やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

季節が変わる

a0158478_15152565.jpg



再び、暑さはもどってきたけれど、風は渇いて涼しい。
今朝は、きちんと重装備をして草取りにせいをだした。

裏の土手の草が伸び放題で、今週末には農家の水利組合で刈ってもらうことになっている。
その前に、うちの裏側も刈っておかないと・・・・というわけだ。

土手には、ききょうや、われもこうが咲いていて、引っ越してきた頃は、おみなえしや萩もあったし、秋の七草は、ほぼ揃っていたのに、年々外来種に押されて、いまやききょうもほとんど見当たらない。

「われもこう」だけが、あちらこちらで風に吹かれて揺れている。


昨日もバイトだったのだけど、Tさんとパートさんが

「今頃になると、鈴虫鳴いてふぜいがあってよかったのになあ~?」というので、
てっきり、外の話しと思って聞いていたら

なんと、厨房の中で、以前「スズムシ」が住みついていたそうな008.gif

「それが、料理長が『ごきぶり〇いほい』しかけたから、みんないなくなっちゃたんだ。ざんねんだったなあ~」

って、おいおい。 そんな厨房でいいのか?008.gif


そんな、呑気な話を聞きつつ。。

今年の夏も、過ぎていく。



季節の変わり目を、肌で、目で、耳で感じている。 

じっくりと。

しっかりと。

今を感じている。
[PR]
by vinge | 2011-08-30 15:53 | つれづれ | Comments(0)

つぶやいてみる。。

a0158478_14203661.jpg


ヤマボウシの実は、ポップでかわいい。
大正から昭和初期のイラストに出てきそうな・・・古風でおしゃれなデザインを思い出す。




ちょこっと思うことをツイッター風にかいてみる。


a0158478_14254082.jpgこの花の名を調べているのだけど、なかなか見つからない。
なんでもだけど、いろいろ知るということは、その対象物とより仲良くなることだと思うので、まずは名前から。
でも、最近はすぐ忘れちゃう。
もともと「人の名前」と「顔」がなかなか覚えられない人だった。
そういや、お友達も少ない。





a0158478_14305640.jpgゴーヤが完熟して爆発。この色を見ると、「南国の植物」だと思う。







a0158478_14323127.jpg「ぺピーノ」という果物を春に植えた。
メロンと洋ナシをあわせたような味・・・・とかかれていたので、わくわくして待っていた。
いよいよ、収穫時らしいので、見た目は全然おいしそうじゃないけど、夫と二人で食べてみた。


まずい。(泣)
きゅうり・・・・・・・の薄い味のような・・・・・草の味のような。 撃沈。




あしだ〇なちゃんが、黄色いきぐるみきて、へんな歌歌ってる。
彼女の演技がうまいとか、そういうことは別にして、バラエティーやイベントでしゃべってるところを見ると、痛々しくかんじる。
このコマーシャルなんて、「虐待」じゃないかと思ってしまう。。




a0158478_14362599.jpg居間の一角が、雑誌やら漫画やらなんやらで雪崩を起こしていたので、小さい棚を持ってきて、とりあえずつっこんでみた。
漫画家の中村光さんが、産休にはいったそうな。
しばらく「聖おにいさん」がお休みになるそうだ。 「荒川」といい「聖おにいさん」といい、中村ブームの我が家。



a0158478_14485517.jpg「出窓農園」で育てた「くさぎ」の苗を、森の管理人さんに許可を得て、会社の森に植えてきた。
「午後から雨」の天気予報を信じて、炎天下のお昼前に植えたのだけど、まだ雨の気配すらない。
ちょっと早まったかしらん??
大きくなりますように!
管理人さんが「何の木なの?」と聞いたので、「実が染料になるの!きれいな水色に染まるのよ!」といったら
「じゃあ、会社のみんなのおそろいのパンツを染めよう!」とか言う。
パンツか・・・・・・・・・う~ん・・・・・・



山頭火句集 (ちくま文庫)

種田 山頭火 / 筑摩書房



時々、山頭火を読む。
「重荷をおうて めくらである」
この国のことのようだ。
[PR]
by vinge | 2011-08-27 15:01 | つれづれ | Comments(6)

わがままでいい

a0158478_8592421.jpg


気温の上がり下がりが激しくて、猫も夏ばてた日。
手前のが「居候猫一号」 この写真を撮った日が絶不調だったため、恨めしげな目で睨めている。
なにしろご高齢猫なので、ちょっと心配したけど、一日で回復。
さすがの「ねねさま」


奥のは「居候猫2号」 たんに風の通り道に寝たいのだが、1号「ねねさま」が凶暴なので近寄れずにいる。
地域のボス猫も、お局様の前では「下僕」。(爆)

More
[PR]
by vinge | 2011-08-26 11:02 | つれづれ | Comments(0)

くーるでどらい 

a0158478_958868.jpg



『のどもと過ぎれば・・』の言葉通り、先日までの暑さなんて、すっかり忘れてしまったこの2,3日。
夢のように季節が変わる。
「今の季節はなんですか?」と問われれば

「はて?今はどの季節に向かうのかしら?」と混乱しかねない。




夫が、くたくたで帰ってくる。
暑さのせいではなく、義母の介護でくたくたに。。

認知症というのは、けしてきれいごとで介護できることではない。

ただ寄り添い、見守り、必要なことには手出しする。
そこは子育てと変わらないが、一番難儀なことは、子は成長するが、こちらは、衰退する一方。

手出しする部分がどんどん増えるばかりなのに、プライドは消えない。

こちらも、どこかで割り切ることとか考えないと、「孝」ばかりでは共倒れにもなりかねない。

そんな話を、ぽーこに投げかけると

「かあさん。 孔子も孟子も、その時代には 人間がこんなに長生きするとは思っていなかっただろうさ・・」と・・・・


爆笑


だけど、こんなクールな一言が、肩の荷をほっとひとつ降ろさせてくれる。

たまには、クールに。そしてドライに。

心の中でそんな割り切りをつけるのも、ひとつの手ではあるな。

さて、私は鬼嫁に徹して。。(爆)
明日も通院に付き合おう。
[PR]
by vinge | 2011-08-22 09:50 | つれづれ | Comments(0)

満天の星に会いに。。

a0158478_15223810.jpg



「え?もう雪が・・・・・!!??」と思わないでね。この写真は春に撮ったものです。

我が家から、まっすぐ南に見えるのが「美ヶ原高原」 標高1900メートルを越える山です。




高校生のとき、キャンプで出かけた「妙高高原」で見た星空。
「目に入りきらぬほどの星空」 なるほど納得の「ミルキーウェイ」

いつか、自分の子どもらにも、あんな星空を見せてあげたいと思いつつ、一度もそんな場所に連れて行ったこともなく、そこそこ眺められる、自分の家の庭の星空で、子どもはすでに大きくなってしまった。。

そんなことをいつも後悔していたのだけど、前日のオフ会などに参加しながら、
「後悔するくらないら、すぐ出かければいい」
と、強く思ったので、夫に提案。

夕べ、「じゃ、今夜ご飯食べたらすぐに出かけよう!!」と。。。。。

おお!行動早いじゃん!
娘らも、すぐに同意。 (むーは、特に毎回帰省すると夜空の写真を撮っているので大賛成)

行き先は決めない。晴れている方向。。。だけ。008.gif

「山の上がいい」 でもどこのやま?今から登れるところ? 

で、目の前のあの開けた山・・・・・・・が、写真の美ヶ原高原。

真夜中の運転、ところどころ落石注意の看板。 続くヘアピンカーブ。
たとえ夫の運転でも、どきどきだったけど、上に上がるほどに晴れてくる空。

雲間に神々しく光る月。

一時間ほどで、山頂。 

a0158478_15463153.jpg


月の光がまぶしくて「妙高高原」で見たほどの星空ではなかったけれど、満天の星。
月明かりで見える、足元に広がる雲海。  

夢中でシャッターを切っていると、背後でがさごそ音がして

「キュウウ」とも「キュイーン」とも聞こえる声。
鹿の群れ。

思いつきで家をでたので、みんな半そでTシャツのまま。。寒いの何の!
昼間でも、山に行くなら長袖!ということさえ忘れてしまって、なんておばかなの。。008.gif

それでも、毛布を2枚持ってきていたので、それを被りながら、一時間くらいいたのかな。。
「今度は、月の無いときに来よう!」と、夫。

でも月の無い夜、あの山道はもっと怖すぎる!!
目の前に、何回も鹿が飛び出してきて、車のライトでひらりとガードレールを飛び越えて谷に下りていく。

美ヶ原の鹿が増えすぎてしまったという新聞記事を、実感。




夜空といえば、天文に詳しかったウロコ先生。 本人がどこに向けて撮ったかさえわからない写真を見て
「〇〇星座がよく映ってますね」とコメントを下さったっけ。。

その先生も、星になってしまった。

今年、どれだけ多くの方が星になったのだろう。。。


山にいる間、ずっと、そんなことを思っていた。


「星に会いに行こう」 

子どもらに見せたかったというより、自分が会いに行きたかったのかもしれない。
[PR]
by vinge | 2011-08-16 16:10 | つれづれ | Comments(10)

お盆に。。

a0158478_17181019.jpg



あっという間にお盆も最終日を迎えようとしております。

13日は、義母の家に。。

久しぶりに会ったぽーこの手をぎゅっとにぎって

「ね、泊まって行ってね?泊まれるでしょ?」と

何度も何度も言われて、帰るに帰れず・・

私と夫だけで行くと、そうそう引き止めないのに・・

ついには「 じゃ、あなたは帰っていいから!」と

嫁は帰れ!命令が・・・008.gif

たぶん。。わたしたちが帰った2,3時間後には、もう誰が来たのかも覚えてはいないはず。。

誰かが来たという記憶も、楽しかったという記憶も、もう何も残らない。。。

ただ「寂しい」という気持ちだけが、日々流れ続けている。

「こっちにきて暮らそう」

何度も何度も、わたしたちも言う。

だけど、そういうと必ず口を一文字に結んで、首をかしげ、それから首を横に振る。

「わたしは、ここの人間だから、もうよそでは暮らせないの。。」

寂しさに負けないほど、彼女をその地につなぎとめているものは。。

やはり、記憶でしかない。


*******************





14日、おもいもよらず、オフ会にまぜまぜさせていただきました。012.gif

楽しかった♪

みなさんありがとね。

またおいでくださいませ。

新ネタも仕入れておきますから。(どんな?)

私は、おとねさんのサンダルのヒールが、石段でこけないか心配だったけど。。。。(爆)

今度は「まつたけ」食べにくるのはいかが?

「山の上」で・・・・

(ぽーこが、あれも「丘」だよ・・・・・といっておりました)


************

そして15日

なぜこんな時間に更新中かというと。。。。

またまた、思いつきでとんでもないところに出かけておりましたゆえ。。

続きはまた明日!
[PR]
by vinge | 2011-08-16 00:57 | つれづれ | Comments(0)

最近読んだ本から

a0158478_143526100.jpg


ねこは涼しい場所を知っている。

この家は建ててすぐに引越しにならず、夫の勤務先の神奈川から時々帰ってきて住まう、別荘のようにしていた。
初めて過ごした夏、北側の勝手口に、まだ小さかったむーたろうと二人で腰掛けて、風に吹かれながら
「なんて涼しい家」と思った。

北側には小学校の校庭ほどの広さの池があって、そこを渡ってくる風がほどよく冷やされて通り抜ける。

風は年中吹いている。
ここが高台だからではなく。
町そのものが、風の通り抜ける地形のなかにある。

ここは「風の谷」なのだ。




最近読んだ本

困ってるひと

大野 更紗 / ポプラ社




フクロウからのプロポーズ 彼とともに生きた奇跡の19年

ステイシー・オブライエン / 日経ナショナルジオグラフィック社




ひとを“嫌う”ということ (角川文庫)

中島 義道 / 角川書店




荒川アンダー ザ ブリッジ(12) (ヤングガンガンコミックス)

中村 光 / スクウェア・エニックス




「困ってる人」は、最近の話題本。
「ふくろうからのプロポーズ」も一部のマニアックな方たちの中での「話題本」

この2冊に共通するのが「難病」 「壮絶な闘病記」・・・・・・・・なんだけど。。
でも、それが「伝えようとすることではない」。。というところも2冊の共通点。

いやはや、すごいよ。
感想終わり。

「人を嫌うということ」これは再読。
ちょうど、ムスカリさんが「中島義道さん」の本のことを書いておられて、まさに読んでいたところなんで、
「おお!」と思っちゃった!

「荒川」は12巻が出たところなんで、これも即買い。

てんでばらばらのものなんだけどね。 なんだか、不思議と共通することがあるな~と思って・・・

人は、自分を囲っているものがあるんだな。。というか。
「生き辛さ」とか「生きやすい」とかいうけど、そういうものはみんな自ら作り上げた自分の囲いじゃなかろうか。
檻といってもいい。


囲いは、自分を守るものであり、自分を閉じ込めるものでもある。

「生きづらさ」は他人や時代が作るのでなく。
自分がつくっているものなものかもしれない。


そんなことを思いつつ。

次に読む本に手を伸ばす。
[PR]
by vinge | 2011-08-09 15:32 | ほんのはなし | Comments(4)

どっちが年上?

a0158478_1713616.jpg


今年、一本しか植えなかったスイカがおおきな実を3つも実らせた。
昨夕、そのうちの一個を収穫。

切ってみたら、まあまあの出来。

しかし、平日二人しかいない我が家で、大きなスイカ一個はもてあます。
切り分けて冷蔵庫で冷やしたのち、8分の1を、お隣さんへ「味見して~♪」と届けに行った。
(お隣さんは、今一人暮らしなのでちょっとだけにしたの)

そして。。。。




スイカのおすそ分けに行って、まるまるいっこ、スイカ貰ってくるバカは私です。。。008.gif

冷蔵庫、スイカでぎうぎうですわ。

農作物が飛び交う隣近所。

玄関にも、台所の床にも、もらい物のきゅうりやナスやじゃがいもがごろごろ転がって、下手な家庭菜園はもうやめようと思う、毎夏。008.gif

More
[PR]
by vinge | 2011-08-08 16:57 | つれづれ | Comments(4)

あたたかい場所

a0158478_9141220.jpg



やっとこちらのブログを書きはじめたのに、なんと、半分まで書いた記事を消した!!007.gif

気を・・・気を取り直せ・・・・008.gif

というわけで、皆様あいかわらずのくまたろうです。こんにちは。

義母のことで、あちこち電話したり相談したりして、ようやく方向が見えつつあり、でも本格的に動くのはこれからです。

その合間に、ぽーこのことでもいろいろ考えていました。

続く
[PR]
by vinge | 2011-08-05 10:44 | つれづれ | Comments(2)