やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

はろうぃん

a0158478_21504374.jpg


今年5月に新緑並木を撮影した同じ場所。 城址公園お堀あとのケヤキ並木。


昨日まですごくいいお天気だったのに、今日はどんより曇り空の一日。
明日から「紅葉祭り」が開かれるので、混む前に!!!なんとしても撮りに行きたくて、朝仕事から戻って夫と一緒に出掛けた。


a0158478_21563837.jpg

                                        (URLがまちがってるww でもなおせないwww)

a0158478_2204965.jpg



晴れてたらもっときれいだったかな~と悔やみつつ・・・でも曇りの日の方が、マットな質感でそれはそれでありか・・とも思う。



今週は、職場でちょっとした書類提出を求められていて・・
それを書くのに費やしていたのでブログ更新もままならず。

研修報告みたいなものなんだけど。

研修してないのに報告書ってどう書けばいいん?? 爆

というね。 しかも年内に20時間分だっていう無茶ぶり。

おいおいおいおいおいおい。

読書感想文でもいいとかいうから。 「鴨川ホルモー」でも? 

 まさかね。(;´・ω・)


でもね。 そういういかさまっぽいことは。

この「くまたろうさま」におまかせあれってんで。

書くわ 書くわ

あれもこれも  ぜ~~~んぶ 研修にしちまえって。



たとえば、5分 人から聞いた話でも、一時間分にして仕事がらみの話題に書き換えたりする。

そういうのって結構得意だったりする。 ひっひっひ 

a0158478_22502982.jpg


a0158478_22524082.jpg







a0158478_22525511.jpg




お堀の水の色は、やっぱり晴れた日じゃなきゃだめね~

















→ カモといえば・・・→→→


「鴨川ホルモー」は2回借り直してようやく読み終えた。(開く、寝る。開く、寝る。を繰り返したのち)

流行った時から、もう何年?ってかんじよね。苦笑

映画ももちろん見て無いんだけど、配役が気になって検索したら、やっぱりイメージが全然違う。
「楠木ふみ」が、あの人はあり得ない。(あくまでも私のいめーじでは)

さて、いったい私は誰を想像してたでしょうか?(俳優ではない)
見た目じゃなくてね。寡黙で鋭いところがね。 ふふ~♪
[PR]
by vinge | 2014-10-31 23:16 | つれづれ | Comments(6)

寒くなりました

a0158478_13362789.jpg



一昨日あたりから急激に冷え込んできて、森が秋の色に変わり始めた。




朝晩の気温が2度とか3度とか一桁になったので、おコタツを冬仕様に変えました。

で、ついでにクッションもカバーを作り変えて・・・


a0158478_14372040.jpg



ぬくぬくにしてみました。 フリースのふわふわ。

以前の冬用は、コーデュロイの太畝でしたが。 

 あれはね。 

 うっかりすると、ほっぺに大変な模様が付いたりするんで。


なかなか消えないお年頃なんで。 

ふふふ。今度は大丈夫。 ふふふ。 




「竜眼肉」というものをいただきました。


a0158478_14432269.jpg


このところ、何回か夫が、仕事から帰ってくるたびにポケットからふたつぶみつぶ・・・とだしてくれたのだけど。
今回は袋ごともらってきた。(食べるのが夫だけなんで全部持たされたらしい)

べとなむのおみやげだとかで、あちらではおやつ代わりにつまむらしい。
むくろじ科の植物の実で。
生で食べるのもおいしいらしいけれど、乾燥したそれは、黒砂糖に似たほのかな甘み。

これ、漢方薬で使う生薬でもあります。

私の長い間の貧血を治した漢方薬の中にも入っていて、不眠や滋養強壮、物忘れにもいいんだって。( ゚Д゚)


植物や、漢方に興味があって、この秋ちょっとしたチャレンジしてます。

あ。 全然たいしたことないけどね。 

ちゃんとできたらまた報告します。


久しぶりに、お外の猫子たちを・・・・・・

a0158478_14531327.jpg


                                      こんな小さい毛糸玉は


a0158478_1454163.jpg

                                      なまいき「みけこ」 (絶対なつかない)


a0158478_1455817.jpg

                                       秋のいい匂いを嗅ぐ「おにいやん」



a0158478_14585284.jpg

                                        寡黙でどんくさい「こつぶ」


                                     それぞれが、初めての冬に向かいます。
[PR]
by vinge | 2014-10-23 13:40 | ねこ | Comments(6)

忍びの蕎麦屋

a0158478_11475760.jpg


秋晴れの週末

むーたろうは、ここのところ週末ごとにバイクでお出かけになって、爆走している模様。

昨日は何かのイベントがあるとかで、ハロウィンの自作マントを着けてゆくという。

ガッツリライディングスタイルの上から「自作マント」は、ちょっと恥ずかしくないかね?
という言葉を飲み込んで玄関で見送っていると
本人も
「まあ、あまり人に見られたくないね。 特に近所はね。」といっていたというのに。

家の敷地を出たら、そこにお隣のご主人がいた。

マント翻して走り去るむーたろう。かろやかに~。会釈して~。 

 そうね。あいさつは大事だわ。(T T)





残された私たちは、またまた隣村の図書館。 最近行くとこはそこしかないのか?ってかんじだけど。
そこしかないのさ。ははん。

お昼が近かったので、帰りに「くだんの蕎麦屋」に行こうということになった。

もうね。蕎麦屋はコンビニより多いかもしれないってくらいある。
それなのに、行くところはいつも決まってしまう。

「早い。安い。うまい。多い。」 この条件さえ満たされればいいのだけれど、なかなかこれを満たすところがない。

で、新規開拓もかねて。いつも図書館の行きかえりに目にする蕎麦屋の看板。
「あの店に寄ってみよう」ということになった。

じつは。
この店は、あの方がお忍びでいらっしゃる・・・・といううわさで。。。

いや、もうかなり前に「村」にいらっしたんですよ。別荘もあるとかないとか。 上の写真。
あんなことをされに来られるんだとか。



誰だよ!?




はい。すみません。
その名は 「けん ひ〇い」   


うひ。 



うひひ。



うひひひひひひひひひ。 



あ。失礼いたしました。 


そんな噂を聞いて、いつかその「蕎麦屋」に行ってやろうと思ってたものの情報が無い。
(あまり熱心に調べようと思ってない)

たまたま、村の住人40代主婦と知り合いになって聞いてみたら

「あああ。 知ってる」 と言ったのち


「でも教えない。  村の掟になってるから」と。 にやり。


は~~~~~ん??  なにそれ。  なにそれ? なにそれ? なにそれ==???




なにしろ。 ど田舎ですから。
そこに有名人。都会人。   


滅多に来ないから。


もう、都会にあこがれちゃって。
「青山ろっぽんぎ」なんて名前の居酒屋まである(あった)くらい。

「今日の飲み会は、六本木行ってくら~」って、田圃のど真ん中だから!
宴会するときはバスの送迎付きだから!!

おっと、話がそれた。

とにもかくにも「大事な都会のお客様」がお忍びでいらっしゃる。
村の一大事。

秘密に決まってますがな。




ところが。 村の掟も隣の市民には通用せず。
先日、村にごくごく隣接した市の住人に聞いたら、あっさり「あの店」と教えてくれた。爆

それが、図書館の行きかえりに目にしていた看板の店。
(お忍びなので写真無し)

もう看板が無けりゃ、全然気が付かずに通り過ぎちゃう、普通の民家。
駐車場をやっと見つけて、玄関に行けば
「書道教室」の看板  (;゚Д゚)

「お店は奥へ」の矢印に従って、狭い庭を奥へ奥へ奥へ・・・・・・・・・

洗濯ものの下がった軒下を横目に見つつ、やっと「ここは裏口ですか?」ってところに「営業中」の札。

うっわ~。忍びくるにはいいわ~。 てか。

どうやってこの店見つけたん?? |д゚)

「御用の方は押してください」というピンポンを押して、出てきた女将さんは大変愛想のよい方で
お客さんは誰もいないが
囲炉裏のある(明らかにリフォーム)店内の全席には、きちんと割りばしおしぼりがセットされている。


メニュウは「もりそば」しかないというのに、すごく丁寧にメニュウの説明してくれて。
より高い(1000円)を、なにげに勧める。(笑)

そんな気遣いをあえて無視して。普通に800円のもりそばをお願いした。爆

やがて、おもむろにカイゼル髭のご主人登場。 よくしゃべるおばちゃん(おかみさん)に対し、寡黙==!
なご主人。

蕎麦を待つ間に、店内見回すと。。

ありましたよ。


うひひひひひ。(もういい)


某有名人のスナップ写真とサイン。


あのね。市内のちょっと古い店に行くとね、著名人の色紙ってずらラララ~って並んでるんですよ。
まあ、そういうのを飾っちゃうってところがすでに田舎ってかんじですけどね。

で、ここね。

その一枚だけ。涙

でも、おばちゃんに聞いたら、
「ええ。ええ。ずいぶんお背の高い方でね~。
こう・・・・・都会の人はねえ~。

鼻が高くって。」






最初にセロリのお漬物と柿。
手打ちそばは新そばの10割そば。薄緑がかって、細くつややか。

つゆは、好みの濃口の甘口。

たいへんおいしゅうございました。


だいたい、こういうお店は旦那さんの趣味が高じて、脱サラしたとかそういう手合いが多いんですけど。
そういう人に限って薀蓄がうるさいのだけど、
女将さんが少々よくお話になるというくらいで、おそばを出したら「ごゆっくり~」と、のれんの奥の
生活圏(茶の間とか、書道教室とか、お台所とか)へ引っ込まれてしまい、
のんびり、自宅でくつろぐ感じ。

お会計の時に、ご主人がやっと口を開いてくださって。
おそば美味しかったです。といったついでに

「セロリのお漬物もおいしかったです~」というと


「ああ。あれは  市販品ですんで。」

(´-ω-`)

ま、正直なところも好印象ですけどね。

で、おばちゃん。

「ひ〇いさんこられたのは・・・・そーねー  3年くらい前かしら~?

ほら~。あの ふるどけい?の歌がはやったでしょ~~?」 とおっしゃいましたが。






すでに10年以上は経ってると思います。




竜宮城か!
[PR]
by vinge | 2014-10-20 12:59 | つれづれ | Comments(6)

台風が来る前に・・

a0158478_1065196.jpg


お隣の奥さんから頂いたシャインマスカット。
あまりにきれいで立派だったんでパチリ。 

リンゴやブドウ、農作物の収穫時期なのに、次々とやってくる台風。
農家さんのご苦労を思うと、もったいなくて大事にいただきたい・・・・・

とはいえ、このマスカットは彼女の親戚のお庭で採れたんだって。( ゚Д゚)
庭にシャインマスカット!




というわけで、我が家も3連休は台風に備えてのあれこれを・・・

a0158478_10242818.jpg


                                まずは腹ごしらえの巨大パンケーキ。(リンゴ入りキャラメルバターがけ)

「ぐりとぐら」のフライパンで作るケーキが好きで、時々焼いてみる。
たまごをしっかり泡立てて、ふわふわにしたかったのに失敗。
誰も文句言わない(言わせない)のでよしとする。


それから庭の片付け。

何でもかんでも生えてきたら咲かせてきた花々を少し整理した。
増えすぎたのを抜いたり、お隣に分けたり。
空いたスペースに、夫の自作ロケットストーブを移動。

a0158478_10344523.jpg


こんなしょーもないような作りなんだけど(廃物利用)これが結構役に立ってて。
焚口もこんなに小さいのに剪定枝だの古板だの、どれほどよく燃せたことか。

a0158478_10371589.jpg


燃焼効率がいいので、煙も出ないし灰も少ない。
そして、ここで燃やしていれば夫が日長一日過ごしてくれる。金爆

これでもう少し見た目が良くなればなあ~・・・むき出しのU字溝だもんね~・・・(;´・ω・)


草取りしたところに、チューリップの球根を20球植える。

a0158478_10443259.jpg


これだけは猫どもに掘り返されたくないので、プラスチックの人工芝風マットを敷いた。


庭いじりはやりだしたら止まらない。
ここも、あそこもと、次から次へとやることだらけ。

a0158478_1052795.jpg

                                     シュウメイギクとチェリーセージ


ひと段落したところで、隣村の図書館へ。

a0158478_10571857.jpg


最近、ここの図書館が気に入っていて・・・ 隣村(頑として合併しないほんものの村)なんだけど、市街地の図書館へ行くより近いし、建物が新しくて木のいい香りがする。
蔵書数は少ないけれど、こちらの市と連携しているので取り寄せもできるし、あちらには無いものが見つかったりする。
なによりもとても静か。 読書スペースも明るくて広くて、それこそ一日中いてもいいくらい。

で。 


借りてきたのが



a0158478_1145359.jpg


 
いまさらの「べるばら」


これ、私が小学校6年の頃流行ったんだよね。
でも、その頃は全く興味が無くて、宝塚は22歳の頃見に行ったけど、それでも読んだことなくて・・・・

やっとめぐり合いました。(笑)

雨が降り出したらゆっくり読もうと思ってたんだけど。
その日のうちに読み終わりました。爆

今日は、Pは学校。

夫の携帯には警報メールがなりっぱなし。
いよいよ近づいてきました。


みなさんもどうぞご無事に。お気をつけてお過ごしください。
[PR]
by vinge | 2014-10-13 11:17 | つれづれ | Comments(6)

今日は何の日?

a0158478_2133933.jpg


ガラス越しにさえめったに覗きに来ない「こつぶ」

母さん猫の「ちびにゃん」にそっくり顔。 無口な漢。

「おまえ、きょう、はいしゃ?」 と聞きに来た朝。





そーです。 昨日は歯医者でした。(T_T)

先月、数年ぶりに行った歯医者で、親知らずの虫歯発覚。
もうぐじぐじ言わずにさっさと抜いてやれ!と思い (先月は)
右上の親不知の抜歯も経験済みで、たいしたことなかったし~と思い(先月は)
むーも先月親知らずを抜いたのだけど、その時に「ぜ~んぜんへいきよ~♪」と励ましたばかりだし(だから先月!)




いざ当日になって、グダグダ言うわ。気が重いわ。やめればよかったって後悔するわ。腹痛くなるわ。


他人事だともんのすごく励まし上手な私。 その自分、出てきて今ここで励ませ!!って感じでしたわ。

(´・ω・`)

予約時間は12時。 
朝仕事から帰って十分間に合うので仕事に行って家に戻ると、木金が暇になった夫が
「ねえ。ご飯食べに行こう?」とかいうので。

「はあ?」(; ・`д・´)とにらみつける。

だいたいいつものことなんだけど。 夫は人の予定というものを全く覚えようとしない。
今週は早番とか言っておいても、カレンダーに予定を書き込んでおいても
自分の予定以外は、全く見ていない。

そうでなくても苛立ってる私。 
「今日は12時からは・い・しゃ====!」
と怒鳴りあげ。 
その後もぷりぷりしながら掃除とか洗濯とかして。
「じゃ。行ってくるわ~~~」と。テンション低くして出かけたのでした。 

以前通ってた歯医者さんは、腕はいいけど口が悪くてやかましい男で。
耳元でしつこいくらいに(しかも大声)これからの作業を説明してくれる。

そしてやたらと「 ちょっと痛いですよ=! いたいですよ=!はい!!我慢してくださいねええ===!!」
と、叫ぶのよ。

彼は親切のつもりなんだろうけど。  こっちは、めっちゃめーわく。 ((+_+))

実際には、ほとんど痛くないんだけど、身構えてた時の方が痛い。

今回の先生。
「はい。こんにちは~」と言った後。 口を開けたら何も言わずに「麻酔」

いきなり「麻酔」 

あのー・・・・・・・・もうちょっとなんか言ってください。
いや、・・・今日は「抜歯」って決まってたけどさ。
麻酔も口コミどおり、全く痛くなかったけどさ。

「じゃ、抜きますね~」のひとこともなく。 もうぐいぐい抜いてるし。

今回の左上の親知らずは根元がちょっとまがっていて、以前の先生も「これがちょっと気にかかる」と言っていた歯で。
でも、今回の先生はそれにも触れず、ただ黙々と抜く。
そして、やっぱり簡単には抜けなかった。涙涙

結局歯茎縫合してからの説明では、根元が曲がっていて折れたので、取り出そうと思ったけど副鼻腔の壁を破りそうなのでそのままにして残した・・とのこと。

この説明も以前の先生とはちょっと違うところがあるんだけど。(副鼻腔とつながっても全然平気~と言ってた)
まあ、素人にはよくわからない。
ともかく。親知らずはあと1本を残すのみとなった。これもいずれね・・・・・(T_T)

さすがに今回はずきずきした痛みが残り、午後ちょっと休んでたら、Pを迎えに行ってた夫が帰宅。

夕ご飯の買物も頼もうかなあ~。私はうどんにしとくよ~とか言ってたら
「ケーキ買ってきたからね♪」というので

「へえ~。なんで? 今日何の日? あ!もしかして、歯を抜いたお祝い?」とか言いつつ。

ケーキの賞味期限の日付をじっと見て・・・(生もの=当日)
10月9日・・・10月9日・・・・おじいさまの誕生日? いや違う・・・・10月9日・・・・・・???




おおおお!





「けっこんきねんび!」(;゚Д゚)






「やっとか・・・・てか、やっぱりか・・・・・」と、Pと夫。

すっかり忘れてた。 歯医者のせいで。(違う)

「ご飯食べにいこ=」ってのも、そのためだったらしい。

歯医者しか頭にない私と、記念日しか頭にない夫。

よくぞ26年連れそいましたことよ。金爆

ま、これからもよろしくね。 
[PR]
by vinge | 2014-10-10 09:50 | つれづれ | Comments(8)

はんなり

a0158478_11201475.jpg



秋も深まってまいりましたね。
9月があんまり寒かったから、10月になったらコタツを作ろうって思ってたんですけど・・・・・・・



暑いじゃーありませんか。

(;´・ω・) (;´・ω・) (;´・ω・) (;´・ω・) 

いやん。 もう季節がわからん。 

お年寄りの方に「〇〇さ~~ん。 いまね~きせつはいつですか~?」と、
介護度を調べるときの質問があるんですけど。

難易度高いわ。 

(;´・ω・) (;´・ω・) (;´・ω・) (;´・ω・) 


というわけで。


芋ほりしました。(唐突です)


a0158478_1128020.jpg


遺跡を発掘してるんじゃありません。 芋ほりです。

とはいうものの、サツマイモを作るには適していない土なので(硬い) どうしても遺跡発掘のようになってしまいます。

a0158478_11474383.jpg


この一株は特に大きくて、夫がどうしても塊で掘り出したいと言ったので丁寧につながったまま掘り出したら18本お芋が付いてました。

今年の家庭菜園の状況は、 ナス、キュウリがほぼ全滅。  トマトがぼちぼち。 ジャガイモももぼちぼち。
一番優秀だったのは・・・・・・・・・じゃららら~ん♪

a0158478_11363447.jpg


                                ねぎで~す!(一番なら、真ん中に撮れ!)

いつもいつも、ねぎは失敗するんですが。
今年は、春にあべっちさんに土寄せが早すぎるのがよくないとお聞きして、夫を制して土寄せを遅らせたらなかなか良い育ちになりました!!

ほかにものすごくよく取れたのは

a0158478_11511861.jpg


最近、この地区の直売で流行の「バターナッツかぼちゃ」っていうんですが・・・
ベージュ色のひょうたんみたいな形のカボチャで、スープにするとすごくおいしいってはなしで・・
しかもこれが、一つの苗でものすごくたくさんなるんですけど。





美味しくないんですわ。



(´・ω・`)


うちのカボチャがまずいんだと思ったんだけど、どうもそうじゃなくて、誰もがそう思うらしくて。
スープにするときも、こつがあるらしくて、ミキサーにかけるととってもコクが出るらしいんだけど。。
うちはミキサーが無いんで、ただふつーに煮て、そうするとあっさりしていて、それはそれでありなんじゃないかな~~~???って気もするんですが。

、何度も食べたいってもんじゃないな。
ってのが率直な感想。

でも、一株でゴロゴロ出来ちゃって、これどーすりゃいいんだろう??って職場の人と話してたら
「パン」に混ぜればいいんでない?ということで、ある人が焼いてきてくれました。

そしたら、なかなかよいのよ。 きれいな黄色い食パン。

おお!いいじゃん! こりゃあいいわ! と絶賛しましたが。

うち、パン焼き器無いし。

orz



気を取り直して。

ま、粉に混ぜればいいんだな?ってことで、その日の夜に「すいとん」に混ぜました。

そのままフライパンで焼いて、「かぼちゃのチヂミ風」にしてもおいしかったです。


手間なので、その後やってませんけど。  爆

サツマイモも、結構取れたけどおいしいかどうかが問題で。とにかく土がよくなくて。(なのに毎年作る)
今年は干し芋に挑戦してみようかな~とかね。(思って終わるかも)

a0158478_1282885.jpg
a0158478_1283940.jpg













雨が降らないんで、なかなか大きくならない白菜と大根。



そうそう、どうも話が長くなってしまうので、最初に書こうと思ったことを忘れるんですが。

タイトルの「はんなり」なんだけど・・・

昨日、Pが予備校から帰って空のお弁当を出しながら、 
「最近の卵焼きが味がきつい、いつもと違う」と言ったのですが。

それは、この前夫と出かけた時に寄った「たまご専門」の「ちゃたまや」で買ってきた「混ぜて専門店の味」になる「素」を使ったからなのでした。(野菜入りとか、チーズ風味とかいろいろ入って15回分くらいある)

私の作る卵焼きは、甘い時としょっぱい関西風のと、どっちでも作るのだけど。
いずれにしても
「母さんのは、もっとはんなりした味なのよ」 とのこと。



「うすあじ」 とか  「味しない」 とか 言わないのね。← (by おっと)


(ノД`)・゜・。


 ちょっとうれしかったです。




  
[PR]
by vinge | 2014-10-03 11:41 | つれづれ | Comments(10)

お片付け

a0158478_11201621.jpg



2,3日前の金木犀。 
今はほぼ満開なんだけど、香ったのはこの写真の頃が一番だった。

街の至る所から金木犀の香り。



職場の倉庫を大掃除中で、いらないものをどんどん処分しようということになった。
こういうとき、それぞれの性格って出るね~。
「使ってないんでしょ?捨てましょ」と、すぱすぱ仕切り型。
「ええ~・・・・僕の一存では決められないです~・・・」と責任取りたくない型。
「何かの時につかえる! も少しとっておきましょう!」ともったいない派。
「どんどん捨てて!(ただし、あなたが)」と他人に押し付け型。

わたし→→→「邪魔なのはさっさと捨てよう!」

他人のものならどんどん捨てられる型。爆

先日、車で大型ごみを捨てに行った話は書いたのですが。
それ以降、自分の家の片付けも一応続行中。 いちおうね。 
ところが、自分ちのものってなかなか会社のそれのようにさっさと捨てられないから困る。
一度出して・・・・引っ込めて・・・・また出して・・・・・引っ込める。 



だめじゃん。(*´Д`)



そんなものが数々あるなか、一つの封筒の中身が、これまた捨てられないでいる。

a0158478_1222546.jpg


ちょうど10年前。
Pが4年生になった4月から翌年の春までのことを、
学校で起きた出来事、先生保護者あらゆる人との会話、Pの状態、ほかの子どもたちの言葉などなど。
覚えていて、メモしてきたすべてを時系列で書き出したもの。

人に説明するためにも、自分を客観視するためにも、とにかく「書き留めておこう」と思ったことすべて。
つまり。
あの日々のことすべてがここに書きだされている。
とはいえ、だいぶ簡略化して書いているのでひとつひとつの文章は少なくて??なこともあるのだけど、それでも全部を読み込むには1時間近くかかる。

これと、学校からの書類手紙類。

この後数年は、これを読み返すたびに、客観どころか、怒りがこみあげてくるのでカウンセラーの先生には封印すべきだと言われたりしたものだけど・・・

いま、
また数年ぶりに読み返しても、なにも、ほんとになにも思わない。

ただただ。
あの頃の自分はがんばったよな~。。。。と、 感心したりする。 金爆

たぶん。当時関わった人たち、誰もそう思わなかっただろうけど。
あれで、私は私を抑えることに必死だったんだよ。

私が頑張ったことはそこなんだ。



そうじゃなかったら。


学校なんか、とっくに破壊してたぜ?  











時系列で書き出したそれの、最後のページには
医師の言葉で終わる

「この子は抜け殻だよ。」と手書きで殴り書き。





時々、Pと話す

学校へ行って過ごすことと、家で過ごすこと、どちらがいいかなんてわからない。
どちらにも、いいことと悪いことがあって、
ただ、両方いっぺんに過ごすことができないだけ。
どちらかを選ぶしかないってこと。

そして
「あのときにああだったら、 あのときにこうしていたら、 あのときに・・・・・・」

それは「ない」ってことを。

あの時に~してきた『今』が『ある』だけなんだって。




抜け殻だったPには、 
あれから過ごしたたっぷりの10年が詰まって「今」がある。










親が学校で大暴れして校長殴って窓ガラス割ったなんてことしたら・・・・・子どもが一生恥ずかしいじゃん?
いや、 ほんっと。  そんなことしなくてよかったよ。

あのときの、~したら。 

「無く」てよかったよ。



で?  片付けは?  

そうだ、そこだった。 爆
[PR]
by vinge | 2014-10-01 13:11 | つれづれ | Comments(8)