やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地元ネタ

a0158478_14130413.jpg
にゃんにゃんにゃんの猫の日



昨日から春の暖かさ。
そして『春一番』のような風の強さよ・・・・・

午前中に庭仕事&図書館
暖かいとどうしても庭仕事したい。ちょっとづつ見え始めた芽の上の落ち葉を取り除いてやりたいが、まだ2月 油断がならない。
取り除きたい。 いや、まだはやい。 でも取り除きたい・・・
あ~、うずうずする~~ぅ

図書館行っても、ベニシアさんのハーブの本とか、庭の本とか、ハンドクラフトとか、そんなんばっかり借りてくる。

まあ、お茶でも飲みながら、もう少しの時間を待とう。

というわけで、少し前からお気に入りのドライフルーツ入りの紅茶。

このドライフルーツってのがね、地元スーパーのオリジナル商品なんだけど。
これが全国的に有名になってたのを最近知った。

a0158478_14333540.jpg
この輪切りレモン そのまま食べてもいいし、紅茶に入れてレモンティーにして飲んでから食べてもおいしい。(それが好き)
お菓子作りにも使えるかもしれない。

出始めの頃、レジ横にわっさーと積まれてたのに、最近見ないなあ~と思ってたら(ずいぶん前らしいけど)TVで紹介されてたんだそうで
(すますてーしょん)それから品薄。
楽天さんでも、ドライフルーツ部門で1位なんだそうだ。
そう知ってからお店で探したら、製菓材料のコーナーにいくつかあったんで買ってきたら、翌日にはもうなかったから、まだブームは続いてるんだね。
ほかにも、リンゴとか柿とかマンゴーとかがあって。
柿もふつうの干し柿とはちょっと違う。 
今回マンゴー初めて買ってみたけど、ほかのように砂糖がまぶしてなくて、ヨーグルトに漬けてみたらプルプルマンゴーでおいしかった。

ここのオリジナル商品が、最近ぞくぞく増えていて、出身が県東部なので軽井沢の有名なお店とのコラボとか、くるみを使ったものとか、
地元の食材を使ったものもたくさん出ている。
なので、県外の人へのお土産とかにとってもいいらしい。(というか、県外の人がわざわざここへ買いに来るらしいよ)

で、うちでヒットしたのは、写真の奥にある「国産レモンバター」
リンゴバターってのもあるけど、りんごはね。  飽きてるんだきっと。(苦笑)

地元にいて知らなかったことって、ほかにもあって。
2,3週間前からかな? 朝の情報番組でいきなり地元ネタ。
ちょうど、朝出勤の時の休憩中だったので、みんなで「え?上田?? どこ???」って見入ったのが

a0158478_15080545.jpg
河川敷の「謎の石仏」 (;゚Д゚)


3年くらい前から徐々に大きくなってたんだって。
で、誰も作ってることに気が付かなかったんだって。

ここ(上田)らしいわ。(笑)

で、河川敷なので違法建築物として撤去しなきゃならないらしくて、
全国放送で、あちこちの情報番組が流すもんだから

いっぱい人が見に来てる。 爆

新名所やん。 ^m^


これが一体何なのかわからん。ってことなんだけど。 (ネット上では、アニメのなんかに似てるとかいう噂)
うちも夫と見に行ったんだけど(←やじうま)
私は、「あ、これ小泉小太郎!」って思って。
下のほうに龍とか描いてあるからさ。 

松谷みよ子の「龍の子太郎」のモデルになった話が、地元の「小泉小太郎伝説」なのよ。
ま、そんなこと知らない若い人が作ったかもしれないけどね。
知ってたら、よほど≪地元ラブ≫な人だよね。ふふ。



猫の日なんで もう一枚。



a0158478_15272384.jpg

お兄やん!ヨガですか~!?








[PR]
by vinge | 2015-02-22 15:28 | つれづれ | Comments(6)

こことか そことか

a0158478_15004940.jpg

まだまだ、ぼたぼたの雪が降ったり

昨日まで茶色一色の地面だったのに


こことか




a0158478_15044599.jpg
a0158478_15040087.jpg
a0158478_15053291.jpg
そことか

a0158478_15082311.jpg
春 こんなに近くに来てました。





[PR]
by vinge | 2015-02-20 15:10 | 写真 | Comments(4)

みっしょんこんぷりーと

a0158478_00144501.jpg
まんまる まるまる 
ジョウビタキの雄

「へい!にいさん!こっちむいて~」



a0158478_00163747.jpg
oh!

雌に比べて、オレンジ色があざやかです。(ちなみに、メスは1月1日の写真)





金曜日、3匹の猫たちを捕獲して、獣医さんのところへ。

だいぶ慣れたとはいえ、すりすりしたり、抱っこされたりするようなお子達ではないので、
捕獲機で一頭、ほかの2匹は、餌につられたところを手早く捕まえて、素早く段ボール箱へ。

4月で1歳。
そろそろ、このあたりのボス猫がうろうろし始める頃だったので、ほんとにいいタイミングで、良い獣医さんを教えてもらってよかった。

午前中に連れて行って、夕方には帰宅。
「みけ子」だけ、捕獲機ごと玄関に入れて一晩様子見。

雄の2匹は、そのまま解放。 3匹とも、いたって元気。


a0158478_01010951.jpg
放した直後は、やっぱり警戒心が強くなってしまって、お兄やんの目つきもきびしくなったけれど、朝にはいつもどおりに。

a0158478_01024714.jpg
3匹とも、この耳のばんそーこーは、野良猫の「避妊手術済み」のしるしに、vカットされたあと。

かわいそうな気もするけれど、こうしないとメスは特に、手術したのかどうかがわからなくなってしまうので、しておいたほうがいいのだそうだ。

みけ子のおなかの傷もほんとに小さくて、ばんそうこうが必要無いほどきれい。

お天気は、春と真冬をいったりきたり。
昨日から風がビュービュー冷たくて。


a0158478_10091200.jpg
この柵、先日作り直したばかり。




a0158478_10452008.jpg



この子たち。

もうここから離れることないかもしれない。














[PR]
by vinge | 2015-02-15 10:11 | ねこ | Comments(4)

猫の次はドッグ

a0158478_15550116.jpg
逆さじゃないのよ。
夕暮れに風が止んで鏡面になった池


猫の次はどっくって・・・・
まさかのわんこじゃなくて。(さすがに犬は飼えない。きらいじゃないけど)
はい。にんげんです。
人間ドック 行ってきました。

今年は胃検診無いから、さくさくよ~♪(胃は何ともないのに、昨年胃カメラでちょいといろいろあったのでやめてもらった)
お年頃でいろいろ現れた症状も、流れるように消え去り。
夏には血圧の薬も勝手にやめてしまった。
勝手と言っても、夏に一応かかりつけ医に「最近低いんだけどー」と言ったら
「じゃ、また高くなったら飲むといいよー」と承諾してもらって。
(ほんと、私のかかりつけの女医さんはゆるい。というより、私のことをよく把握してくださっている)
でも、ほんとに寒くなったから高くなるということもなくて、まあまあこのくらいいいんじゃない?という程度なんで。
シナモン効果か?亜麻仁油効果か?(最近夫と私のために、亜麻仁油をよく使う。ドレッシングとか納豆に入れて食べる)

「血圧の薬はやめました」というと、受付の看護師さんが「ええ=??やめられるの=?どこの医者?え?あの先生やめていいって?」とたいそう驚かれ、でも、実際、測っても142くらいなんだもんね。いいじゃんね?(家ならもっと低い)
待合室で読んだ雑誌にも「薬は一生」みたいに書いてあったし、診察してくれた先生も「え?」みたいな顔したけど、
薬飲んでた昨年よりちょっとだけ高かっただけなんで「まあ、いいでしょう」と言ってくれた。

ほかも何ら変化なし。
あ。
背が伸びた。

(´-ω-`)

連続3年伸びてる。数ミリづつだけど。(笑)

これでむーたろうと同じになった。 
並ぶとぜんぜんおしりの位置が違うけど。爆

どこ?どこが伸びてるん? はたちの時より2センチも伸びてるのよ?|д゚)

というわけで、50代に入ってもなお成長し続けているわたくしですが。

肺活量にいたっては



28歳並み

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

これね。たぶんコツがあるんよ。
腹式呼吸のせいよ。
わたし、お風呂でよく腹式呼吸するので、それが身についてるんだと思う。
おなかで息を吸い込むと、おなかが膨らんで横隔膜が下がる。(逆に、おなかへこまして胸で息を吸うと横隔膜が上がる)
横隔膜は下がった方が肺に入る空気の量が増えるからです。つまり、おなかで息してと言っても実際に空気が入るのは胸(肺)なんですね。

「はい。目いっぱい息吸って~~~!」といわれたら、おなかに吸い込む。

これで、貴方も28歳。

今度年齢聞かれたら「肺活量28歳」と答えよう。




a0158478_16484106.jpg
捕獲機に慣れるように、一週間お借りしている。
(扉は閉まらないように固定)
あっさり慣れた「おにいやん」

さ。

煩悩を捨てに行こうね。(;´・ω・)


[PR]
by vinge | 2015-02-10 16:50 | つれづれ | Comments(8)

4話


a0158478_21330662.jpg
2月6日の朝の空




<25歳以下>
昨年、ようやくこの街にも大きなホールが出来た。
続々とお芝居やコンサートやらがやってくる。
家の者たちは大概興味がないので、広報のお知らせに見向きもしないのだが、あまりにも有名人がやってくると、ちょっとだけ「おお~」という感じで、内容を見てみる。
4月には「美輪〇宏」のお芝居。
「さすがにチケット代高いなあ~」と思ったけど、よく見たら25歳以下は半額だとある。
よくよく見たら、ほかのコンサートとかもみんな25歳以下は半額だった。
え~~!なんかお得~~! うちの25歳がぎりぎり半額~~!
今ってそういう区切りだったの? 学生とかじゃないの?  


<動線>
茶道を習っていたとき、部屋に入る・扉の開け閉めをするという動きの時、主客にお尻を向けない動作を覚えた。
動くときは常にそこを意識するが、それがとても無駄のないスムーズな動きでもあると思った。
動線が絡まらない動きなのだ。
と20数年前に覚えて以来。台所のような狭い空間で作業するとき、自分の後ろに動線が紐のようにつながっているような気がして
無駄にあっちこち動くとそれが絡まってくるような錯覚に陥ったりする。
で、時々一度動いた動作をやり直したりする。
はたから見たら、なんでくるくる回ってるんだ?と思われるかもしれない。
紐をほどいてるです。


<知らなくていい情報>
久しぶりに、むーとショッピングモールへ行った。
ほんとは買い物の予定はなくて、駅へむーたろうを迎えに行くだけのつもりだったので、部屋着にコートを着ただけだった。
「このコートの下って、クタクタのカーディガンなんだよー」というと
「いいじゃん。見えないし~」と むー。
「うん。だけど実は脇の下に穴が開いてるんだー」
「えー。 知らなくていい情報! しかも聞きたくもない情報ー!」
「じゃ、ついでにもう一つ聞きたくもない情報おしえてあげようか~?」

「じつはー。 今日、パンツを裏返しに履いてるー。さっきトイレで気が付いたー」(^^ゞ
「ぎゃーーー!聞きたくない情報ーー!!!」
「もし、ここで倒れたらさー・・・・」
「・・・・わかった。 わたしが担いで帰る!!」


<出費>
お外の猫たちがいよいよ大人になってきた。
まったくバラバラに暮らす様子がなく、兄弟3匹(プラス育ての母うしこ)がみっちりくっついて軒下のダンボール箱に詰まっている。
って、箱も用意して餌もくれてりゃ、飼ってるも同然。
これじゃ、ますます増える。うううう・・・・みけ子だけでも捕まえて避妊?と思ってたら朗報。
野良猫対策をしている獣医さんを、夫のいとこが教えてくれた。
さっそく電話したら、捕獲機も貸し出しているとのこと。
餌でだいぶ懐いたとはいえ、のらの子はのら。家猫のようにおとなしくはない。捕獲機が必要。
借りに行って、詳しくお話もしてきた。
野良猫対策としてなら、雄雌関係なく同料金で、普通の雌一匹分の料金で3匹手術してくれるという。
安価でいい加減なところもあるけれど、そういうことはなさそう。
説明と手続きは、きっぱりとした奥さんがしてくれて、奥の方で(多分ご主人?)獣医さんがにっこり。
出費ではあるけど、いたしかたがない。
来週つれていく予定。  



a0158478_00061344.jpg
乱視?

いえいえ。2匹。









 












[PR]
by vinge | 2015-02-07 08:00 | ねこ | Comments(5)

2月

a0158478_16480989.jpg

白菜の花 

台所で、いつの間にかつぼみを付けてた。
(って、どんだけ放置してたんだろうか?というつっこみは無しで)






2月がはじまった


数日の暖かさの後の、急激な冷え込みで感情が揺さぶられる。
ん~。まだ冬だったか。(あたりまえだ)

先週木曜日に、2軒先の新築ご近所さんのおうちにおよばれした。
約1年かけて建てたセルフビルドの木のおうち。

玄関を開けると工房の土間。
普通の玄関ホールらしきものはなく、次の扉のむこうはすぐ生活圏内。
すっきりとシンプル。夫婦二人と猫二匹に必要なものだけしかない。

部屋に通されて、第一声は「あったか~~~い♡」
ものすごく暖かいのに、暖房を一切使ってないというから驚く。
この暖かさの理由は、すべてが北海道仕様で断熱しているからなんだそうだ。

うちを建てたてた時も、日当たりだけはいいので暖かい家だと思っていたけれど、比べ物にならない暖かさ。
さすが北海道。

夫とその家の主は小学校で同級生、中高と同じ学校。
話しは昔話で盛り上がる。

木工作家さんなので、調度品はすべてご主人が?と尋ねたら、自作は、ほぼ売ってしまったので、あるのは作家仲間の作ったもの。
リビングのテーブルや食卓や椅子くらいしか、自分で作ったものはないとのこと。
その椅子のうち一つが、長男さんが小学校へ入るときに作ったものだそうで。

それが木工を始めた第一作なのだという。
それまでは普通の会社員をされていたのだって。

ふえ~~。それが木工作家になるきっかけ?

と驚きながら、うちも子どものために木のテーブルや椅子つくったけどなあ~。とか思い出しちゃったりして。
でも やっぱ違うよな~。違う違う。
なにが違うってうまく言えないけど。
上手とか下手とかそういうことではなくて(几帳面さではたぶんそんなに違いがないと思う)
作家になる人と、そうでない人の違いを見たような気がした。(笑)
なんだろ?

やっぱ、センス? 金爆
まあ、それと、そこに向ける情熱かな?(それ一番大事)

反対隣りのいつも仲良くしている奥さんとは、いつもすぐ1時間くらい話し込む。
今度いらした奥さんとも仲良くできそう。
なによりも、みなさん 猫が好き。 (笑)




もうじき節分

a0158478_18342399.jpg
先日、もう作っちゃたんだよなあ~。(;´・ω・)

だって、無性に食べたくなったんだもん。


















[PR]
by vinge | 2015-02-01 18:36 | つれづれ | Comments(4)