2017-09-30 08:49 | 作る | Comments(6)

秋のお仕事

a0158478_11255492.jpg
購入当初は派手な黄色の車も

18年が経って木漏れ日の下にも馴染む色に?



この1週間は毎晩10時過ぎの帰宅。怒涛の1週間。
土曜日は会社のお祭りがあって、今年、私は当日参加しなかったのだけど、お盆休み中に、とある出店の仕込みの手伝いして肉と格闘。
切って量って串刺しして真空パックして過熱後急冷して冷凍室へ・・・ぎりぎりまで冷房利かせた厨房で作業。寒かったーw
「こんなに仕込んでどうするんだろうね、値段も強気の高め設定だし、売れ残るねー」と、皆で口々に言いあったのだけど
当日は何と30分でほぼ完売!  夏の苦労が報われたwwww 

報われるといえば、毎回懇親会などのパーティーの時に花を飾るのだけど、そういうものに目を留める人がいるのかどうかが疑問で
先週2回あったそれの、一日目で「花なんか飾っても誰も見てないかもしれないし、もうやめようか?」と料理長に弱気発言してたら
その翌日(お客は違う人たちだから前日の花の使いまわしでww)
「花が素晴らしいですよね! 誰が生けてるんですか?」と話してる声が!!!! (驚)
2度目の来日という海外の方が「前回はなかったですよね」と大変お上手な日本語で言ってたけど、いーや。前回もあったはず。
今回目に留まったってことは、少しは上達したのかなー。(嬉)
褒められて伸びるタイプなんで、もっと言ってクダサイ。
 
というわけで、一週間の苦労も吹っ飛びました。たんじゅーーーんwww




土曜日の午前中はいつもの山へ。

この道通るの6月以来かな? でもその時は気が付かなかった、道沿いの小さな看板。ん?はるた?

ありゃ?いつの間にこんな近くにお店が!
外観が倉庫なのでぜんぜん気が付かなかったー。 
聞いたら、パンの販売は土曜日限定なんだそうで、チラシとかも入れずにそっと営業してたそうだけど、次々お客さんが入ってきてさすがの人気店。
奥にパン工場もあって、地元の小麦を石うすでひいてるのだって。

この地域、ほんとにパン屋さん増えてきたなー。(天然酵母のハード系)
もういつでも買えると思うから、多分私は一生パンに手出ししないと思う。爆 (一時期、購入に迷ったパン焼き器に未練無し)

で、さっそく焼き立ての食パンなどを購入し、
家に帰るまで待ちきれなくて、山に着いたら車のボンネットをまな板にして、夫の手作りのナイフでカットして食べる。
a0158478_12445432.jpg
飲み物は、湧水でー

a0158478_12453705.jpg
うんめえ~~~~(やぎ)

「チーズ買ってくればよかったねー」といっても、パン屋からここまでに、店は一軒もないからな。爆
でも、水とパンだけでも充分おいしかった。

で、ここに何しに来たかといえば

a0158478_12531197.jpg
秋の胡桃拾いに

6月には、手の届かないところにしか生っていなくて諦めた場所も、秋になれば落ちてくるからだいじょうぶ♪

a0158478_12550927.jpg
 
前回は食べるため。今回は「インク」をつくるため♪

さ!秋の作業がはじまるよーーー!

あ、先週のあれもね。

a0158478_12574637.jpg
一週間経って、表面に産膜酵母がびっしり覆ったけど、かきまわすと中からしゅわしゅわしゅわーーーーーっと泡が!
順調に発酵してます!

強烈な匂いがするって書いてあるのもあったけど、ぜんぜんいやな匂いじゃない!
むしろいい匂い? 果物の匂い。パン焼けそう!!! 
あ。パンは焼かないんだった。(笑)













[PR]
by vinge | 2017-09-10 13:10 | 作る | Comments(4)

この夏一番の?

a0158478_11091466.jpg
見よ!あれが梅雨明けの光ぞ



違います

盆明けです





お盆休みも終わりましたね。
あ、わたしはまだお休み中ですがね。うふふ。うふふふふふ。

それにしても変なお天気の夏でした。(夏も終了したかのように言う)
夫が「今年はー 冷夏か?」 と2度ほどいいましたが、その都度「世間は暑いっていってる」と言い返してたわw
朝晩に「寒い寒い」言ってたのは私ですけどね。

ま、そんな夏の総集編を~

a0158478_11220949.jpga0158478_11224405.jpga0158478_11222491.jpga0158478_11230633.jpg








a0158478_11214472.jpg
夏は「きゅうり」で生きてますん。
今年はキュウリのキュウちゃん作りませんでした。
干して、酢としょうゆとみりんに漬けるという簡単おつけもの。 それと、おおボケのキュウリはタネをとって、瓜のように粕漬けを。

粕漬けって、うちは家族が酒粕嫌いなので作らなかったんだけど、昨年も大きくなりすぎたキュウリに困って、作ってたんですよ。で、漬けた後の粕に鮭とか漬けると、もんのすごくおいしいのに「好きじゃない」っていわれるので、そのまま残した粕に今年もきゅうりをー。エンドレス粕。
粕漬けのキュウリを細かく刻んでお茶漬けにすると、えんどれすごはん。(あーたのしみーー)

6月だっけ?につけた杏のシロップ漬けを開けて、「フルーツかん」にしようと寒天溶かし中に砂糖が無いことに気付くという夜半過ぎ。
シロップ漬けも砂糖控えたんで酸っぱいのに、どうしようかと・・
で、あんみつのように、黒蜜かけて食べたら、もう夢のようにおいしい真夜中の出来事。
(黒砂糖はあったので、それで黒蜜作った)

そんなこんなで、この夏もよく食べましたので、暑さにも負けず体重増加。

a0158478_11501970.jpg
どーーーーん

さらっと事実を公表してみました。


いや。それよりもですね。
この夏一番の衝撃の事実を教えてあげましょう。

a0158478_11573355.jpg
あの畑で拾った「イネ子」のゆくえ

a0158478_11595448.jpg
トロ箱田んぼに移して、あべっちさんに教えていただいたように、朝晩の水やりも欠かさず

すくすくすくすくお育ちになって
a0158478_13021469.jpg
いよいよ、出穂か?というときを迎え

ん?

穂??


はっ!!!

a0158478_13015781.jpg
おめええええぇは「ひえ」でねええぇがあ~~~~??

という結末を迎えました。

滝涙




[PR]
by vinge | 2017-08-17 12:00 | 作る | Comments(11)

じめじめじめじめ

a0158478_13030663.jpg
蝶の羽から小さな涼風



職場が新しくなって、換気システムもハイパワーになったんですけどね。
換気すると外気もダイレクトに入ってくるわけで、
それまで冷やしてた室内が一気に結露。 室温も急上昇。  屋内プールで作業してるみたいよ。泣


そんな梅雨戻りしたかのようなここ数日。
やっと、ミシンもかけられましたよ。
実に・・・・半年ぶりくらい?  もっと??  もう作り方も忘れてるんじゃないかってほど久しぶり。
(ああ、そういえば、冬は冬で寒いからってやってないんだよね。)←

しかも、作りかけで放置して、ずーーーーーーーーっとそのままだったものを、ようやく完成させました。


a0158478_13205970.jpg
むーのジーンズをリメイクした、超簡単バッグ。

リメイクといっても、オーバーオールの紐使っただけだけど。

a0158478_13223543.jpg
袋状にして、上をぱたんと倒すだけー
内布はついてるけど、ポッケも何にもない。
すとんと入れるだけ。

着画

a0158478_13252091.jpg
たったこれだけなんだけど、思いつきで布をじょきじょき切って形にしていったので、所々でつじつまが合わなかったり
やり直したりして、結構手間でした。 (ちっとも簡単じゃないじゃないかーーー!)
で、なぜ着画も撮ってるかというとー。

パンツもリメイクしてるからです。
最近はやりのワイドパンツ。 GUのお買い得品(なので激安)を見つけたんで、おばさんにもおかしくない程度に裾巾直しちゃいました。生地がなかなか良いので、これで作れれば、布買うよりも安上がり。るん♪
若い子のって、すんごいよね。 袴か?と思うわ。トイレ行けないわ。

それにしても、(適度な)ワイドパンツって楽だわ~ww
もう、ジーンズ履けないかもーー。







[PR]
by vinge | 2017-07-26 13:43 | 作る | Comments(6)

梅雨はいずこ?

a0158478_10121749.jpg
続くよ続く晴天が続く~

3回くらい前の記事に「この季節が続くことを切望」とか書いた気がするんですけどね。
たしかに、この暑くなく寒くなく、すがすがしい日々が続いてるんですけどね。

やっぱり雨も降って下さらんとね。(涙)
このさい、のんのんさんにお願いするしかない・・??(拝)


というわけで、ここ3週連続で夫の日曜日は山登りが続いております。
で、自分だけ遊んでるのも気が引けるのか? 土曜日になると「山へ行こう」って誘ってくれます。

結局 山かい!

a0158478_10182626.jpg
ま、太郎山ですけど(市民の山)
しかし、登りませんけど。ふふ。

なにしに行ったかというと、ここに胡桃の木がたくさんあるからなんですがー。

a0158478_10220223.jpg
あるには、あるのですがーーー・・・・(まだ、小梅ほどの大きさ)

今年大問題が発生してるんです。


なんと、どこの胡桃の木も、手の届く高さに実が付いてないという・・・滝汗
というかー

不作?

a0158478_10260149.jpg

昨年は、道の上に張りだした枝すべてにたわわに実っていた胡桃が、今年はそうとう高いところでないと、見つからないんですよ。
まさか、柿の木が一年おきに実るみたいに、胡桃も一年置きなのかな~????汗汗

ま、まだ望みは捨てるまい。うん。



話変わります。 がらり。

DIY好きの方のブログを巡っていたら、素晴らしい情報を入手。

a0158478_10400206.jpg
いま、こういうのこぎりで木を切るときに使う「のこぎりガイド」が百均で売ってるの!(驚)
いや、「ガイド」が世の中にあることは知ってたけど、百均よ!?
角度を5度ずつ変えられて、これにのこぎりを当てて切れば、45度でも90度でも自在にきれるんですよっ!!!(嬉)
も、速攻で買いに走りましたともっ!

いやいや、世の中にはね、DIYがいくら好きでも、どんなにがんばっても、どんなに慎重にやろうとしても

「どうしてもまっすぐに切れない」不器用な人間もいるんですよっ(自分)

滝涙

だもんで。 いつでも夫が「あーーあーーー・・・⤵」とか言ってやってくれるんですがね。
この「あーーーー⤵」を聞かずにやりたいときもあるのよ。

思い立ったら「すぐに!」(ここが重要)
そして、ガイド片手に向かった先は!!

びふぉー
a0158478_10562285.jpg
この昭和感があふれた台所の出窓!

これがねー。お隣のおうちを建て直してからすっかり暗い台所になってしまって・・
しかも、アルミサッシが当時の流行のブロンズ色って言うの? これも暗い一因で。

で、夫が留守の日曜日。 

a0158478_11031260.jpg
いや、もうはかどる!はかどる♪ ペンキ塗り~
隣で「あーーーーーー!」だの「えーーーーーー?」だの言われないで、どんどん進めちゃうわ♪

そして~~~~見よ~~~~~~!!

after!!!

a0158478_11050908.jpg
ぺっかりんこーーーーーん♪




a0158478_10260149.jpg

いやいやいや、まだ途中経過だから。
もうちょっとどうにかする予定だから。

と、とりあえず腰痛に襲われたので休憩中、次週につづくのであります。















[PR]
by vinge | 2017-06-20 11:13 | 作る | Comments(7)

トウヒのシロップ

a0158478_13552981.jpg
のいばら咲き始めました


雨が降って、すこしほっとする。
 今年のGWの頃には、遅霜の心配してたくらいで、ニセアカシアの花が咲くのも遅いし田植えも遅い。
そのニセアカシアもようやく今が満開、田植えもはじまったばかり。
それなのに、ここ数日の30度越えはさすがにきつい。
今夜は雨だけど、そのあとまた暑くなるらしいから、ほんとに体調管理に気をつけないとー。

風邪ひいておられる方もいらっしゃるようですが、皆さんお大事に。
というわけで、
トウヒシロップも完成しましたよ。

a0158478_14052402.jpg
煮出す方法のシロップは、生葉を一晩水につけてから、お鍋にひたひたの水で煮出して沸騰したら火を止めて一晩そのまま置いてから翌日、葉を濾して砂糖を入れて煮詰めるという作り方と、
葉を入れたまま2時間ことこと煮出す方法とあったので、両方やってみました。

いずれにしても葉を煮出して引き上げたあとのお湯はこんな色。 白濁してとろっとしてる。
この煮出し汁1リットルに砂糖400gくらいいれます。
でもわたし400gの砂糖に、ちょっと慄いて控え気味ですが。

a0158478_14125683.jpg
すると、こんな色に変わるの。 濁りも消えて透明に。

これを、半量になるまで煮詰めて~。
煮沸した瓶に詰めてでき上がり。
今回、ドイツトウヒだけで作ったけれど、トウヒと同量のタンポポを入れるというレシピも見つけたの。
そちらはもっと濃い色でとろみもあって薬ぽいし、効き目もありそう。
だけど、うちの周りのタンポポ、日曜日に畔刈りされてなくなっちゃったし、またそれは来年にでも。覚えてたらね。(苦笑)

a0158478_14245425.jpg
左から、はちみつ漬けのレモンをひときれ入れたもの。煮出したもの、生葉を砂糖でまぶしたもの。

甘さすっきり、さわやかな酸味。レモン入れても入れなくてもそんなに変りなし。くせもない。
さすがに生葉のほうが樹の香りがする。「ああ。葉っぱ」ってかんじ。青臭いというよりヤニかな?

ヨーグルトにかけて、みんなで食べてみたけど3人で「うまい!」って言ったから、たぶん誰が食べても大丈夫。
こういうのって、大概誰か一人は「ちょっと・・・・⤵」っていうからね。苦笑



今、河原も山もあらゆる空き地に繁殖している「ニセアカシア」の花が満開で、空気が甘い。
母がトウヒを煮出しているかたわらで、むーがアカシアの花をリカーに漬け込んでニセアカシア酒作ってる。
これってすごくいい香りがするんだって。たのしみ=

でも、ニセアカシアの花粉でどこもかしこもうっすら黄色。洗濯物も外に干せないよー。涙

a0158478_14461998.jpg






[PR]
by vinge | 2017-05-24 14:37 | 作る | Comments(6)

Ombra mai fù

a0158478_11425183.jpg
ドイツトウヒの新芽

ぽこぽこゆれてかわいい


真夏日の日曜日。

すべてのやる気が失せて、だらだら二階の自室で寝そべって窓の外を眺めていたら、裏のモミの木の新芽に気が付いた。

「あーー! これで何か作るんだった!!」

思いだせてよかった。昨年の夏ごろ見つけて、今年の春に作ろうと思ってたものがあったのだ。
私の、もっともダメなところはメモしないこと。大体はうろ覚えで何か始めるところ。
で、わからなくなってまた調べ直したりするんだよな。(時間の無駄)

で、思いだしたのは「トウヒのシロップ」
ドイツやフィンランド、スイスなどで作られる家庭薬 咳止めになるらしい。
でも普通においしいので、アイスにかけたりパンにつけたりして食べてもいいらしい。
咳止め以外効能は検索しても出てこないけれど(そもそもトウヒのシロップ自体が少ない)マツ科であれば、日本の松とそんなに成分て変わらないんじゃないかな。
ま、成分はともかくおいしいならやってみたい。 せっかく大木あるんだし。(クリスマスツリーを植えてはいけない例)

a0158478_13172134.jpg
柔らかくておいしそうな新芽、一つつまんでもしゃっと食べてみた。  
「お!」 あのチクチクしたものから想像の付かない味が口に広がって驚くーー。 酸味があるのよ。
ムーミンは冬眠前に松葉をたらふく食べてから寝るというけど、松葉てこれのことじゃないかなー?

作り方は、いくつか出てきて「簡単!」っていうのから「根気がいります」というものまでさまざま。
大きく2種類に分けると、生のまま砂糖かはちみつに漬けこむタイプのと煮出すもの。

なので、2種類やってみる。

a0158478_13222868.jpg
はちみつがあまりなかったので、普通の砂糖にまぶしてビンに入れて、明るいところに置いて砂糖が融けてシロップが出るのを待つだけ。

煮出すタイプは、水が沸騰したらさっと煮て、濾してから砂糖を入れて煮詰めるというものと、葉を2時間位煮出して、一晩冷ましてから、翌日砂糖を入れて煮詰めるというのと分かれる。
煮る前にも、一晩新芽を水につけるとか、つけないとか、そういうのって家庭によって違うだけなのかなあー。
まあ、あんまり深く考えないでやってみよう!(結局そこね)
というわけで、夕べ一晩水につけて(多分灰汁とりだろうな) 2時間近く煮てみましたよ。

家じゅうフィトンチッドがあふれかえったかんじ。森ね。森の中。

一晩待たずに、今砂糖入れて煮詰めてる最中。
なんか、最初はヘンな色だったけど、砂糖入れたら色が変わって わくわくわくわく。 (色が変わるとか怪しくてすっごい好き)
あとは、これにシナモン入れてもいいし、バニラでもいいしレモンでもいいらしい。
わりと自由な感じがするから、好きに作ればいいんだな。きっと。うん。(自己解釈)

とか、まあ元気に作ってるようですが、実は今朝これを鍋に入れようとして、背中をぎっくりと・・・泣
「ぎっくり背中」っていうらしいですね。「ぎっくり腰」の背中版。
一瞬、背中がバリバリっと割れたかと思ったくらいの激痛。 
ただ、腰と違って、こちらわりと早く回復するし、まあ動けるからなんとか。
しばらく背中に保冷剤をストールで縛りつけてました。 (ストールの新たな使い方)

a0158478_14043955.jpg
「昨日、お母ちゃんがボクの大事なこたつ布団片付けちゃうからそんな目にあうんだじょ!」

違うと思います。
高枝伐りばさみのせいです。


ま、こうも気候が激しく変わると、身体がついていきませんもんね。
皆様もくれぐれもお大事に。

あ。今日のタイトル ヘンデル作曲「オンブラマイフ」 
これ大好きな曲だけど、タイトルの意味は知らず、調べる気もなくいたんですがね、昨日テレビでたまたまこの曲が・・
「優しい木陰」って意味だったんですね。
へーー。
メモっとかないと。

a0158478_14151128.jpg
木陰もどこもかしこも暑い!!
と大集合

見てるほうが暑い









[PR]
by vinge | 2017-05-22 14:16 | 作る | Comments(4)

連休終了~ ねこかふぇはじめました!?

a0158478_13444598.jpg
〇かの一つ覚えのように
「ぱうんどけーき」


だって、楽なんですもん。
下に沈んでしまった赤いのはいちご。イチゴソースも作って、マーブル模様にならんかな?と混ぜてみたけどイチゴが沈んだだけだった。
ヨーグルトも残ってたので、それも混ぜてしっとりした「イチゴのパウンドケーキ」です。



ついに9連休も終わり。さてなにしようかな?と、そんなだいじな最終日の朝にbから電話。
「ねー!暇でしょ?手伝いに来てよ!!(会社)」

くうぅ・・・・暇でしょ?に言い返す理由が何一つ見つけられやしない。
しかも家にいることは、しっかりばれてるし。で、仕方なく昼まで手伝いにいく。 
新しい食器を選ぶ作業。 こういうことって一人じゃなかなか決まらないもんね。
しかも、仕事時間内じゃ探してもいられないし。ま、なんとか一通り選べました。決めるときはパッとね。

今年のGWはやりたいことが盛りだくさんだったのだけど、そのうち7割くらいかな出来たのは。
とにかく、お天気に恵まれたので外へ出ることが多くて、家仕事はちょっと後回しになってしまったけどね。


a0158478_14181379.jpg  
  
  ここのテラスを眺めていて、
  外にも椅子を置きたいな~と、物置から使わなくなっていたダイニングチェ  アを引っ張り出しておいてみた。

  ほんとは、もっとゆったりした椅子を置きたいけど、それほど広くないので
  あるもの利用でね。

  で、椅子を置けばテーブルも欲しいよねってなるよねー。
  だけど、やっぱりそんなスペースはないんだなー。

  というわけで
  カウンターテーブル風にしてみました。




   ほほほ。猫の爪とぎ痕がいっぱいじゃ。
a0158478_14292486.jpg

  
  
もうちょっと、板の幅が欲しかったなー。

a0158478_14334298.jpg
ほら、植物が近いとこでお茶っていい感じ。
a0158478_14365792.jpg
「ねこさん」とのふれあいもばっちりよ
a0158478_14400606.jpg
こらこら!喫煙室じゃないよっ!!

a0158478_14420388.jpg
使わないときは、こうして畳んでおきます。
じゃないと、猫が乗るんで。(爪とぎされちゃうし)

a0158478_14431284.jpg
もうじき、もっこうばら満開のテラスになります。

くまたろうカフェにおいでくださいませ。




[PR]
by vinge | 2017-05-07 14:20 | 作る | Comments(6)

味噌作りへの道

a0158478_23221075.jpg
ジョウビタキの雌

見つめているのは猫2匹



普段から「あれやってみたい」って思ってもいないのに、出会いによって「やるわww!」って思うことあるもんですね。
昨年は「くるみいんく」でしたが、
今年は「味噌」です。 

だって目が合ってしまったんだもの! 

「大豆 2キロ」と。 

大豆は直売に常時売られているのに、2キロの袋を見たのは初めて。
しかも、その数日前から、私は「あべっちさん」のブログで味噌作りを見てましてね。

これは、神の啓示でしょうか。 

と、降ってわいて「味噌作り」です。

味噌作りってね、子どもの頃近隣の大人たちが公民館に集まって「作ってた場所にいた」ことがあるだけで、そこで味噌豆もらって食べてただけなんで、すべての工程全く知らない素人なんですが。
自分で調べる前に、いきなり「その「コツ」を教えてください」という、姑息な質問をあべっちさんに投げかけたにもかかわらず
「もうやる気になった段階で成功しています。」
と、やさしく心強いお言葉を頂いたので、もう自信満々で取り組みました。← 

とりあえず、あべっちさんの味噌作りの様子をじっくり拝見して、あと必要なものをすべてそろえて土曜日に味噌作りすることに。
思いのほか、夫と娘ものりのりで手伝ってくれることになったので万全です。
なにしろ、必要なのは

a0158478_10111337.jpg
っていわれたのでww

a0158478_10124624.jpg
前日から豆を水に浸しておくこと24時間。

しかし、この時点ですでによぎる不安。
一応、ほかにも味噌屋さんのブログも見たら「完全に水が浸透するまで」とあって、「豆を割って確かめる」とあるんだけど、割ると芯が残ってるものがいくらかある。「5粒くらい割ってみて」がいつの間にか「10粒」も割ってみて、割れば割るほど不安に。
これじゃあ、そのうち全部割ってしまうから、あべっちさんに言われた「24時間」でストップ。

a0158478_10204240.jpg
夫はテラスで火起こししてスタンバイ

a0158478_10214282.jpg
娘は麹と塩を混ぜ合わせる

そして、私はこの日のために購入した大鍋に豆を入れていよいよ火にかけて
じっと見ること1時間

a0158478_10392269.jpg
一向に沸騰して来ないんですけどーーーーーーww!!

夫曰く、火が弱い。蓋しろ。風が強い。といろいろいうけど
だって蓋したら泡がいっぱい出るっていうしー、火が弱いのは「火起こし番」の夫担当だろww
と、まあ、ひと悶着までいかないまでも、あれこれありましてね。汗
やがて、クリーム状に泡もいっぱい出てきて、そこそこ火加減がなんとかなったら、すでに4時間経過。滝汗

親指と小指で挟んで潰れるくらいって、どんだけやわらかいん??
ここでまた試食に継ぐ試食で、豆食べつくすんじゃないかってくらいになったんで、5時間でストップ。
(たとえ潰れにくくても力技でどうにかする気もちで)

ここからのスピードは早かったー。
さすが3人の手は早い。というか、この日娘は出掛ける時間が迫っていて、友人に「約束の時間におくれる、それより味噌」と謎のメールをしてまで手伝ってたのでとにかく急いだ。
a0158478_10503384.jpg
ビニール袋に入れてつぶしたり、マッシャー使ったりしてつぶすつぶすつぶす・・・・

塩麹をまんべんなく混ぜ合わせて、お団子にして容器にたたきつける。

a0158478_10575963.jpg
しっかり詰め込んだら、塩ふってラップして蓋して重し乗せて~~~

来年のお楽しみっ!!!!!!

お願いっ!神様!!美味しいお味噌がどうかできますように!!

今回の味噌レシピは
皆様のブログを参考に

大豆2キロ、麹2,6キロ、塩800g でした。




[PR]
by vinge | 2017-02-18 23:38 | 作る | Comments(10)

やる気の源

a0158478_10505339.jpg
クリスマスローズの

花部分?



本日快晴 
数年前からなんだけど、冬の晴天がまぶしくてならない。
先日の眼科で「老化!」と宣言されてから、やっぱり目も労わらないといけないなと、なるべく外出時にはサングラスをかけることにした
といっても、もともと眼鏡なので、その上から掛けられる花粉症対策用のやつで。
若いころは、雪山でゴーグルもなにもなしにスキー三昧だったのだけど、そういうのも目に悪かったんだろうなー。
当時ももちろんそう思ってたけど、如何せん、ゴーグルもサングラスも似合わないんでさぁ 涙


日曜日はホームセンター巡り、さらに必要なものを買いにセリアにも立ち寄る。
うわわわわ~ってほど混んでたわww
若いママさんやら女の子でいっぱい。 かごの中身見て「バレンタインかー!」と気付く。
可愛いパッケージいっぱいだもんね~。みんな手作りチョコとか作るのかー。
なんか、最近は友チョコばやりで、親が子どもの代わりに作ったりするらしいね。
キャラ弁が流行った頃は、一斉にキャラ弁だし、友チョコ流行ればクラスの女子全員分作ったりするって、ほんとたいへん・・

で、私はそういうものは買わず。(職場は個包装をそのまんま一個づつぽいぽい配った。寮のお子たちそれでも大はしゃぎで受け取ってくれたよ。いいこいいこ)
家で何を作ってたかというと。

また、リメイク棚を作ってまして。

いきなりafterから~

a0158478_12083586.jpg
ビフォーがひどすぎてお見せできないの。

小引き出しの下部分は、もともと一人暮らし用の小さい食器棚だったのを、10年くらい前に扉つけて、上にはファックスが乗っていた時代もありーの、ヘンな箱が乗ってた時代もありーの、ここ数年は娘の中学の技術家庭で作った鏡がのっかって、女子の化粧台と化してたのでした。
ところが、扉の板の変色と、はなちゃんがここで爪とぎガリガリ始めてもう、そりゃあひどいことに・・・

で。
扉を塗り直して、女子のもろもろの御道具をしまえる小引き出しを作って見栄えを治そうと・・・

a0158478_12162982.jpg
この、意味のないサーファーが、実は意味があって、鉄板一枚張るだけで、猫がここで爪とがなくなるんですよ。
セリアで、なんかこうサレオツなものないかなーと探したんだけど、とりあえずこんなんしかなかった・・という。

まあ、とにかくセリア便利よね~。

a0158478_12225918.jpg
  引き出し本体はプラスチックのこんなので、前面だけ板張って取っ手つけて~
  (24日は家賃)

  色は、アンティークワックスで塗装。
  鏡と扉はそれだけなんだけど、新しく買ってきた板部分はそのままに塗るとなんだか薄  くて、何度も塗り重ねないといけない感じだったので、下地に胡桃インク塗ってみました


a0158478_12272209.jpg


a0158478_12330970.jpg
見て!!ピッタリ!!

とか、浮かれてますがね。
私、木工がいっちばん苦手なんですわ。

その証拠に


a0158478_12361295.jpg
こっち側に隙間できてるから。
しかもよく見るといろいろが雑ですわ。ほほほ。


「ここだけどうしたwwwー」
と、娘から指摘受けましたが。


これには
マリアナ海溝くらいのふかーーーーーーーいワケがあるんですわ。
(深すぎて言えない)


ま、そんなわけで、木工は突っ込みどころ満載ですが。 いいの。自己満足。

「まえより まし!」

この一言につきます。

猫が爪砥がない効果については

a0158478_12472840.jpg
外のここで実証済みなんですね。これ、けしておシャレを狙ったわけじゃないんですよ。
なにか張っておくとピタッとここではやらなくなるの。
a0158478_12493219.jpg
まあ、このヒトたちのおかげで、いろいろ考えさせてもらうわね。




[PR]
by vinge | 2017-02-15 10:52 | 作る | Comments(6)