やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

カテゴリ:おしごと( 48 )

こんなにも○○について考えたことがあったか?

a0158478_00135989.jpg
雨の日のテラス席は

彼らのために


金曜日に近所のお婆さんから裾上げの依頼の電話。 息子さんのスラックスの裾上げをしてほしいって。
この日は、朝から会社に行かなければならなくて、ゆるゆるお話されてももう時間がないから
「ごめんなさいね、これから仕事に行かなくちゃならなくて・・ 帰りも今日は遅くなるから、また明日にでも~」
とさえぎって電話を切った。

そして、ほんとに夜遅くなってくたくたで帰宅して、勢いでビールまで飲んで寝たから翌朝泥のように眠っていたら
7時過ぎ「ピンポーーーーーーン♪」とチャイムが鳴る。

夫が出て、そこは気を利かせてただ受け取っておいてくれよ!!!と布団の中で念じてるのに
「見てくれって○〇さんがーーー」と呼びに来る。

ばかたれがっ!! 寝起きパジャマで「はいはい」って出れると思ってんかよっ!!! と心で毒づきながら
「夕べ帰りが遅くてまだ寝てますっていって・・・」と伝えるようにいうと
これまた馬鹿正直に伝えてる夫に「あーそーなのー?今日はお休みだから、どこかにお出かけしちゃうといけないと思って~~」
といってるのが聞こえてくる。
そういえば、彼女最近ちょっと言動が怪しいとかいう噂も聞いたし、この雨の中歩いてきたことを思っても、やっぱり起きようとジーンズに履き替えて玄関へ出た。

ほんとは「もうお直しやめました」って言ってしまいたい。
でも、近所のお年寄りの人に、たまーーーに頼まれてしまうものまで断る勇気がなかなかね・・
やれば出来ないわけじゃないとも思うしね。 
だけど、こんなに疲れた朝に持ってこられると、あああ・・・って思っちゃうよ。 はぁ⤵

着替えてしまってから、また寝るのもなんなので、そのまま起きて朝ごはんの後 庭に出る。
a0158478_00502048.jpg
毎日見ているはずなのに、バラが急に伸びたように見えるのは、たった一晩の雨のせいだけ??
連休中には、バラゾウムシとの戦いを繰り広げていたのに、こういうふうに植物のほうの勢いが強くなると虫の姿も見当たらない。

池の周りの山藤が満開なのも、あまり気が付いていなかったな。
見えてるのに、見えてないってこういうことなんだよな。と思いつつ、池の周りを一巡り歩く。

まだまだ眠いわ動きたくないわで、居間でだらだらテレビ見たりしてるうちに昼も近く猛烈にお腹も空いてきて、
「おなかすいた」って夫に言うと そういう言葉に反応早い夫。
「寒いから暖かいおそば食べにいこ?」と車で隣村まで。
「疲れた時には肉でしょ」と私は馬肉うどん。さらにおやきまで買って2こ食べて、恐ろしいほどの食欲。
で、食べたらまっすぐ家に帰って、「もう耐えられない・・・」と爆睡!
起きたら4時だったわw

なぜこんなに疲れてるかというと、先月からずっと準備してきた100人規模の懇親会が金曜日に行われて、その日は朝から会社に。
夜は10時過ぎに帰宅。
年に数回行われるこの会も、新しいレストランで今までとスタイルも変えたから大変だったのだ。

で、やっぱりデザート担当のわたし。
bが「イチゴの季節にギリギリ間に合うから、この前と同じでミルフィーユやりたい!」と言い張って。
えー。あれ大変なんだよー!半分ゼリーにしよーよー!と抵抗したけど押し切られ。
実に連休中も、ずーーとイチゴの切り方や飾り方などをネットで探したり、お店で見たりしてデザイン考えてたのだ。
だって、この前のミルフィーユ、写真で見たら全然きれいじゃなくてちょっと落ち込んだんだもん。
もうね、こんなにもいちごのこと考えた続けたことはないよ。

a0158478_01233844.jpg
120人前のミルフィーユ!

a0158478_01250615.jpg
もう夢にまで出そうなイチゴ

完食でした!











[PR]
by vinge | 2017-05-14 01:35 | おしごと | Comments(4)

くたくたくた

a0158478_20233899.jpg
ぽかぽか3連休


ぽかぽか陽気のよい3連休でしたね。

そんな連休なのに、土日は職場のお引越しで出勤。

引っ越し作業は先週の水曜日から始まって、
金曜日までは通常業務をこなしながらの荷造りと場所決め、必要なもののリストアップ。
最終の金曜日なんか、もう営業しなくちゃよかったのにーーw と文句言いながら、あふれかえった荷物の隙間で夕ご飯作ったもんね。

土日は早朝から、男3女3人で一気に運びだしと設置作業。
隣の棟に移動するだけーといっても、物は多いし、狭い通路を通り抜けての作業で、家に帰ってお風呂に入るときに、あちこちに青あざできてるのを発見ww
そんなにぶつけてた記憶はないんだけどね 汗


新機材が素晴らしくって、世の中の進歩はすごい。
これをフル稼働させたら、一日1000人以上の食事でも賄える設備だとか。ひえー。
って、そんな機器の説明受けながら、土曜日のお昼ごはんは作ってる暇も食べてる暇もなくて、前日の残りご飯を温めて塩むすびにぎって食べただけw
おーい!調理師3人もいて、食材もたっぷりあるのに、なんてこったww(ま、食材は私たちのためにあるわけじゃないから)
日曜日には、塩むすびすらなかったしw とにかく全員早く終わらせたい一心で、コーヒーだけで頑張った。

もう、家に帰ればくったくたで、お風呂に入って布団にもぐりこんだとたんに爆睡。
でも、ここまでやると、逆に気持ちいいくらい。
とにかく、身体が疲れてるだけで、精神上の疲れが全くないせいかも。
新しい場所と機材に若干の不安はあるけどね。

とにもかくにも明日から営業です。

今朝も普通に起きて、外に出たらやっぱり庭仕事したくて、買ってきたパンジーやイチゴ苗植えたりした。

a0158478_22261806.jpg
匂いスミレがあちこちに増えて、時々ふわっと香ってくる。

a0158478_22273443.jpg
ミニ水仙も咲きだした。
これね、暖かいところだったらもっと背丈があるのにね。
a0158478_22290860.jpg
みけ子と比べてもこんなに小さいの 

菫も水仙も、まだ雪が降ることを知ってるからあまり背を伸ばさない。

だって、明日は雪予報だってよーーーーー! (泣)

a0158478_22354647.jpg
バードバスのお皿がついにひびが入って、水がためられなくなったので新しいのに交換。

羽が浮いてるのは、さっそく水浴びに来たのじゃなくて、外にゃんが散らかしたものを拾っていれた「やらせ」です。(笑)








[PR]
by vinge | 2017-03-20 20:57 | おしごと | Comments(2)

そしてだれもいなくなった

a0158478_11420762.jpg
氷も半分融けて春の気配

明日は雨予報



ざわざわと春の気配ですね。

同じ職場のMさんが、今日で定年退職された。

ここに働くことになって早6年。 きっかけはPへのアルバイトの誘いで、それを週に1日だけ補うはずだったのにね。
いつの間にかどっぷりはまってしまったわ。

あんなことやこんなことがあって、ほんとにもう辞めようと100回くらい思って← 
怒涛の2年間で、あの人が辞め、この人も去り~~・・・・・

そしてだれもいなくなった・・・・のですよ。(爆)

これから、職場の建物自体が新しくなる予定もあり(来年あたりに) さらに変化していくんだろうなあ。
なんだか、本当にここにいること自体が不思議な感じ。
わたし、なにやってるんだろう? って、たまに思うし。(笑)

でも、これからはどんどん自分の意見が言えるので、ちょっとだけわくわくしている。
仕事を面白くするかしないかは自分次第。
たかがパート。その「たかが」だって楽しまないと。



Pはここで貯めたアルバイト代を弓道につぎ込んで、今頃は春合宿中。 もうじき2段の審査もあるそうで。
連絡がないのは今まで通り・・汗
だけど、来月には引っ越さなければならないし・・とりあえず自宅に帰るけど、大学付近にアパートを借りる予定。
というわけで、また私があちこちネットで物件探し。(暇人)
一年なんてほんとにあっという間だ。

a0158478_14155152.jpg
Pが帰ってくるのをいまかいまか?と待ち構える漢

春が近くてバイオレンス。
7キロの体当たりで家も破壊されそう。爆










[PR]
by vinge | 2016-02-12 12:12 | おしごと | Comments(4)

冬の行事

a0158478_17095349.jpg
今日は「道祖神」


冬で一番 寒の強いこの時期、道祖神の前に小屋を建てて、小屋の中には炬燵をつくって、お参りに来てくれた人にお札と甘茶を配る。
同じ名前の「野沢の道祖神祭り」のような大規模なものではなくて、村の道祖神さんを祭る、子どもたちのお祭り。

これが、いつから始まったものなのかわからないけれど、伝承ってすごいなと思う。
この10年で子どもの数が激減して途絶えそうです。 たいへんだー。


職場の今月の特別メニューの日も、行事食です。

消えていく伝統もあれば、爆発的に広がるものもあるね。  
はろうぃん とか ばれんたいん とか 恵方巻とか 

まったく、元のものは無視されてるけどね。 世の中は商売おんりー。
とか、毒吐きつつ  乗っかるのよね。

というわけで「恵方巻」

今月はbが担当。 bはもともと洋食のシェフなので、彼が考えた「恵方巻」はこうなりました。

a0158478_18073244.jpg
え?って思うでしょ?
(受け取った人がみんなそういう顔した。笑)

太巻きを、裏巻きしてサーモンと海老、エディブルフラワーでかざったもの。

bと私でひたすら巻いて、仕上げのお花類を相方さんにやってもらった。
最初は、ラップで押し花のように巻いてね・・

a0158478_18114291.jpg

お花畑~
a0158478_18130630.jpg

本日のメニュウ
恵方巻、海藻と大根のサラダ、茶わん蒸し、お吸い物


裏巻きは初めてやってみたけど、普通の海苔巻きより簡単でしたよ。 
(でも、この1本を無言で全部食べるのは無理だった)←(これは、商売人の策略なのでほんとはどうでもいいのだ)

ちなみに今年の恵方は南南東でーす。 






   

     











[PR]
by vinge | 2016-01-30 17:37 | おしごと | Comments(8)

そこはちゃんとしとかないと

a0158478_09452505.jpg
いよいよ霧の季節

これから11月に向かってより深く、より長く霧の中へ~



3連休なんてほんとにあっという間だね。

柵を造ったらもうおしまい。

a0158478_09425596.jpg
矢印部分だけの増設
所要時間1時間


これをやる気になったのは、お休み最後の日の夕方4時から・・・・ほほほ。


夕べ、新人さん(以後Sさん)に「くまたろうさん、出身はどちらですか?」と聞かれたので「〇〇町です」とこたえたら
「さっき、まえでの・・って言ったから北信の人かな?って思って」と。

「前での家」 とか 「あんたの前でにある」 というふうに使う。

えー。これって方言ですか~? と思ってたんだけど、ガッツリ方言だってね。
以前にも都会から来た地元在50年にもなる奥方からも「やだわ~。わからないわよ~」とか言われたしね。
で、「そのうちの前でを~」といったら、その家の玄関が向いてる方向のことを指すので、他所から来た人に道を説明するとき「一体どっちの方角だよ!!!」ってことになるので注意。

こういう微妙な方言って抜けないもんだね~。

それはさておき。
Sさんとはたいへんうまくやってる。(いきなりの自己申告)

いやいや、これから長いからさ~。しかも3人しかいない職場で毎日一緒なんだもの(今まで相方はローテーションだった)
ちょっとその辺は緊張している。

ここ数年の職場の観察からわかったこと。人間の集団て、新しい人が入ると「抗体反応」みたいなもんがおこるんだなあ~ってこと。
とりあえず新人は攻撃する。ぶふふ。

いや笑い事じゃなくて。ほかの集団でもこういうことってあるでしょ?
ちょこっと異質なものが入ると、「や!敵が来た!」ってかんじでやっつけちゃう。

人間も付き合いが古くなるほどに、この抗体反応が大きくなるみたいね。受け入れ難くなる。
お前は村のよそもんじゃ~~~!みたいに。
そうそう。村って何十年住んでても「よそもん」っていわれるのよ。
しかも、在50年の都会人の奥方には「あんたの言葉変」っていわれてるのよ? もうわけわからんわ。苦笑

まあ、とにかく職場なのでね。いちいち抗体反応起こすのはおかしいわけで、つまり今までがそれほどに「仲良し集団」だったということでもあるんです。(良くも悪くも)
この「仲良しグループ」ってのも難しいね。
仕事だけって割り切るのもなにやかや言われるしねえ~~~~~~。 (´-ω-`)

で、割り切りすぎて「あんなやつとは関わらなきゃいい」ってホントに切り捨てちゃう人がいるんですけど。
それで仕事の連絡も切っちゃうひとがいて。
代わりにあなたがその人の分の責任までもつんですか?って言いたい出来事があって。
(いやいや、責任というより問題がこちらにのしかかってきちゃうんですけど)
そういうのも困ったことよ。

a0158478_10551666.jpg
この前、むかいくんのどらまで
「素晴らしい料理だけ作れればいいって考えの人は自分の店でやってください。
人を動かして調理できてこそ調理人・・・」
みたいなこと言ってたのを聞いて、ぶんぶん首縦に振ったわ。












[PR]
by vinge | 2015-10-14 10:10 | おしごと | Comments(6)

お疲れ木曜日

a0158478_11040603.jpg
刻々と色変わり中


めざめて起き上がった時の体の重心がずれたような感覚。 

レム睡眠だか、ノンレムかどちらかわからないけど、起きるタイミングが合わないとたまにこんな感じ。
今朝はそれがいっそう強くてふわふわ~~~っとしながら階段降りた。

パート仕事始めてから、木曜日は疲れのピークなのだ。

今週は新人さんと一緒なのでなおさら。
初日の月曜日はほんとにへとへとだった。教えながら動くって大変。
翌日からは段取りを少し変えて、終わり際が追われないようにしてみたので昨日も一昨日もさほどではなかったんだけどなー・・・
やっぱり、いつもよりは動きが多いってことなのかな。

それでも、今度の新人さんはなかなか覚えが早くて、何よりもちゃんと人の仕事を見ている人なの。
こういう事は、年齢とか関係ないね。
若い人でも全然人の仕事見てない人は、何度言っても、そのとき言われたことやる以外はぼーっとつったってるだけだったりする。



あずさんのとこのブログのコメントにも書いたんだけど、
求人欄は年齢制限がなくなって、身近でも60代で応募したいって話はよく聞く。
実際、今の職場の最年長は62歳だし、正社員の定年はもうじき65に引き上げられる。
飲食店では、「あれ?この人いくつ?」って感じの方を見ることも多くなった。

で、それが変って話じゃなくて、
働く姿をみると、自分がその年にどうありたいかって考えるようになった。

まー。見た目はどうもならんわな。劣っていく一方だし。爆

体力もどうしたって若いころのようにはいかないけれど、質に関しては努力してなんとかならんこともないのかな?とか。
でもなー。記憶力というのもだいぶ・・・・・以下略

と。もうあらゆることに引き算引き算というかんじだな。金爆

でも一つだけ思うんだ。
年老いていくと誰にも見られていないのではなく。 大いに見られているってこと。
実際に、今自分より年上の人をガン見してる自分がいるように。
自分もおそらく若い人たちから見られているんだと思う。

そこを意識するかしないかで、仕事の姿勢って、違ってくるかもしれないな。 


まあ、そうはいっても、ここの仕事を60歳まで続ける気もないんだけど。←
(でた!やめるやめる詐欺!)

という、なんだかわけわかんないこと書いた、お疲れ木曜日。
これからちょこっと一休みして、今日も行ってまいります。 はふ~。


a0158478_13433948.jpg
先日の「羽が上がってるほうがいい」という状態の「こうのとり」。

どう?景気いい感じ?


[PR]
by vinge | 2015-10-08 11:45 | おしごと | Comments(4)

10月になりましたよ

a0158478_10001927.jpg
国の特別天然記念物

こうのとり



職場のカウンターにもこの写真を張り出しておいたところ。
見に来たおぢさんが「へー。Pちゃんか~」というので
「違います。私が撮りました」というと

「え?Pちゃんじゃないの?」と怪訝な顔する。
「Pは鳥のことだけで、写真撮るのはこの わ・た・し===!」と、むきになって言い返すと

「だけど有名なのはPちゃん~~!」にやにや。
「写真は わ・た・しーーーーーー!」 きーー!
「だけどPちゃん~~~~♡」 けらけらけら~。

っち。 なんでもいいや。もう。 
このあと「この羽の向きは上むきのほうがいい」とか厳しい突込みが・・・
おばさんにはほんと厳しいんだ。 っち。

というわけで、舌打ちしつつ10月になりました。
もう晴れてても寒いです。明日こたつ出します。(亥の日)

やり直しの「椅子カバー」もようやく納品。
a0158478_10180190.jpg
切り取った部分もなんとなくもったいなくて捨てられず(びんぼーしょう)
おまけの小物入れを作ってお届けした。
依頼主の奥様。めちゃくちゃ喜んでいて「モダンですごくすてきなの~」というので、そりゃあこの柄を選んだあなたでしょう~。
と内心思いつつ「きれいな柄ですもんね~」とにこやかに返し速やかに帰ろうとしたら
「ね?やっぱり洗い替えも欲しいから。また買ってくるから作ってね!」ときた。

えー。(´-ω-`) 


いや。そんな顔はしませんとも。

えー? (´-ω-`)


会社のほうも、ようやく新しいひとが決まったらしい。
来週からくる新人さん。

私より6こも年上だって。

ええええええええええええええーーーーーーーー!???

ちょっとー。
昼部門の平均年齢が30代に引き下がって、いよいよ私も居づらくなるなーなんて思っていたけど。
まさかの年上。
まあ、時間帯が小さいお子様のいる人たちには無理があるので仕方がないが。
今まで、10個年上の人たちに「私はどこが痛くてそういう仕事はできない」とかいうのをフォローしてきたのに。
まさか。またか? 

ってか。

私も労わってほしい年頃なのに。

50代。働き盛り。ただし爆弾低気圧で頭痛がするという敏感なお年頃。

がんばれ えぶりばでぃ










[PR]
by vinge | 2015-10-01 11:02 | おしごと | Comments(4)

その態度を改めよ

a0158478_10042164.jpg
お盆からずっと曇りの日が続いて日照不足が心配された

つかの間の晴れ

今日はまた雨予報



昨日は恒例の会社の地域公開のお祭り。
今週はこのために各地域からの来客や出張が多くて忙しかったー。
もう金曜日でヘロヘロなのに、ダメ押しのお祭り参加。 
売り子やったり、片付けしたり自分の部署はなんとか終えた。

「5時から自分たちダンスするから見てくださいね」といわれてた時間に間に合って、ステージ上の寮のお子達を探す。
ははは。お母さんみたいだ。
ま、実際、この人たちはうちの子と同年代だものお母さんだよな。

今年の新人君たちは今までにないキャラが多くて、めちゃくちゃ元気。そして人懐こい。
街の花火大会にわざわざ浴衣着て出かけるとか。そして出かける前にちゃんと見せに来る。
180cm越えの体格で、私を見下ろしながら「どうですか?」と聞くので
「男の人は、帯はもう少し下げて、腰骨の位置で結んでね・・」とちょっと手直ししてあげたら
「ああ~よかった~くまたろうさんに見てもらって~。 どうしてそんなこと知ってるんですか?」と聞くので
え?と言葉に詰まった。

着付けって習ったことないしな。どうして?と聞かれるとどうして知ってるんだ?自分? 
まあ「このくらいの年になると、いつの間にか知ってることがあるんだよ」ってことだよ。


先日の「褒めカード」が返却されて落ち込んだ。爆
ほとんどが「くまたろうさんはいろんなこと知ってる人」みたいな書き方で。
なんかそういうのってすごく嫌な人だよね。 もしかして嫌われてるか自分?って思うよ。(え?はよ気が付け?)
まあ、その書いてくれた6人の内4人は他部署で直接一緒に仕事してないし、仕事上のことではないよね?って
ちょっと自分でなぐさめたりもするんだけど。涙
たぶん、この前「変な虫いるー!」って呼ばれて「それはナナフシ」って言ったせいかも。

だって、みんな「ナナフシ」知らないっていうんだもの。
でも、それもたまたま知ってただけだって。
緑色で跳ねる虫なんか、どれみても「ばった」っていうよ。コオロギ以外。(緑色じゃなかった)←

つまり、それほど物知りなんかじゃない。普通にこのくらいの年を重ねれば自然に耳に入ったことがあるって程度だ。
先週の献立に「真砂炒め」というのがあって、若い調理師君が「読み方もわからない・・」というので
それも「まさごいため」と教えてあげた。
わたしもそんなの作ったことない。でもどこかで食べた記憶はある。意味も分かる。読み方も・・・なぜか知ってた。
(ちなみに夫は読めなかった。ますな?っていった)

先週、海外のお客さんで宗教上豚肉がNGの方が数人来られて、その人たちにはちゃんと英語のできる担当者が付いてくれるんだけど
やっぱり直接食事を渡すと(牛の時雨煮)彼らは確認をわたしにするのね。
「ビーフ?」「ポーク?」って。
それくらいの英語なら私もわかるから「イエス。ビーフ」「ノー。ポーク」っていう。笑顔で。
で、なぜかビーフもダメよ~って女の人がいて
一緒に付き添ってた担当さんも急に彼女がそんなこと言いだしたから、慌てちゃって。
でもたまたまその日は賄いにとっておいた海鮮炒めがあったので「こちらにしましょうか?」と対応できた。

実は、昨年もこのお客さんたちがいらしたとき、事前連絡したのに昼部門で忘れたらしくて、担当さんにめちゃくちゃ怒られたらしい。
今回は担当さんも「急でごめんなさいね~ありがとうございました。」と丁寧に頭を下げられた。

で、一部始終をみていたbに
「くまたろうさんて、落ち着いてはっきり説明するからいいんですよね」と褒められた。
bってほんといいやつだ。 で、そういわれてわかったよ。
私はそんなにいろいろ知ってるわけじゃないんだけど、知ってそうに話すのが巧いんだ。
あ、それって最低か?金爆

bも調子にのって何でもかんでも聞いてくる。
「そんなの知らんがな」といっても「えー何でも知ってるのにー」とかいう。
「くまたろうさんに聞けって、〇〇さんにも言われましたー」とかいうから ふざけんなとか思う。

人事のことなんかなんで私が知ってるん?

知らないっていえば、私、つい最近知って、ほんとびっくりしたんだけど。

ふるーつの「千〇屋」さんてあるでしょ?
あれ、ずーっと、○部分を「ぞく」って読んでて。
夫が「びき」って言うから「え???」って聞きなおしちゃったんだけど。
よく見りゃ、あの字は「足」じゃない。(いまさら)

それでも「ぞく」で検索したら、なんだあるじゃんー!
でも「靴屋」だったわ。|д゚)
足だもの。

あー。人前で自信たっぷりに「せんぞくやのぱふぇたべたいねー」なんて、言わなくてよかったって。
心底ほっとしたんでした。



















[PR]
by vinge | 2015-09-06 12:03 | おしごと | Comments(6)

ほほえんで・・・・・ほめあって・・・・・

a0158478_10222528.jpg
7月の始まりは雨



昨今、いろいろ状況が変化しつつある職場。

状況が好転しているか?といえば・・・う~ん。どうなんだろう。
まだ過渡期というべきか?
なんか根本的な問題があるというべきか?

というわけで、変なものを渡されました。

「褒めカード」

自分の職場のすべての人に当てて、その人をほめるメッセージを送る。

話を聞いてまず思ったのが


「小学生か!」(;´・ω・)


でも調べたら違うんですね。最近あらゆる企業でやってるらしいです。→ 

「流行か!」(^_^メ)



素晴らしく職場のコミュニケーションがよくなるらしいですよ。





ほんとうだろうな!?



どうも私こういうものに懐疑的です。(褒められると木に登るタイプのくせに)

偏屈王だからな。


ま。とにかく書かなきゃならん。











(ねえ。 一言も口をきいてくれない人のことどうやって褒めればいいの?)






頭痛いですね。 雨のせいですかね?




a0158478_10351900.jpg
雨の日の猫は眠い


a0158478_10354871.jpg
「ん?なんですかこれは?」




a0158478_10361858.jpg
「おかあしゃん!ぼかぁ物干しざおですか?」




ふう~。
洗濯物も乾かないわねえ~。






[PR]
by vinge | 2015-07-01 10:39 | おしごと | Comments(14)

なるほど

a0158478_09374537.jpg
4匹の注目しているものはまだ孵りたての「しまへび」
本気で狩りしたものではなく、いたぶって遊んでるだけなので
かわいそうになって「くまで」の先で救い上げた

裏の土手に投げるつもりで放り投げたところ
勢い余ってその先のフェンス越え 池ポチャ

ありゃりゃ~(;゚Д゚)

ど、どうしよう~
池の底の竜宮城からお迎えが来たら!?


|д゚)




そんなのどかな日から一変  雪の朝でございます。 さぶい。 

S大の学長のあいさつがいまだに話題になっていて驚く。(今朝の朝刊)
スマホの問題はともかく、天声人語では学長のほかの言葉も取り上げられてたので、そちらのほうが気になった。

「脳科学者の言葉を引きいた。『周りの世界が見慣れたものになってくると時間が早く過ぎ去っていくように感じられる』なるほど見るものすべてが新鮮な子どもと、大人との違いは明らかだ。だから山沢さんは学生に『自力で時の流れを遅くする』ことを勧める。
新しいことを学び続ける。新しい場所を訪れる。新しい人に会う。すると脳に取り込む情報量が多くなり、時間はゆったりしてくる。」

なるほどなるほど。
年を経るにつれ、時間が過ぎるのが早く感じるのは慣れのせいか。
つい先日、お正月だったと思ったのにな。
今日は・・・・もう4月か・・・・・・・にしては寒いな。 え?2月の気温?  え?? 昨日は3月? ええええ?

(;´・ω・) 

新しい情報といえば、お仕事中に仕入れることも多い。
昨日納品に間に合わせた 「祭りの幟」

a0158478_10012110.jpg
サイズ  270×50(cm) で、一対
こういうものって、大体はわかっていても、いざ作り始めるとなると、なにか「決まり」みたいなものってあるのかな?と気になる。
ほら~。神社や寺のものって、数字とか気にしてそうじゃない?
棒を通すぴらぴらした物の数とか、奇数がいいのかなあ・・とか。(七五三)
一対だと、向きは?とか 布の種類は?とか 長さは?とか

で、調べた。 

横のぴらぴらは
a0158478_10185233.jpg
「ちち」っていうんだって。

これだけで「へ~~~」って思ったよ。
で、数は特にこれでなくちゃダメってことはなさそうで、偶数もありだった。(ってか、依頼主が決めるらしい)
でも270cm(9尺)ってのは幟の中でも大物らしくて
専門店では補強したり、錘をつけたりするそうで、その「錘」のことを『猿田彦』と呼ぶんだそうだ。

うちの依頼主は、すべてこちらに投げたんで、「ちち」はトータルで10本つけた。

長物を縫うのはたいしたことではないが、このちまちましたものを(ちち)作るのがね。
長さ46センチ、出来上がりの幅が7cm これをきちっと揃えないとね。


a0158478_10264687.jpg
これは、以前料理のほうで仕入れたネタなんだけど、
人の体って、うまい具合になっていて、たいていの人の指2本(人差し指と中指)の幅が3センチ
薬指を加えて5cm、小指を入れて7cm になっている。
(ここでも七五三 )
「ほうれんそう、3センチで切って~」って言われたら、ばっちり3センチで切れるんですぜ。(指切注意)

というわけで、お裁縫でも活用。
さくさく揃えられたわ。

まあ、これらのネタはすべて≪ネット≫で検索したんですけどね。
便利だよね~。ネット。
ただね、これがもしも直接人から聞けた話だとしたら、これ以上のもっと何か新しいことを知ることができたのじゃないかって思うのね。
それはたぶん、自分が調べようとは思わなかった以上のことだったり。
読んで理解したと思ったことが、実は違っているということを指摘されるかもしれない。

そういう事は、きっとあると思うので。
山沢学長が「スマホの電源を切れ」といったことはそういう事なのだと思う。


そんなこんなで、間に合ってよかった。アイロンがけで1時間以上かかったけど。(´-ω-`)

縫い賃は「ご寄付でいいよ」といったら
「それは、祭りの前日の仕込みで働いてもらう」と言い付かった。 うげ=

完全に実行委員メンバー(夫が飲み会の席で勝手に承諾した模様)

まあ、さっそくいただいた縫い賃で、かねて熱望していたこれを購入。
a0158478_10573982.jpg
電池式のが壊れてて、充電式が欲しかったんだよ~。
ありがたや~ありがたや~~。
































[PR]
by vinge | 2015-04-08 10:59 | おしごと | Comments(2)