やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

時間泥棒

a0158478_1037445.jpg



もう6月終わりですってよ~。 ええ~~。


ってことで、千鳥草が満開です。
先日、見慣れないおじいさんがやってきて、庭を眺めて「きれいな花だなあ~」と盛んにほめてくださった。

お名前を尋ねたら、うちから少し坂を下っていった 四辻の角のおうちのおじいさん。

どこの出身で何をしてらして(現役時代のお仕事)、お嫁さんがどこからいらして・・・という話を繰り返し7回くらい聞いたところで、お年を尋ねたら
「そうさな~。 わしも70すぎたところで・・・・」と言うので


それは違いますでしょ=====?!  (´Д`)  とおもった。 

限界集落へまっしぐら。




a0158478_10474735.jpg


オレガノ・ケントビューティー  今年は冬越えに成功!  二鉢に増やすこともできました。 
種じゃなくて、根で増える。

梅雨で、あちこちで大雨情報が出て、こちらも毎日たっぷりと降っているけれど、昼は晴れて、夕方から夜に降る・・・・という、人間の活動時間に好都合なお天気。
しかも「暑すぎない」というすばらしさ。

洗濯物も乾くし、草は伸びるし、作物も伸びるし、掃除もできるし、本も読めるし、 昼寝もできて

すっげーな! やること満載! なんでもできるじゃん!!!!!!

 の ・ はず  ! なんだけど=


思ったように進んでないのは  なぜなんだろうか。 どうしてだろうか。

a0158478_10574938.jpg

                     「そんなことどうだっていいわ ♡  愛さえあれば ♡」

と語らってるのかどうか。  
  


 語らってないわ。 こいつら兄弟だわ。(; ・`д・´)


ってか。  なんで増えてんだ!!!  猫!!!

a0158478_11102843.jpg


                             「なにか もんだいでも?」

a0158478_1111885.jpg


                             「何か  問題でも?」


しかも。


うしこに 「母性」 復活


a0158478_1115896.jpg


                         なんと、自分のお子と勘違い。  おっぱい復活。(名が牛だけに)

a0158478_11172023.jpg


                          前よりも、もっとかいがいしくお世話し始める。 


                          ダブル 母。       もう、何匹でもこいや=








                  いいや! くるな!!!




a0158478_11251525.jpga0158478_11254115.jpg













      「くるな?ってだれのこと?」                                  「しーらない。」



そして、 今朝










a0158478_11272782.jpg


                    「 ママが、やっと『おいで』っていってくれたのよ=! もんくある~?」

a0158478_11282079.jpg


                      「文句なんて無いに決まってるわ。 ほほほ。」



\(゜ロ\)(/ロ゜)/    \(゜ロ\)(/ロ゜)/    \(゜ロ\)(/ロ゜)/     \(゜ロ\)(/ロ゜)/


半分途方に暮れて、半分魂抜かれて 眺める毎日。そして、何も進まず終わる一日。


彼らのことを「時間泥棒」と呼ぶのだよ。 




     
[PR]
by vinge | 2014-06-29 11:01 | ねこ | Comments(4)

そうなのか~

a0158478_12162666.jpg



昨日から降り続く雨の音が、朝方激しくなり、夢うつつにその音を聞き「猫たちはどうしてるかなあ~」なんて思いつつ寝続けて気が付いたら9時過ぎ。

雨の日は眠い。 ネコ科くまたろう。



昨日、Pの同級生のママで、唯一 今でも話をする人と会った。
「会った」と言っても、どこかで約束して・・・とかじゃなくて、いつでもスーパー内でばったり・・というかんじで。

いわゆる「立ち話友達」

個人医院の奥様だけど、気さくないい感じの方で、息子君も跡取りとして医大に進学(Pの低学年の時の同級生) 
そういう事を鼻にかけるでもなし、Pのことを興味本位で聞き出すでもなし。
ごく普通に接してくれるから話しやすい。

「今、予備校でさ~」から始まって、昨今の受験状況というものを教えていただいた。

驚いたね~。 昔と今じゃ様変わりで。

予備校へ申し込みに行った日に、保護者説明会なるものが年に2,3回あると聞いて
「それって、行かなければならないんですか?」と聞いたときに、
「上のクラスに行くほど、出席率が多いです。」というので、それがなぜなんだかわからなかったけど

今回、医大受験経験者の母の話でなるほど~と思った。

で、今ここに書きだそうと思ったんだけど。

ほとんど忘れちゃったぜよ。 爆

だって~。 うち、そんなとこ関係ないじゃん~。 

ただ、予備校に入った時に、なぜか出身校や担任の名を何回か書かねばならない時があって、(入校時や、模試の時とか)
卒業しても、なんでそんなことが必要なの?
と思っていたら、なんと、予備校からでも『推薦制度』があるそうなのだ。
しかも、地元の医学部への推薦枠もあって、そういう時に出身校からの推薦ということになるらしい。(理解が間違ってるかも)

へえ~。↗ (;´・ω・)

ともかく、いろんな制度があって、確かに本人たちの競争ではあるけれど、いろんな情報を親子で共有していることが大事で、子どもが迷ったときに、何も知らないよりも知ってたほうがいいよってことらしい。

へえ~。↘ (;´・ω・)

まあ、なんにせよ。 うちは出身校も担任の名も、書くに書けないからな。 金爆

そうそう、先月の模試の時、アルバイトの大学生が試験監督していて、記名欄に担任名を書き忘れないように!と、再三Pの解答用紙に視線を向けながら言っていたそうで。

回収時に「だから~。 あれほど記入を忘れるなっていっただろ!」と、ついに怒りながら言うので

「ここをみてください。 わたしは高認です。」と、ぴしゃりと言い返したら、しゅ~んってなっちゃったそうだ。

わはは。 よく見なきゃならんのはお前だ! 



自分のころと状況が違うのはよくわかったし、
自分のことを思い出しても、確かに、何も知らないままで、あの時もう少し情報があれば違った道があったか?などと思ったりもする。
(で、思い出したけど、そういや自分の親は、そういう進路関係に一番詳しいプロのはずだった。でも、何のアドバイスもされなかった。というか、彼のアドバイスする範疇にいなかったせいだ)

でもね~

やっぱり、Pは必要なことは自分で聞いてくるだろし、自分で選ぶような気がする。

というか、今までのことを思っても、いまさら親のアドバイスなんか必要あるんだろうか?と思ったりする。

それに、Pがもし迷うとしたら。
それは、一般受験生と違うことで迷うのじゃないかと思う。

Pにも一応、一連の話をしたら、やっぱりPはどっちでもいいそうで。

受験アドバイスをしてくれるよりも、こうやって 今日の新聞のコラムについてどう思ったかを一緒に討論してることの方がよほどいいと

夜中の1時過ぎの討論後の結論だった。
[PR]
by vinge | 2014-06-22 12:48 | | Comments(4)

にゅーふぇーす

a0158478_10354734.jpg


充実した長期休暇の後の1週間はちときついな~。 へとへとの金曜日。

あと一日だ。がんばろー。



さて。 「また仔猫だ・・」 というわけで。  はい。  

これが「ちびにゃん」のお仔。  「うしこ」の「あの子たち」のその後ではありません。

「ちびにゃん」は完全な野良猫。
どこか別の拠点があって、仔猫を産む場所も うちからはかなり離れた場所。

もともと「うしこ」もちびにゃんの仔で、年に一回産んで ある程度の大きさになると うちに連れてきた中の1匹。
おそらく「りく」と同年齢で、ただし「りく」は全く系統の違う よその飼い猫の仔と思われます。

とにかく、毎年一回、産んで離乳期になって連れ歩けるようになるとやってくる・・・というわけ。

今年は昨年より月齢の低い仔だよね。
「うしこ」と同じ頃産んだようなので、ちょうど2か月くらい。

a0158478_10481038.jpg



a0158478_10501919.jpg


ダヤンのような顔だね。 「ダヤン」にしようかな。 いや、名前を付けるとうちの子になっちゃうから「仔にゃん」にしとこう。爆


いつかも書いたけど、「野良猫」が問題になるのは「人間関係」の問題だと思っているし、
猫の生き方が、必ずしも「室内飼い」が幸せだと思っていない。

野良猫の寿命が平均4,5年で、室内飼いが20年近くあるからといって、どちらが「幸せ」であるか・・・
という考え方もしたくはない。

犬も猫も、人とともに暮らしてきたという点では似ているけれど、狩猟の道具や番犬としての役割を持たされた『犬』と、倉庫のネズミ取りという役割を持たされた『猫』。
イヌ科の社会性と、ネコ科の社会性の違いからくる「人との関係性」。

そういう観点で考えても、『猫』を『犬』のように管理することに違和感を持ってしまう。

どうしたらいいのかなあ~・・・・・・・と、ずっと、ずっと悩みながら、この地域の猫たちと付き合ってきた。

そう。 私はここの猫たちと共に生きている。

「うしこ」は、居ついてしまっているので、今回「避妊手術」を選んだ。
それも、こちらの都合である。

あの4匹の仔猫は、親が危険回避で、近くのポンプ小屋(ため池管理)に運んだようだけど、その翌日、滅多に開けられることのない「ポンプ小屋」が、修理のために業者の人たちが来ていた。

その後、あの4匹の行方は知れず。

手術の際「経験上、絶対に妊娠していないと思います」と言いきった動物病院の先生の予想を裏切って、おなかに5匹の仔猫。

それを引き取って、自宅庭に埋葬した。

補助金の出る月だったのに、それを受けても、予想外にかかった費用。泣

「私が働いているお金は、みんな猫のために消えちゃうけど。 いやなことがあって働くことも、うしこの「痛み」の代わりだと思ってがんばるよ。」
というと

「かあさん。 けなげだねえ~」とPが慰めてくれた。

うん。 ちょっとけなげすぎるか。 (笑)


「野良猫」の仔が、「うしこ」のように生き延びる可能性は極めて低い。

昨年の「あの仔」も、あの時きり。 大きくなった姿も見ない。


自然界で生きる動物たちの寿命の長さを決めるものは「睡眠時間」だと、Pが何かの本で読んだそうで。
家で飼う動物が長生きできるのも
どれほど安心して眠れる時間があるか・・・・ということだ。


a0158478_1133944.jpg



せめて、ここで眠る時間が「安心」であるように。
[PR]
by vinge | 2014-06-20 11:42 | ねこ | Comments(4)

晴れ女を発揮する

a0158478_23561537.jpg



休暇7日目くらいになると、もう曜日も仕事も忘れ去り、このままずっと家にいるような気分になる。

というわけで、何もかも忘れて峠を越えて行ってまいりました~~♪

ま・つ・も・と========!!!! 

といえば、「u-たんさん」 と 「 松本城 」

a0158478_03293.jpg

                                どどどどど~~~~~ん。

いや~、いつ来ても思うんですけど、この松本という土地の華やいだ雰囲気はなんでしょうね。
城下町だからでしょうかね。

城下町だとしたら、うちの街も城下町なんですけどね。 この「寂れ感」はどう説明したらいいんでしょうね。
やっぱ、城ですか。

うちのとこ 城跡ですもん。  「ある」と「ない」はやっぱ違いますよ。

で、今回、u-たんさんにおつきあいいただいて、小学校の遠足以来のお城に潜入してまいりました。

もう30年ぶり。 ←


まず園内に入って、立派な武将にナンパされる図

a0158478_01639100.jpg


もちろんナンパされるのが美しいu-たんさんで、くまたろうは切られかかっております。 ひどい。 


さて、逃げきってお城に入ります。

ここのお城が素晴らしいのは、当時のままってことですね。
見た目「お城風ビル」じゃなくて、むかしのまんま。

そのかわり、エスカレーターとか、エレベーターとかもないので、階段上って天守閣。

この階段がけっこうきつい。 急なうえに、狭い、一段が高い。  
まず最初の入り口で「よっこらしょ」と言ってしまう。

a0158478_0382398.jpg

遠足のお子ちゃまたち。


a0158478_0384398.jpg


開智学校→










城内写真撮影禁止ってわけじゃないようなんですけど、ズームレンズつけっぱなしカメラなんで、狭くて中は撮れなかっただけです。
しかも暗い。むかしのまんまだからね。

武将との写真撮ってくれた人も「もっと引けないですか~? お城が入りません=」とぼやいてましたが、無理です。

無理って言えば、この武将こそ背が高すぎて、梁が低いこのお城内じゃ頭ぶつけ通しだろうなあ。

(* ナンパとか失礼なこと書いてますが、もちろんこの方々そんな人たちじゃありません。
   市民の方々による 「お・も・て・な・し」 隊  で 裏もなし)

ぜいぜい息切らせながら天守閣のてっぺんまで登って、無事に転げ落ちることもなくおしゃべりしながら外に出た私たちが次目指したのはお昼ご飯。

u-たんさんおすすめのお蕎麦屋さん。

とてもおいしかったです。あずさん!次回はぜひここでね! (写真はu-たんさんのところで)

a0158478_0591248.jpg←縄手通り


中町通り↓
a0158478_10189.jpg



もうね、素敵なお店がたくさん。 古い昔ながらのお店も、最近の作家さんのお店も。カフェも。
みんないい雰囲気。

「こんにちわ~」 「さようなら~」と 出て入っての繰り返しだったけど。 (笑)
この前のアウトレットのお買い物とは大違い。 買わないとこだけ同じ。 爆

いや~目の保養になりました。
さすが、大きなクラフトフェアがある町は、年中クラフトフェア。いい刺激!

お城に入る前にこういうのがあって・・・・・

a0158478_0512594.jpg


うわ~~。乗ってみたい~って思ったけど、お城見学から出てきたらいらっしゃらなくて。

おかげさまで歩き通しました。 (満腹な50代にはむしろそのほうがよい)

a0158478_1162786.jpgマフィンのおいしいお店(めちゃくちゃおいしかった!)




a0158478_1181110.jpg




この後、u-たんさんのおうちにお邪魔して、マッサージチェアを眺めて、猫ちゃんを揉んで逃げらて、おいしいプリンをいただきながら、迎えの夫が来るまで待たせていただきました。

前回、わたしが夫の悪友会につきあったので、今回私のアッシーをしたのち。むーとデートしながら白馬方面に向かう予定が、直前に急ぎの仕事が入ったむーがドタキャン、夫は一人で白馬へ。

しかも、娘に振られた男は、白馬で雨にも降られるという・・・・涙
家に帰ったら、峠からこちら側も雨が降った様子。

でも、私たちは全く雨に合わず、しかも暑くもならず快適な一日を過ごしたのでした!!!
(^o^)丿



お付き合いして下さったu-たんさん。ありがとね~~。また行くね~~。
[PR]
by vinge | 2014-06-14 08:30 | つれづれ | Comments(8)

休暇5日目

a0158478_10494712.jpg


梅雨ですね。いまさらですが。

今年は雨が多いので、ジャガイモを高畝にしておいてよかった。
20年近く前に初めて借りた畑は、ここより低い土地で水が溜まりやすく、その年も雨が多くてジャガイモを全滅させてしまった。

家から少し離れた場所だったので、Pをおんぶして、むーを保育園に送り届けた帰りに様子を見に行ったりしてたっけ。
今その畑にはアパートが立っている。


休暇はあっという間に半分過ぎた。 いや~ん。はや~い。


昨日はPを街まで送った帰りに、最近行かないイオンモールとか寄って~。
買ってはならない布とか買って~。
1時間くらいぶらぶらして帰ってきた。

一人買い物は1時間が限度。 (笑)
それでも一通り見てきたから、多分、めっちゃ早歩きだと思うよ。 しかも、息も止めてるかもしれない。爆

イオンさんに中に「セリア」が入ってた。
前に、このあたりに「セリア」が無いって書いたんだけど、どんどん進出してきて、夏にオープンする家の近くのスーパーにも入るらしい。

やった~。すんごくうれしい。 

昨日は梅雨の晴れ間で、洗濯日和。
梅雨寒で、なかなかしまえなかった毛布とか、冬物の大物を洗ってしまう。

その勢いでスイッチ入って、普段台所の手を付けてない場所を思い切って片付ける。
シンクの下とかね。
いらないものとかいっぱい出てきて、思い切って全部捨てる。(ほぼ頂き物)

うちで使う鍋類って、雪平鍋が3つと、ホーロー両手鍋が一つ。麺類ゆでる大きめのアルミ鍋が一つ。
これですべて。
フライパンは、26センチが二つと、卵焼き専用と、揚げ物用の小さめののが一つ。
土鍋が一つ。

これでほとんど賄えるな~。
フライパン二つはいらないような気もするけど、餃子とか焼きそば6人分とか一気に作るときに便利なので。

でも、もうこれ以上の鍋類は増やさないつもり。
多分、これ以上の料理も作らないから。 金爆

今日は換気扇に着手するわ。 
それから、ミシンもすこしやろう。


a0158478_11302964.jpg
ほかのバラより遅めに咲き始めるつるバラ。

いつも、ただ伸び放題にさせてきたけれど、今年このアーチを立ててみた。

最初、ろくな固定をしなかったので、数日で大風吹いてばったんって倒れちゃって・・・・
その後、鉄の杭をホームセンターで探して根元を固定した。

薔薇で支えようとしたけど、無理な話だわね。

嵐が丘だもの。涙


最近はやりの、こじゃれた置物とか雑貨とか・・・・そういうのも絶対無理。

風が吹いた翌日には、近隣にばらけて飛びちってるにちがいない。
そして、大慌てで回収している自分の姿が目に浮かぶわ。














                                     今日のお弁当

a0158478_11395956.jpg


朝から「とり天」とか揚げちゃったりして~。 
甘めの天つゆに絡めて、ゆで卵もそのつゆに漬け込みました。
ご飯少な目に見えるけど、とり天の下にも詰めてあって(ご飯喰い)おつゆがしみしみになるように。
それとブロッコリーのマヨ焼き。(ブロッコリー率多し)

Pが出かける時間が遅めなので、お弁当に掛ける時間があるのがうれしい。
私の朝出勤の時は、おかずだけ用意して自分で詰めてもらっている。

もう暑いから保冷剤とか入れてくけど、教室が、ガンガン冷房効いてるんで寒いくらいなんだそうだ。

今日はテストで、午後数学なので眠くならないように、飲み物はホットコーヒー。 
[PR]
by vinge | 2014-06-11 11:51 | つれづれ | Comments(11)

休暇3日目

a0158478_12174158.jpg



雨にぬれる「バイカウツギ」  ブライダルブーケを連想する。




休暇ってあっという間に過ぎてくのね。 もう3日目。

これといって予定もない休暇で、
第一計画の、月曜日に東京経由で出かける夫と新幹線に乗る。・・・・というのは、先日までの急激な暑さで却下。

12日には、猫の避妊手術を申し込んであり(6月は動物愛護月間で助成金が出る)
事前の検査のために、先週木曜日に病院へ連れて行ったところ、生ぬるい抱き方をした夫の手から、ネットごと逃亡。(猫は洗濯ネットに入れて連れていく)

夫はこういう時本当に役に立たない。(怒)  野良猫がどこまで野生かわかっちゃいない。

猛タックルで私が捕まえて、ぜいぜいしながら猫医者と相談して、これでは予定日に再び捕まえる前に逃げてしまうかもしれない・・・ということで、急きょそのまま預かってもらい、金曜日に手術。
土曜日に帰宅となった。

というわけで、12日の予定もなくなった。


外に仕事に出ると、パートとはいえ家事がおろそかになり、家の中がごたごたしてくる。
というか、ごたごた散らかっているのは、すべて仕事に出ているせいだと思ったりする。

で、仕事に行くのが嫌になってくると、
「あ~。家にいればもっと片付くのに~」 とか もっとやめたくなった時など
「あ~~~~。 家の仕事とか大好きなのに~。 やりたいこといあっぱいあるのに~~~。」とか

絶対思う。


そして絶対違う。


それでも、この休みにはちっとは片付けでもしよう、掃除もしようと、昨日は網戸を一枚張り替えた。(所要時間20分)

あ~。まんぞく。 爆

今日は、夫とPを駅まで送ってから、掃除とタンスの中身の片づけなどで午前中が終わった。

外は蒸し暑いけれど、家の中は風が通ると涼しい。

昨日、土砂降りの中をツーリングに出かけ、クタクタで寝ているむーを起こさずにいるので、
一人ご飯をそろそろ食べよう。

午後はミシンに向かおうか、それとももう少し片付けようか。

お楽しみ予定は「金曜日」 ♪
(一つくらいこう言ってみたい)

さ、あと6日! 何しようか6日! 
[PR]
by vinge | 2014-06-09 13:00 | つれづれ | Comments(5)

明日から~♪

a0158478_135668.jpg



梅雨入りだそうです。

天気予報ではこの地区大雨洪水警報が出ているようなんですが、ぽっかりうちの周辺だけ雨が降ってません。
ほんとに不思議なくらい、雨が降らないスポットがあるんですよ。
路面なんかで、はっきりと「ここまでが雨のライン」と分かるように乾いてるところと濡れているところが見えることもある。


それはともかく。



明日から長期休暇で~~す♪
15日まで9日間~~~♪  ひゃっほ~~い♪

でも、今週までがしんどかった。  
相変わらず、まだ揉めてます。
私に聞こえないところでやってるんだから、どーでもいいっちゃどーでもいいんだけど。
それでも、嫌な情報ってのは流れてくるもので、
それがうっとおしくてムカついて、急激な蒸し暑さとともに不快だった。

「女は笑顔で殴り合う」とか そんなタイトルの本がありましたね。 
買おうかと思ったわ。

買わないけど。 

まあ、私が笑顔で殴り合う前に、若手の男性陣が立ち上がりまして、何か行動起こしてくれたようなので
高みの見物をきめこむことにした。

がんばれわかものたちよ。 爆

最近、そんなことばかりで仕事のこともなかなか書けなかったけど、
今年の新入社員たちはかわいい子ばっかりで。(笑)

もう、むーたろうと同じ年齢の人たちなんで、ほんとに「わが子」のようです。

「のだめ」君がいなくて寂しいと思ってれば、また彼とよく似たタイプの人が入ってきて、おばちゃんにいっぱい話してくれるし。。。

そばに置いて、ずっとしゃべらせておきたいくらい。爆
(実際、ほかの人がいないときにはずっとカウンター越しでしゃべってる。一人でいるのが嫌いらしい)

対照的に、入社3年目でとてもおとなしくて、同期とつるむこともなく、こちらからの話かけには、とても実直に答えてくれるけれど、恥ずかしがりなのか人嫌いなのか??という青年。

その彼が、先々月で退寮することになったとき。

退寮は事前に書面連絡が入るのだけれど、それが来る前のある日、
「・・・・・くまたろうさん・・・・」と、そっと呼ばれて
「僕、来月で会社辞めます」と打ち明けてくれた。

話したくない人にはそっとしておくことにしているので、そんな彼に名前を呼ばれたことも驚いたのだけど(大体、仲良くしててもおばちゃんの名前には興味が無い人が多い)
わざわざ、教えてくれたことがうれしかった。

なので、以前私が別の人と話している内容に、珍しく彼が食いついてきたときのことを思い出して、
最後の食事の日に、その時の話題「鳥の羽の作り」にちなんで、「とびの羽」をPコレクションから提供してもらって「おまもりだよ~」と差し出した。

しばし、羽を手にして見つめたまま、放心したかのような彼が
ようやく顔を上げ、ウルウルなまなざしで 「感動です。。。。。」と一言・・・・

おもわず、こちらもうるうるしてしまい「げんきでね。」というのが精いっぱい。



こんな出会いと別れがあるから、この職場がやめられない。金爆!


だがしかし、いささかこの休暇で心も休めたい。
もうずっととげとげしてたからなあ~。 涙

予定は何もないけれど、暑さも和らいだので、ゆっくりしようと思います。


a0158478_1513123.jpg

[PR]
by vinge | 2014-06-06 15:12 | つれづれ | Comments(4)