やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

冬の行事

a0158478_17095349.jpg
今日は「道祖神」


冬で一番 寒の強いこの時期、道祖神の前に小屋を建てて、小屋の中には炬燵をつくって、お参りに来てくれた人にお札と甘茶を配る。
同じ名前の「野沢の道祖神祭り」のような大規模なものではなくて、村の道祖神さんを祭る、子どもたちのお祭り。

これが、いつから始まったものなのかわからないけれど、伝承ってすごいなと思う。
この10年で子どもの数が激減して途絶えそうです。 たいへんだー。


職場の今月の特別メニューの日も、行事食です。

消えていく伝統もあれば、爆発的に広がるものもあるね。  
はろうぃん とか ばれんたいん とか 恵方巻とか 

まったく、元のものは無視されてるけどね。 世の中は商売おんりー。
とか、毒吐きつつ  乗っかるのよね。

というわけで「恵方巻」

今月はbが担当。 bはもともと洋食のシェフなので、彼が考えた「恵方巻」はこうなりました。

a0158478_18073244.jpg
え?って思うでしょ?
(受け取った人がみんなそういう顔した。笑)

太巻きを、裏巻きしてサーモンと海老、エディブルフラワーでかざったもの。

bと私でひたすら巻いて、仕上げのお花類を相方さんにやってもらった。
最初は、ラップで押し花のように巻いてね・・

a0158478_18114291.jpg

お花畑~
a0158478_18130630.jpg

本日のメニュウ
恵方巻、海藻と大根のサラダ、茶わん蒸し、お吸い物


裏巻きは初めてやってみたけど、普通の海苔巻きより簡単でしたよ。 
(でも、この1本を無言で全部食べるのは無理だった)←(これは、商売人の策略なのでほんとはどうでもいいのだ)

ちなみに今年の恵方は南南東でーす。 






   

     











[PR]
by vinge | 2016-01-30 17:37 | おしごと | Comments(8)

冬ごもり

a0158478_09381427.jpg
ぱりん と 空の凍る朝



先週土曜日にどっさり買いだめしたので、今週は職場と家の往復のみ。

いささか、飽きてきましてん。 
でも寒いんで、庭にすら出たくなくて。
もう、このまま「クマ」になって冬眠したいわ。

と、そんなぼんやり頭で台所に立つもんだから

a0158478_09484073.jpg
指切りました。


あ。誰かと約束じゃなくてね。
キャベツの千切りしてて、親指の先も刻みましたの。 いたた。

のんのんさんとあずさんに継ぐ、連鎖反応。 ちょっと間が空いたけど。(笑)

夫が先日包丁研いでくれたんですが。 これがね。 研いだ後の「おきまり」みたいになってまして。
毎度毎度なので、最近はめったに研いでくれません。爆
「切れぐあいを、自分の指で確かめる妻」

職場では、手術用みたいなゴム手袋をはめて、さらにポリ手袋で調理してます。 (すごくやりずらいけどしかたがない)
「キャベツの千切りで親指をどうやってきるのかがわからない」といわれ
「家で料理してるんだ」と失礼なことも言われ。

明日は「お楽しみメニュー」の日で、「恵方巻」を巻かなくてはならないので、それまでに「治せ!」といわれてます。
そんな無茶な。(涙)

しかも、ふつうの海苔巻きじゃないんだよ? 
なんか、わたしそんなのやったことないんですけど・・・というような豪華版ですってよ。
ま、「恵方巻にしようよ!」と言ったのが私なんでね。
今更文句も言えまい。 

怪我する前日には、うどんも打てたというのに・・・・



a0158478_10110890.jpga0158478_10111798.jpga0158478_10112804.jpga0158478_10113912.jpga0158478_10114889.jpga0158478_10115720.jpg






































とりたてて説明するまでもない工程ですが、こちらの郷土食「おしぼりうどん」です。
最近だいぶメジャーになって提供するお店も増えましたが、すごく辛い大根をジューサーで絞ってつけ汁にするやり方ではなくて
うちは、辛味の少ない地大根で、大根おろしそのままでうどんにからめます。(こうしてるおうちの方が多いかも)

タオル掛けてる写真は、粉をこねて丸めた後、しばらく暖かいところで寝かせてるところ。
こうすると、絶対猫が来てのぞいたりするけど「こらあああっ!!」て怒りまくるよ。(←あずさんへ) (笑)

蕎麦も打ってみたいけど、こね鉢や、のし板なんかの道具類を置く場所がないからあきらめてる。
うどんは気楽でいいわ~。普通の包丁、普通のまな板でなんとかなるもんね。

a0158478_10382098.jpg
ここ連日やってくる「えなが軍団」
忙しく10数羽
カイガラムシを食べてます。(いい子たちや~)

a0158478_10392777.jpg
メジロも交じってました。

そうそう。 鳥といえば、朝ドラで気になってるんだけど
炭鉱の場面のたびに聞こえてくる鳥の声。 「あおげら」の声なんだよね。(大型のキツツキ)ひょ~~ひょ~ってやつ。
毎回、あればっかり流すんだけど、先日ほんのちょっとだけ、あさちゃんが炭鉱へ行ったシーンで、やっぱり一声入れてるの。
そりゃ、山だけどさー。 なんかそんなに必ず入れなくってもって笑うわ。




[PR]
by vinge | 2016-01-28 10:32 | つれづれ | Comments(8)

冬将軍がやってきた~

a0158478_15082227.jpg
お隣さんとの交流を深めている猫の足跡

うちよりもおいしいものがあるらしいよ


久しぶりの大寒波。
ニュースで「たいへんだー たいへんだー」というもので、昨日のスーパー内はまだ昼過ぎだというのに、パンの棚は空っぽに近かった。

みんな、2年前のあの大雪の記憶が残ってるんだよね。 
あの時はほんとになにも届かなくなって困ったのだった。 
また、あんなことになったら・・・ってどうしても思うよね。  
とはいうものの。
普段はそういう買い方をしてないので、まとめ買いは苦手である。 いざとなったら、コメさえあればいいとかいいつつ
米以外に、小麦粉とか大袋買いしちゃったよ。 どーしよー。
うどん打つしかないな。 ふむ。

そんなこんなで、
昨日は夕方になっても降らない空を見て「いまのうちに!」とか言って、むーの運転で「い〇ん」と「あ〇お」をはしご。
い〇んで、布買い。 ア〇オは、その中にある呉服屋さんで、振袖のクリーニングを頼んできた。
実に、振袖のクリーニングは初めて。
私は何回か着てるし、むーも一回着て、そして今回。毎回引っ張り出すたびに、どんな状況かドキドキするんだけど、案外汚れも虫食いもシミも出てなくて、お店の人も「状態すごくいいですね」とのこと。
このお店初めてなんだけど、まだ若い男の人が二人だけで、ちょっと怪しくないか?とか思っちゃったわ。爆
やっぱり、クリーニングだけじゃ帰さないぞ~、みたいなかんじで、「ちょっと見るだけ見てってくださいな」と帯とか引っ張り出してきたけど「外、雪降りそうだから」と逃げてきた。
やばす、やばす。  あとでネットで調べたら、そんなに悪徳商売するところでもなさそうなので、まあいいか。(今更)
いずれにせよ、Pがまだ着る機会があるし、小物とか必要なものもあるので、ここで揃えるだろうから。
呉服屋さんて、昨今は商売難しいのだろうね。 

a0158478_15434687.jpg
今朝は全面結氷。 
晴れて日が差しているけど、寒い。 耳も顔も痛い。 

a0158478_15491762.jpg
いつも集団でいる方々

a0158478_15500531.jpg
昼間はおひとりが好きな方
(寝るときだけ集団になる)

a0158478_15563720.jpg
いろんなフィールドサインを見て歩いてると、Pと歩いてた日を思いだす。

この前白鳥を見に行ったとき Pが「うちで話していたいろいろなことが、大学の授業の中で出てくるんだよ。だからすごくわかりやすいの」と言った。
えーーー。なんのはなしーー? 笑

まー。確かにいろんなこと話してたなー。 内容はこちらはほとんど覚えてないけど。苦笑
ものすごく多岐にわたって広く浅く、思いつくこといっぱいしゃべった。
散歩しているときも、ドライブしてるときも、部屋で何もしていないときも。
正解も不正解もないし、母さんのいうことはほとんど嘘だと思ってもいいとか言ったりもしたし(ほんとにそうだからな)

あの頃、そうしてたくさん話したことが、彼女の中に少しだけ残って「そういえば、母さんこんなことを言ってたな・・」
と、いつか何かの折に思いだしてくれることがあるだろうか?あればいいな。
くらいには思っていたような気がする。(そして、その日は案外早かった)←

だから、ちょっとだけ、うれしかった。 









[PR]
by vinge | 2016-01-24 16:47 | | Comments(6)

冬の過ごし方

a0158478_10405831.jpg
低気圧は冬型配置になりました。

なので今朝は粉雪

つかの間の晴れ間



夫が毎日家にいるんですよ。←

ええ。まいにち えぶりでい 24時間ですよ? 
それが、もうあなた。 11月からずっとですよ。 

さあ、想像してください。
雪に振り込められて、居間のこたつでずっとお互いの顔を見つめ合う時間を!!!



(∩´∀`)∩  



いーや。
お互いの顔なんか見ちゃいませんけどね。お互いの目の前はそれぞれのPCだしね。

とはいえ、やはり、定年後の夫との過ごし方は、想像していても現実はやはり厳しいものがあります。爆
集団の難しさというのは、この一対一から始まるんだなって、改めて感じる日々ですよ。ふふ。

たとえ家族であってもね、娘たちとだって、四六時中一緒ってのは難しい。
で、Pの場合は「住み分け」で過ごしたし(それぞれの部屋にいる時間がある)
むーは、「時間差」でなんとかやってる。(起きてる時間帯が違う)

さて、夫である。 
先日までの外が暖かい場合はまだよかった。 山に登ってたり、買い物行ったり。

寒くて自室にも籠れない場合はどーすりゃいいの。
というわけで、喧嘩も勃発である。

昨日、冬もののシャツを手渡した際、その場で着替えはじめた夫。
脱いだシャツをその場に置いたので、思わず「それこっちに! 洗濯するから!!」と
ややきつめの口調で言ったところ

「どーしてそんな言い方するの?」 と、夫も やや対抗する感じで返してきた。

ここで、ちょっと注釈しますとね。
うちの夫って、まあ、あまり怒らないタイプでして。 怒ってるときもあるんだけど、怒鳴ったりしないで黙り込む人。
なので、このやや対抗する感じは極めてまれで、ああ むっとしたんだなーってわかるかんじ。

で。この場合、若かりし頃なら わーわーはじまるところ。(どんなよ)
私も大人になりましたので、いったんここは引きさがりまして、洗濯物を所定の場所に収めたのち

「どうして? どうしてか? それはですね。経験則によるものですよ。
 あなたは、今まで何度も脱いだものをその場に放置してきた。 それを私が片付ける。
 今回も、あなたがその場に置いたシャツを見たら、ああ、またそこに置かれっぱなしになるんだな?と想像が付くから、むっとしてしまうのだよ。」と静かに言い返してやった。

すると
「じゃあ、それを片付けてね? っていえばいいじゃん」 と、負けないので

「そこも経験則。 今まで何回も私はそう言ってきたと思いますけどね。」

夫。別部屋に引き上げましたとさ。

うちの喧嘩は静かです。爆

しかし。 あとで思うに、私が男だったら、こういう妻は嫌だな。 金爆

a0158478_11311482.jpg
職場に行くまでの道で最難関の坂
車では登らないし、歩くと転ぶ。

迂回するのが一番の最善策 人生も ←


再び降り始めた雪。

「たべる?」と夫がみかんを差し出す。 まあまあに平和。(笑)

こんな日は読書だなあ。
久しぶりに図書館で借りてきておいてよかった。

昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか

大塚ひかり/草思社

undefined


「昔の老人はやばかった!」 ええ、ほんとにやばかったですよー。
古事記や日本書紀には書かれない庶民の状況を昔話が語り継いできた。老人と子供に対する厳しい現実。
お年寄りを大切に・・・という考え方は、儒教の影響なんだろうなあ。
「まんがにほんむかしばなし」なんてほのぼのしたものは、明治以降にあらためられたものですってよ。
だろうねえ~。

村上さんのところ

村上 春樹/新潮社

undefined


わたしにとって、読まず嫌いのむらかみさん。昨年の17週間だけ、読者とメールでやり取りしたものをまとめたもの。(もちろん抜粋)
やー。面白いなー(まだ途中) 夕べは読み止まらなくて眠れなくなるところだった。
それにしても、わざわざなんだろうけど変な質問してくる人が多いわ。(笑)
で、小説はどうにも頭に入ってこないんだけど、これ読んでいたら、エッセーから読めそうな気がしてきた。
むらかみさんのルーツは、こちらの土地に関係ある武将のかたらしいことも、おっ!と思ったり。

伊勢の神宮 御装束神宝

南里 空海/世界文化社

undefined


美しいです。


a0158478_12123053.jpg
まだまだ積もりそうだわー。

皆様もお出かけの際にはお気を付けて~。












[PR]
by vinge | 2016-01-20 12:13 | つれづれ | Comments(8)

メンテナンスあちこち

a0158478_13442600.jpg
暖冬の大雪といえば上雪(かみゆき)

関東地方大雪警報です。


まあ、だいたいこんなことですね。
自分の誕生日の近辺はなにかしらと天変地異が・・・・・苦笑
それでも、昨日じゃなくてよかったよね。受験生のみなさん。


先週末、誕生日直前の人間ドック。 いろいろ問診票やらに書き込むとき、たとえ二日前でも「いいよね。まだ52歳よね。」と
ひとりごとでも念押ししつつ、正しい表記。爆
当日は朝から原因不明の足首の神経が痛んで、せっかくの病院なので「ここが痛いんですけど」と訴えるも、看護師さんにも先生にもスルーされ。
数字の結果だけ見て「ま。いいんじゃね?」というお答えを頂いて帰宅。

その「ま」という部分は 若干基本数値というものより高かったり低かったりした部分を指しているのであって 
機械はたとえコンマ1多くても少なくても「H」だの「L」だのと打ち出してくるけど
人間そうそうきっちり基本数値に入るわけじゃなくて
その年齢、その時の体調によりいくらかの上下があったっていいんじゃないのー?と。
そういうアバウトな感覚の「ま」が人間の出す判断。
私もそっちを信じておくよ。

で、足首の痛みも午前中で消えて、たぶん、前日にいろいろやってたんで冷えたんでしょう。
なにしてたってね。うちの洗面所の洗面台を交換してたんですよ。

もう数年前から、そろそろ買い替えかなあ~?と思ってたのだけど、うちの洗面所って狭くてね。洗濯機も置けないの。
で、やっと昨年末にホームセンターに注文して、先週工事に。
取り付け工事はお店の人に頼んだのだけど、いざ来る直前になって「取り外しだけ先に自分ちでしておいたら?」と夫に提案。
そうだなってことで、取り外してみたら案の定。
水がこぼれて床が傷み始めてるじゃないの!

a0158478_14165819.jpg   やっぱりなー。ここら辺は見ておいて正解だった。
  
   「このさい、クッションフロアも張り替えよう!」と夫に言うと
   「えー? いまからー??」とか言うのを

   「大丈夫だよ。 一時間もあればできる!」と、ごり押しの妻。

    業者さんが来るまでにあと3時間。

    楽勝! にやにや。


    いやね。もちろん張り替えるのはあなただけどね。 にやにや。

 言われて工事中の人⤵
a0158478_14290227.jpg

 2度ほどホームセンターへ床材やらなにやら買いに走って、業者さんが来る15分前にすべて完了。


ほら~~~。 やればできるじゃん~~~~。←


a0158478_14271436.jpg
あとは棚が欲しいかな。とつぶやいてみる。

なにやら、住宅業界では「20年でリフォームを~」とか宣伝なさってますが、
確かに20年以上たつとあちこちメンテナンスが必要になってくるね~。
ちなみに、洗面台って「10年がお取替え目安」とか書いてありましたよ。 ほんまかいなー。(;´・ω・)
次はお風呂だなあ~。 やれやれ。


ドックも無事済んで、昨日は甘いものも解禁になったので(爆) 
いろいろにかこつけて食べ過ぎて、あっという間に体重計のメモリが・・・
でもだいじょうぶ。 神様が大雪をくださったので、朝から雪かき頑張りました。
ふふ。 人間もいろいろメンテナンスが大事になってきますんで、気を付けて使いましょうね。

   

[PR]
by vinge | 2016-01-18 14:46 | つれづれ | Comments(6)

白鳥を見に行く

a0158478_15224599.jpg
そうだ!白鳥を見に行こう!



というわけで、11日にPのところへ行ってきた。
というか。 逆で、Pのところに用事があったついでに白鳥を見に行ったというわけで。
ま、どっちでもいいんですけど。

あとわずかな松本暮らしなのだけど、寒さがようやく本格的になったら、やはり寒くてエアコンではどうにもならないというので、
急遽電気ストーブを届けに行った次第。

白鳥のいるのは、安曇野市 白鳥湖。(といっても川)

a0158478_15332974.jpg
おーい!白鳥いないぞー!


今年は新潟も雪が少ないので、こちらまで飛んでこない。(雪が少ないと、あちらの田んぼでえさがとれるから)
それでも、川の流れのある方に出てみたら

a0158478_15372431.jpg
あー。いたいた。
この日は50羽ほど。みなさん丸まってお昼寝中。


こちらの白鳥湖へは、何年ぶりかなあ~。 何回も来たような気がしていたけど、7、8年ぶりくらいかもしれない。

白鳥以外のラインナップを~
a0158478_15432764.jpg
きんくろはじろ

このちょっととぼけた感じが好き♡

a0158478_15443459.jpg
「カイツブリ」はお食事中
獲物が大きすぎて悪戦苦闘の末、逃す。ざんねんさん。

a0158478_16582183.jpg
「おなががも」の名前通りに立派なしっぽ(尾羽)

それに対して、カイツブリの「気持ちばかりの尾羽」ったらね。

a0158478_17020217.jpg
まあ、ふわふわおしりもかわいいよ。


その他、「ともえがも」だの「はしびろ」だの「オオバン」だの いろいろ。種類が多くてとても覚えきれない。
Pがあれこれ教えてくれるけど、Pもメスの種類までは識別できないそうだ。(メスはオスと柄が違うので)

しばらく楽しんだけど、風が冷たくて退散。
久しぶりの鳥見だった~。

この後、市内をぐるぐるして、特に珍しくもないところでお昼ご飯。 アパートに戻ろうとして途中で「あ!このお店に入りたかったんだ!」と、川のそばのアンティーク家具のお店を発見。(併設のカフェがあるらしいのよ)
どうもリサーチ不足でいけないわwww
よし!引っ越しまでに今度こそ! (と意気込んで、また蕎麦屋!?)










[PR]
by vinge | 2016-01-15 15:45 | とりのはなし | Comments(6)

愛をくらえ

a0158478_07281014.jpg
冬らしい寒さがやってきた

池も凍る



カーテンを開けると





a0158478_09145209.jpg
猫も張り付く朝。



昨日は、毎年恒例の子どものお手伝いの日。
もう何回目になるのかなあ。もう慣れたし楽しいのだけど、昨年のときの担当職員が変わらないので気が重い。
前回は「お勉強」ぽかったみたいに言われたので、今回はそういうことはほぼ抜いて、ちょい悪おばさん風でやってみたよ。ふふん。
子どもたちは毎年変わる。今年は人数も多いし3年生の数人が元気いっぱい。楽しかった。
それなのに「ただの託児所ですよー」と、担当職員さんのボヤキ。 やっぱり変。
終わったら「やっぱり、この回は子どもたちがおとなしくなるから外せないねえー」とかいうし。
なんかね。この人の言葉には愛がない。
愛をくらえ!


a0158478_09411824.jpg
夕方夫と久しぶりに散歩。
日が傾いて、家々の壁が金色に光る。 おもちゃ箱みたいなそれらに、子どものころの記憶がよみがえる。
遠くの家の窓に明かりがともる頃の風景。
あの一つ一つの窓の中は、どんな暖かさだろうかとか、どんな家族がいるのかなとか、
まるで、マッチ売りの少女のような気分で、少し悲しくながめてたっけ。
夕方出かけるのは嫌いだったな。
幼かった自分に 愛をくらえ。


もう毎年異常気象なんで、なにが異常かわからないけど
a0158478_09494872.jpg すでに梅が咲いてたよ。

 早くても2月中旬だったのに、こんなに早く咲いてどうなるんだろう?
 梅の実はなるのかな?

 とはいえ、この梅の木は荒れ放題の畑の中で、もうこの梅が生ったとしても誰も収穫する人 はいない。



a0158478_09541606.jpg
a0158478_09545177.jpg


a0158478_09542583.jpg
この前、見慣れない三毛猫が庭に来て、うちのお外組がフーフー怒ってたっけ。
その子も耳が「カット」されてた。

ちょっとほっとした。

a0158478_09551327.jpg
まだ、書く気になれないけど。
昨年は、4匹いた彼ら。

今は3匹だけ。

a0158478_10025103.jpg
出来ることはこれだけしかない。

愛をくらえ!






以上。本日のBGMは
「愛をくらえ」でした。
a0158478_18271479.jpg
のんのんさん。ありがとう~!






[PR]
by vinge | 2016-01-10 10:06 | つれづれ | Comments(9)

仕事始め

a0158478_13423634.jpg
ほら、あれがヤドリギ




暮れからずっといいお天気が続いてます。
これから本格的な寒さってくるんでしょうかね? 

さて、今年も4日目です。

皆さん、ご覧になられたようですが、たもりさんとつるべさんとさかいさんの番組。
あれ、番組としてみると、何とも中途半端で物たりない気がしたんですけど(二つの番組が一回分の時間枠だもんね)
地元民としてみるとですね。

あんなもんかなー・・・・と。
あんなもんですよ。
あんなもんくらいしかないってことよ。 爆

だってね。お城は無いわ、仙石さんがいろいろ作り直してるは(しかも一回埋めてまた掘って)真田屋敷もないわ
真田さんもいないわ。地元民が真田さんに興味無いわ・・・で、モー大変。
突っ込みどころだけが満載。←←←

で、つるべさんが真田屋敷跡で会ったおじさんがね ここ!で説明してくれたおじさんだったので
「あ!あの人!!!」って思わず声あげたわ。我が家で一番の盛り上がり箇所。

ま、なんというか。上田よりも松代の人のほうが、真田に詳しいのじゃないだろうか?って気がするけど。(それ言っちゃダメ)
ドラマに期待いたしましょう。


仕事始めとかタイトル書いといて、私は明日からなんですが。(笑)
Pは今日から学校が始まるので、昨夕アパートに夫が送っていきました。 
夕方のせいか、寒いせいか、なんだか夏に送った時よりも寂しい気分。 
あと2か月で帰ってくるのにね。  

子育ても終わったし、そういうことでめそめそしていたくもなし、やはり、自分は自分で何か没頭することが欲しいけど、なかなか新しいことは見つけられないんだなあ。
ま、結局は継続してやってきたことはこれからも続けていくけどね。

昨年入った新人さんに教えていただいたこと。
彼女は私より6つ年上なんだけど、いろいろな仕事を覚えていくときに、これは難しそうとか、めんどくさそうと思うようなことでも
「やってみますか?」と聞くと
「それやってみたいです」というのね。
「やります」でもないし「できるかなあ~?」でもない。 

もちろん、やっていただかないことには仕事にならないので、「やる」しかないのだけど・・
教える側としても「やってみたい」って言われるのと 「え~、それやるんですか~?」といわれるのじゃ気持ちが全然違うしね。

で、私も、なにかしり込みしてしまうようなことだったり、苦手意識を持っているものにも、
「やってみたい」と言うだけでも、ちょっと向かい方が変わるんじゃないかと思った次第。
言霊で。(ついにそこに頼るか)

で、新年早々に「やってみた」のは

a0158478_14491871.jpg




a0158478_14494168.jpg
着物の着付けです~~。(髪の毛も結ってみました=)

着つけは人に頼まなくちゃだめだろうなあ~。と思ってたけど、 案外なんとかなった。
着つけられた記憶と、ネット検索で。
ただし、ちゃんと着付け出来る人は薄ーーーーーい目で見てくださいね。うすーーーーーーーくね。爆


せっかく着たんだし、義母にも見せたくて義母のいるホームに行こうということに。
「いや、おばあちゃんだけじゃなくて、ホームの皆様も若い子の着物姿見たら、いろいろいい刺激になると思うよー」
とか、皆様の慰問もかねて。(笑)

ロビーに入ったら、ほんとに皆さんの目がこちらに一斉に向けられ、「まあ~きれい!」とか「こっちにもみせて!」と声があちこちからかかり
ぼんやりすわっていたおじいさんは、しばらくPを眺めたのち

「おおおおおおおお・・・・・・・目が覚めるようだ!!」と発せられ。
覚醒されたもよう。爆

肝心の義母は、終始「だれ?どこのおじょうちゃん? あんたのまご?」と夫を指さしてましたけどね。 金爆




[PR]
by vinge | 2016-01-04 15:06 | つれづれ | Comments(8)

あけましておめでとうございます

a0158478_23345496.jpg
始まりの朝は白一色


2016年スタートいたしました。

今年もよろしくお願い致します。



a0158478_23394056.jpg
除夜の鐘が鳴る頃に少しだけ降り積もった雪。 
新年のスタートが美しい朝はうれしいなあ。



まずは、ことしは我が家の元日の朝の食卓を出してみよ~~。 説明するまでもない、定番中の定番ぞろい。

a0158478_23513457.jpg
さて、ここでお気付きになりますでしょうかねえ。 手前のお皿が逆向きなのを。
正月に限り使うこのお皿、いろいろを乗せるときに逆向きにしちゃったのよね。A型夫、こういう事だけはすぐ気づく。
いやだわ~~。

で、「まー。いいじゃん。こんな時こそ難を転じて南天の葉」とか言うのがO型の妻。

a0158478_00060248.jpg
このお皿かわいいでしょう~。
(料理より皿)

a0158478_00070125.jpg



a0158478_00072047.jpg
豆にね。 まめまめ。

浸し豆は、昨年「鞍掛豆」を買い損ねた! そして、黒豆はしわしわだ~~~。

言い訳するわけじゃないけど、以前、そりゃあふっくらつやつやの黒豆をレシピ通りに作ったことがあるんですよ。
それを、昭和ヒトケタ生まれの方々に食べていただいたとき。

その入れ歯にも優しい柔らかい黒豆をたべながら
「わたしらはさー。 やっぱ黒豆ってのは、しっくらもっくら噛み応えのあるのがいいんだよね~~。あははー」ですとーーー!!
(しっくらもっくら・・・・こちらの方言です。おのまとぺ)
 ふっ。 しわしわで、芯が残るくらいがちょうどいいと。( ̄▽ ̄)田舎のおばあちゃん。歯は丈夫。まめは固いのがお好き。

で、そんな豆でお育ちになった夫も、こっちのほうが好きみたい。  ま、好みですよね。

私自身は、子どものころの食の記憶があまりなくて(ものすごく小食の子だった)
かなしいかな、これがどうしても好きってものが無い。
そもそも、食に興味がなかったってくらいだったし。(だから、子どものころの話ね)

卓上にちらちら見えてるミカンは、鎮守の森の神社で早朝お参りに行くと配ってるもので、そこは夫だけが毎年行く。

一家では、毎年2日か3日にいつもの神社に行くのだけど、今年は1日に出かけた。

a0158478_00341072.jpg
「生島足島神社」

午前10時前に着けば、らくらくお参りできるのに、ちょっと時間が過ぎると長蛇の列。
今年は出遅れて10時半。
この鳥居の下にギリギリ並べたけれど、ここから後ろはすぐ道路で、列は歩道に出てあっという間に100mくらい並んだかな。

a0158478_00414632.jpg
すごく並んでいるのに、境内の中を見るとそれほどでもない。
「なんでだろう~?」と思ったら、手水に手間取っていたのね。 そこを過ぎたらすいすいでした。

いつものお参りコースをたどって、お守り買って、おみくじ引いて~~。

Pとわたしが「大吉」でしたよーーー! むーは中吉。

商売は「ひそかにするとよく」て、旅行は「早く行きなさい」だそうだ。

ひーーーー。どこにーーー? どこに行けばいいのーーーー???と思ったら

方向 「どこの方向もよいでしょう」 だって。(笑)






[PR]
by vinge | 2016-01-02 00:57 | つれづれ | Comments(12)