やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2016年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年も愛のある1年

a0158478_14520566.jpg

夜明け前に降った雪は、朝日で融けるほんの淡雪



いよいよ押し詰まって30日

夕べは北部に大雪警報が出たらしいけど、こちらは穏やかに晴れて暖かい年の暮れ。
年賀状を午前中に投函。
買い物も混む前に済ませて、家でのんびり、真田丸の総集編を横目で見つつ、窓ふきを少ししたら今年のお掃除ももうおしまい。
今年は料理も全く急いでいなくて、お豆もこれから水に浸すところ。



年末は暖かだったけれど、小松菜もほうれんそうもこのくらい。このまま雪の下で春になるのを待つ。
a0158478_15040161.jpg

夫はテラスをとりあえずの完成に!


a0158478_16195059.jpg


一番喜んでるのが多分この方

a0158478_16213915.jpg
いい感じだにゃ


弓道に明け暮れているPは年末は帰らず、正月に少しだけ帰省の予定。
そんなこともあってか、ますます年末が年末らしからぬ呑気さ。


a0158478_16361157.jpg
カモたちは帰ってきたぞーーー!





さてさて、今年もあとわずか。
この1年、ただひたすら平凡な日々のブログをお読みくださってありがとうございました。
可もなく不可もなく!
そんな日々こそ愛おしく。とりあえず今年はここまでと致します。


a0158478_17345924.jpg









[PR]
by vinge | 2016-12-30 16:43 | つれづれ | Comments(4)

Christmas!


a0158478_15564699.jpg


a0158478_16021476.jpga0158478_16093301.jpg
















a0158478_15573861.jpg

a0158478_15580322.jpg








ピントの合いにくい猫の貴重な一枚









a0158478_16085132.jpg

手繋ぎデートの恋人たち  


 
a0158478_16090339.jpg
え?




a0158478_16011825.jpg
私たちにも愛を!

(みけこ こわー)

a0158478_16013490.jpg



a0158478_16015146.jpg



[PR]
by vinge | 2016-12-24 16:17 | つれづれ | Comments(6)

年末雑感

a0158478_09265760.jpg
年末感を表すならこんな感じ?

実際は穏やかに晴れて暖かいです



今期ドラマは、逃げ恥と真田丸だけだったなー。ちゃんとみたのは・・(朝ドラ今回全く見てない)
真田丸は途中からちょっとだれましたが、三谷さんの脚本の小ネタ探しに集中してなんとか最後まで見ることできました。
(佐助、55歳 体中痛うございます ぷぷ)
今夜逃げ恥最終回! ああ・・・楽しみが終わるー。終わってしまうー。


テレビといえば、10月にPのアパートに某公共放送の契約の方が見えて、家族割で受信料を支払う契約要求してきたそう。
その時うっかりドアを開けてしまったP。何かであわただしくしてた時だったとかで、それでも一度は「テレビありません、スマホでも見ません」といったのだけど押し切られ契約に名前書いてしまったと連絡があったのね。
で「支払う人にも確認の電話しますから」と言っていたというのでその電話を待ったのだけど、全く掛かってこないまま昨日ハガキで「契約完了のお知らせ」が届きました。
スマホでも持ってたら受信料請求って話は聞いてたけど、これってどう?
ほんとっーーーーに、Pはテレビ見ないのにいいいぃ!  


不満といえば、先週末職場の忘年会。
忘年会と歓送迎会は社員全参加で、この時だけ他部署もパートさんも全部参加。(といっても40名ほど)
ところが最近、あちこちで不協和音。日程決めるだけでも揉めに揉めて、なんとか土曜日に行うことで決着。
それでも一次会はおいしいお料理をひたすら堪能して和やかに終わり、2次会は行きたい人だけ-・・ってことで、ほぼほぼ私の部署の人が参加することはなかったのだけど、前日から調理師bが「うちの部署だけで2次会行こう?」と強く誘っていたので
その場で数名のパートさんと社員(3名)で居酒屋へ移動。
このメンバーでは私が最年長。ほかパートさんは平均30代ー。くぅ。
ま、それはどうでもいいいが、今回強く2次会誘ったbは大酒飲みなので、すでに相当な酔っ払い。(ほかは全員飲んでない)
で、こいつが日ごろの不満をみんなの前でぶちまけ始め・・・・一人にからみ始め・・・・絡まれた人がしらふで本音言って場が固まり~~~~。最年長者の私に視線が集まり~~~~~・・・・
仕方なく、その人を取りなすというか、この人を取りなすと、こっちの人を攻撃することになるし・・と、実情の裏の裏までなぜか知ってる私がぐだぐだであーでもないこーでもない・・といってるときに「蛍の光」が店内に流れ始める。という光景。

最悪の状況の中で「居酒屋も閉店時には蛍の光が流れるのかー」と、感慨深い夜でしたことよ。ため息


愚痴ばっかりもなんなので。

夫が年末になって、長年やりかけのテラスの最終段階に入りました。爆
確か・・・・・今年の夏前に何とか屋根が完成し・・その後、デッキ部分に着手するかと思いきや。
材料だけは取りそろえたまま放置。
夏が去り~。 秋の長雨も止み~。 穏やかな小春日和も過ぎ~~~。 雪が降り~。寒波もきて~~。
ああ、このまま春を待つのだな~?

あ? 今からですか? 今から始めるんですね?
というかんじで、一昨日から大工さんになってます。

テラスを作り直そう! といってから幾年月(これ何回も書いてる気がする) 
あせらず、怒らず、急かさず、ひたすら彼のペースに任せること。


けして
「こんの、くっそいそがしいねんまつに!・・・・・怒」とも思わず黙って眺める。


うん。私も大人になれた気がする。へーい。





 



[PR]
by vinge | 2016-12-20 10:31 | つれづれ | Comments(2)

今年を早々に振り返る

a0158478_13551908.jpg
きたぞー
きたぞー

氷点下の朝ー


いよいよ きりりっ!と寒い朝がやって来たとおもいきや、来週は暖かくなるそうな。

そんな月半ば。
年賀状のネタを探して、今年の写真を1月からずっと見た。
私にとって、写真は日記代わり。ブログもそうっちゃそうだけど、なかなか書けないこともあるしね。
(というか・・ブログは最近はどんどん内容的に書けないことの方が多いかも。汗)
で、写真見直してたんだけど、今年は職場の写真が多いなあー。 そのかわりに、何か作ったり、出かけたりが少ない!
なんちゅうこっちゃー! 
ま、お休みの日に天気が悪かったり、長期休暇制度も使えなかったしなー。涙
と、一年振り返って残念な気分になってしまったことよ。


でもでも、今年は我が家にはじめてのお客様を二組もお迎えできたので、そういうことでは、すっごく嬉しい年でした!
そんなお二方から、先日素敵な贈り物が届いたんです。

全体像の写真がボケボケになってしまったのでお見せできないんですけど
Africaさんから、自家製のパンとオリーブを漬けたのと、UFOピーマンの種を送ってくださったのー!(嬉!)

もうね、箱を開けた時のパンの香りがもんのすごくいい香りで、思わず顔突っ込んですーはーすーはーしちゃった♪

a0158478_14134962.jpg
オリーブ!!

実は、オリーブって市販の瓶詰しか食べたことなくて、それがどうして美味しいのかわからなかったのですよ。
うすーくうすーくスライスしたそれを、何かの上にぺらって置いたのとか? 塩味しか感じないそれ。
それが、Africaさんが漬けたのは、そういうのと全然別物だったー!
なんといえばいいいのかな?上等なオリーブオイルの香りがするー。 (いや、だからオリーブだから)

パンもとってもおいしくて、でも一気に食べちゃうのももったいなくて、でもすぐ食べた方が断然おいしいだろうしと
迷いに迷って、ブルスケッタ風に。
a0158478_14273432.jpg
むこう側から、スモークサーモンとオリーブの漬け汁でマリネしたオニオンスライス
トマトとオリーブとニンニク少々
クリームチーズと杏ジャム

県産のそば粉が入ったパンはそのままでもおいしいし、のっけて食べてまたおいしっ!
ごちそうさまでしたーーーー!!感謝!!


で、それから数日して~。
鳥取から可愛らしいクリスマスカードが届きましたっ♡

a0158478_14461270.jpg
5月の連休の始めにいらしたアットロさんのアトリエ(絵の教室)のお子さんたちの、心のこもったカード♡♡


もう、我が家ではクリスマスの楽しみから遠ざかって久しいので、ほんのちょっとだけアトリエのお手伝いサンタを楽しませていただいているのですが、こんなかわいいカードが届いて一気にクリスマスモードに突入です!
みんなありがとー! クマサンタ、来年も頑張りまっす!

a0158478_16445979.jpg
リースが間に合わなくて、スワッグをww
でもこれならお外に飾れるww

a0158478_16472578.jpg
この仔も今年の顔だなww

めっちゃいたずらっ子!
そして、相変わらずカメラの焦点が合わない柄!


(さーて、これから会社の忘年会なのよん。よよよよん。)





[PR]
by vinge | 2016-12-17 16:51 | つれづれ | Comments(6)

秘密の話

a0158478_10050996.jpg
12月と思えない暖かさですが12月です

大掃除は進んでますかー?
(よけいなお世話)



暖かいので換気扇の掃除などをする。
以前なら、顔にモザイクかけて音声変えて「え?そうじですか?気にしなきゃ大丈夫ですよ。ははは」とか言ったところだが
ここ数年は、ばっちり顔出しして「日頃こまめにしてるので15分もあれば終わりますわ~。ほほほ」
と、言ってやりたい。(希望か) 
いや。事実、プチリフォームしてからだいぶ頑張ってるんすよ。(こまめに・・ほどではない) 
換気扇に限るけどね。
ほかは相変わらずモザイクの人。ほほほ。




先日、突然にPが帰宅。
日々忙しく暮らして、もういっぱいいっぱい!ってかんじになると、酸欠の金魚みたいに実家(周辺)の空気が吸いたくて口をぱくぱくさせながらやってくる。
今回は、ほんの数時間しかいられないというのにどうしても帰るというので「じゃ新幹線でいらっしゃい」と言ったら
「そんな贅沢できない」と謙虚な姿勢。
「あのね。そりゃ贅沢じゃないくて必要な時間をお金で買ったと思えばいいんだよ」といってやったら
「いやさすが、先人の言葉は違うなー」とかいったくせに、結局各駅停車に乗ってきた。

家に着いたのがお昼ちょうどで、午後の授業が始まるまでに帰るとしたら、在宅時間は1時間半ほど。
こんなにちょっとしか時間がないのに、わざわざ帰ってきたのには、ちゃんとした理由もあって
今年も伊勢神宮に行ってきたお土産持ってくることと、冬もので足りなかったものを取りに来ることやら、その他もろもろ。

お昼ご飯を4人でわいわい食べて、食後夫とむーがそれぞれちょっと離れた時、「外見てこようかな」というから
「うん、行っといで」と、一人で散歩に行かせようと思ったんだけど
なんとなく話したそうだから一緒について出た。

池のむこう側の建設工事の絡みで、周辺の景色も以前とはずいぶん様子が変わってしまったけれど、Pにとっては懐かしくて変わらない場所である。



どこまでも澄んだ空と遠くの山々、この日、ふわふわと雪のように舞うのは、雪虫でなく
a0158478_10011276.jpg






こういう植物の種達
a0158478_10014487.jpg













a0158478_10075967.jpg
「ここにくると、今まで自分はファンタジーの世界に暮らしていたんだなーって思うんだよ」

a0158478_10124106.jpg
それからしばし、Pの現実の生活をぽつぽつと聞く。


ほんの数年前と変わらない顔なのに、そっと話してくれたことを聞いてたら
「この人だれ?」ってくらい 知らない人になっている。

もう、そんなにいろいろ話してくれなくてもいいよ。 と、言いそうになった。

言わなかったのは、ほんのちょっとの未練? 苦笑

大人同士は、お互い秘めていることがあるから、大人なんだよ。



ファンタジーの世界は時間を忘れる。
夫が遠くから腕時計振り回しながら「時間だぞーーー!」と叫んでいてやっと我に返る。

二人で走って戻って、大急ぎで支度して車に押し込んだ。

車に乗る間際「・・・・・だから、大丈夫」
と小さく言って、後ろ向きに手を振った。




a0158478_10260271.jpg
藤の種は時期が来ると自然にはじけて堅いさやから飛び出す。

乾いた空気の中に、ぱちん。からんからん。と鳴る
それは、すぐそこに春が来てる音なのだよ




[PR]
by vinge | 2016-12-10 10:38 | | Comments(6)

化学とファンタジーのはざま

a0158478_22135619.jpg

モズと目が合う瞬間



雪虫が飛ぶ午後
a0158478_22205602.jpg

今にも雪が降りだしそうな空気に中に、頼りなげに舞って、ろまんちっくな雰囲気を漂わせてますが
正体はアブラムシだからね。 羽の生えたアブラムシ!

a0158478_23341652.jpg
正式名称はリンゴワタムシ
おしりに白いふわふわしたものを纏って、「雪の妖精」とか呼ばれてるそうだけど

リンゴの木の害虫!
(すべてのロマンチックをぶち壊したい人)





戦後、日本に入ってきたセイタカアワダチソウは侵略的外来種ワースト100に選ばれ、一時期は花粉症の原因とまで言われた。
その繁殖力の強さの理由の一つに、根から植物の発芽を抑制する成分を分泌し、ほかの植物の発芽をさせないことにもあるという。

それを初めて聞いたとき、な、なんと恐ろしい植物!と思ったんだけどー。
近年「思ったほど増えていない」らしい。 どうやら、その抑制成分が自らにも効いてしまったからだとか?
花粉症の原因だって、実は風媒花でなく虫媒花だから花粉は重くて飛びにくい。同時期に日本に入ってきたブタクサこそ真犯人だった・・とか。
なんとまあ、ずいぶんな言われような植物だったこと。

と、秋の終わりごろのセイタカアワダチソウの群落を眺めて思ったのだった。


そんな折、図書館の新刊コーナーで面白い本を見つけた。

植物たちの静かな戦い

植物も生存競争があり、競争相手に勝つための手段として、積極的に攻撃する植物がある。
そのひとつがアレロパシー(他感作用)である。アレロパシーは、植物がアレロケミカルという化学物質を生産し、体外に分泌して、自分の周囲でほかの植物の成長を妨げたり、微生物、昆虫、小動物などの害を避けようとする作用であり「植物による静かな戦い」であるといえる。
(まえがきより抜粋)

外来植物のアレロパシーに関する研究は、セイタカアワダチソウのアレロパシーの論文から世界各地で進んだそうよ。

アレロパシーは他の生物の成長を阻害するだけでなく、促進する関係や、促進でも阻害でもない何らかの働きもあるという。
まあ、まだまだ研究中ってとこでしょうか。

で、あらゆる植物にそういった化学成分があって、それを利用した生態系や農業との関係についても本書は書かれている。
昔からこの作物とこの作物を組みあわせると害虫が付かないとか、雑草を生えにくくする方法とか、連作ができないものとかは、長年の経験や研究からなされているが、
それを、より科学的根拠をもって証明しようとする。

化学用語や化学式は理解できないけれど、子供が大人の本だなから抜きとって難しい漢字を飛ばしながら読むように読んでみる。

わからないなりに面白いと思える箇所を少し。

アレロパシーが強いというと、ものすごく生命力が強く、ガンガン繁殖する植物を思い浮かべるが、日本固有種のオキナグサはもっとも強い生育阻害成分を含んでいるにもかかわらず、絶滅の危機に瀕しているのだそうで、その原因は山野草としての人気から、採集と売買に拍車をかけたと指摘されている。
体内に強い抗菌性物質やアレロケミカルを含み、静かな戦いに有利なはずなのに、オキナグサ自体は成長がきわめてゆっくりしており、多年生で一度掘り取られると再生することができない。
そういう成長が遅く弱い植物が身を守るための武器がアレロパシーでもある。

雑草という定義について、アメリカ雑草学会(そういうのがあるんだって)では「人類の活動と幸福・繁栄に対して、これに逆らったり、これを妨害するすべてとする植物」といういかにも人間中心の定義があり、
それに対して日本では昭和天皇の有名なお言葉「雑草という草はない」と、戦後人手が足りなく、御用邸のお庭の手入れが間に合わなかったことを侍従が謝ったところ「雑草という草はないのですよ。どの草にも名前はあるのです。そしてどの植物にも名前があって、それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるのです。人間の一方的な考えでこれを切って掃除してはいけませんよ」といわれた侍従の記載をあげている。


科学者の、すべてを化学で証明しようとする姿勢には、やや無機質で冷たい印象をもってしまいそうであるけれど、こちらの本は昭和天皇のお言葉のような、植物に対する愛情を感じる。
そして、すべての植物との共存共生を強く望んでいるようにも思える。

全く化学に疎くても、そういった姿勢が垣間見られるところに、読み進める楽しみがあるし、うちの畑でも試してみようかなと思えるものもあったり、化学への興味もわく。

とはいえ、長年ファンタジーも信じている自分だし。
例えば、先日山で迷子になったお子が無事保護されたときも、気温が高かったからだとか、いろんな根拠を挙げられて、もちろんそうであったのだろうけれど、木や森の動物を含め山の神様が守ってくれたのだと思いたい。
a0158478_15352992.jpg
「おねがい!メイのところに連れてって!」
といったわけでないけど木はよける。
(クヌギの木を避けてるの)

















[PR]
by vinge | 2016-12-07 22:26 | ほんのはなし | Comments(2)

師走だからね

a0158478_20431209.jpg
懐かしいほどの
夕暮れの空



ほんとに1年過ぎるのが早いね。
夏至が過ぎて、日が短くなることの感傷に浸る間もなく、もうじき冬至。 これから春に向かうんだー!

と、気早に春のことを思いながら、木の剪定。
剪定というか、バッサリ伐り落としたのが 大きくなりすぎたクヌギ

a0158478_21454940.jpg
a0158478_21484607.jpg
空が広い。
a0158478_22100617.jpg
水分含んだ木は重い
たった1メートルほどでも私には持ち上げられない。

夏にカブトムシとカナブンが集まってた場所
今年は一つもどんぐりが実らなかった







今日の驚いたこと。
いつもよりちょっと遠いスーパーに買い物に行って、レジに並んだら店員さんが「研修中」の人だった。
その「研修中」の札に気を取られながら支払いを済ませて、お釣りとレシート受け取りながら
「あれ?こんなにいっぱい買ったっけ?」と買い物かごを見直す。
ほぼ野菜しか入ってないのになんでこんなにするんだ? と、レシート見直したら

大根 130 
りんご 400 
きゃべつ 130 
えのきたけ 100

毛ガニ    1490

ん?


毛がに ?


どこ?どこに「毛がに???」(この時点で、夫が勝手にかごに入れたかと疑う)
だがしかし。カニ見つからず。

レジに引き返して「あの。毛がに買ってませんけど・・・」とレシート見せたら
「あれ? あれ? なんでだろ?」とうろたえる研修中の方。

結局、サービスカウンターで返金の証明書に名前までかいて返金してもらう。
なんだか、こっちが間違えて買って返品したみたい。

ってか、そもそも店に「毛がに」置いてないじゃん!







[PR]
by vinge | 2016-12-04 08:10 | つれづれ | Comments(8)