やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

カテゴリ:つれづれ( 585 )

あれの行方

a0158478_15560342.jpg
台風のやつめ また夏を連れ戻しおって・・・!


台風の進行方向の皆様お気をつけください。  



もうすっかり秋になったと心も体も思いこんでたのに この暑さにやられる。 青菜に塩・・くたー。


さて、ここのところ「ネコ」話題ばかりで、書こうと思ってたことが吹っ飛んだので、
夏が戻ったところで、この夏の「あれはどーなった?」シリーズでいきます。

もう誰も覚えてないと思うけど。 くすっ

まずはー。 あの「青い胡桃の行方」 参考記事

a0158478_16335185.jpg
見て!  こんなに丁寧に仕込まれて帰ってきてたんですよ!!  ええ。もちろん作ったのはAfricaさんね!(笑)

これ、まだ実食してなくて、食べごろは冬らしいんですよー。 なので、その頃お披露目しようと思ってたんだけど。
どっかの誰かが、あの記事の最後に「インク」がどーのこーのって書いてあってですね。(自分)

いや忘れてるわけじゃないんだけど。 ってか、ずっと乾燥させてたんだけどー。(そうしたほうがいいらしくて)
これが、なかなか乾燥しなくて。(茶色になるまで) その前にカビ生えたりして。汗汗
そういうのはつまんでポイってしてたら、どんどん減っていて・・爆

で、昨日あきらめて山に再度採りに行きました。(そもそも今が採り時)

a0158478_17493870.jpg
7月の採ったのはこんな感じ(発掘された1000年前の木の実)

a0158478_17500996.jpg
自然落下したのはこんな感じ

これや! これこれ!!

いやいやいや、多分これだと思うってことでー。どっちも色が出そう。
やっと、これを煮てインク作りが始められます! 近日中。(まだかーーーーーー!)

次ーー!

樹海の行方   参考記事その2

あれは、わりとすぐ出来上がってましてん。 ただし、欲張って同じ型紙で2着作ろうと思って、その2着目が
2着目が  2着目が(もういい)
ま、そういうわけでとん挫して、翌年に持ち越されようとしてます。

で、出来たのをとりあえず
a0158478_18085514.jpg
割烹着? って思ったらもうそれにしか見えないからね。

これ、ちょっと襟ぐりが開きすぎなの。(で、2着目はちょっと詰めたり袖を替えたりしてたら頓挫)
a0158478_18105342.jpg
こうしたらいいと思うんだけど、夏にストールって暑い。
ので、まだ一度も着てないです。

たまに洋服とか作ると、世間ではなにが流行ってるか気になりますね。
で、お店で見てたら
シャツなど、前だけパンツやスカートの中に入れて、後ろはだらっと出すのが流行らしいね。

トイレで慌てて上げて、後ろしまい忘れたみたいな。

昭和のおばちゃんにはちょっと理解しがたいけど、ズボンずり下げてお尻半分見せるスタイルよりはいいかー。(笑)
あのスタイルも最近見なくなったねー。 


ってことでー。 誰も気に止めてないとおもうけど「あれはどーなった?」でした。

あ、もひとつだけ。

猫の名前が決まりました。(暫定)

「はな」 「はなちゃん」

a0158478_18273395.jpg
「flowerのはなちゃん」じゃないんだってー

「鼻たれのはな」だってー

ひどーいい。もうはなたれじゃないのにー!


「やがて花咲く花ちゃんだから♡」by夫 


















[PR]
by vinge | 2016-09-04 16:14 | つれづれ | Comments(8)

ナツノオワリ

a0158478_11232531.jpg

すれ違う人は、みな青い目の方々


ええ、ちょっと、海外にいきまして



a0158478_11250138.jpg
ほら象もいるし


は?

野尻湖って読めるって?


あら。やだ。ほんと。


小林一茶のふるさとは、いつの間にか遠い国の人々のリゾート地と化す。

一茶もびっくり。そこのけそこのけ




前ふり長かったですね。 オリンピックも高校野球も終わって、台風去って、夏も終わった模様。台風通過された地域の皆さんお怪我などなさいませんでしたでしょうか。

そんな、台風でお天気荒れると思われた日曜日、一家で恒例の野尻湖へ。
いや、目的はそこじゃなくて、黒姫高原のこれを食べに。

a0158478_11355196.jpg
夫が、夏はどうしてもこれを食べに行きたいと言うので、Pがアパートに戻る日をずらしてこの日まで滞在。
今回の帰省は、2日間だけサークルの仲間と過ごしたほかは、通常練習にも出かけず、まったりおうちで過ごし。
すっかり「おうち魔物」に喰われたもよう。苦笑

「あ~~。あっちへ戻ってしまえばどうでもないんだけど~~。 なんだかなあ~~~・・・。この家が居心地よすぎるんだよなあ~~~」などと、散々ぼやいていたのを、夕べ夫が送り届けました。

昨日の蒸し暑さに比べ、今朝はさわやかに晴れて、風もさわやか。
なのに、なんだかやる気が何も起きなくて、どうやら、オリンピックが終わった症候群でしょうか。(閉会式の土管が衝撃過ぎて)

夏休みの終わりの小学生の気分。(あ・・宿題・・・)


宿題といえば、土曜日に「ピッチ(仮名)」を捕まえてお医者さんに連れて行きました。
健康診断して、駆虫してもらって、昨日からおうちの中へ。

a0158478_12022843.jpg
ごたいめ~~ん!

おにいちゃんは、外猫たちのように威嚇せず。もともと、猫が大好きなので興味津々。
a0158478_12053979.jpg
時々脱走しても、外猫と遊びたい一心で、追いかけまわして嫌われる。爆
りくは、あまりに小さい時に兄弟から離されたせいか、ネコ同士のコミュニケーションがへたくそで、いきなり噛みつくからねー。

仔猫に対してもそうだったらと心配したけど、さすがに「これは小さい」と思うのか、適度な距離を持って見守ってる感じ。
でも今朝はそっと、耳に噛みついてたわ。爆

仔猫は徐々に慣れつつあって、トイレの心配もなし。


これで安心して、あなたのおうちにお届けできます!!!

よろしくおねがいします!!!!(懇願)



[PR]
by vinge | 2016-08-23 12:14 | つれづれ | Comments(6)

有朋自遠方来、不亦楽乎!!

a0158478_21273808.jpg
山梨の言葉が懐かしかった今朝の朝ドラ(11日)
「て!」


は~~るばる。はるばる。はるばる。 はっこだて~~。
ではなくて、神戸からお客様がいらしてくださいました。

もうね。 感謝感激ですよ。 ブログのお友達がみなさんやってきてくださるんですもん。 涙涙!
(山から下りないクマの顔を見に)
いやいや、長野県に住んでてよかったな~って、つくづく思うんですよ。
だって、これが山〇県や〇木県だったら夏に来ないでしょ。(なにげに山〇県と〇木県に失礼な発言)

今回は、夏休みの家族旅行のおついでに、くまたろう家にいらしてくださったのは
Africaさんご一家でした!! (やんや!やんや!)

いや~~。ほんとに長年ブログやっててよかったなーって思うのね。
さくっと、Africaさんとのつながりを説明すると、まだ、私がブログ始めたばかりのころ、ネットサーフィンでたどり着いたAfricaさんのブログ。その頃は、コメントすることもなく、ただ読ませていただいて(シャイなので)←
ところが、こちらの諸事情によりしばらく離れてしまい、それが、ひょんなことからエキサイトで再会!!
嬉しさのあまり(わたしだけが)昨年からコメントしたり(シャイはどーなった)して、今に至ってるんです。
さくっ。おわり!

まーそんなわけで、10年も経つと子どもたちも大きくなりました。感慨深いです。
しかも、リアルで会えるんです。感涙

待ち合わせの生島足島神社で、お互いがすぐわかって(しかも第一発見者は息子君!のくーまくん)
も、この15歳の少年がかわいくてかわいくて。爆
10年前、この男の子の子育てがとっても楽しそうで読んでいたので、こんなにすくすく育った姿を目の前にして、
すっかり親戚のおばちゃんか、おばあちゃんの心境に。(笑)
10年前からくーま君のファンでしたが、成長した少年は、青年に向かって、澄んだいい瞳をしてましたっ!

それにしても

男の子がいるって、うらやましーのーーーーー! (心の声)

上田にご滞在の数時間を、お蕎麦とわが家だけでいいとおっしゃるので、

a0158478_09421366.jpg
こんな、ジャングルと化した庭ですが、転がってるバイクでも見ていただいて(旦那様に) 
不用品の撤去しきれなかった、ありのままの客間で、唯一おもてなしできるのが天然の風くらいで。爆
(いや、ほんとに、8月に入ってからの信州は、40年前の夏か?と思われるほどに、外は暑いけれど家の中では涼風が抜けてエアコンいらずの日々なんすよ)

くーま君には、さぞかし退屈であろうと思われたのに、夫が部屋に入るなり、日ごろ(なにやってるん?またそんな芸にもならない・・)と妻に思われている芸を披露したところ、これにはまってくれまして。(笑)
(輪っかにした紐に、小さい輪っかを落下させて紐にからませるという・・・手品でなくて、物理的なんとかのなんとか)←興味のなさが現れた説明
夫と二人で取り組んでる姿に、なんかこの二人似てるーと思ったり。

おしゃべりも取り留めもなく楽しくて、途中くーま君と旦那様が街へ出かけたのちもAfricaさんとまったりおしゃべり続けて

もう、延々としゃべっていられそうでした!! (そりゃあ、子どもの話から猫の話から郷土料理の話から~~~~更年期まで話題が尽きず)

そんな楽しい時間はあっという間に過ぎて、街から帰ったお二人がAfricaさんを迎えに来て、帰り際には、みんなではぐを!
さすがに、それぞれの旦那さんとはなかったけれど、男同士のはぐが、なんか笑えて・・・
写真に撮りたかったけど(考えたらこの日一枚も撮らなかったの!)記憶に残したそれは、今思いだしてもくすくす笑えちゃうから
かえって写真はないほうがいいのかな。
うん。きっと忘れないよ!   くーま君と握手した手の大きさも忘れないよっ!!(感激)
ありがとーーーみなさん!!




おまけ話

この日、Africaさんご一家は、当地より西の(ど)田舎の温泉にお泊りになったわけですが。
そもそもそこを紹介したのが私なんだけど。
翌日の情報によると、老舗の古~~~~い旅館で、満室と聞いて素泊まりしかできなかったはずが、お客さんの姿も見えず、部屋はその旅館唯一自慢の特別室に通され、帰るまで宿の人の姿も見えなかったという・・・・(狐に化かされたかと思った。宿泊者談)

建物は私も見たことあるのだけど、千と千尋の湯屋みたいな木造3階建。

夫に言わせると「そりゃあ、人の目に見えない神様がお泊りで満室だったのさー」とのことなので
素泊まりでよかったのかもよー。
うっかりそこの食べ物食べたら帰れなくなったかもよー。
と思いつつ。

Africaさんご一家が御無事で帰宅出来るのを心より願うのであった。














[PR]
by vinge | 2016-08-11 21:33 | つれづれ | Comments(6)

もう残暑ざんしょ。

a0158478_23220442.jpg

暑中お見舞いの次には残暑お見舞いですって。


あっという間に立秋だったそうで。 あちゃーってかんじです。

そういえば、野球の開会式も見た記憶もかすかにあるなー。
アナウンサーが「標高700mの学校で~」みたいなこと言っててちょっと笑ったわ。 標高必要ですか。
ちなみに。 長野県代表っていっつも一回戦負けみたいなんですが。
しかたないこともあるんです。
暑さに弱いのよね。いや、こっちも暑いんだけど、あちらの暑さは違うらしいですよ。 で、水飲みすぎたりして、おなかこわして、
で、十分な力が発揮できないってことがあるらしいですよ。
ってなこというと、
じゃ、春は勝てるんかい!! ってことになりますね・・・
うーん。 


今年はお盆休みが長くて、10日から17日までなのです。
その長ーいお休みの予定は。
初日にお友達が遊びに来て
最終日に会社の研修で他社の見学に行く。

以上!!!  

あとは、だらだらすごす。(あ、一応宗教活動もする)

あー。充実してそうだ。(笑)


お客さんが家に来るということで、掃除もしました。

いや。
夫が占拠している客間を開けろ!というのに、これほどいい理由はないです。

a0158478_23463583.jpg
80%不用品除去後の和室

大体、一番風の通る部屋を、夫の不用品で占拠するってどういうこっちゃ!!
久しぶりに畳見たわ! 爆
最終的に、すべて撤去は不可能だったので、もう、お客さんにはありのままをお見せする覚悟を決めた。ええ~い。

玄関には、推定年齢45さいの「さる」もいるしな。

a0158478_23542146.jpg

家の中も外も、蜘蛛の巣だらけで困るんです。

a0158478_00024168.jpg
蜘蛛の巣が張ってるって、よくドラマとかでは古屋敷だの、何年も人が入ってないからみたいなイメージで使うでしょうがね。

蜘蛛ってやつは、巣を張るのってめっちゃ早いんですよ。
玄関開けて外に出て、振り返って入ろうとしたら、もう糸にひっかかるからね。
いや、ほんとほんと。

何年も掃除してなかったわけじゃないわよ。(それが言いたくてこの話題)



[PR]
by vinge | 2016-08-10 00:09 | つれづれ | Comments(4)

8月!!

a0158478_09072493.jpg

さあ!木曜の坂です!

頑張って越えていこう~。

ゼイゼイ・・・

[PR]
by vinge | 2016-08-04 09:08 | つれづれ | Comments(4)

駆け足で7月が過ぎる!!

a0158478_10481566.jpg
梅雨明けのツバメ飛び交う空



夫が猫に「おはよっ!」とあいさつしたその声で目覚めた朝。

「今日は日曜? 違う・・・・土曜??」と思った直後に 「違う、まだ金曜」と気が付いたときったら・・・
しかも、今日は今週最大の重い仕事の日だって気が付いたショックったら・・・あなた。

はい。そんな日はヨガです。 元気出るヨガ。 あと黒酢ね。



1週間て早いですね。早足で書きます。
今週は、日曜日にむーに誘われてドライブ。

a0158478_11012937.jpg
なんとなく、こちら方面へと上がって、和田峠。  

a0158478_11031510.jpg
とてもおいしい湧き水があるとこで、たくさんの人が水を汲みに来ます。 水量豊富で、100年経っても腐らない水だとか。
で、うちは水汲む予定でなかったので、500mℓの水筒しか持ってなかったけど。
ほかの人は、一週間分か?ってくらい詰めてたわ。(そういう人のほうが多い)

a0158478_11071300.jpg
かわりに、槍持ってはしゃいでる縄文人(違)


ここが、かの有名な(縄文時代に)黒曜石の取れる山で
「星糞峠」はここから5キロほど山を上がったところ。

この日はむーと二人なので下見のつもりだったけれど、山が伐採中で入り口がわからない。
で、わかりやすく
a0158478_11140214.jpg
黒曜石体験ミュージアムへ

入館料300円。 
体験が主なので、展示はしょぼぼぼぼーん。でありますが、写真はとり放題。
a0158478_11153825.jpg
この次は夫と来ようと思ってる「星糞峠」というのは、縄文人がこうやって、黒曜石を求めて山を掘っては埋め、掘っては埋め・・・
ついに山の形まで変えた・・・という場所。

この場で、採掘加工したので、今でも加工した際に出た屑の黒曜石がちらばってるらしい。
つまり、その黒曜石は、すべて縄文人の手が触れたものだという。(ね?そういうの聞くと、わくわくしない?)

a0158478_11233698.jpg
この日は、体験館に都会の小学生がたくさん来てたので(林間学校かしら?) さーっとみて、小学生たちに見送られながらここを後にし、いきつけの牧場に寄る (行きつけの牧場って・・・行きつけの飲み屋みたいな。よ。おやじ!いつもの! みたいな感じで、ソフトクリーム食べるん)

a0158478_11303347.jpg
行ったら、仔馬が寝てまして。

「あ、仔馬! 仔馬いた!!」って近寄ったら、ほかの家族のぱぱさんが

「仔馬寝てるやん! あんなとこで寝てるってどんだけいい根性してるん?? ってか、やばくね? ヤバい状態じゃね??」
と大声でおっしゃるので

ああ、そういえば、これってやばい状態?? と、ややおびえたものの。

a0158478_11334322.jpg
しばらくしたら、ちゃんと起き上がって、おっぱいのんでました。 めでたし♪

こういうところで、いろんな家族の会話を聞くのは面白いね。

小さい子が、草をやろうとしてると 
「ダメよ! 手をパーにしてやらないと!! あんた、手をグーにしてだすから喰われちゃうのよ!!」
とか、叫んでるママ。

そうよ。手はぱーでね。(笑)

ここの牧場に来る人の100%は食べてると思われるソフトクリームを食べてこの日のお出かけは終了。



行く先々の道の駅やら直売所で、カブトムシやらクワガタを売っていて、
そんなものは、山に採りに行くのが普通だろー。 と、昔の人間は思いがちだけど
最近は、子供では取りに行けない事情もあるんですよ。

近頃の里山は、どこも鉄柵で囲まれてて、簡単に入れないようになってるのね。
何のための鉄柵かというと、もちろんクマやらシカやらが畑に入らないようにってことで。
ほんと、鹿増えて。
むーとのドライブ中にも、車道すぐわきに出てきてるの。
道にも「鹿注意」の札がたくさん。10年前にはこんなになかったのに。

で、かぶとむし。 今年うちのクヌギの木も樹液がだいぶ出るらしく、昼間はカナブンやオオスズメバチがぶんぶんやってくる。
そういう木には夜カブトムシ。
と、むーに話してたら、早速夜中にガサガサいう音がして出てみたら。
あ。いたいた。

案外都会育ちのお坊ちゃまの夫が「虫網?」「脚立?」とかいうから
「やだねー。お坊ちゃまは。こういうのは木を蹴とばせばいいんだよっ!」といったら
カブトムシでテンションあげてる26歳の女子が、その場で蹴とばした。

どかっ!
ばさばさー。っとな。

a0158478_12360968.jpg
はい収穫。

1匹400円(相場)


あ。この後すぐ返しましたけどね。 


今週は、まだ涼しかった日に急げ急げとチェニックも仕立て、色違い形違いでもう一枚作りたいのに、換気扇の汚れに目が行き、つい大掃除に発展。
どんだけ、気が散りやすいんだか。苦笑

夕べ、夫が所用で長野に出かけ、帰りにPと一緒に食事して「今、父さんそちらへ帰ったからね」と電話してきたPと、とめどなくおしゃべりしてたら、夫が家に到着。 
長いわー。電話が。(笑) 
彼女は来週から試験。 周りが、難しい・・と噂している無機化学だけど
pにとっては「それって、3年前にすごく悩んでたところだから、やっと解決したってかんじよー」と笑う。

3年前はまだ予備校にも行ってなくて、高校教科をどこまで追求すればわからなくてやみくもに突き詰めてた頃。
「そこからは大学で」といってくれる人もなくて、もやもやと温め続けてきたから
やっと霧が晴れたようになったらしい。 こちらもめでたし!












[PR]
by vinge | 2016-07-29 13:02 | つれづれ | Comments(2)

梅雨明け・・た?

a0158478_10322646.jpg

青空広がって、さわやか信州の夏

(と言えるのも今のうち)


関東圏はまだ梅雨明け宣言出ていないものの、それも間もなくだろうと、梅を干す。

a0158478_10351583.jpg
うん。まあまあの出来。



3連休は夫と二人きり(前回も書いた通り)初日は夫が歯医者、 二日目は私が出勤日だった以外、出かけることもなく
なんともまあ・・・・穏やかな日々よ。
いや、穏やか通り越してるかもしれないけどね。 あえて言わないけどね。 (たいがくつはくとかね)

いや、やることはいろいろあるんだけど。↑ 梅干すとかね。(あっという間に終わったわ)
キュウリの冷凍保存をしたり。(あっという間だったわ)
トマトソース作ったり。(あっ・・・・・・・・・)

で、3日間外食も一度もせず、朝昼晩しっかりご飯を作り。

a0158478_10493891.jpg
(雹害で傷んだ野菜を食べつくそう献立)


まだ風が涼しい今のうちに、洋服でも作ろうと 型紙を広げ

a0158478_11124163.jpg
(洋裁初心者はこれを樹海とよぶ)

この樹海から、欲しいサイズを探し出しただけで、 今朝は頭痛。
そろそろ、本気で老眼鏡を用意しなくちゃならないかも。



あんまり退屈そうな(言った!)のを、近所の奥さんも察したのか
「Pちゃん、そろそろ帰ってこないの?」と聞いてくれたけれど
Pの学部は8月の1週目まで試験があり、 そのあとも、バイトするかもしれないとか、合宿もあるしとか
まあ、当面帰ってきそうにありません。 そんなもんかもね。

a0158478_11294816.jpg
この花が咲くと「夏!!」の我が庭。














[PR]
by vinge | 2016-07-19 10:59 | つれづれ | Comments(4)

ゲリラ豪雨

a0158478_10450566.jpg
今年孵ったケロロ

「この前の雨はすごかったねえ~」



3連休ですね。
上の娘は今日から旅行に出かけ、下の娘は試合で帰らず。
夫と二人かー。なんかおいしいものでも食べに行こうかなあ~ などと思っていたら、
夕べから歯痛だったらしい。 どーりでいつにもましてしゃべらないと思ったわ。← 



一昨日のお昼頃のこと。 それまでとてもよいお天気だったのに、にわかに掻き曇り(これ、ほんといい表現だ)
「あ、降ってくる!」
というと同時に、激しい雨と雷、そして雹!
それが、このケロと同じくらいの大きさの粒なの!! 

玄関ドアに氷粒の当たる音 カン! カン! カン! カン! カカン! カンッ!

いや~。すごかった~~。 穴開くかと思った。

というわけで、 玄関ドアは無事でしたが、 畑は悲惨です。涙

a0158478_11010209.jpg
レタス 

a0158478_11012654.jpg
トマト 
a0158478_11020446.jpg
トウモロコシ

a0158478_11032005.jpg
くうしんさーーーーい 





(´Д⊂ヽ



自然の脅威には抗えない・・・・ねぇ・・・ 

それでも、折れてしまったトウモロコシの一本をあきらめきれずに剥いてみた。

a0158478_11102130.jpg
まるで真珠の輝き

こんなにきれいに粒がそろってたのに!!

くううううううううううぅ!!


3連休は畑の片付けと手入れで決まり。







[PR]
by vinge | 2016-07-16 11:19 | つれづれ | Comments(8)

青い胡桃のプロジェクトっ!!

a0158478_09322816.jpg
山の湧き水

やわらかで美味しいお水



この頃、気温の上昇とともに私のPCがめちゃ熱い。 どれくらい熱いかというと、PCの排気を横で受けてる夫が
「これ暑い!!」と文句言うくらい。
膝の上で長時間お使いになると低温やけどする場合があります。という注意書きを「短時間でもやけど」と書きなおしたいくらい。
本体そのものも壊れるんじゃないかと心配になるから、ちょっとつけては消し、つけては消しの繰り返しで、なかなか更新に至りません。

で、今朝、夫が「中にほこりがつまってるんじゃないか?」というので、エアダスターで外側から吹いてみたら(気休め)
あら、でもちょっといい感じよ?
というわけで、急いで書きます!!



先日 グルグルつばめ食堂」のAfricaさんが「どこかに青い胡桃ないかなぁ~」と叫んでいらしたので。(笑)

ん?青い胡桃? 今時期のやつ?? と脳裏に浮かび・・
(常にヒマ)夫に「山の胡桃とりにいく?」と誘うと 「行くっ!!!」っと即答。

かくして、山へ芝刈り・・ならぬ「胡桃採り」に出かけたのでした。

a0158478_11580616.jpg
くまたろう家テリトリー内


胡桃といえば、長野県が生産高では国内一位。
隣町はその中でも有名な生産地。 
出荷しているのは「しなのくるみ」や「かしくるみ」といった、アメリカや中国原産のものだけど、山には日本固有の胡桃の木もたくさん自生していて、つまり、胡桃を育てるのに長野県は適しているってことよね。

Africaさんが作ろうとしてるのは、青い実を砂糖煮にして食べるという、トルコのお菓子。
堅い殻を割って、中身を食べるしか知らないから、え??それってどうやって??って思うよね?
つまり、胡桃の果肉を食べるってこと?種部分固くないの??ってもう疑問符だらけ。

この固有種(山胡桃)でもいいのかなあ~?と、若干思いつつも、「でもどんなものか見てみたい」という興味本位で
「青い胡桃プロジェクト」に参加です。うふ。(送るだけの人)

a0158478_13483716.jpg
全部胡桃の木

猿のように登ってとるの (嘘)


ここの木はすごく高くて、手が届かないのであきらめ・・
もう少し先の道沿いに、採ってくださいとばかりに張りだした枝を発見。

a0158478_13544622.jpg
たわわ~

車から降りて、ちょこっと手を伸ばして、数房採る。 山の神様いただきまーす♪ 

表面はべたべたで、すぐ黒くなってしまいそう。(灰汁が強い)
採るのは簡単だけど、砂糖煮作るのは大変そう~~。とても真似できそうにありましぇん。汗汗 

で、これをどうやって??といろいろ検索した結果。私にも作れそうだと思ったのが~~。
インクを作る!!
ほう ほう。これならできそう!色水遊び大好き!!

というわけで、勝手にプロジェクトの内容増やしました。(笑)






















[PR]
by vinge | 2016-07-14 12:02 | つれづれ | Comments(4)

7月考察

a0158478_11430817.jpg
お暑うございます。

水辺にカイツブリの親子

遠くて見えないですかー?

a0158478_11452448.jpg
ここに4羽いますーーー!

まだ潜れないちびっこたち



冬場は「ほこり」さえ暖かいと感じるが、夏になったら、その「ほこり」が暑い。 
いきなり「夏」になったから、急に埃が気になり始めた。(そうそう、つい最近まで冬だった信州。)←嘘

というわけで、北の魔窟のへやをそうじ。
なんといっても、その部屋が一番涼しい。そこを開けなきゃ風が抜けない。
魔窟は、ここ数年、だれかしら引っ越しするたびに持ち帰った荷物が段ボール箱のまま山済みになっていて、
ちょとづつ片付けていたのだけど、この前、あの「ムカデ」が出現して以来、本当の魔窟と化していた。ぞぞっ。

奮闘すること数時間。 ついに、夫のわけわからない物がつまった段ボール箱3箱とむーの「ほぼごみ」のひと箱だけにしたよ。
って、これだけ片付けても、まだ4箱もあるってどーよ。(しかも、中身がほぼいらないものってどーよ)
とりあえず、掃除機が掛けられて、窓が開けられて、風が通ったから良しとしよう。




職場の、提出すべき書類をちまちまちまちまと書いている。
いわゆる研修報告とか、改善提案書とかいうやつ。
独身の頃の働いていた会社ではよく書いたけど、まさかパートで書くとは思わなかった。
ま、以前から「書いてー」「提出して-」とはいわれてたんだけど、そういうのを書くと、一年前までつまらん外部圧力がかかったので
なるべく出さなかったのね。
その圧力がなくなったんで、ちょっとしたこと見つけては書いてる。
ほんとにしょーもないことを、きちんと社内文書にするのよ。ふふ。 
改善提案一枚で数百円になるんで。 内職みたいに。(笑)




だいぶ時間が経ってしまったけれど、Nスぺの「御柱祭」がおもしろかった。
古事記の「モレア神」が、現存する『もりや』さんに繋がった場面にぞくっとくる。
古代の、文字が無かった頃のことを想像するのがおもしろい。 
文字がないのだから、過去のことを伝えるのも、何かを教えるのも、口伝えと、それを記憶することだけだろう。

最初から「日本語」があったとは考えない。 どこかからながれて、方々の言葉がまじりあって、その土地でなじんで、
やがてそれぞれの国の言葉になったと想像する。
バベルの塔じゃないけれど、最初は一つの言語だったのじゃないかとか。ね。
物語にしても、何かの思惑が交じったものよりも、あちこちに残る民話のほうが、現実を語り伝えてきたかもね。

地元に「古安曽」という地名があるのだけど、これは熊本の「阿蘇」からついたそうよ。
奈良時代、信濃の国つくりの役人としてやってきた人が「阿蘇王」の子孫だったからだそうで。
九州とここがつながっているのを、地元で生まれた人は案外知らなかったりする。

繰り返し、繰り返し語り継いでいくことって、
何かに書き記すことより、確実に伝えていくのじゃないかとか思ったり。
だって、ほら、メモったらすぐ忘れるじゃん

はるばる、はるばる、人が歩いて伝え来たものを 寝転がって 冷たい空気を探しながらゴロゴロ移動しつつ考える 夏の始まり。





a0158478_14150880.jpg
ねえねえ。猫って2万年前からにゃーにゃーいってた?


a0158478_14160115.jpg
「知らんがにゃ」












[PR]
by vinge | 2016-07-04 12:41 | つれづれ | Comments(4)