やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

明るく行こう

a0158478_22165877.jpg
今回の旅はカメラを持たずスマホのみ
写真へたくそか


 最近有名になりつつある小布施。土日ともなれば激混みらしい。
平日だったので、観光客もまばらで美術館もゆっくりゆったり。
ま、女子受けの可愛らしい小道なんか、整備されたの近年のことだもんね。町おこし頑張ってるなーって感じ。
何よりも、お店やボランティアガイドの人達がみんな優しくて親切で
駅からタクシーで宿泊場所へ行ったのだけど、タクシーのおじさんも「なんか話ししなくちゃ!」って一生懸命で
ぶどう畑から「シャインマスカット長者」の話に夢中になり、挙句の果てに到着場所間違えて玄関前にたどり着けず
場所を知っていた私が「大丈夫です。ここからいけます」と言って降りたのに、ずっと不安げな顔で見送ってくれてーww

田舎のおもてなし隊 まだ慣れてませんっ!! 爆  

お宿は小布施町唯一の温泉宿。温泉だらけの長野県だけど、ここは一軒しかないないのよねー。
そして、そんな温泉大国に住んでいながら、久しぶりの温泉!露天風呂!! 懐かし~湯の香り~~
旅館のお料理なども堪能し
そして、そして修学旅行のハイライトは夜を徹してのおしゃべりーーー!! (道中もずっとしゃべり続けてんのにw)
どんだけしゃべるんだ50代女子
ま、そうは言ってもお疲れの県外組が一抜け2抜け~ (笑)
残ったu-たんさんに、私が寝れないでいるんじゃないか?って心配されながらいつしか二人とも眠りに落ちたのでした。

翌日は小雨。
そしてやってきたのは、「夫」 でででーーん!
久しぶりのお出かけを心配してー ではなくて。 二日目はどうしたもんだろ?小布施狭いからほかにどこか行けないだろうか?
と、夫に相談したら「タクシー」してくれることになったのでした。(半強制)

晴れたら「山か?」と張り切ってたんだけど(夫が)お天気いまいちだし、またちょっと町へ寄りたいし~と、とりあえず

a0158478_23091425.jpg
岩松院 

北斎の描いた天井絵が有名。10年ほど前までは本堂に寝転んで見ることができたのに、今は微かな振動でも絵の具が落ちたりすることがあるので、椅子に座って見あげるようになっていて、監視のお坊さんなどもいらして観光客が多くなるとこういうことにもなるのね。
夫はここに来ると必ず話す思い出話があって、やっぱりのんのんさん捕まえて話してたわw 
しかも、話し足りなかったのかお寺の関係者にまで話してるしーーw  見て見ぬ振りしたけどね。←

次は、小布施を後にして長野市内の「水野美術館」へ~

a0158478_23273007.jpg
日本画中心の美術館で日本庭園が素敵。

3階まで上がって、最初の大きな木の自動扉がさーーーっと開くと 大きな屏風絵がどおーーんと現れて
「おおおおーーーーー!」と感嘆の声を思わず上げ、(擬音炸裂)
u-たんさんの解説に「ほおおおおおおぉ」と感心し  貸し切り状態で誰もいない館内でくつろぎながら鑑賞。
人がいないのは、おそらく昼時で1階のレストランに集中しているからだと思われ・・どちらかといえばそっちがメインだったりする美術館なのね。(ランチとセットの割引チケットなんかもある)
我々もそこでランチをという話もあったのだけど、ごちそう続きもなんなので近間の学食なんかどう?ということになり。
実は、ここはPの大学もアパートも目と鼻の先www(そして、夫は私たちを置いてさっさとpとランチデートに行ってる)
   私も「初学食!」
a0158478_23464440.jpg


 時間が遅かったので、ピークも外れて空いていて
 Pが言うには「社食と同じ」というのであまり期待せずに行ったのだけど
 なかなかメニュー豊富でした。
 ついメニューを写真に撮って職場に持っていこうかと思ったり。(仕事忘レテ!)


 食事後はいよいよみなさんとお別れ。この後、皆さんは松本に移動。
 駅にお送りするために一旦Pのアパートまで。

 夫とPが戻ってきたのと、アパートにたどり着いたのがほぼ同時。
 Pがいつになく女子力高めのスタイルだったのは、皆さんにお会いするせいか?と思ったら
 ちょうどその日に「卒業アルバム」の写真撮りがあったそうな。
 (言うまでもないが夫とデートのためでもない)


 50代半ばの私たち、積み重ねた時間は一緒でもそれぞれ違った人生で、そのドラマがいよいよ佳境に入ったところというところなのかな。
 自分の物語は自分で作るものだから、悲劇も喜劇も自分次第でどうにでもまとめられる。 
 なんて。たくさん語って思ったのでした。

 はー楽しかったー! みんなありがとね。 これからも頑張って(働く?)あそびましょ。(笑)

 
 


 
 
 

[PR]
Commented by u-たん at 2018-06-17 07:21 x
楽しかったねー。色々ありがとう。
自分の物語は自分で作るもの
本当にそう思う。
どうにでも変わる。過去だって。
それには映し出す他人が私には必要なの。
おしゃべり相手って事ね(笑)又よろしく。

散財しちゃったなぁって呟いた私に
また稼げば良いのよって、すかさずくまたろうさん言ってくれたでしょ。
嬉しかった。
まだ私は後ろめたさがあるんだなぁ。
これも過去のトラウマか 親の縛り?(爆)

Commented by バード at 2018-06-17 09:39 x
自分の~人生の中では~誰もが~みな主人公~

上田にも、さだまさしが来てるぞ!!

今朝、あの栗のお菓子を主人と半分個して食べたわ。
小布施は栗の街だわ。

ありがとう。
Commented by のんのん at 2018-06-17 09:40 x
早々とダウンしてしまってごめんね(笑)。

みなさんの語りを聴きながら、実はわたしが一番自分を語ってないかもね。

必要がないのかもしれないし、逆に一番語れずにいるのかも。

散財することには罪悪感はないけどね~(爆)。

大好きな信州、また遊びにいきます。

Commented by vinge at 2018-06-17 21:29
☆u-たんさん
こちらこそありがとう~ いろいろご心配かけちゃったね。(笑)

>それには映し出す他人が私には必要なの。
ほんとそう思う! 今回も、なんだか一人でしゃべってしまって申し訳なくて・・でも、聞いてくれる人がいて、一つ一つのエピソードをきちんと物語の中に収められた気がする。 そして、あれらはみな喜劇だったって思ったのww
ありがとね。こちらこそまたよろしくね。

翌日にはちゃんと稼ぎにお出かけになったu-たんはえらいっ!! (笑)
お疲れ様!さ!次回のお楽しみができるよー! 
Commented by vinge at 2018-06-17 21:55
☆バードさん
なつかしー! さださーん!
そういや、その曲聞いてたのは中学3年のころだったな~(遠い目)

バードさんのアウトバーンの話面白かったー♪
次は、モンブランも食べながらね。(笑)

こちらこそ、ほんとにありがとうー

Commented by vinge at 2018-06-17 23:20
☆のんのんさん
いやいや、旅慣れてる人はさすがだなって思ったよ。(笑)
普段のペースを乱さないのが、どこへでも行けるコツなのかも~。

私、のんのんさんが語りだすの待ってるわ~(笑)
それまでは私の話を聞いてくれれば。爆

ま、どちらでもいいので、ぜひまたいらしてね。お待ちしてます♡
Commented by アットロ at 2018-06-18 20:01 x
ハァーーーー。。。。面白かった。
今取れ 新鮮 ホヤホヤの旅エッセイ。
所々で笑いましたが。。(言うまでもないが・・・)のとこでブハッ・・・・。
よかったですね。いい旅。
行けるときは 行かないと 二度とない今だから。
いい旅の感じ伝えて下さってありがとうございました。
Commented by vinge at 2018-06-19 23:03
☆アットロさん
ありがとうございます~ 
旅日記はほやほやで書かないと、いろいろ忘れやすいお年頃なのでー。爆
あっという間に日常。ほんと夢のようです。
しかも、集まってるのはみんなPCつながりですしね。
それも夢のようです。(笑)




Commented by africaj at 2018-06-21 00:01
楽しそー伝わってきましたっ。
2人で会うことはあっても数人でまとまって泊りがけなんて、
なかなかの修学旅行!羨ましいなー♪

胡桃の話書いたので、また恒例の単語にリンクをさせていただきました!いつもありがとうです♡
Commented by vinge at 2018-06-21 08:50
☆Africaさん
4人で露天風呂とか(笑)
 この年になってそういうことがあるなんて想像したこともなかったんで、ほんとに楽しかったですよ~。

胡桃記事、私もリンクさせていただきました♪
永遠リンク記事www まんだらー 爆笑
こちらこそありがとーーー♡
by vinge | 2018-06-17 00:45 | おさんぽ・おでかけ | Comments(10)