やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

限定品に負ける

a0158478_11264953.jpg
数多くの果物の中で
この季節限定のプラムが好き


自分の稼ぎでなんでもやろうと思っていた18歳。
働き始めて数か月たったある日の夕方  駅に向かう坂道の途中にある果物屋さんが気にかかっていた。

店先の真っ赤なプラムはひと山200円。

高校生の頃のお小遣いは、月ぎめ小遣い制ではなく、必要な時に申告する方式だったので、なかなかいいだせなかった。
参考書類を買うとか言えばいくらでも出してくれそうだったけれど、嘘ついて別のものに使えば成績の伸び悩みで追及されそうだし
せいぜい、普段弁当は自分で作るところを、時々「今日は忙しいからお昼代を・・」といって数百円もらうくらい。
その数百円は絵の具一本買ったらおしまいなので、お昼抜きの日が多くて。
どうしてもおなかすくと、食べたいものではなく百円で最大カロリーが取れるものは何かを必死で考えて買い物した。

そんなビンボーが3年間でしっかり身に沁みついていたので、初給料で数万円という数字を見た時「なんて大金なんだ!!!」と思い
「こんなに使いきれない・・・」と本気で思ったのに。

プラム一山200円に 何日も躊躇した。

やがて、その季節にも終わりが近づき、ほかの果物の陰に押しやられる頃、ようやく真っ赤なプラムひと山を買って帰ったが。

西日の当たる店先で熟れたそれは、ひどくまずかった。






というわけで、限定品に弱い。 買う時期を選べって話よ。


昨日夫と出かけて、あちこち用事を済ませた後、近所の酒屋兼何でも屋に寄ってみた。
主体は酒屋なんだけど、お菓子とか観葉植物とか、苗ものとか、パンとか、いろんなものを売っている。
お菓子のコーナーは、昔からおばあちゃんちの菓子皿にあったような雑菓子やら、健康的な無添加菓子の横に、派手な着色料の飲料とか置かれてたり。夫の好きな「しるこさんど」は7種類も置いてたりする。

ぱらだいす♪

で、そういうものはなるべく無視して、必要なものだけ買おうとしてるのに
目に入る「限定品」

a0158478_11271942.jpg
長野といえば「八幡屋磯五郎」のガラムマサラ。 それのご当地ガラムマサラ。
もうさ。 えぐいね。 どこまで引っ張るん。大河ドラマ。

とかいいながら、かご入れてる自分もどうかと思うけどね。 

「いや、もうこれだけにしよ! 今日あんまり持ってないもん(おさいふ)」と、レジでお支払い。
が、ふと思いだした。 ここ酒屋だわ。(今更)

先週末に会社の飲み会があって、そこで盛り上がった話題が「マリコヴインヤード」のワイン。
さきごろのサミットでも使われて、大変な人気で近くのスーパーに並んでいたのが、もうどこの店舗にもないという。
みんなで「無いとなれば飲みたいねー。どこにあるんだろねー。見つけたら教えてねー。」とか言いあったのだけど
正直、うちはあまりワインに興味が無い。
しかも、それ高いのよ。 
たまに飲んだとしても500円くらいで買える「おいしいワイン」ていうので充分だったりするもの。
それを、夫とちびちび1週間くらいかけて飲む程度。

なのに。 
あれほど盛り上がったあのワイン。 もしかしてこの店置いてないか?と思ったので、もう一度酒コーナーに戻ってみた。

「あるじゃん」

国産ワインコーナーの隅っこに たったの3本。 

夫、しゃがみ込んでラベルを見ると

市内限定販売

え? 市内だけの販売?  






a0158478_12320242.jpg
大人になったわー


「うましか」だわ


しばらく眺めて反省しよっ










[PR]
by vinge | 2016-06-25 12:09 | つれづれ | Comments(10)

雨の日は謎の液体作って・・・

a0158478_10361439.jpg
「マメコガネ」の食害痕

あらゆる植物の葉っぱをこんな風にすっかすっかにしちまうのよ 涙


相変わらず虫と闘う日々である。
畑のうねうね系の虫は夫に任せ、庭の甲虫類は私が担当する。バケツとひしゃく持って。

まったく農薬を使わないわけではないけれど、出来れば使いたくない。
というわけで、雨の中「無農薬農薬」作りをしている。

a0158478_10555475.jpg
この前、何かの本で見つけて、あ、これなら材料があった!と思って、さっそく仕込み。
ホワイトリカーに唐辛子とニンニク ヨモギの葉。 あとはここに除虫菊が入るのが決めてらしい。
あー。除虫菊かー。それ無いわー。
「決めて」が無いのはいかがなものかと思うけど、まーこれでも効きそうじゃない? 
これを2か月放置するといいらしい。
ちょうど古い唐辛子とニンニク処分しようと思ってたところだから何でも試しよ。
ヨモギの葉はお風呂用に乾燥させておいたものだし。

家に、ヘンな液体が増えていく。
a0158478_00001537.jpg
これはローズマリーの抽出液。 だいぶ時間が経つからこんな色だけど、最初はもっと鮮やかな緑色。
100ccの無水エタノールに20グラムのローズマリー(生でも乾燥でも)を漬けて2週間で抽出し、ワセリンを湯せんして抽出液を2対1の割合で混ぜる。(泡が出てくるので消えるまで混ぜる)
 これで「アンチエイジング」効果のある軟膏のできあがり。(個人差があります)
と、むーがこの冬作ってくれたものの残り。
え? 効果はどうだったか? だからー。個人差があります。(笑)
で、この残りの液体は、ルームスプレーにしようかどうしようかと迷ってるうちに蓋が開かなくてー。爆


a0158478_11265493.jpg
これは、ラベンダーを酢に漬けて2週間明るい窓辺に置いたもの
シンクをみがくときか、窓ふきに。  ほんのりラベンダーの香り。梅雨時の掃除にとてもよいです。

あと、写真的にあまりよろしくないので、画像がないですが。
外に「納豆を混ぜた雨水」をバケツにいれてある。
納豆菌はうどんこ病の防除に役立つのよ。 以前、納豆菌を小糠に混ぜて納豆ぼかしを作ろうとしたんだけど途中で発酵が止まって失敗。
どうもその時に納豆を水道水に混ぜたのが敗因らしくて。(カルキで納豆菌が死滅)
以来、菌は汲み置きした水道水か、雨水利用。


夫が、怪しげな眼で見るけど 雨の日はこんなことしてるのが楽しいよね。

あ、一昨日仕込んだ梅も順調に水が上がって 重しを半分にした。 
6キロの梅、塩分15パーセント。 ちょいしょっぱ。





最近はまってる漫画

セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

此元和津也/秋田書店

undefined

男子高校生が二人 河原でひたすら(無駄話)しゃべくるだけの漫画

「走り回って汗かかなあかんのか?なんかクリエイティブなことせなあかんのか?仲間と悪いことしたりせなあかんのか?
 この川で 暇つぶすだけの青春があってもええんちゃうか」

脳内が、関西弁でいっぱいになって口から出る日本語がややこしくなりそう。(笑)
漫才のようで、ぐっとくる場面もあり。笑えるだけじゃないの。ま、好き嫌いはありそうだけど。(そういう漫画しか読まないからな=)
7月2日に実写化の映画が公開。
俳優はすだまさきさんといけまつそうすけさんですってー  いけまつさん色っぽい場面無しですー。爆

阿・吽 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

おかざき 真里/小学館

undefined

こちらも若い男子とはいえ、最澄と空海の話。

おかざきさんて、うちの町の酒造の娘さんだそうです。最近知りました。


漫画でないものも ↓

風の中のマリア (講談社文庫)

百田 尚樹/講談社

undefined


Africaさんお勧めの一冊

まだ途中なんだけど、蜂の世界に忠実。
スズメバチって怖いんだけどなー。あしなが蜂も何度も刺されてるしー。(泣) 
でも、かれらは害虫退治してくれるからね。いなくなったら困るのよね。 


以上 何の脈絡もないものをとりそろえー。
「くまたろうさんのジャンルが広すぎてわからんわ」とは、職場のbの言葉。
そんなことないわ。 ワンピースとか読まないもん。
一般からちょっとずれたところが好きかも。爆


a0158478_13101935.jpg
ビーツ収穫

煮るなら80分くらいも煮なきゃならないですと。

ジューサーで絞って、パインジュースで割って飲むのがお手軽っぽい。
(ジューサー無いからすりおろして絞る?)







[PR]
by vinge | 2016-06-23 10:39 | つれづれ | Comments(4)

梅、不作ですって?

a0158478_16003278.jpg
エキサイトさんの接続がめっちゃ悪くて、手間取ってたら田植えからこんなに育っちゃってたわ!!!怒!


って。これ麦ですがね。



****

a0158478_23260383.jpg
梅の収穫。


金曜日に久しぶりのお休みとって、夫実家へ。
暑くなるぞーと覚悟していったけれど、風がさわやかで、それほどきつくはなかった。
きつかったのは、梅の木が変な場所にあるので、植え込みを跨いだり、よじ登ったりしてその日からの筋肉痛。いたた。

うちの梅は昨年、一昨年と実らなくて、2本あるうちの、古い木は今年もだめだった。
花の時期の雪降り、実りの時期の水不足。もろもろでどこも成りが悪いらしいから、若木だけで6キロ取れれば
まあまあかな。
選別したらもっと少なくなるけど、ま、かわいらしく漬けておこう。

a0158478_23062543.jpg
池の水も干上がっちゃって 睡蓮が入っているくぼみにかろうじて残っていただけ。
水を入れて、ちょっと元気に。
義父母が元気だったころには、この池にも鯉や金魚が泳いでいて、子どもらが落ちやしないかとおじいさまお手製の柵なんかで囲っていた。
鯉がいなくなり、金魚も鷺に食べつくされ、山の蛙が卵を産みに来るようになり、ついに水も枯れる。

ま、ただの水たまりになっていて蚊の発生源になるよりは、枯山水にしたほうがいいかもね。
じゃ、この睡蓮どうしようかね?
うちに持ち帰る? 裏の池に投げ込む?(←不法投棄) うーむ。



帰りがけにPのアパートに寄ってシャワーを借りる。べんりだわ~。(笑)
「寄る」と連絡しておいたから、サークルに行かずにすでに帰宅していた。 
慣れないCADに手こずってるご様子で、夫が嬉々として手伝う。←
やがて、そちらを完全に夫に任せて、女二人で昨今の出来事を話すので盛り上がり。
プリンターを学校の備品使ってたけど、やっぱり自室にほしいというので、買いに行き、そのまま夕ご飯も外で。
帰宅して、またそのプリンター接続を夫がすべてやって、CADの続きをやってる間、引き続きしゃべり倒す。

あれもこれも抱え込む性分を心配したけど、そういうのを回りも気が付いていて、特に年上のもう社会人になってる先輩とかが
「一人で抱えないでね」とちゃんと話を聞いてくれたりしているらしいし、
本人も、ダメなことはダメと、そこそこいえるようになったらしいし、
聞いてないようで、私たちの話を聞いていた夫も、帰りの車の中で「もう、子育ては終わったなー」としみじみ呟いてたわ。爆


a0158478_10171218.jpg
うしこ様の玉座

今日は梅を漬けようかと思ったけれど、もう少し追熟。
お隣から、見事な南高梅が1キロほど届く。今年、ものすごくよくなったそう。

だれ? どこも不作とか言ったの! (自分)


[PR]
by vinge | 2016-06-18 16:14 | つれづれ | Comments(4)

梅雨入り

a0158478_11502225.jpg
梅雨入り後の晴れ間

暑--------!



いよいよ半袖Tに着替えて、出窓に日よけのオーニングをかけた。 



頼まれて、久しぶりに紳士物のスーツのサイズダウン。
アウトレットで、定価15万のスーツが15800円で売られてたってんで驚く。
「ぱちもん」って笑ったけど、布は触ったらわかる。 ホントの安もんとは手触りが違う。
 でもなー。15まん?あやしい。笑
で、ウエストのサイズダウンは、三方詰めというやりかたで、両脇と後ろの3か所からちょっとづつ詰める。
裾上げは、裾上げ機がついに壊れたんで手かがりしたけど、まー へたくそになった。
とにかく、老眼進んで眼鏡外しただけじゃもうだめかも。 いよいよ遠近両用つくろうかなー。



ふぇいすぶっく というものをやらないのだけど
時々、お店のとか、大学のそれとかを見たりする。
最近、ページを開くと 「ふぇいすぶっくにろぐいんせよ」というのがででーんとあわれてじゃまする。
最初画面下のほうに出て、無視しているとど真ん中に、ほぼ画面見えないくらいに大きくなる。
「あとで」言うのをぽちっとすると、またちょっと下に下がるけど、半分は見えない。
ちぇっ。 いじわるっ!  絶対、アカウントなんか作んないからねーーー。怒



a0158478_13444845.jpg また、このところ音沙汰のないPに
 「こんなのができたよー」と写メを送ったのだけど、返事が来なかった。
 ま、そんなことだろうと気にしないでいたら
 その、翌日か、翌々日だったか、夜遅くに電話。

 「父さんからメールが来て、かーさんからメールが来て、今姉さんからメ    ールが来たから、いよいよ心配されてるかと思って!」

  三人ともばらばらに、どうでもいい内容だけど、なんとなくPに送りたくて    メールしてたもよう。爆

  とにかく毎日忙しくて、いちいちメールに返事なんかしてられないそうで、
  また、Pのことだから、頼まれれば断れずで何もかも背負いこんでやしない    かと、話は聞けば聞くほど心配になる。
  と、そういう母だから、Pも何にも言わないんだろう。

  2年生の前期が一番忙しい。とのことで、とりあえずの山場は過ぎたという   けど
  久しぶりの「がんばりますーー」を聞いた。
  彼女の口からこれが出てくる時は結構しんどい時。

  ちなみに、夫とむーが何をメールしたかというとー。
  父は「山であかげらの羽拾ったー」姉は「家猫がかわいいかおしてるー」と   写メ。  


「あたしだって、やまにいきたいっ!猫、揉みたいっ! 工作したいっ!!!!」と叫んでたわ。
あはは。ごめんごめん。こっちはみんな暇なのさ。金爆


今日も明日も、夫とむーはそれぞれにお出かけ。 
来週は、金曜日に休みをとったので、夫の実家に梅を採りに行く予定。 間に合うかな?
さる年の「梅漬け」はなんとかっていうじゃない? (なんとか) 

a0158478_14183862.jpg
木陰でおひるねが気持ちいいねえ~。












[PR]
by vinge | 2016-06-11 12:30 | つれづれ | Comments(6)

大工仕事と畑仕事

a0158478_15203727.jpg
田に水が入り、夜な夜なカエルの大合唱




北海道の置き去り事件解決。

「もうお父さんもお母さんも怒っていないからね・・・」と自衛官が男の子に掛けた言葉が琴線に触れた週末。 涙



今週は土曜日も出勤。 あー。休みは二日ほしいですぅ。と贅沢言ってみる。

夫が毎日家にいるようになって半年。
ようやく、いろいろが定着してきた。  案外なれるのって早いものね。

朝は私より早く起きて、洗濯機を回して、朝ごはんも自分で適当に済ませてくれる。
ゴミ出しもお願いするし、平日の昼と夜ごはんの後片付けもやってもらう。
あとお風呂の掃除とかも。

家事なんか全然やらない人だったんで、多少の雑さには目をつぶって、それでもやってもらうことがありがたい。
台所なんか、週末にちょっときれいにすればいいいことだし。
ま、徐々にほめてほめておだてて、もうちょっといろいろやってもらおう。ふふ。

大工仕事はいよいよ屋根張り。

a0158478_15464310.jpg
屋根材は、透明のポリカの平板。 
冬は日が差して明るいほうがいい。とそこはどうしても夫の希望。 
UV加工されてるというその板を、二人がかりで2枚乗せて、3枚目を・・と思って、ふと貼ってある注意書きを読んだら
なんと、先に張った2枚はUV加工されてない面を上にしてしまっている。

で、また2枚外して裏返して~~。と、もう大汗。
今日は二人して筋肉痛で、こちらの作業はお休み。
梅雨も近づいているけれど、あと一枚屋根板乗せればいいんだから、なんとか間に合うかな?


畑仕事も、今年から夫の気合い充分。赤線から手前側がうちの畑部分。これでちょうど半分。
a0158478_16024648.jpg
雨が少ないせいもあるけど、草もないよー。(笑)そんで、またネギに土寄せしすぎーーー!(怒)

a0158478_16081793.jpg
ベビーリーフが「ベビー」を卒業して、こんなに筋肉マッチョ!

a0158478_16092283.jpg
プランターに撒きなおして日陰で育てて、やっと「ベビーリーフ」になったよ。


a0158478_16111764.jpg
キュウリも種から撒いて、間引きしないで全部植えるから、こんなに。

a0158478_16123280.jpg
トマトとケロロ


なんでも、芽が出さえすれば植えたい人なので、いろんなものがごっちゃ。 夏にはどんなことになってることやら。

冬越ししたそら豆のプランターを外に出して、切り戻ししたら再度実がなったので(数粒)サラダにしてみた。

a0158478_16212822.jpg
名付けて「水玉サラダ」

ベビーリーフが苦くなーい。


これから、うちのサラダバーは、キュウリだらけかもよー。(笑)

明日は、夫は「山の会」で山登り。 
およろしいことで~。




[PR]
by vinge | 2016-06-05 15:25 | つれづれ | Comments(4)

夏支度

a0158478_13451315.jpg
この画像がかすんで見えたかた

かすみ目です。眼医者さんへ。(嘘)





6月になりましたね。衣替えです。

そんな日に限って、肌寒いです。



昨夜のこと、むーが、まるで汚いものをつまむようにして「かあさん。 ほら」と差し出したものは・・・・


あべっちさん! あの帽子が! Pの洋服掛けの下から発掘されました。苦笑

なぜそこかなー。全く記憶に無いし、そこを探す気も全くなかったわ。
もう、犯人は猫くらいしか・・・・(濡れ衣)


さっそく、日差しのきつくなった庭にて着用。


a0158478_14141222.jpg
ぶれてる? 乱視?

嘘嘘


毎年、このリビングの前には、すだれ下げたり、オーニングにしてみたり、緑のカーテンにしてみたり。
暑さ対策もそろそろ考えなくちゃならないんですが。

今年はね。

夫がついに、やる気スイッチ入ったもよう。

a0158478_22155997.jpg
a0158478_22180624.jpg
a0158478_22185529.jpg

テラスの強制破壊から、早何年? (笑)

とりあえず、屋根は夫の希望で「透明」です。

暑いーーーー。爆










[PR]
by vinge | 2016-06-01 22:33 | つれづれ | Comments(6)