やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

沸点到達

a0158478_11492704.jpg
長女の写真


前記事を書き終わりPCを閉じて、午後からの忙しい仕事が入っているのに備えて「さて、何をしておこうかな?」
と考えたその時に、見慣れない電話番号からの着信。

義母の施設から 
「夕べから義母さまの反応がないので、今から救急車で搬送します」とのこと。

いよいよその時か。 
大正10年生まれ、97歳    うむ。



だがしかし
今か!!!??


ちょっとまて。 今はちょっとまって下さい。


あなたの長男が    

いま

「海の上」なんですよ!!!!!!!




先月、夫の悪友から「おーい。来月沖縄から九州へ(ヨット)で行くから一緒に行かないかー?」と誘われて
「おー。いいなー。 行く行くーー!」と二つ返事の夫。

いつものことながら、こちらの都合とか何にも考えない。 少し前に、私より夫との付き合いが長い別の友人から
「あの男くらい世界は自分を中心に回ってる男はいないからな」聞かされて
そういうことは30年前にいってくれ! と思ったけど。
まあ、30年かけて私もうすうす気が付いてたわw

今月10日、まさに台風が行先に接近したので羽田で1日足止め食って 「で?お帰りはいつで?」と聞いたら
「さあ? 2週間くらい? んー。風と波しだいで?」とのこと。(聞くだけ無駄)

それからラインでいつもよりはまめな連絡がくるものの、徐々にそれも回数が減り夜中に「いま、ここ」くらいになった
そのときに
義母の救急搬送



慌てて支度して、むーと一緒に玄関を飛び出し搬送先の病院へ向かう。
夫に何度も電話しても出ない。ラインは既読がつかない。 車の中でも娘が鬼電しまくるけど出ない。
唯一親族の義弟の家に電話しても、ここも留守電。くううう。
メッセージを入れて自分の会社にも連絡。よりによって大事な懇親会の日。いつもメインになるbがいないうえに、どうしても私がやらなければならないものもある。それでも事情が事情だけに料理長も「わかった、次の連絡待つ」といってくれた。

病院に到着し、先についていた施設の職員の方に会って状況を聞く。
バイタルに問題はないけれど、夕べから起きなくなって声かけにも、軽く叩いてみても反応しないとのこと。
やがて、診察室からCTをとるために移動されてきた義母に
「お母さん! ○〇ですよ? お母さん!!」と声かけるも無反応。手がやや冷たい。

最近は、息子以外認識できなくなって私のことなどどんなに説明してもわからなくなっていた義母。
孫などとっくに忘れているけれど、それでもと「むーちゃんもいるよ!?」と初孫の名を告げても無反応。

ところが、看護師さんが義母の体を動かそうとした途端に大絶叫し、あれ?どこにそんな力が?というくらいの抵抗をしたので
「あら? 余力はまだありますね?」と看護師さんと顔を見合わせる。

検査がしばらく続き病室に移動してから担当医の先生の説明を聞く。
「とくに何が問題というというところが見つかりません。なんでこんなに寝てしまってるのかわからないのですがただそれだけなんです。
 すぐにどうこうということもないでしょうが、まあご高齢ですので、いつ何が起こるかはわからないということだけは・・・」
と言葉を濁す。
いろいろ手続きをして、義母の採血をしようとしたとき、再び暴れる義母。
「やめてー!なぜこんなことするのー!!?」
おや?
言葉数が増えてきたぞ?
手を握り、肩をさすり「大丈夫よ!」と声をかけるとさめざめと泣きだす義母。しかし目は開けない。
しばしさすって「大丈夫大丈夫」をくりかえし 「〇さんもくるからね?」と、まだ連絡もつかない息子の名前を告げたとたん

「〇なんかこなくっていいっ!!!!」

ありゃ。

ありゃりゃ。

なんか・・・・大丈夫そう。

手続きを終えてちょうど12時過ぎ。 むーとそのままファミレスでごはん。会社に「ごはん食べてから行きます」と連絡。

2時には出社。
携帯を事務所において時々覗いたら、5時過ぎに夫から着信アリ。
仕事の隙を見てかけ直したら、義弟とも連絡とって施設にも確認したとのこと。
そして「明日与論の空港から帰る」と。

やっと安堵。


職場に着いてから、予定どおりに進めていこうとした矢先
職場でちょっとした手違いが発覚!!それがいっつもその場の思いつきでやらかす一番てっぺんの方のせいで・・・・滝汗
午前中からいらいらをため込んでいた私。
体育会系「あの人が白と言ったら、黒でも白!」の世界の方なんだけど、そんなこたあ構っちゃいられない。
ついに沸点到達!

その人に向かって「急にこんなことされたら困るんですっ!!!」と顔も向けずに怒なってしまったわ。あははははは。

ま、いつも媚びたことないんですけど。あははははははは。

いつも媚びてる正社員が「くまたろうさんこわーーい」って言って。
一番下っぱのペーペーの社員が「くまたろうさん男前!!」ってささやいて。
私に怒鳴られたてっぺんの人が
「すみません」って頭下げました。


夫は昨日無事に帰還。

義母は、入院した当日の夜には普通に戻って、昨日の昼には昼ご飯を完食し今朝退院。
こちらも無事復活。

今頃久しぶりに息子の顔見て「あなただあれ?」っていってるわww

a0158478_11102856.jpg
俺の母ちゃんが怖いことなんか30年前から知ってるぜ?

という
「俺を中心に世界は回ってる男」
初公開

どこの国の人や!?

















[PR]
Commented by アットロ at 2018-07-20 15:06 x
フムフム わぁー うんうん・。・。・へー。と 読み進んでからの 三船敏郎さんかと思いましたっ。
で 97歳。。。。強っ。
二人の父たちもでしたが 89歳の壁を超えられず。
数え年で90にはなりましたが、逝きました。
そのとき 周囲からは「90を越えたら あとは果てしなく・・」などという体験談多数。すごっ。
とにもかくにも あづい日々。もう砂漠。
正統にキレつつ ご自愛下さい。
こちらも 半分融けつつ 男前のトトロでした。
Commented by azoo_azooA at 2018-07-21 07:26
あ、くまたろうさんの色の写真。

えーーー旦那さんワイルド!かっけー!
海の上でこんなにこんがり?

義母さん、ともあれご無事でよかったです。
旦那さんと連絡がとれるまで気が気じゃなかったですよね。緊迫感が伝わりました。
お疲れさまでした。

職場のもろもろ、ほんまに中間の人間の人間性が世界を回しますよ、ガンバ!!笑
Commented by u-たん at 2018-07-21 10:57 x
どこの国の人や!?に金爆!
ワイルドだぜ~(古っ)

それは大変だったね~
皆さまご無事で何よりでした。

うちのダンナがちょっと関東に行くくらい何でもないなと反省。
めっちゃ羨ましがってるわ うちのダンナ(笑)


Commented by vinge at 2018-07-21 16:41
☆アットロさん
三船の母、97歳つよいっす!(笑)

今まで何回「もうご高齢ですから・・・」とお医者様からきいたことでしょう。 
って、ご高齢っていくつから?と思うんですけどね。苦笑
とにかく、85歳まで医者しらずの義母でしたので、ちょっとやそっとのことじゃあへこたれませんわww

それよりも、この暑さ! 
こちらの方がへこたれそうです。爆
男前トトロさんもどうぞお気を付けて。 なんとか乗り切りましょうー!
Commented by vinge at 2018-07-21 17:07
☆あずりんさん
ワイルドといわれればかっけーですが、実際は「汚い」「くさい」爆
二日、家のお風呂に入ったら多少色が薄れたとこ見るとやっぱ日焼け以外のなんかでしょう。(笑)

義母の連絡が来た時はね、頭の中でいろんなことがぐるぐるしましたよww 
そして、そのイライラまっくすで職場に向かう。金爆
久々に爆発しました。
いや、そっちはね。もう春からずっとため込んでいたからねーwwww
Commented by vinge at 2018-07-21 17:22
☆u-たんさん
写真でだっこされてる猫が嫌がってるのわかる?(笑)

やっと連絡着いた頃、義母がけろっともとに戻ったのよー、驚いたわww
もう、いつ帰るんだかわからない息子を「帰ってこい!!」って呼び戻したんじゃないかしらって笑い話。
この一件がなければ、今頃まだ海の上。爆

もう好きにどこでも出かけて~ と、旦那さんは送りだしましょうwww
by vinge | 2018-07-20 11:13 | つれづれ | Comments(6)