やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

梅雨はいずこ?

a0158478_10121749.jpg
続くよ続く晴天が続く~

3回くらい前の記事に「この季節が続くことを切望」とか書いた気がするんですけどね。
たしかに、この暑くなく寒くなく、すがすがしい日々が続いてるんですけどね。

やっぱり雨も降って下さらんとね。(涙)
このさい、のんのんさんにお願いするしかない・・??(拝)


というわけで、ここ3週連続で夫の日曜日は山登りが続いております。
で、自分だけ遊んでるのも気が引けるのか? 土曜日になると「山へ行こう」って誘ってくれます。

結局 山かい!

a0158478_10182626.jpg
ま、太郎山ですけど(市民の山)
しかし、登りませんけど。ふふ。

なにしに行ったかというと、ここに胡桃の木がたくさんあるからなんですがー。

a0158478_10220223.jpg
あるには、あるのですがーーー・・・・(まだ、小梅ほどの大きさ)

今年大問題が発生してるんです。


なんと、どこの胡桃の木も、手の届く高さに実が付いてないという・・・滝汗
というかー

不作?

a0158478_10260149.jpg

昨年は、道の上に張りだした枝すべてにたわわに実っていた胡桃が、今年はそうとう高いところでないと、見つからないんですよ。
まさか、柿の木が一年おきに実るみたいに、胡桃も一年置きなのかな~????汗汗

ま、まだ望みは捨てるまい。うん。



話変わります。 がらり。

DIY好きの方のブログを巡っていたら、素晴らしい情報を入手。

a0158478_10400206.jpg
いま、こういうのこぎりで木を切るときに使う「のこぎりガイド」が百均で売ってるの!(驚)
いや、「ガイド」が世の中にあることは知ってたけど、百均よ!?
角度を5度ずつ変えられて、これにのこぎりを当てて切れば、45度でも90度でも自在にきれるんですよっ!!!(嬉)
も、速攻で買いに走りましたともっ!

いやいや、世の中にはね、DIYがいくら好きでも、どんなにがんばっても、どんなに慎重にやろうとしても

「どうしてもまっすぐに切れない」不器用な人間もいるんですよっ(自分)

滝涙

だもんで。 いつでも夫が「あーーあーーー・・・⤵」とか言ってやってくれるんですがね。
この「あーーーー⤵」を聞かずにやりたいときもあるのよ。

思い立ったら「すぐに!」(ここが重要)
そして、ガイド片手に向かった先は!!

びふぉー
a0158478_10562285.jpg
この昭和感があふれた台所の出窓!

これがねー。お隣のおうちを建て直してからすっかり暗い台所になってしまって・・
しかも、アルミサッシが当時の流行のブロンズ色って言うの? これも暗い一因で。

で、夫が留守の日曜日。 

a0158478_11031260.jpg
いや、もうはかどる!はかどる♪ ペンキ塗り~
隣で「あーーーーーー!」だの「えーーーーーー?」だの言われないで、どんどん進めちゃうわ♪

そして~~~~見よ~~~~~~!!

after!!!

a0158478_11050908.jpg
ぺっかりんこーーーーーん♪




a0158478_10260149.jpg

いやいやいや、まだ途中経過だから。
もうちょっとどうにかする予定だから。

と、とりあえず腰痛に襲われたので休憩中、次週につづくのであります。















[PR]
by vinge | 2017-06-20 11:13 | 作る | Comments(5)

やる気スイッチ

a0158478_13361177.jpg
網戸を張り替えて
家の中から撮ると

フィルター効果がちょい いいかんじ
(自己満足)


梅雨入り宣言されたはずなのに、まるで5月の戻ったかのような涼しさとよいお天気続き。
むしろ、5月のほうが暑かったよねww

妙なお天気ですが、風邪ひいてないですか?

私は風邪はひきませんが、お掃除熱が出たようで、先週から猛烈に台所掃除してます。
だれ? やる気スイッチ押してくれた人?

換気扇から着手して、食器棚、ゴミ箱、吊戸棚、シンク下 などなど。
ま、なんというか。 
使われてないものの多さよww  うちの食器は、ほぼ頂き物なので、もう使わないもの(思い入れのないもの)はバッサリ捨てることに。
「もう絶対使わないよね? 次の燃えないゴミの日に捨てちゃうからね! 拾いださないでね?」と、家族に念押したくせに
「あ。やっぱりこれ花瓶に使えそう~」
と拾いだしたのが自分。

だーーーめーーーーじゃーーーーーーーーーんっっ!!

a0158478_22333898.jpg
庭のつるバラのそばに、鉢植えだった「ばいかうつぎ」を植え直したのが3月。
無事バラと同時に満開。
鉢植えの時より花数が多くてうれしい。


夫が、日曜日に「山の会」で山菜取りに。
採るのはいいけど、持ち帰ってそのまま家の中にどさっと置くだけの人。

うかつに広げると、山からついてきた、あんな虫こんな虫がぞろぞろ出てきてしまうので
外に新聞紙広げてその上で。とりあえず虫を解放してw
蕨のあく抜きのために、庭で灰を作って、蕗は下茹でして、三つ葉もきれいに洗って新聞紙でくるんで冷蔵庫に。
全部の下ごしらえが終わったのが夜10時過ぎww 
もう山菜は直売で買いたいwww

a0158478_22583125.jpg
月曜日のお昼ごはん

蕨のお浸し(生姜醤油)
蕗の煮もの
三つ葉のかき揚げ
そば
山菜をおすそ分けにお隣に出かけて、小一時間おしゃべりしながらお隣の果樹園で収穫したいちご
(このイチゴ、めちゃウマーー!)







[PR]
by vinge | 2017-06-12 23:10 | つれづれ | Comments(4)

東山道をゆく~~ そして○活ー?

a0158478_11073379.jpg
光まばゆい6月


金曜日、素晴らしい青空に誘われて、また「峠熱」を発症。
前回はここで・・↓
どうやらこの季節になると、山のむこう側を見に行きたくなる病にかかるらしいよ。(笑)

で、今回目指したのは「保福寺峠」

a0158478_11185225.jpg
この道は律令制のころ、松本から青木村に下りて上田国分寺を通り東北に向かう「東山道」であり
東山道(とうさんどう)とは、五畿七道の一つ。本州内陸部を近江国から陸奥国に貫く行政区分、および同所を通る幹線道路古代から中世)を指す。(ウィキペディアより)
のであります。
a0158478_11333141.jpg
道は、比較的穏やかに山中を登り、深い谷も絶壁もなく、この季節 指の先まで緑に染まりそうな広葉樹の森が続きます。
その昔は、ここをどれだけの人が行き来したんだろうね~。
今は、車一台が通れる幅で(一応舗装道路) この日はバイク2台とすれ違っただけ~。(人に会えてほっとする)←

明治の時代に、イギリスの宣教師であり登山家の「ウォルター・ウェストン」が来日し、昼頃上田を人力車に乗って出発し、
夕方6時に峠に到着。
目の前に広がる日本アルプスをみて絶賛したそうな。(のちに、世界に日本アルプスを広めた方)
a0158478_11472986.jpg
私も何度も書いてると思うけど、ほんとにこの山を越えた先にアルプスが見えると、毎回感動する。
山の中に住んでいて、山のむこうに山が見えるだけなのに、なんでこんなに感動するんだろね。(笑)

a0158478_11445186.jpg
というわけで、峠の記念碑

でも今回の峠は、私としては景色の感動はさほどでもなく、どちらかといえば、ウォルターさんが人力車に乗ってきたことに驚いたのよ
いや、人力車を引いた明治の人の屈強さよ。爆

それに、この東山道を切り開いたその時代も、ものすごいことだよね。

a0158478_12144496.jpg
日本アルプスの反対側、佐久方面を望む

古代の人が、自分の手と足を使って道を切り開いたことを想像しながら
このさびれた看板を見ると、現代人のひ弱さ(と悲哀)を感じるww

a0158478_12211546.jpg
寂れた交通網~~w

初夏の緑と、景色を満喫して上田に戻る途中。
麓の道沿いに、こんな看板を発見

a0158478_12282992.jpg
ん?「こいわたり?こいど?じんじゃ?」

運転してる夫に「ねえねえ。恋渡りとかって、もしかして縁結び的な?」と話しかける。
夫のあたまにも、私の脳裏にもよぎるのは、我が家の妙齢の娘たち。けして自分たちじゃなくて。(あたりまえ)

いやいやいやいや そんな焦ったりしてないですよー イマドキ、結婚がどうとか言うつもり全然ないしー
結婚しようがしまいが、そういうことって、ほんとに親が口出しすることじゃないしー。
ほんとほんと

なのに、なぜ向かうか?

ほらほら、ネタとして。ぷっ(神様ごめんなさい)

ところが、この神社に向かう道が難所で。峠よりよほど難所で写真撮る余裕もなく
「ねーねー! ここ入っていいの? 車通れる??!!  きゃあああああああーーーーーーー!戻れなくなりそう!!!」
と、助手席で大騒ぎしたのち、無事到着。
神社そのものは、このあたりでは普通に見かける大きさの神社で(奉納舞台なんかもある)
年代的にはかなり古そうではあるけれど、社務所とかはない。 (無人)
夫と二人で並んで拝礼。(ともに何を願ったかは秘密)
ふと傍らを見ると、2段に蓋の付いた鳥の巣ばこのようなものに気が付く、その上に墨書で「婚活御守、授与所」と・・・

おそるおそる、その上の蓋を開けるとただの穴。下の蓋を開くとおまもりが!!!!!(驚)

御守自販機!!!???

しかーーーーーし!値段が書いてなーーーーーい!!

思わず上の蓋を開けて穴に向かって「おいくらですかーーーー?」と叫んでみたけど返答なし。
夫が「そこにお金入れるんだろ?」と後ろからいうから、わかっとるわい! と片手差し出したら、ポケットにあるだけの小銭を出す夫
総額300円あるかないか。(数えてない)
かなり立派な作りの御守なんですけどね。しかも新しいし。でもお値段無いってことは自己申告制ですかね?
と、とにかくよくわからないけどお納めして頂きました。
すみません。今、手持ちがこれだけなんで。(ずうずうしい)

a0158478_12560938.jpg
ドキドキしながらお守りを頂いたものの。
さて。これをあからさまに娘に渡すのはいかがなものか? だって、これじゃどう考えたってよけいなプレッシャー?
そっと隠しておこうか?とか思いつつ、結局夜になって、妙齢の女子に事の顛末を話して御守見せたら
予想に反して
「あーーーーーっはっはっ!!」と大笑い。

ネタにするわっ!」とのことで。はい。親子して。ぷぷぷっ

あとで調べたら、これ500円なんだって。 「うわー。200円あとで納めに行くわww」と娘。

あらら。案外本気? (笑)












[PR]
by vinge | 2017-06-05 11:11 | おさんぽ | Comments(6)