やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

カテゴリ:作る( 59 )

梅雨はいずこ?

a0158478_10121749.jpg
続くよ続く晴天が続く~

3回くらい前の記事に「この季節が続くことを切望」とか書いた気がするんですけどね。
たしかに、この暑くなく寒くなく、すがすがしい日々が続いてるんですけどね。

やっぱり雨も降って下さらんとね。(涙)
このさい、のんのんさんにお願いするしかない・・??(拝)


というわけで、ここ3週連続で夫の日曜日は山登りが続いております。
で、自分だけ遊んでるのも気が引けるのか? 土曜日になると「山へ行こう」って誘ってくれます。

結局 山かい!

a0158478_10182626.jpg
ま、太郎山ですけど(市民の山)
しかし、登りませんけど。ふふ。

なにしに行ったかというと、ここに胡桃の木がたくさんあるからなんですがー。

a0158478_10220223.jpg
あるには、あるのですがーーー・・・・(まだ、小梅ほどの大きさ)

今年大問題が発生してるんです。


なんと、どこの胡桃の木も、手の届く高さに実が付いてないという・・・滝汗
というかー

不作?

a0158478_10260149.jpg

昨年は、道の上に張りだした枝すべてにたわわに実っていた胡桃が、今年はそうとう高いところでないと、見つからないんですよ。
まさか、柿の木が一年おきに実るみたいに、胡桃も一年置きなのかな~????汗汗

ま、まだ望みは捨てるまい。うん。



話変わります。 がらり。

DIY好きの方のブログを巡っていたら、素晴らしい情報を入手。

a0158478_10400206.jpg
いま、こういうのこぎりで木を切るときに使う「のこぎりガイド」が百均で売ってるの!(驚)
いや、「ガイド」が世の中にあることは知ってたけど、百均よ!?
角度を5度ずつ変えられて、これにのこぎりを当てて切れば、45度でも90度でも自在にきれるんですよっ!!!(嬉)
も、速攻で買いに走りましたともっ!

いやいや、世の中にはね、DIYがいくら好きでも、どんなにがんばっても、どんなに慎重にやろうとしても

「どうしてもまっすぐに切れない」不器用な人間もいるんですよっ(自分)

滝涙

だもんで。 いつでも夫が「あーーあーーー・・・⤵」とか言ってやってくれるんですがね。
この「あーーーー⤵」を聞かずにやりたいときもあるのよ。

思い立ったら「すぐに!」(ここが重要)
そして、ガイド片手に向かった先は!!

びふぉー
a0158478_10562285.jpg
この昭和感があふれた台所の出窓!

これがねー。お隣のおうちを建て直してからすっかり暗い台所になってしまって・・
しかも、アルミサッシが当時の流行のブロンズ色って言うの? これも暗い一因で。

で、夫が留守の日曜日。 

a0158478_11031260.jpg
いや、もうはかどる!はかどる♪ ペンキ塗り~
隣で「あーーーーーー!」だの「えーーーーーー?」だの言われないで、どんどん進めちゃうわ♪

そして~~~~見よ~~~~~~!!

after!!!

a0158478_11050908.jpg
ぺっかりんこーーーーーん♪




a0158478_10260149.jpg

いやいやいや、まだ途中経過だから。
もうちょっとどうにかする予定だから。

と、とりあえず腰痛に襲われたので休憩中、次週につづくのであります。















[PR]
by vinge | 2017-06-20 11:13 | 作る | Comments(7)

トウヒのシロップ

a0158478_13552981.jpg
のいばら咲き始めました


雨が降って、すこしほっとする。
 今年のGWの頃には、遅霜の心配してたくらいで、ニセアカシアの花が咲くのも遅いし田植えも遅い。
そのニセアカシアもようやく今が満開、田植えもはじまったばかり。
それなのに、ここ数日の30度越えはさすがにきつい。
今夜は雨だけど、そのあとまた暑くなるらしいから、ほんとに体調管理に気をつけないとー。

風邪ひいておられる方もいらっしゃるようですが、皆さんお大事に。
というわけで、
トウヒシロップも完成しましたよ。

a0158478_14052402.jpg
煮出す方法のシロップは、生葉を一晩水につけてから、お鍋にひたひたの水で煮出して沸騰したら火を止めて一晩そのまま置いてから翌日、葉を濾して砂糖を入れて煮詰めるという作り方と、
葉を入れたまま2時間ことこと煮出す方法とあったので、両方やってみました。

いずれにしても葉を煮出して引き上げたあとのお湯はこんな色。 白濁してとろっとしてる。
この煮出し汁1リットルに砂糖400gくらいいれます。
でもわたし400gの砂糖に、ちょっと慄いて控え気味ですが。

a0158478_14125683.jpg
すると、こんな色に変わるの。 濁りも消えて透明に。

これを、半量になるまで煮詰めて~。
煮沸した瓶に詰めてでき上がり。
今回、ドイツトウヒだけで作ったけれど、トウヒと同量のタンポポを入れるというレシピも見つけたの。
そちらはもっと濃い色でとろみもあって薬ぽいし、効き目もありそう。
だけど、うちの周りのタンポポ、日曜日に畔刈りされてなくなっちゃったし、またそれは来年にでも。覚えてたらね。(苦笑)

a0158478_14245425.jpg
左から、はちみつ漬けのレモンをひときれ入れたもの。煮出したもの、生葉を砂糖でまぶしたもの。

甘さすっきり、さわやかな酸味。レモン入れても入れなくてもそんなに変りなし。くせもない。
さすがに生葉のほうが樹の香りがする。「ああ。葉っぱ」ってかんじ。青臭いというよりヤニかな?

ヨーグルトにかけて、みんなで食べてみたけど3人で「うまい!」って言ったから、たぶん誰が食べても大丈夫。
こういうのって、大概誰か一人は「ちょっと・・・・⤵」っていうからね。苦笑



今、河原も山もあらゆる空き地に繁殖している「ニセアカシア」の花が満開で、空気が甘い。
母がトウヒを煮出しているかたわらで、むーがアカシアの花をリカーに漬け込んでニセアカシア酒作ってる。
これってすごくいい香りがするんだって。たのしみ=

でも、ニセアカシアの花粉でどこもかしこもうっすら黄色。洗濯物も外に干せないよー。涙

a0158478_14461998.jpg






[PR]
by vinge | 2017-05-24 14:37 | 作る | Comments(6)

Ombra mai fù

a0158478_11425183.jpg
ドイツトウヒの新芽

ぽこぽこゆれてかわいい


真夏日の日曜日。

すべてのやる気が失せて、だらだら二階の自室で寝そべって窓の外を眺めていたら、裏のモミの木の新芽に気が付いた。

「あーー! これで何か作るんだった!!」

思いだせてよかった。昨年の夏ごろ見つけて、今年の春に作ろうと思ってたものがあったのだ。
私の、もっともダメなところはメモしないこと。大体はうろ覚えで何か始めるところ。
で、わからなくなってまた調べ直したりするんだよな。(時間の無駄)

で、思いだしたのは「トウヒのシロップ」
ドイツやフィンランド、スイスなどで作られる家庭薬 咳止めになるらしい。
でも普通においしいので、アイスにかけたりパンにつけたりして食べてもいいらしい。
咳止め以外効能は検索しても出てこないけれど(そもそもトウヒのシロップ自体が少ない)マツ科であれば、日本の松とそんなに成分て変わらないんじゃないかな。
ま、成分はともかくおいしいならやってみたい。 せっかく大木あるんだし。(クリスマスツリーを植えてはいけない例)

a0158478_13172134.jpg
柔らかくておいしそうな新芽、一つつまんでもしゃっと食べてみた。  
「お!」 あのチクチクしたものから想像の付かない味が口に広がって驚くーー。 酸味があるのよ。
ムーミンは冬眠前に松葉をたらふく食べてから寝るというけど、松葉てこれのことじゃないかなー?

作り方は、いくつか出てきて「簡単!」っていうのから「根気がいります」というものまでさまざま。
大きく2種類に分けると、生のまま砂糖かはちみつに漬けこむタイプのと煮出すもの。

なので、2種類やってみる。

a0158478_13222868.jpg
はちみつがあまりなかったので、普通の砂糖にまぶしてビンに入れて、明るいところに置いて砂糖が融けてシロップが出るのを待つだけ。

煮出すタイプは、水が沸騰したらさっと煮て、濾してから砂糖を入れて煮詰めるというものと、葉を2時間位煮出して、一晩冷ましてから、翌日砂糖を入れて煮詰めるというのと分かれる。
煮る前にも、一晩新芽を水につけるとか、つけないとか、そういうのって家庭によって違うだけなのかなあー。
まあ、あんまり深く考えないでやってみよう!(結局そこね)
というわけで、夕べ一晩水につけて(多分灰汁とりだろうな) 2時間近く煮てみましたよ。

家じゅうフィトンチッドがあふれかえったかんじ。森ね。森の中。

一晩待たずに、今砂糖入れて煮詰めてる最中。
なんか、最初はヘンな色だったけど、砂糖入れたら色が変わって わくわくわくわく。 (色が変わるとか怪しくてすっごい好き)
あとは、これにシナモン入れてもいいし、バニラでもいいしレモンでもいいらしい。
わりと自由な感じがするから、好きに作ればいいんだな。きっと。うん。(自己解釈)

とか、まあ元気に作ってるようですが、実は今朝これを鍋に入れようとして、背中をぎっくりと・・・泣
「ぎっくり背中」っていうらしいですね。「ぎっくり腰」の背中版。
一瞬、背中がバリバリっと割れたかと思ったくらいの激痛。 
ただ、腰と違って、こちらわりと早く回復するし、まあ動けるからなんとか。
しばらく背中に保冷剤をストールで縛りつけてました。 (ストールの新たな使い方)

a0158478_14043955.jpg
「昨日、お母ちゃんがボクの大事なこたつ布団片付けちゃうからそんな目にあうんだじょ!」

違うと思います。
高枝伐りばさみのせいです。


ま、こうも気候が激しく変わると、身体がついていきませんもんね。
皆様もくれぐれもお大事に。

あ。今日のタイトル ヘンデル作曲「オンブラマイフ」 
これ大好きな曲だけど、タイトルの意味は知らず、調べる気もなくいたんですがね、昨日テレビでたまたまこの曲が・・
「優しい木陰」って意味だったんですね。
へーー。
メモっとかないと。

a0158478_14151128.jpg
木陰もどこもかしこも暑い!!
と大集合

見てるほうが暑い









[PR]
by vinge | 2017-05-22 14:16 | 作る | Comments(4)

連休終了~ ねこかふぇはじめました!?

a0158478_13444598.jpg
〇かの一つ覚えのように
「ぱうんどけーき」


だって、楽なんですもん。
下に沈んでしまった赤いのはいちご。イチゴソースも作って、マーブル模様にならんかな?と混ぜてみたけどイチゴが沈んだだけだった。
ヨーグルトも残ってたので、それも混ぜてしっとりした「イチゴのパウンドケーキ」です。



ついに9連休も終わり。さてなにしようかな?と、そんなだいじな最終日の朝にbから電話。
「ねー!暇でしょ?手伝いに来てよ!!(会社)」

くうぅ・・・・暇でしょ?に言い返す理由が何一つ見つけられやしない。
しかも家にいることは、しっかりばれてるし。で、仕方なく昼まで手伝いにいく。 
新しい食器を選ぶ作業。 こういうことって一人じゃなかなか決まらないもんね。
しかも、仕事時間内じゃ探してもいられないし。ま、なんとか一通り選べました。決めるときはパッとね。

今年のGWはやりたいことが盛りだくさんだったのだけど、そのうち7割くらいかな出来たのは。
とにかく、お天気に恵まれたので外へ出ることが多くて、家仕事はちょっと後回しになってしまったけどね。


a0158478_14181379.jpg  
  
  ここのテラスを眺めていて、
  外にも椅子を置きたいな~と、物置から使わなくなっていたダイニングチェ  アを引っ張り出しておいてみた。

  ほんとは、もっとゆったりした椅子を置きたいけど、それほど広くないので
  あるもの利用でね。

  で、椅子を置けばテーブルも欲しいよねってなるよねー。
  だけど、やっぱりそんなスペースはないんだなー。

  というわけで
  カウンターテーブル風にしてみました。




   ほほほ。猫の爪とぎ痕がいっぱいじゃ。
a0158478_14292486.jpg

  
  
もうちょっと、板の幅が欲しかったなー。

a0158478_14334298.jpg
ほら、植物が近いとこでお茶っていい感じ。
a0158478_14365792.jpg
「ねこさん」とのふれあいもばっちりよ
a0158478_14400606.jpg
こらこら!喫煙室じゃないよっ!!

a0158478_14420388.jpg
使わないときは、こうして畳んでおきます。
じゃないと、猫が乗るんで。(爪とぎされちゃうし)

a0158478_14431284.jpg
もうじき、もっこうばら満開のテラスになります。

くまたろうカフェにおいでくださいませ。




[PR]
by vinge | 2017-05-07 14:20 | 作る | Comments(6)

味噌作りへの道

a0158478_23221075.jpg
ジョウビタキの雌

見つめているのは猫2匹



普段から「あれやってみたい」って思ってもいないのに、出会いによって「やるわww!」って思うことあるもんですね。
昨年は「くるみいんく」でしたが、
今年は「味噌」です。 

だって目が合ってしまったんだもの! 

「大豆 2キロ」と。 

大豆は直売に常時売られているのに、2キロの袋を見たのは初めて。
しかも、その数日前から、私は「あべっちさん」のブログで味噌作りを見てましてね。

これは、神の啓示でしょうか。 

と、降ってわいて「味噌作り」です。

味噌作りってね、子どもの頃近隣の大人たちが公民館に集まって「作ってた場所にいた」ことがあるだけで、そこで味噌豆もらって食べてただけなんで、すべての工程全く知らない素人なんですが。
自分で調べる前に、いきなり「その「コツ」を教えてください」という、姑息な質問をあべっちさんに投げかけたにもかかわらず
「もうやる気になった段階で成功しています。」
と、やさしく心強いお言葉を頂いたので、もう自信満々で取り組みました。← 

とりあえず、あべっちさんの味噌作りの様子をじっくり拝見して、あと必要なものをすべてそろえて土曜日に味噌作りすることに。
思いのほか、夫と娘ものりのりで手伝ってくれることになったので万全です。
なにしろ、必要なのは

a0158478_10111337.jpg
っていわれたのでww

a0158478_10124624.jpg
前日から豆を水に浸しておくこと24時間。

しかし、この時点ですでによぎる不安。
一応、ほかにも味噌屋さんのブログも見たら「完全に水が浸透するまで」とあって、「豆を割って確かめる」とあるんだけど、割ると芯が残ってるものがいくらかある。「5粒くらい割ってみて」がいつの間にか「10粒」も割ってみて、割れば割るほど不安に。
これじゃあ、そのうち全部割ってしまうから、あべっちさんに言われた「24時間」でストップ。

a0158478_10204240.jpg
夫はテラスで火起こししてスタンバイ

a0158478_10214282.jpg
娘は麹と塩を混ぜ合わせる

そして、私はこの日のために購入した大鍋に豆を入れていよいよ火にかけて
じっと見ること1時間

a0158478_10392269.jpg
一向に沸騰して来ないんですけどーーーーーーww!!

夫曰く、火が弱い。蓋しろ。風が強い。といろいろいうけど
だって蓋したら泡がいっぱい出るっていうしー、火が弱いのは「火起こし番」の夫担当だろww
と、まあ、ひと悶着までいかないまでも、あれこれありましてね。汗
やがて、クリーム状に泡もいっぱい出てきて、そこそこ火加減がなんとかなったら、すでに4時間経過。滝汗

親指と小指で挟んで潰れるくらいって、どんだけやわらかいん??
ここでまた試食に継ぐ試食で、豆食べつくすんじゃないかってくらいになったんで、5時間でストップ。
(たとえ潰れにくくても力技でどうにかする気もちで)

ここからのスピードは早かったー。
さすが3人の手は早い。というか、この日娘は出掛ける時間が迫っていて、友人に「約束の時間におくれる、それより味噌」と謎のメールをしてまで手伝ってたのでとにかく急いだ。
a0158478_10503384.jpg
ビニール袋に入れてつぶしたり、マッシャー使ったりしてつぶすつぶすつぶす・・・・

塩麹をまんべんなく混ぜ合わせて、お団子にして容器にたたきつける。

a0158478_10575963.jpg
しっかり詰め込んだら、塩ふってラップして蓋して重し乗せて~~~

来年のお楽しみっ!!!!!!

お願いっ!神様!!美味しいお味噌がどうかできますように!!

今回の味噌レシピは
皆様のブログを参考に

大豆2キロ、麹2,6キロ、塩800g でした。




[PR]
by vinge | 2017-02-18 23:38 | 作る | Comments(10)

やる気の源

a0158478_10505339.jpg
クリスマスローズの

花部分?



本日快晴 
数年前からなんだけど、冬の晴天がまぶしくてならない。
先日の眼科で「老化!」と宣言されてから、やっぱり目も労わらないといけないなと、なるべく外出時にはサングラスをかけることにした
といっても、もともと眼鏡なので、その上から掛けられる花粉症対策用のやつで。
若いころは、雪山でゴーグルもなにもなしにスキー三昧だったのだけど、そういうのも目に悪かったんだろうなー。
当時ももちろんそう思ってたけど、如何せん、ゴーグルもサングラスも似合わないんでさぁ 涙


日曜日はホームセンター巡り、さらに必要なものを買いにセリアにも立ち寄る。
うわわわわ~ってほど混んでたわww
若いママさんやら女の子でいっぱい。 かごの中身見て「バレンタインかー!」と気付く。
可愛いパッケージいっぱいだもんね~。みんな手作りチョコとか作るのかー。
なんか、最近は友チョコばやりで、親が子どもの代わりに作ったりするらしいね。
キャラ弁が流行った頃は、一斉にキャラ弁だし、友チョコ流行ればクラスの女子全員分作ったりするって、ほんとたいへん・・

で、私はそういうものは買わず。(職場は個包装をそのまんま一個づつぽいぽい配った。寮のお子たちそれでも大はしゃぎで受け取ってくれたよ。いいこいいこ)
家で何を作ってたかというと。

また、リメイク棚を作ってまして。

いきなりafterから~

a0158478_12083586.jpg
ビフォーがひどすぎてお見せできないの。

小引き出しの下部分は、もともと一人暮らし用の小さい食器棚だったのを、10年くらい前に扉つけて、上にはファックスが乗っていた時代もありーの、ヘンな箱が乗ってた時代もありーの、ここ数年は娘の中学の技術家庭で作った鏡がのっかって、女子の化粧台と化してたのでした。
ところが、扉の板の変色と、はなちゃんがここで爪とぎガリガリ始めてもう、そりゃあひどいことに・・・

で。
扉を塗り直して、女子のもろもろの御道具をしまえる小引き出しを作って見栄えを治そうと・・・

a0158478_12162982.jpg
この、意味のないサーファーが、実は意味があって、鉄板一枚張るだけで、猫がここで爪とがなくなるんですよ。
セリアで、なんかこうサレオツなものないかなーと探したんだけど、とりあえずこんなんしかなかった・・という。

まあ、とにかくセリア便利よね~。

a0158478_12225918.jpg
  引き出し本体はプラスチックのこんなので、前面だけ板張って取っ手つけて~
  (24日は家賃)

  色は、アンティークワックスで塗装。
  鏡と扉はそれだけなんだけど、新しく買ってきた板部分はそのままに塗るとなんだか薄  くて、何度も塗り重ねないといけない感じだったので、下地に胡桃インク塗ってみました


a0158478_12272209.jpg


a0158478_12330970.jpg
見て!!ピッタリ!!

とか、浮かれてますがね。
私、木工がいっちばん苦手なんですわ。

その証拠に


a0158478_12361295.jpg
こっち側に隙間できてるから。
しかもよく見るといろいろが雑ですわ。ほほほ。


「ここだけどうしたwwwー」
と、娘から指摘受けましたが。


これには
マリアナ海溝くらいのふかーーーーーーーいワケがあるんですわ。
(深すぎて言えない)


ま、そんなわけで、木工は突っ込みどころ満載ですが。 いいの。自己満足。

「まえより まし!」

この一言につきます。

猫が爪砥がない効果については

a0158478_12472840.jpg
外のここで実証済みなんですね。これ、けしておシャレを狙ったわけじゃないんですよ。
なにか張っておくとピタッとここではやらなくなるの。
a0158478_12493219.jpg
まあ、このヒトたちのおかげで、いろいろ考えさせてもらうわね。




[PR]
by vinge | 2017-02-15 10:52 | 作る | Comments(6)

クルミインクを作る!!

a0158478_21370070.jpg
雨の3連休

そろそろお日様に会いたいねえ・・


お待たせしましたっ!!

青い胡桃のプロジェクト!「クルミインクを作る」 ついに・・・ついに・・・・完成しました!
いや~~、長い道のりだったな=(なんにもしてない。干してただけだわ)

まず、作り方がネットで成功してる人のが2件しか見つからない。(充分)
しかも、それは制作キットとか(売ってるらしい)で、山で拾って煮る人とかいないから。
で、その2件の作り方を、夏から交互に読み比べて読み比べて読み比べてー。ついでに失敗してる人のも読み比べてー。
晴れの日と連休を待って、それまでに必要な用具と材料を揃えてようやく着手!

まずは「鍋」
もう使わなくなった圧力鍋で。

a0158478_21593250.jpg
胡桃がひたひたになるくらいの水(2リットル)を入れて一時間放置
(この時間が大切らしい)


もうこの時点で色がどんどん出てくる

a0158478_22032939.jpg
クローブをいれて庭で2時間煮る

ネットで探したのは皆さんキッチンで煮てましたが、このにおいが結構独特だというので庭で。
いやな匂いじゃないけれど、ナッツ?トウモロコシを蒸して焦がした?
ま、そんな感じのにおい。
(クローブはその匂いを和らげるのと、殺菌防腐作用があるらしいけど、匂いに関してはクローブ?どうなの?ってかんじ)

焦がさないように時々かき混ぜて

a0158478_22133876.jpg
色はまだこんな感じ

火からおろして、数時間から一晩冷ます~~

というわけで、一日目はここで終了

a0158478_22151395.jpg
2日目~~♪

いよいよ濾します==!

ネットではここからが大変!てことなので、不織布は2枚重ね
a0158478_22170004.jpg
手袋も2枚重ね!(手が染まると大変なことに!)←経験者談

不織布に入れてしっかり絞りとる作業が大変ってことだけど
2枚重ねだと破れることもなく、それほどでもなかったです
外でやってるから、周りを汚す心配もなし

a0158478_22205828.jpg
ザルで濾して、ストッキングで濾して、不織布で濾して・・
4回くらい濾すとあったけど
そんなに必要?というかんじ

a0158478_22240598.jpg
念のため、三角コーナー用のストッキングみたいのを2枚重ねて濾す

これで完成!
a0158478_22264244.jpg
こんな色になります!!



ほんとはここに、ガムアラビック(アカシア樹脂)を溶かして混ぜ粘度を高めるのがよろしいようですが、
ペンで書く場合、粘度を強くするとペン先にインクが降りてきません。
で、これはあとから入れることも可能なのでひとまず、これで完成ということに~。

インク用にアルコールを5パーセント混ぜたものと、なにも入れないものに分けてー。
a0158478_22434500.jpg
                     約600ccのクルミインク採れました!

インク以外に、用途は髪を染めたり、布や毛糸の染色にも使えます。








[PR]
by vinge | 2016-09-18 21:45 | 作る | Comments(6)

覚えてますか?3年前のことなんか。

a0158478_13345764.jpg

例年この時期といえば

「初霜でーす」
とか言ってる頃

今年はまだまだよ。どこなの?冬??



ほんと暖かいですね。 遅くに撒いたダイコンが、これからでも間に合うんじゃなかろうか? とか、淡い期待。

夫が、プランターにソラマメなんか撒いたんですよ。 しかも5年も前の種を。

見て。


a0158478_13432429.jpg
2種類の芽が出たから!!
(´・ω・`)



とか言って、うそですからね。  

夫が撒いた直後に、ラベンダーの剪定して切り取った枝をとりあえず刺してみたら、ついちゃったみたい。 
どっちも、無理だろうと思ったんだけど。
( ̄▽ ̄)
ど、どうしよう~。 どちらをとろうか??







先日、郵便局の人が現れて「3年ほど前に伺ったときの郵便貯金どうなりましたかねえ~?」などと聞かれた。

は? 3年前の? ってか あなただれ?? ってかんじなんですが。(郵便局の人です)

なんでも、たまたまこちらを通りかかって、3年前にうちに来たことを思い出したそうな。
あの時、古い通帳のお嬢様のお年玉かなんかをためておいたなんかをどしたこーした・・・・という説明を玄関先でしばらく聞いて
やっと、やーっと思いだしたのは。

確か、通帳の形式が変わるから預かって変更してもいいとか言いに来た人だ!
で。
「そんなん怪しすぎるから(あなたに預けたくない)窓口行くからいい!」とわたしが言い張って、追い返した人だ!
だってさー。あやしいでしょー。
消防署方面から来た人とか、 郵便局方面から来た人とか・・・

(∩´∀`)∩ あはははは。 思い出した~~~。 

で? それどうしたっけ?????



a0158478_15122722.jpg
つうちょー!


というわけで、「ちょっとまってよー」とあわてて秘密の引き出しをごそごそ探して、

「あったーーーーーー! 窓口行ったわーーーーー!」٩( ''ω'' )و
と、確認したのであった。

「よかったです~。 いや~~。あの後どうしたかな~?と思って。 ふと思い出したんです~」
と言って、小太りのその方は帰られた(小太りいらん情報)

ああ。驚いた。 3年前に初めてきた人がよく覚えてたな。あんなやりとり(しかも怪しいからって追い返したのに)
もう、すっかりこんと忘れてたからね。

通帳の存在すら。(娘のお年玉)

思い出を掘り起こしてくれて。 さらにそれだけなのにポケットティッシュを2個も置いてってくれた。
ありがとう~。 ゆ〇ちょの人。






ポケットティッシュといえば。
最近、街で配ってる人って減ってるらしいですね。 

で。 こんなものを作ってみたのよ。

a0158478_21354834.jpg

試作
a0158478_21364067.jpg
試作


完成 !
a0158478_21391009.jpg
ボックスティッシュがそのまま入る・・・・・

なに?なんていえばいい??(人に聞くー!)

とにかくそういうものをですね。

a0158478_21432685.jpg
量産ーーーーーーー!

a0158478_21435192.jpg
久しぶりの量産にのりのりです~。



[PR]
by vinge | 2015-11-19 21:56 | 作る | Comments(8)

せんちめんたる

a0158478_1105071.jpg



紅葉も終盤

カメラを構えているところへ、散歩中のおばちゃんが通りがかりに声かけてくる。

「今年(の紅葉)、あんまりパッとしなかったわね~。いつもよりきれいじゃないわ~」 というので

「いや、おばちゃん雨の日にずっとこたつにいたからじゃん?」と心の声で返答。

紅葉はいつも通りだったのに、一番いい時期に雨ふりだっただけなのだよ。





Pの予備校通いも終盤に近付きつつある昨今。 (はやいわ= はやいわ=)

朝、学校まで送っていく車内でも参考書を広げているのを横目で見つつ
あれがどーだー。これがなんだー。とどうでもよい話をベラベラ話しかける母。

それを、うるさがらずに「うんうん」「そーだそーだ」「まーあれよー」と、いちいち返してくれるP。

これが、家にいるときでも何をしているときでも。
話しかけたら必ず聞いてくれて。必ず答えてくれて。さらにどんな話題でもちゃんと盛り上げてくれる。


秋も深まって。 センチメンタルになりがちな(元)乙女はふと想う。


「来年。 Pが遠くに行ってしまったら。 誰を相手にしゃべろう・・・・・・」



いや、遠くに行くとはまだ全然決まってないし。 近くかもしれないし。 そこはどうなるかこれからなんだけど。

でも、やっぱり。 ふとそういう事を考えちゃうんだよね。


a0158478_11335780.jpg 



ここのところ、一緒に散歩することもなくなって。

久しぶりに昼間一人で池の周りなど歩きつつ。

鳥の声にもずいぶん久しかったような気がして。


「あれはなに? あの声がする。 」と、はしゃいで探していたのが、もうずっと昔のようで









「ほら!バンがいた! めずらしいね。バンがこの池に来た!!」
a0158478_11384281.jpgと、話しかけたい衝動に駆られて。

ああ、一人だったと思う寂しさ。


通りがかりのおばちゃんに「あれはなに?」と聞かれて

「あれは、バンです」と答えて

「へ~」 

でおしまいの寂しさ。



a0158478_1145292.jpg

                              ちっ!      秋のやつめ! 



感傷に浸りすぎないうちにと、ミシンに向かう。

もう何カ月も預かりっぱなしの依頼品。

夏物のチェニック丈をつめた時に、切り取った布。 依頼者がとてもその柄が好きなので、それでバックを作ってほしいとのこと。

う=====ん。 (;´・ω・)

カバンにするには布が薄く。なおかつ木綿で汚れが付きやすそうで、色合わせも~と悩んで悩んで・・・
思い切って布をラミネート加工してみた。

端きれで試したら、なかなかよさげだったので大きく張ってみたら~。

ら~。ら~。ら~~~~。

な~~~んか。 安っぽいアジアン雑貨みたくなってしもーた。 (;´・ω・) (;´・ω・) (;´・ω・)




a0158478_11571723.jpg


もう縫い直しもきかないしね。 進めるしかないわってことで。

a0158478_11591959.jpg


寝食忘れて作りました。 (そんなことはない)

ラミネートがね。 寒いとパリパリしちゃうのよ。 想像では「ビニコ素材」(ビニールコーティングの略)
のようになってもらう予定だったのに。(無理)

信州の冬には絶対向かないショルダーバック。
ま、来年の夏にお使いいただくということにして。

これからまた別のものに着手しようと思います。 寝食忘れて。←
[PR]
by vinge | 2014-11-12 12:10 | 作る | Comments(4)

はるるるる。

a0158478_1643479.jpg



あんなに積み上げた雪がとけたら、その下にひょっこり咲かせていた。


花の咲くのが不思議でなくて、

そんな簡単に融けるはずがないと思われたあの大雪が、みるみる消えていくさまが不思議でならない。

心配事とか、悩みごととか、
そういう「どうにもならないのじゃないか」と思われることだって。

案外こんなふうに、あっさり融けて流れる・・・・・ことだってあるかもね。




さて、今日から3月。 はやいね~。

2月はほとんど大雪騒ぎであたふたし・・・
そして、お雛様のことをすっかり忘れていたので、昨日「大安」でやっと飾った。

a0158478_20414776.jpg


壁に掛けたのは、昨年購入の「てぬぐい」

クリスマスの飾りを毎年買い足していくように、ひな祭りのものも、ついつい買ってしまう。


で、昨日はショッピングモールで、通りかかった店先のこれと目が合ってしまいましたの。

a0158478_20505825.jpg


                           きゅきゅきゅ~~ん。  うさぎかわゆす。

おひなさまというか、道祖神様みたいだよね。

例年、花屋さんに「菜の花」がたくさん並ぶのに、今年は少ない。それに高い。
やっぱり雪の影響かしらね??

仕方がないので、ラナンキュラスとスイトピー。
Pが折れた桜の枝を拾ってきたので、それもいれた。
ただし、つぼみがあるかどうかも不明。(^^ゞ ま、いっか。

さて、今日のおいしいもの・・・・といえば、「ちらし寿司」・・・・ではなく。

手打ちうどん。   ひな祭り、何の関係もなし! 

a0158478_21122825.jpga0158478_21132646.jpg



麺棒
ちっさ!!!!  



a0158478_2116154.jpg


いろいろ道具がないし、しまう場所もないので、テーブルにビニール袋、切るのはまな板、そしてふつーの包丁。 

a0158478_21182985.jpg


味噌とねぎと辛味大根で食べる 「おしぼりうどん」 


a0158478_21193564.jpg


お店では、この大根をジューサーで絞った汁で食すのだけれど、うちは、普通のダイコンおろしに少し「だしつゆ」を足して食べます。
大根も辛すぎない「上田みどり大根」
秋に収穫して、物置の発泡スチロールの箱で保存しておいたものも、これでおしまい。
[PR]
by vinge | 2014-03-01 21:32 | 作る | Comments(6)