やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

天気がいいので・・

a0158478_10272461.jpg


木金とお休みだった夫。

「天気がいいから出掛けよう~~♪」というので、午前中だけのおつきあい。

すごく近間です。


同じ市内なんだけど、隠里のような・・・・昭和の農村がそのままのような「野倉地区」(上写真)

a0158478_10341139.jpg


日本昔話に出てきそうなポッコリしたお山と、かやぶきそのままの家。

a0158478_10371864.jpg



a0158478_10383693.jpg

a0158478_10385075.jpg




道の、あちこちに栗がバラバラ落ちている。



a0158478_1047111.jpg

                                            ススキとコスモス


a0158478_1048495.jpg



a0158478_10491267.jpg

                              夫婦道祖神様(妻が夫の手をぎゅっとにぎってます)


a0158478_10524482.jpg


                              田舎に欠かせないのは『猫』 ここだけで7匹遭遇。



a0158478_10571189.jpg


                                山の秋に埋もれていく村
[PR]
Commented by あず at 2014-09-28 16:53 x
母の実家が、山の中で、もう少し山の奥に行くとまさにこんな感じでした。
栗て、道に落ちてるもん?笑
丹波栗みたいに大きいのかな、山栗かな?
子供の頃は10月になると、お祭り(15日)の栗赤飯用の栗を山に取りに行かされました、鎌持って。
でも立派な栗はお祭り用で、私ら子供のおやつは、山栗を山に拾いに行ってたよ、鎌持って、もちろん長靴履いてね。
野生児やったわ。
Commented by アットロ at 2014-09-28 19:43 x
まるで、こちらの近郊と一緒です。なんせ狭い県だからこのようなところでも合併して「鳥取市」なのね。そして そんなとこからも40分とかかけてアトリエに通って来るの。住所はみんな鳥取市なのにです。きっと都会のアトリエだと思っているんでしょうね。笑
御嶽山のふもとにもこんな風景あっただろうに。
なんの予兆でしょうかね。気をつけましょう。気をつけようもないけれど。地理音痴なのでくまたろうさん家が拝見させていただいて被ったかと思って心配してしまいました。汗
Commented by アットロ at 2014-09-28 19:45 x
↑灰を と 打ったら 勝手に拝見させて・。・。と出てしまい おかしな文面になってます。お許しを。
Commented by vinge at 2014-09-29 11:33
☆あずりんさん

日本国内限界集落の正統派風景。(´・ω・`)

栗・・たぶんかつては畑の隅に植えた丹波栗なんだろうけど、手入れもされず道にまで伸び放題になって落下していると思われます。
歩いてたらね、目の前に落下してきたんで、拾って夫が食べてた。元野生児。爆
山栗もたくさんあったけど車に踏みつぶされちゃって・・って、自分ちも踏んでたけどね。
もう拾いに来る子供もいないだろうなあ~。(子どもがそもそもいない村)


Commented by vinge at 2014-09-29 11:57
☆アットロさん

こちらもおなじですよ。(*´ω`*)
上田市民12万人ですが、こういう場所がほとんどなので「薄く広く伸ばして12万人」 
そして、どこに行くにも峠越え。
でもアトリエがこちらにもあるのだったら、二山くらい越えていきますよ。(笑)

御嶽山は、美ヶ原高原の頂上からなら煙が見えるかもしれません。
ここから車で3~4時間かかります。
活火山で、こちらに近いのは浅間山。
時々小規模な爆発して煙が立ちますが、最近はさっぱり煙も見えず(前記事の写真)
それでもいつ何がどうなるかはわかりませんね。
地球規模では、ほんのちょっぴりもぞもぞしただけにすぎませんが、人間には脅威ですよね。
ご心配いただいてありがとうございました。
by vinge | 2014-09-27 10:59 | おさんぽ・おでかけ | Comments(5)