やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

とりあえず。。

a0158478_20502914.jpg


先週土曜日に、ぽーこと二人で散策に出かけた場所。

遠くに見えるのが「浅間山」の裾野。



ここのところ、少しばかり考えることがあって、頭の中がグルグルです。

義母のことでもやらなくてはならないこともあり、ひとつのことに集中していられません。

楽しいことや、面白かった話なんかもあるんですけど。。

いまひとつ、そういうことを書いている気分ではないので、こちらのぶろぐは更新が少なくなると思います。


言葉にすることができないと、よけいにぐるぐるしてしまいそうなので、

写真ブログのほうだけは、何とか続けたい。

生活の中で、一瞬でも自然に向かい神経を集中させる時間が、今は大事かなと思っています。


自分が、バラバラにならないためにも。。
[PR]
by vinge | 2011-07-27 09:27 | つれづれ | Comments(0)

愛のある写真・・・・・が撮りたい。

a0158478_7232827.jpg


予測どおり、台風が過ぎ去ったら秋が訪れたような一日だった。
早い!早すぎる!!
カムバック夏!!!!  

とは言うものの、ほどほどの気温の夏がいいなあ。。。(わがままさんだこと)


ここのところ、ろくに写真も撮れてないので、昨日は郵便局に行ったついでに、ふらふらと一人ドライブ。

いつもながらのイメージ先行、場所探し。
風が強くて、小田さんの「グッバイ」がなんともぴったり。

「まっすぐな 愛と くじけそうな 夢と
 ちっぽけな 誇り それだけを 抱えて
 僕らが向かうべき その場所を
 目指して いく ほかはない 」


いいね、いいね。

私が目指してるのは、緑の田園風景だい!

しかし田園風景は、減反でだいぶ田んぼが減っている。008.gif

まだ、出穂もしてない一面の緑の草原状態。 そりゃそうだ。まだ7月だもん。

a0158478_1338309.jpg


私は、この一面の田んぼの中で風の流れるさまを見てるのが好きだ。

そして、農道の真ん中で仁王立ちでカメラを構えていると、普段滅多に通ることがないのに、
こんなときこそ車が来て、邪魔だ!と追い払われる。

仕方がないので、そそくさと立ち去る。


新しいカメラは、まだ1/10も使いこなせていない。1/100くらいかもしれない。 
それでも、取説読み込むより、とにかく撮りまくれ!連れ回せ!ときむたくも言ってることですし。。
技術より、感じることを優先で。。

い、いや。。。。。。やっぱり、技術か? 008.gif

最近、そこのとこ悩むわ~。008.gif008.gif



こんな涼しい日なのに、帰りがけに、おいしい和菓子屋さんの「水羊羹あります」の張り紙にふらふらと立ち寄る。

a0158478_14202174.jpg


暖かいお茶で、3時のおやつ。
葉っぱは、本物よ。 ビニールじゃないの。
[PR]
by vinge | 2011-07-22 14:24 | 写真 | Comments(0)

食べ物ネタ

a0158478_1316169.jpg



涼しくなって、久しぶりにちゃんとお料理してみました。
名づけて「ナスとトマトのシチリア風」    何がシチリア風なんだか、そこはつっこみ無しで。。

バジルは「出窓農園産」 ナス・・くまたろう農園  にんにく・・お隣の奥さん たまねぎ・・かねこさん
トマトは缶詰。

写真に撮るなら、盛り付けもどうにかしろってとこですが、「大盛り」だからしかたがないの。ほほほ。

ってか、昼からこんなににんにく使って、バイトに行くのはどうなのさ?マスクする?039.gif



今日は、他に書くことあるんだけど、うまくまとまらないので「食べ物ネタ」だけにしておこう。


そうそう、台所のプチリフォームをして、ようやくレンジを使いこなせるようになってきた。(爆)
いや~~。今のレンジって便利ね~。

どうせ、そんなに機能は使わないから・・と、一番単純なのを選んだつもりだったけど、それでもタイマーとかついていて、グリルも両面焼き。
お手入れも簡単。

てかね、今までがかなりひどい状態で使ってたんで、普通に火がつくだけで喜んでる人なんですが。。037.gif

今日はパスタ作りながら、夕ごはんの「とりハム」も作ったよん。


a0158478_16271582.jpg


これは、以前に作ったもの。
まあ~~。大胆な切り方のキャベツ! とかいわないで!

レシピは「てんきちかあちゃん」

これは、完全にうちの料理になった。 お手軽でおいしいの。 胸肉お安いし。。
残ったら、お弁当やチャーハンにも入れる。


今年は、梅雨入り早いし、明けるのも早いし、土用前の猛暑だし、
短絡思考の私の予想では、この台風が去ったら、秋になるんじゃないかって思うんだけど
(いくらなんでも早すぎだね)

あたらし物好きの私の、暑さ対策用飲料はこれだ!

a0158478_16355514.jpg



ポ〇リとか、〇クエリアスは、甘すぎて苦手なんだけど、これすっきりしてておいしいです。
[PR]
by vinge | 2011-07-19 13:45 | 作る | Comments(2)

記憶の操作

a0158478_10212094.jpg


トマトがようやく色付いてきた。
今年は、大玉はやめて、ミニトマトよりもう少し大き目の中玉トマト。

雨もよく降るので、作物の水やりをしなくても済むのは助かるけれど、草も伸び放題。
庭もジャングル状態。007.gif

久しぶりに、おや?っと思ったこと
[PR]
by vinge | 2011-07-16 10:53 | つれづれ | Comments(10)

名刺

a0158478_9563799.jpg



すだれ越しに眺める入道雲。 遠くに聞く蝉の声。

ああ、夏だ!夏だ!夏だ~~~~~~~!!071.gif

ここ二日ほど、夕方の激しい雷雨。 雨上がりの夕焼け、涼しい風。
日本の夏を堪能♪



いや、しかし昼間は暑い!008.gif
その暑さの中、日曜日に夫の実家で「梅とり」 月曜日に10キロの「梅漬け作業」

今年は3人で梅を取ったのだけど、もう暑くて暑くて、近年でこんなに大量の汗をかいたことはない!というくらいの汗をかいてきました。

ぽーこが半そでTのまま木登りして採ってくれたので、柔らかな腕が傷だらけ虫刺され放題。
「ま、こんなことくらいどってことない」
というところが、さすがの「森ガール」

この日は、ちょうどむーたろうが用事があって長野市に来ていたので、帰りがけに迎えにいき、待ち合わせ場所で待っていると。。
遠くからでもわかる娘のファッション。お出かけ版。


三段フリルのミニスカート(黒)、黒のニーソックス(生足が嫌い) 濃い水色のパフスリーブのブラウス、ポニーテールに赤いシュシュ。

本人のイラストそのもの。(爆)

それにしても、すらりと長い手足、折れそうなほど細い体、抜けるような白い肌、つやつやの黒髪。
一体誰に似たんだ?と思う。
いやいや、ニンゲン進化するもんだ・・・体型はね(笑)

今回の帰省は、まあ、いわゆる営業。 宣伝といいますか。。。
なので、また、少しこちらにいてすぐ戻るんだそうで。。
ぼちぼち、いろいろできること考えてやってるようです。

で、昨日は印刷屋さんから名刺が届き、私とぽーこにも2枚づつもらった。

a0158478_1152732.jpg


今まで自分でプリントアウトしたものだったけど、今回はちゃんと印刷屋さんに頼んで刷ったので、出来上がりが美しい名刺。


すでに200枚以上は配られているらしいけど、どこかで誰かの手に渡っているのを想像すると
なんだか、小さいこの紙が、小さなむーたろうになってあちこちでがんばっているような、
そんな気がしてくる。




そして、当の本人は、今日もしばしの休息。 


この暑さの中で爆睡中。(笑)
[PR]
by vinge | 2011-07-13 10:17 | つれづれ | Comments(2)

すずめの恩返し

a0158478_1041498.jpg


昨夕 7時ごろの空。
家の中より、外のほうが涼しいので、夕べは遅くまで外をうろつく徘徊親子。

カメラを持って近辺をうろついてるのは、あのバイクと数学以外には興味のなさそうな本田君でさえ気が付くくらいなので、時折「その写真みせてよ~」と各所からいわれる。

たとえば、地元老人会の文化祭なるものに出品せよだの・・・・・008.gif
地元秋の祭典のとき、壁面埋めつぶしのために出品せよだの・・・・・・008.gif

ようは、なにか作品でもだしてよ。 出品数が少ないとさみしいからさ=

というわけだ。
だけど、そういわれて出したことはないけどね。

同じ理由なんだろうが、先週、バイト先の会社からも依頼された。
9月に毎年近隣一般人も参加できる、会社のお祭りがある。
社内公開もあるのでその中の展示コーナーに写真を出せ!と、命令。

さすがに、バイト先は断るわけにもいかんて・・
もともと、ここと縁ができたのも、「鳥の観察」が最初だからね。 〇〇(会社名)さまさまなのだ。008.gif

で、昨日はPC内の大量の写真整理をしていた。
大量のわりに

ろくなもんがない。q( ̄3 ̄)p

鳥の写真に限定すると、ほんとにわずかなのね。 しかもピンボケ多いし・・
そして、周りが期待するような、珍しいものってのが、ほんと少ない。(いや、だから珍しいんだけどさ)

大体、すずめ。 せきれい。 つばめ。 誰でも知ってるようなものばっか。

デモね、その誰でも知ってるようなものって、ほんとはよく知らないんだよね。
その生態とかね。

今、うちの玄関先はひどいことになってる。
掃除しても掃除しても、開けるたびに大量のわらくずやら、枯れ草やら、羽やらがちらばされている。

a0158478_1134349.jpg
a0158478_1154386.jpg


犯人がこいつ。
玄関の軒先真ん中にかけられたツバメの巣に、自分たちの巣を作ろうとしているからだ。

a0158478_1165754.jpg


通常は、日本家屋の軒先の、瓦と雨どいの隙間なんかに作るのに、ここ数年このつばめの巣をのっとる「すずめ」

しかし、すずめはわらくずを詰め込んで巣を作る。
古いおうちの解体をしたら、屋根裏から大量のわらくずが出てきたり、雨どいが枯れ草でつまってしまう原因は、みんなすずめのせいである。

「しじゅうから」や「えなが」は、とても緻密で身の丈にあったきちんとした巣を作る。
ところがすずめはたいそう大雑把。

だいたい、こんな狭いツバメの巣の中に、そんな大量のわらくずが詰められるかどうか、少しは頭を使え!といいたい。
詰めてもつめても、バラバラこぼれ落ちるばかりなのに、
飽きもせず、毎日毎日巣材を運び込んでいる。

で、玄関先が草だらけになる。

a0158478_11143622.jpg


もう「象」に食わせるほど集めたんじゃないかと思う。

いっそ、このツバメの巣を撤去したほうが、すずめのためにもいいのじゃないかと思うほどなのだが
先日、この「落し物」の中に、素晴らしいものが入っていた。

a0158478_1117135.jpg


「はいたか」という「鷹」の種類の尾羽。 

ぽーこが喜ぶ喜ぶ! どこで拾ってきたんだろう?でもうちの近所だよね?近所に「はいたか」が来るってことね?
ほくほく、わくわく、うきうき♪

「ほらね、ぽーこちゃんこういうの好きでしょ?ぷれぜんとふぉーゆーだわよ!」
と、すずめが言ったに違いない。

日頃のえさ台の「恩返し」・・・・・・・・・というと、聞こえがいいが

それにしても、その大きさが巣に入るかどうかくらい気が付け!!
といいたい。

「すずめ」はおもしろいのである。
[PR]
by vinge | 2011-07-09 11:04 | とりのはなし | Comments(2)

妄想

a0158478_8195651.jpg


「ホオジロ」の巣立ち雛。

雛は姿でも「それ」だとわかるけど、鳴きかたでもわかる。
茂みの中で、親を探す声は、どんな鳥でも・・「子どもの声」だとわかる。
子どもの声は、猫でも人でもみんなおなじだと思う。
たぶん、どんな動物でも、「親を呼ぶ声」は特別なんだ。

「親」の保護本能を呼び覚ます声。





先日の数学の彼。 (厨房関係者の仲間内で彼を本田君と呼ぶことにした。「こち亀」由来で。)

なんと、レポート用紙数枚に渡って説明を書いてくださった。

「あの。。。彼女がどこまで理解してるのかわからなくて、どこまで書けばいいのか・・・書いているうちに自分でもどんどん細かくなっていっちゃって・・・・・」
といいながら、差し出してくれた。

「ほんとだよねえ~~。ごめんねえ、本人に聞かないで説明なんてできないよねえ。。」と
受け取るのは私。

ぽーこには、週3日はちゃんと会っているのに、まだ一度もぽーこと話したことがない。
ぽーこは、いつでも目さえ会えば、お礼を言うつもりでいるのに、
朝は忙しいのか、ささっと食器を返して、すすすっといなくなっちゃうのだそうだ。

こちらもまだ17歳の乙女なので、さすがにおばちゃんのように
「ちょっと~~!本田君! ありがとねええ~~!」と叫ぶずうずうしさはない。

寮の若者の中には、ぽーこが私の娘で、まだ17歳だとわかったとたんに
「ぽーこちゃん!!」て、朝から元気よく話しかける人もいるくらいなんだけど、
本田君は、数学聞くのはまったく問題ない、むしろ聞いてくれって感じなのに、ぽーこには全然声掛けない。

いそがしいんだか、シャイなんだか。。。
それとも、人に関心がないんだか。。。

私には「あの。。。名前は?」(もちろん娘の)とか聞いてきたし、レポート返してくれたときは
「彼女、いつもカメラでなにとっているんですか?」とか聞くので

あら==! 夕方ぽーこが外で歩いてるの見てたんだ~~~!って驚いた。
彼が仕事の帰り際にすれ違うことはあったけど、いつも「気が付いてないと思う」といっていたぽーこ。

「あれはね、カメラじゃなくて双眼鏡下げてるの。 彼女鳥みてるのよ。 鳥大好きで、すっごく詳しいよ」
というと

「じゃ、今度、質問してみます。」とはにかんだ顔でいう。



おもわず


(ふ・・・・かわいい) とおばさん、心の声。

レポートに話を戻すと、
とにかく、やっぱ直接本人に聞かなきゃね。と、家にいたぽーこを呼び出した。

1分で到着。

2分で話し終了。

「ありがとうございます。では読み込んでみます」といって受け取っただけだそうだ。


私が家に帰って、ぽーこにレポートはどうだったか聞くと

「ものすごく丁寧だね。 わかりやすいよ。」と。。。

私が見ても、ちんぷんかんぷん。 暗号にしか見えない。これが「わかりやすい」っていえるぽーこもたいしたもんだ。
じゃなくって、それっていやに上から目線なんじゃないか?013.gif

彼は「わからないところは赤線引いてまた聞いてきてください」っていってたのに。。

「うん。わかった」 おしまい。


翌朝、きっとスルーされることを見越して、お礼の言葉をちいさいメモ用紙に書いて、朝ごはんを受け取るネームプレートに張って渡すことにした。

淡々としたお礼文を書いてるぽーこの横で、なんかそういうのちょっとどきどきする~
と声に出していわないが、妙な甘い気分になる母。

ほらほら、下駄箱に手紙入れるみたいなさあ~~

しかし、書いてる内容はいたって冷静。いたって事務的。いたって「あっさり!」

そして案の定、「ネームプレートから紙がなくなってたから、気が付いたんだろうけど、いつもどおりあいさつさえしなかった」とのこと。


背の高い彼と、ちびのぽーこが、カウンター脇でこそっと話している姿に
「ちっちとサリー」を思い出した母。

どんだけ女子高生。
どんだけ妄想。



いいじゃん。いいじゃん。 思うだけならタダだから。 
更年期には必要なアドレナリンだわよ。
[PR]
by vinge | 2011-07-07 09:25 | つれづれ | Comments(4)

愛しの〇〇

a0158478_21221937.jpg



出窓農園の種のうち、出芽したものから順次プランターに植え替えている。
写真は、バジルとサラダ菜。
おまけの種だって、ちゃんと芽がでるし、成長もする。 
これも、プランターからさらに広いところに定植しないと。。バジルは大きくなるからね。

サボテンは、頭のてっぺんに3本ばかり棘らしきものが生えてきて、「ととろ」から「おばQ」みたくなってきた。



ところで今ね、私とっても楽しいことしてるの♪

a0158478_7402381.jpg


これね、発酵二日めの「納豆ぼかし」012.gif
米ぬかに納豆菌を混ぜて発酵させたもの。    

「現代農業」という、コアな雑誌の中に紹介されていて、どうしても作りたくなった次第。

ぬかに、水と納豆をいれてかきまぜるんだけど、最初は「こんなんで本当に発酵するかなあ~」と
ちょっと心配になる。
でも数時間で人肌ほどになって安心する。

さらに発酵してくると、どんどん熱が上がってくるので
朝夕2回の切り返しをするときに、そっと手を入れると、ぽかぽかして気持ちいい。
ああこの中で、納豆菌が繁殖して働いているんだなあ~と思う。
こんな目にも見えないものが、こんなに温かくなるんだよ。生きてるってすごいよね。
そう思うと、なんとも愛おしい気持ちになって、おもわずにやついちゃう。

「ああ、私の愛しい納豆菌ちゃん~♪」 とかいって、手を洗っていたら、

「で、それをどうやって使うんだって?」とぽーこに聞かれて

はて?? このあとどうするんだっけ?と雑誌のページをめくったんだけど、どうもその使い道が載ってない・・・008.gif

「な~~~ん!やってみたかっただけなん??」 013.gifと、さらなるつっこみ。



さて、愛しの納豆菌の働き口を探さないと。。。。008.gif
[PR]
by vinge | 2011-07-06 07:43 | つれづれ | Comments(2)

割合

a0158478_1542172.jpg


ここ数日、ご近所のいろいろで忙しい。
昨年で終わったはずの隣組長を代理で再びやることになって(緊急での代理なら、次の当番の人がやるべきなのに、なぜか前年度に戻ってくるあたり・・・いつまでたっても一番年下ってのは、むむむむ)
とにかくばたばたとすごしている。


そのばたばたのなかで、「そういえば6月になったらやることあったよね?」と思い出したのが

「子宮頸がんの予防接種のおしらせ」

昨年から、高1の女子には、無料で市で受けられることになっていた。
それが、昨年はワクチンが足りなくなったとかで延期になり、今年の高2女子から優先で6月から受けられることになっていた。


さて。


予防接種といえば、むーの頃、MMRだっけ?なにか副作用で中止になったことがあり、その頃読んでいた「お・は」ではよく特集が組まれていた。
保育園のお母さん同士でも話題になったけど、絶対受けるっていう人と、受けさせないって人と・・
いろいろだったな。
専門家の話だって、真っ二つに分かれるんだもの、一体どうやって決めればいいのか、ほんとに迷った。

結果からいえば、うちは、まあまあ受けたほうで、インフルエンザもむーの受験が始まる頃から受けてきた。

それを受けても「絶対」ではないことは経験上でも知っている。
水疱瘡はかかってしまったし、「はしか」は、再び受けた。
そして、運よく今まで「副作用」というものにあたったことがない。

では、今回も何の疑問も持たずに受けるかというと・・・・・

最初のお知らせが来た時点では、「あ、それじゃあ。。。」という感じだったんだけど。
延期になって、新聞でも話題になって、初めてその「効果」について読んだところ
たいへん、たいへん、たいへん疑問になってきた。008.gif


「Aになる確立が〇パーセントで、そのうち、〇パーセントがBになる。
Bは、CとDの型が〇%でBになると思われ、△△はそのCとDに有効ではあるが完全ではない」

簡略すぎるけど、こういう感じで私の頭に入ってきたわけで、だからこそ「はてな?」と思った次第。

それから、7月になってしまい、さてさてどうしたものかとやっとこ、ネット検索したら

まああああああ、あるあるあるある。。。。。。。。008.gif

賛否両論。

再び、悩む悩む悩む。

しか~~し。世の中には、こうして「〇パーセント」とか「何割」という形で情報を出されるものって多いね。

別件だけど、先日も「大卒2割進路未定」が、新聞の一面の見出しだった。
こういう書き方ってのもなんだよね。
じゃ、ついでに、就職した8割のうち、その7割が3年以内に転職で、そのうち〇パーセントがフリーターで、〇パーセンが何とかで・・って追跡調査したら、最終的に、働いている人はいるのか?
ってなりそうで怖い。


割合の勉強はちゃんとしといたほうがよさそうだよね。008.gif
[PR]
by vinge | 2011-07-04 15:49 | つれづれ | Comments(0)