やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

戻り梅雨

a0158478_09143387.jpg
裏の池の「かいつぶり」
ひとつだけ 孵らない卵を温め中


久しぶりの雨が降っている。
空梅雨だったから恵みの雨にほっとする。 とはいえ。 降るとなったら大雨警報も困るよねえ。
気温も降雨量も「ほどほど」がない。 
「ほどほど」がないのは世相もおなじか。

急に暑くなったから、夏支度が忙しい。
先日テラスを掃除してすだれを掛けて、あとは「網戸」を張り替えるだけ・・というところで、あまりの暑さに放置してた。
外猫がよじ登るのであっという間に傷んでしまって、網戸が網戸の役目を果たさず (泣)
夜な夜な大量の虫が隙間から出入りなさって(大概入ってくるけど出ていかない)
昨日ようやく涼しかったので張り替えた。  近年まれにみる完ぺきな張り上がりに満足!!
ちょっとの手間を惜しまなけりゃいいんだな。 

a0158478_09455863.jpg
網戸を破る方々(おもにうしこ)

外猫は、日中はテラスにおらずそれぞれのお気に入りの木陰で寝ているのだけど、雨の日だけテラスで過ごす。
夏は籠に入るのが好きなので、今年はもう使わなくなった梅干し用の大きなざるを提供。さっそくこんなかんじにねw


a0158478_10022089.jpg
セロームが今年も花を咲かせている。

何とも奇妙な花



シジュウカラのヒナの声が、家の中に居ても聞こえるほど大きくなった。
巣立ちは秒読み段階。




[PR]
# by vinge | 2018-07-05 09:27 | つれづれ | Comments(2)

7月真夏日

a0158478_16442012.jpg
すだれ越しに見える すでに熟れた夏の日差し


いきなり真夏になってしまったもよう。
梅雨寒に備えたこたつの上掛けも取り、座布団カバーもはずして、窓にはすだれを掛けて、汗だくのTシャツも何度も着替えて
さああっ!  洗濯物も山盛りで盛大に洗濯祭りじゃ!!! 
と、洗濯機のスイッチぽん。 

あれ?動かない・・・・も一度、ぽちっ とな。
あれ?  あれれ?  あれれれれれれれ??    

うんともすんとも いわないのはなぜじゃっ!!!!!!!!!!!! (怒)

はあ??センタクキコワレタ?? (泣)



せんたっきってねー 7年が限度だそうよ。 散々調べた結果そういうことだそうです。
あと数か月でちょうど7年。くうううううううぅ
タイマーでも入ってるんかな?ってかんじよね。昨今の電化製品。
とにかく、もうこりゃだめだってんで昨日速攻で買いに走り、 先ほど配達されて、いま2回目の洗濯終了。そして3回目。
さっそく酷使。←

a0158478_17243296.jpg
まるで新海監督の描く空みたい。
(この雲の下では一時間に120ミリの豪雨だったらしい)

a0158478_17302707.jpg
ただ今順調に子育て中


シジュウカラの警戒音のたびに外に出て確認する。
時に蛇だったり(お外の猫コが、巣の真下でやまかがしをもてあそんでた)
時に猫がよじのぼってたり
時に雀が入ろうとしてたり、モズが狙ってたり、ヒヨドリが騒いでたり・・・

そういうのを、追いはらったり、蛇を投げ捨てたり、巣箱を結束バンドであけられないようにしたり 
別に頼まれてるわけでもないが 毎日眺めてるとついつい一緒に子育てしてる気分になっちゃうんだなあ。
巣箱の中からは、サリサリとヒナの声が日増しに大きく聞こえてくるし。

巣立ちまであと1週間くらいかなあ。
この酷暑に耐えて、大雨に見舞われることのないように祈るのみ。

a0158478_17520256.jpg
ちょっとやつれ気味の母鳥

a0158478_17524512.jpg
見守り隊は、ここからそっと観察中。








[PR]
# by vinge | 2018-07-01 17:44 | つれづれ | Comments(4)

mission!

a0158478_12541520.jpg
梅雨はどこ行ったんだー?



今朝のこと。
ドラマの中でたけるんが「結婚しよう」といい

すずめちゃんが「 無理だ・・」 と返事した時に、テレビの前の私を前足でつついて餌の催促した猫におもわず

「なんで?」 といってまった。


a0158478_13031350.jpg
「なんで?・・・っていわれましても・・」

い、いや・・きみに言ったんじゃあないんだけどね。だってねえ。 ぽりぽり



さて、いろいろあるですよ。 
先週末にようやく梅を採って来てもらったので梅仕事を。

a0158478_13163364.jpg
今年は、あまり成りがよくないの。大きさがまちまちだしキズものも多い。 
大きめのを梅干し用に追熟させて、残りの小粒なものは梅ジュース、梅サワーにした。まだ青いのは「青梅の砂糖漬け」に。

a0158478_13260991.jpg
夫実家で梅採った帰り際、ご近所から根曲がり竹をいただいてきたので、その処理も。
県の北のほうでは、筍といえばこれ。 3,40センチほどの長さがあるけど、食べるのは中の10cmほど。
あく抜きの必要もなく、水からゆでるだけ。 サバ缶とみそだけでつくる「筍汁」にする。

青胡桃の水を取り換えたり、手作業はいいよのう~  とか思いながら、
一人だけのお昼ごはんはお湯注ぐだけの「あれ」だったりする 爆 

作業の合間に、ぴんぽーーーーん♪とチャイムが鳴って、宅配屋さん。

箱を開けたら・・・

a0158478_13430735.jpg

さらなるmissionが届いたよーーー!
(裏に丁寧なレシピ付き-♪)

爆発しなかったけど、爆笑したーーー!!


ただいま、これをBGM に任務遂行中!


[PR]
# by vinge | 2018-06-26 13:53 | つれづれ | Comments(2)

フサスグリのリキュール!・ノチーノ!・キイチゴのジャム!そして追記!

a0158478_22545966.jpg
一袋100円の宝石


直売で売られてた「フサスグリ」があんまりきれいでついつい買ってしまったーw
3か月後には飲める予定。 きれいな色のお酒♡




というわけで、木の実三昧の季節です。

ネット友のAfricaさんと始まった「青い胡桃のプロジェクト」も3年目。
6月に入ったとたん、まずそわそわし始めたのが「夫」ww
何事も、よその奥さんのためとなると張り切るよなー 爆
今年はすごく近くで大きな木を発見したので楽々収穫、ほんとに胡桃の木だらけなのよね。

a0158478_00062651.jpg

胡桃の実は「砂糖煮」のためなのだけど、先日スペインの旅から帰ってきたばかりのAfricaさんから「一緒にお酒作らない?」
と誘われて、私も初挑戦「ノチーノ」作りです!

「ノチーノ」というのは、
6月24日聖ジョヴァンニの日に収穫した胡桃で「nocino(ノチーノ)」と言う胡桃酒を作る。
イタリアのモデナの伝統行事だそうな。(グルグルつばめ食堂より)

これ3年前に「砂糖煮」の話を聞いて、胡桃の砂糖煮は検索しても一つも出てこないのに「ノチーノ」はいくつか出てくる。
へー!と思っても、飲んだことないものにはちょっと腰が引ける。
ところが、実際飲んできたAfricaさんが「おいしい!」っていうんだから、これは作るしかないでしょ。うふふ。

a0158478_00071343.jpg
どんなになるかな?わくわくわくわくw

レシピはいろいろあるけど、わたしはAfricaさんのレシピ通り♪ そりゃあ本場仕込みだもん。しかもほっとけばいいんだもん♪
食後酒として飲むといいらしいし、アイスクリームにかけるとおいしいんだって。
これは一年数か月後の出来上がり予定。  うわー。いろんなお酒増えてくなー。(誰が飲むんだろーw)

なにしろ、これ以外にうちの食器棚の中には夫が作った「またたび酒」と、娘が作った「ニセアカシアのお酒」があって、梅酒はもちろん、いつのものかわからない「朝鮮ニンジン酒」もある。

そう。いろんな木の実やら花やら、採るのが楽しくて、作ってみたくて作るけど「飲んべぇ」がいないww  

それって大問題では?←

ということは置いといて。胡桃を取りに行った日、夫が「ついでに」といってそのまま山に駆け上がり(車で)

a0158478_00302032.jpg
「俺のパラダイス♪」

という場所は「木いちご」が山ほど実ってるところ。

a0158478_00321496.jpg
確かそんなこと言って昨年もいっぱいとってきて、まだ冷凍庫にいっぱいあるはず・・・・汗
また、小袋にいっぱいとってきたものの、さてどうしたものか? 木いちご酒? ではなくて。

a0158478_00392869.jpg
とりあえず、ジャムになりました。

冷蔵庫に桑の実のジャムもあるんだよなー

(誰が食べるんだろ?)
(実は、パンもあまり食べない)




 追記!  業務連絡!!


a0158478_11311052.jpg
Africaさーーーん!!

始めちゃったよーーーww

2週間後のレシピを教えてください! おねがいしますー♡




[PR]
# by vinge | 2018-06-20 23:11 | 作る | Comments(6)

明るく行こう

a0158478_22165877.jpg
今回の旅はカメラを持たずスマホのみ
写真へたくそか


 最近有名になりつつある小布施。土日ともなれば激混みらしい。
平日だったので、観光客もまばらで美術館もゆっくりゆったり。
ま、女子受けの可愛らしい小道なんか、整備されたの近年のことだもんね。町おこし頑張ってるなーって感じ。
何よりも、お店やボランティアガイドの人達がみんな優しくて親切で
駅からタクシーで宿泊場所へ行ったのだけど、タクシーのおじさんも「なんか話ししなくちゃ!」って一生懸命で
ぶどう畑から「シャインマスカット長者」の話に夢中になり、挙句の果てに到着場所間違えて玄関前にたどり着けず
場所を知っていた私が「大丈夫です。ここからいけます」と言って降りたのに、ずっと不安げな顔で見送ってくれてーww

田舎のおもてなし隊 まだ慣れてませんっ!! 爆  

お宿は小布施町唯一の温泉宿。温泉だらけの長野県だけど、ここは一軒しかないないのよねー。
そして、そんな温泉大国に住んでいながら、久しぶりの温泉!露天風呂!! 懐かし~湯の香り~~
旅館のお料理なども堪能し
そして、そして修学旅行のハイライトは夜を徹してのおしゃべりーーー!! (道中もずっとしゃべり続けてんのにw)
どんだけしゃべるんだ50代女子
ま、そうは言ってもお疲れの県外組が一抜け2抜け~ (笑)
残ったu-たんさんに、私が寝れないでいるんじゃないか?って心配されながらいつしか二人とも眠りに落ちたのでした。

翌日は小雨。
そしてやってきたのは、「夫」 でででーーん!
久しぶりのお出かけを心配してー ではなくて。 二日目はどうしたもんだろ?小布施狭いからほかにどこか行けないだろうか?
と、夫に相談したら「タクシー」してくれることになったのでした。(半強制)

晴れたら「山か?」と張り切ってたんだけど(夫が)お天気いまいちだし、またちょっと町へ寄りたいし~と、とりあえず

a0158478_23091425.jpg
岩松院 

北斎の描いた天井絵が有名。10年ほど前までは本堂に寝転んで見ることができたのに、今は微かな振動でも絵の具が落ちたりすることがあるので、椅子に座って見あげるようになっていて、監視のお坊さんなどもいらして観光客が多くなるとこういうことにもなるのね。
夫はここに来ると必ず話す思い出話があって、やっぱりのんのんさん捕まえて話してたわw 
しかも、話し足りなかったのかお寺の関係者にまで話してるしーーw  見て見ぬ振りしたけどね。←

次は、小布施を後にして長野市内の「水野美術館」へ~

a0158478_23273007.jpg
日本画中心の美術館で日本庭園が素敵。

3階まで上がって、最初の大きな木の自動扉がさーーーっと開くと 大きな屏風絵がどおーーんと現れて
「おおおおーーーーー!」と感嘆の声を思わず上げ、(擬音炸裂)
u-たんさんの解説に「ほおおおおおおぉ」と感心し  貸し切り状態で誰もいない館内でくつろぎながら鑑賞。
人がいないのは、おそらく昼時で1階のレストランに集中しているからだと思われ・・どちらかといえばそっちがメインだったりする美術館なのね。(ランチとセットの割引チケットなんかもある)
我々もそこでランチをという話もあったのだけど、ごちそう続きもなんなので近間の学食なんかどう?ということになり。
実は、ここはPの大学もアパートも目と鼻の先www(そして、夫は私たちを置いてさっさとpとランチデートに行ってる)
   私も「初学食!」
a0158478_23464440.jpg


 時間が遅かったので、ピークも外れて空いていて
 Pが言うには「社食と同じ」というのであまり期待せずに行ったのだけど
 なかなかメニュー豊富でした。
 ついメニューを写真に撮って職場に持っていこうかと思ったり。(仕事忘レテ!)


 食事後はいよいよみなさんとお別れ。この後、皆さんは松本に移動。
 駅にお送りするために一旦Pのアパートまで。

 夫とPが戻ってきたのと、アパートにたどり着いたのがほぼ同時。
 Pがいつになく女子力高めのスタイルだったのは、皆さんにお会いするせいか?と思ったら
 ちょうどその日に「卒業アルバム」の写真撮りがあったそうな。
 (言うまでもないが夫とデートのためでもない)


 50代半ばの私たち、積み重ねた時間は一緒でもそれぞれ違った人生で、そのドラマがいよいよ佳境に入ったところというところなのかな。
 自分の物語は自分で作るものだから、悲劇も喜劇も自分次第でどうにでもまとめられる。 
 なんて。たくさん語って思ったのでした。

 はー楽しかったー! みんなありがとね。 これからも頑張って(働く?)あそびましょ。(笑)

 
 


 
 
 

[PR]
# by vinge | 2018-06-17 00:45 | おさんぽ・おでかけ | Comments(10)