やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

カテゴリ:作る( 69 )

あれはどーなった?


a0158478_21420264.jpg
どこまでも青い空


11月はあまり好きではないと、昔書いた記憶がある。(10年くらい前)
10月半ばごろから11月にかけて深い霧が発生するから、午前中は10時過ぎないと明るくならない。
夕方もすぐ暗くなるし、紅葉も終わって雪も無い景色はただただ暗い。冬至に向かって気も重くなるのが11月だった。

それが今年は霧もほとんど発生しないし、毎日小春日和。落ち葉は舞っているものの、まだまだ葉を付けた木が多い。
11月がこんなに明るいことってあっただろうか?? 
一か月後からは日が長くなっていくなんて信じられない。
明るい11月にかすかな不安を感じるわたしはあまのじゃく??ww


というわけで、今年は霜にあたるのが遅い野沢菜。
昨年は不作で直売に並んだらすぐ売れ切れてしまったので、今年は見つけ次第買いっ!!

a0158478_22370342.jpg
すぐ食べられる「切り漬け」に

今では有名になってる「野沢菜漬け」だけど、子どもの頃は「お葉(は)漬け」といった。野沢菜そのものは「お菜(な)」とよぶ。
冬の葉物野菜は今でこそいろいろあるけれど、昔は「お菜」と「ほうれんそう」「はくさい」くらいしかなかったんじゃないかな。
「野沢菜」は大きな葉物で、大きいと1メートルくらいもある。
葉の幅も広いので、漬けるときには葉の先端部分はそぎ落としてから。(霜にあたって傷んでいることもあり)
漬物にしたものしか食べることがないけど、生でかじってみてもおいしい「お菜」なので、切り落とした葉先はお味噌汁の実に。(栄養価もとても高い野菜)

a0158478_23043256.jpg

漬物といえば、9月に漬けた「瓜」がどうなったかというとー

a0158478_23073173.jpg
たいへんおいしゅうございますーーー!
9月は雨が続いて干せなくてどうなることかと思ったけど
かりっかり♪

これからさらにおいしくなる予定(たぶん)

干し柿も取り入れ
a0158478_23120618.jpg
大きさ比較のためねw
左から・・夫実家の甘柿・お隣の畑の渋柿・6個だけ購入の百目柿


畑のほうもどうなったかというと、3列撒いた味噌用の「こうじいらず」と2列の「黒豆」の結果はこれですよっ
a0158478_09295892.jpg

こうじいらず

ちょびっと!!

a0158478_09302387.jpg
くろまめー!

さらにちょびっとっーーーーー!!

ええ、ええ、「こうじいらず」はほぼ虫に喰われましてね。涙
「黒豆」はまだ葉も枯れないまま霜が降りてね。涙

ま、撒いた数よりはとれたかな?って程度。 悲しーーーーーーーーーー!





そして「あれはどーなった?」の最後はこれっ!


a0158478_09310835.jpg


おまたせっ!!

胡桃インク!


あとは絞るだけ~♡













[PR]
by vinge | 2018-11-26 09:27 | 作る | Comments(2)

フサスグリのリキュール!・ノチーノ!・キイチゴのジャム!そして追記!

a0158478_22545966.jpg
一袋100円の宝石


直売で売られてた「フサスグリ」があんまりきれいでついつい買ってしまったーw
3か月後には飲める予定。 きれいな色のお酒♡




というわけで、木の実三昧の季節です。

ネット友のAfricaさんと始まった「青い胡桃のプロジェクト」も3年目。
6月に入ったとたん、まずそわそわし始めたのが「夫」ww
何事も、よその奥さんのためとなると張り切るよなー 爆
今年はすごく近くで大きな木を発見したので楽々収穫、ほんとに胡桃の木だらけなのよね。

a0158478_00062651.jpg

胡桃の実は「砂糖煮」のためなのだけど、先日スペインの旅から帰ってきたばかりのAfricaさんから「一緒にお酒作らない?」
と誘われて、私も初挑戦「ノチーノ」作りです!

「ノチーノ」というのは、
6月24日聖ジョヴァンニの日に収穫した胡桃で「nocino(ノチーノ)」と言う胡桃酒を作る。
イタリアのモデナの伝統行事だそうな。(グルグルつばめ食堂より)

これ3年前に「砂糖煮」の話を聞いて、胡桃の砂糖煮は検索しても一つも出てこないのに「ノチーノ」はいくつか出てくる。
へー!と思っても、飲んだことないものにはちょっと腰が引ける。
ところが、実際飲んできたAfricaさんが「おいしい!」っていうんだから、これは作るしかないでしょ。うふふ。

a0158478_00071343.jpg
どんなになるかな?わくわくわくわくw

レシピはいろいろあるけど、わたしはAfricaさんのレシピ通り♪ そりゃあ本場仕込みだもん。しかもほっとけばいいんだもん♪
食後酒として飲むといいらしいし、アイスクリームにかけるとおいしいんだって。
これは一年数か月後の出来上がり予定。  うわー。いろんなお酒増えてくなー。(誰が飲むんだろーw)

なにしろ、これ以外にうちの食器棚の中には夫が作った「またたび酒」と、娘が作った「ニセアカシアのお酒」があって、梅酒はもちろん、いつのものかわからない「朝鮮ニンジン酒」もある。

そう。いろんな木の実やら花やら、採るのが楽しくて、作ってみたくて作るけど「飲んべぇ」がいないww  

それって大問題では?←

ということは置いといて。胡桃を取りに行った日、夫が「ついでに」といってそのまま山に駆け上がり(車で)

a0158478_00302032.jpg
「俺のパラダイス♪」

という場所は「木いちご」が山ほど実ってるところ。

a0158478_00321496.jpg
確かそんなこと言って昨年もいっぱいとってきて、まだ冷凍庫にいっぱいあるはず・・・・汗
また、小袋にいっぱいとってきたものの、さてどうしたものか? 木いちご酒? ではなくて。

a0158478_00392869.jpg
とりあえず、ジャムになりました。

冷蔵庫に桑の実のジャムもあるんだよなー

(誰が食べるんだろ?)
(実は、パンもあまり食べない)




 追記!  業務連絡!!


a0158478_11311052.jpg
Africaさーーーん!!

始めちゃったよーーーww

2週間後のレシピを教えてください! おねがいしますー♡




[PR]
by vinge | 2018-06-20 23:11 | 作る | Comments(6)

すき・あ・らーば・でこぽん じゃなかった・オレンジ

a0158478_13373963.jpg
三寒四温

寒い日はおうちでお茶を




最近、私の心をとらえて離さないお菓子がこれ ↓




ちょ! ちょちょちょっとーーーー!
なに?このおいしそうなケーーキ!!!  (涎)

もう、私こういうケーキ大好きなんですよ。焼き菓子・くりーむ・柑橘 この組み合わせ!最強!

これ、ぜったい食べたい!!
と、思い続けて数日。本日やっと焼きました。

いやーーー。まずごめん。写真からしてAfricaさんのとは別物みたいだ。(苦笑)
しかも、デコポンじゃなくて広島産のオレンジですだ。 
しかも、生クリームじゃないですだ。

わたしにとって、お菓子作りは敷居がちょっと高いのです。
ワンボールのパウンドケーキですら「さ!焼くぞ!」と、ちょい気合い入れないとできない。

ところが、最近見てるEてれの「レイチェルのパリの小さなキッチン」という番組。
この彼女が作ってるの見てると、ああ、お菓子も料理もこんなに自由でいいんだな?って思えるんです。
私の苦手な計量も、スプーンでどばっと「これくらい~」なかんじで。
そして、とにかく楽しく。「これおいしいに決まってる!」って自信満々で。(笑)

あんなふうに、楽しく作ればいいんだなって思ってたところに、
このフィレンツェのお菓子。
マンマのケーキだもの、レイチェルのように楽しく焼いてみましたよ♪

a0158478_15135197.jpg
お、オレンジが沈みかけてるーーww

そんなわけで、Africaさんはデコポンでしたが、国産オレンジ売ってたんでそちらに変更し、
生クリームも泡立ててる時間なくて カスタードクリームの代わりの「めいとー」の「やわらかプリン」はさんじゃいましたー!爆
(カスタードクリームをちょっと欲しい時にたまにやる)

で、タイトルですが。
「このお菓子作りたいんだ」と娘に言ったら「なんてお菓子?」っていうから
滑舌悪く「すきあっちゃーた?あ?ら?ふぃ・・ふぃおれんてぃーな? でい・でこぽん?」と読みあげたら



は?? すきあらばでこぽん ?」 
(ど・・どうしたらそう聞こえるんだ??)


というわけで、まあ、確かに。
私の焼いたのはそんな名前が似合ってそうです。


あ、味は感涙です。 これ最高に美味しいです。 ありがとうAfricaさん♪









[PR]
by vinge | 2018-03-07 15:28 | 作る | Comments(8)

寒さ緩む

a0158478_23164137.jpg
大豆「こうじいらず」

麹いるけどね
「麹いらず」ってネーミング


さて、今年も味噌作りの季節です。

昨年思いたって作った味噌

手前みそ やっぱりおいしかったーw 
あっという間に食べ終わりましたけどね。
最初に作ろう!と思った私より味噌にはまってしまったのが、夫とむーのふたり。

昨秋から、そわそわと「また作ろうね」と言っていて、そんな9月の終わりごろに見つけた豆2キロ!
あ、きっと新豆だよ! なーんてろくな確認もせず購入。
年が開けたら、味噌作る人も増えてきたのか、あちこちの直売で豆を売りだして、夫実家近くの直売でさらに1キロ購入。

とにかくやる気満々なのが娘で「水もおいしいのがいいね!」と、一人で車で1時間ほど掛かる場所まで汲みに行った「黒曜石の水」
a0158478_23274638.jpg
「和田峠」の黒曜石の水は、100年経っても腐らないといわれる水。
日本の水はほとんど軟水といわれる中でも、硬度が11~17くらいの超軟水だとか。

「軟水だと味噌作りにいいの?」と聞いたら「水の浸透がいいのと、煮上がりも早いって」と娘。
おお!それはいい! なにしろ昨年の苦労は煮上がるまでに5時間だからねー。

そして、もう一つ大事な「麹」
昨年はスーパーで売っている500gに分けられた麹を買ってきたのだけど、考えてみれば味噌屋も麹屋も地元に何件もあるんだからと
初めて「麹屋」さんへ。
江戸時代から続くという麹屋さんは、旧街道沿いの立派な松と蔵のある昔ながらの建物。
一歩踏み込んだら麹の香りが甘く漂う。もうこれだけでおいしいお味噌できそう!!
今年は麹4.5キロ購入。 スーパーのよりもちょっとだけ安かったーw

そして、みんなの都合を合わせて日曜日にいよいよ味噌作り。
で、いざ前日に豆を水に浸す段階で「最初の2キロの豆」が新豆でなくて28年度産だと発覚!
水だ!麹だ!と気合い入れて、肝心の豆が古豆ーーー!爆  
とまあ、そんないかにも我が家らしい(いや、わたしらしい?)こともあって、とりあえず分けて煮ることになったのだけどw
工程は昨年と同じなんで省略しますけど。 昨年よりも暖かい日で、途中私が職場に呼ばれてちょろちょろ抜けながらも、夕方までですべての作業を終え、今年も無事仕込むことができました。


メモ  大豆 3キロ  麹4.5キロ  塩1420g






[PR]
by vinge | 2018-02-27 00:13 | 作る | Comments(6)

女子的生活

a0158478_13192351.jpg
暖かい日はテラスで日向ぼっこ

寒い日は湯たんぽ入りの「にゃんこはうす」へ

ノラにゃん的気ままな生活



表題の「女子的生活」は少し前までやっていた国営放送ドラマのタイトル。
お正月に借りたDVD「帝一の国」(ひたすら笑えそうで)に出てた「しそん」君があまりにきれいで思わず見てしまった。
今期は見たいドラマがあまりなくて。大河は2回目にして言葉がわからなくてやめてしまったし
その中では、女子的生活 最初は?って感じだったけど、徐々におもしろかったなー。

と、そういう話ではなくて。

明日はバレンタインです。

私これに関してはたぶん今までネタにしたことなかったんじゃないかなー? 今更バレンタインってどーよ。
なにしろ2月誕生日の夫にまとめてあげたりしたことあるけど、手作りチョコケーキなんて焼いたことないわ。
作ろうと思ったこともないわww

だって、世の中には私が作るより絶対おいしいチョコがあふれてるのに、わざわざ作らなくたってねー。
むしろ買ったものを私が食べたい!

義理チョコっていうのも、むかーしOLだった頃は、それほど流行っていなかったおかげで上司や同僚に配る必要もなくてありがたかったのです。

が、ここ2,3年かな?職場の元男子(いや、今も男子に違いない)には、それぞれのお子さんにあげてもいいようなのを差し上げてたんですが。
昨年、友チョコのようなものを職場の女子からいただきまして。
ついに。
今年は作りました。

a0158478_13524624.jpg
誰にでも焼けるというブラウニー

a0158478_13545057.jpg
チョコレートを上からぴゃーぴゃーってするのに、紙を丸めたのでうまくいかず
スプーンですくって振りまいたから、周り中チョコだらけ
(ピンクのは市販のチョコペン)

a0158478_13575662.jpg
ひとかけずつ袋に入れようとしてこれまた崩れてうまくいかず
二切れずつペーパーでくるむ方式
a0158478_13592883.jpg
ブラウニーだけで申し訳ない気がして、自分が食べてみたかったグリコのチョコもいれて

6人分のラッピング完成!

昨今の小中高生の女子の気分。
(いや、こんな数じゃなくてクラス中の分作るらしいから、とてもじゃないけど真似できない・・苦笑)


みなさんはどんなバレンタインですか?




[PR]
by vinge | 2018-02-13 14:09 | 作る | Comments(9)

おや!!!もう師走かっ!!!

a0158478_09513612.jpg
ジョウビタキ(雄)

冬将軍と一緒にやってきた!



おさむうございます。あんど お久しぶりです。
特別何があったわけでもなくて、急に訪れた冬将軍のせいで、あれやこれやと日常に追われてました。(冬支度)


やらなくちゃいけないことと、やりたいことがごちゃ混ぜで、 お天気次第で家の外と中を行ったり来たり。

a0158478_11152346.jpg
これは職場のための小道具作りを。

最近、クリスマスの飾りも自宅であまりしなくなったので、職場で存分に楽しむわww


来週から夫が出張になったので 久しぶりに紳士服のお店でスラックスを新調。
うっかり「裾上げは大丈夫です」なんて言ってしまって、これまたものすごく久しぶりの裾上げ。(500円でやってもらえばよかったと激しく後悔しながら)
裾上げ専用機は、とっくの昔に壊れて使い物にならないので地味にチクチク手縫い。
でも、手縫いのリズムはやってるうちに楽しくなるね。 刺し子とか楽しいだろうな。

縫物といえば。今年は、これ作ってみました。

a0158478_11472688.jpg
小豆のカイロ

白い木綿の布袋の中身は小豆です。
これを、電子レンジで1分から1分30秒ほどチンすると、蒸気の出るほかほかカイロになるの。(小豆を煮たよい香りもします)
これが! これがオクサン!! めっちゃ気持ちいい~!!
アイマスクのように使えば、目の疲れにもいいし、背中の首の付け根あたりに風邪予防のつぼがあって、ここに乗せるとじんわりお風呂に浸かってるような気持ちよさ!!からだがぞくぞくして風邪ひきそうってときにいいですよ。 生理痛にはへそから指4本下あたりを温めると良いそうで。
これは娘にも作って送ってやろう。

熱の持続時間は20分ほどですが、完全に冷めてからなら何度でも繰り返し使える優れもの。(夏場冷凍庫に保存すれば3年くらい使えるらしい)
作るの無理~~~という方には、市販品もあります。

a0158478_09524410.jpg
うっすら雪なんかも降ってね。

いよいよ冬本番よ







[PR]
by vinge | 2017-11-30 11:31 | 作る | Comments(2)

7か月!

a0158478_08482641.jpg
菱(ひし)
北欧デザインっぽくない?


近くに行くと、一株ごとにケロヨンがのっていて、きゅんきゅん鳴きながら池に飛び込む。

きみらは何カエル??



背中は完治。今週はまた瞬く間に過ぎて~明日から10月ですと。寒いね。
背中をやられるとよくわかるのだけど、肩甲骨の真ん中あたりが凝ると気持ちが落ち込むのです。
夏休みの最後の日に帰るかもしれないといっていたPも結局帰れないことになり、朝晩の気温差とか、いろんなものがごっちゃになって
もう、本当に久しぶりに感情が揺さぶられまくり。 やさぐれてたわー。はー。


話変わります。がらり。

あれから7か月が経ちました。

いつ食べる??と、時々覗き込んでいたのですが、ちょうど買った味噌が終わったので、いよいよ食べてみることに!!

a0158478_09293065.jpg
おおおお!いい感じ~~~~!

義父母が元気だったころは、義母がお気に入りの味噌屋さんから仕込み味噌を家の裏の大きな甕のなかに仕込んで、帰省のたびにそこから分けてもらっていたのですが。
いつも新味噌の時期になると「新味噌おいしくないねー」というのが口癖で。
で私は「そうですねー」とか適当な相槌を打ちつつもらってたけど。
彼女は、味噌も終わり近くなるとやっぱり「古味噌まずいねー」とか言っていて、思いだしてみると「今がおいしい」といった日があったかどうか?というか、いつでも何かくれる時「これはおいしいから」って言ってもらってなかった気がするww
なんだろ、嫁に対する謙遜ってやつだったのかしら?「つまらないものですが・・」てきな。
あ、あれ? もしかしてーあのとき「そんなことないですよー。お義母さんのお味噌おいしいですよー」とか言えばよかったわけ??
うわ。今気が付いたわ。 爆

というわけで、なんとなく「新味噌はまずい」という刷り込みのもとでの開封。

a0158478_09475549.jpg
味噌汁!
焼き味噌むすび
キュウリの粕漬け


麹多めなので甘いです。 最近ずーーーーっと、市販の普通の味噌に慣れてしまってたので、あれ?味噌ってこんな味だったっけ?って感じ。
ただ、よけいなものが入ってない分。

とっても健康的な味がします。爆  (うまいか不味いかの言及せず)←

さて、毎日の味噌汁がたのしみ♪



















[PR]
by vinge | 2017-09-30 08:49 | 作る | Comments(6)

秋のお仕事

a0158478_11255492.jpg
購入当初は派手な黄色の車も

18年が経って木漏れ日の下にも馴染む色に?



この1週間は毎晩10時過ぎの帰宅。怒涛の1週間。
土曜日は会社のお祭りがあって、今年、私は当日参加しなかったのだけど、お盆休み中に、とある出店の仕込みの手伝いして肉と格闘。
切って量って串刺しして真空パックして過熱後急冷して冷凍室へ・・・ぎりぎりまで冷房利かせた厨房で作業。寒かったーw
「こんなに仕込んでどうするんだろうね、値段も強気の高め設定だし、売れ残るねー」と、皆で口々に言いあったのだけど
当日は何と30分でほぼ完売!  夏の苦労が報われたwwww 

報われるといえば、毎回懇親会などのパーティーの時に花を飾るのだけど、そういうものに目を留める人がいるのかどうかが疑問で
先週2回あったそれの、一日目で「花なんか飾っても誰も見てないかもしれないし、もうやめようか?」と料理長に弱気発言してたら
その翌日(お客は違う人たちだから前日の花の使いまわしでww)
「花が素晴らしいですよね! 誰が生けてるんですか?」と話してる声が!!!! (驚)
2度目の来日という海外の方が「前回はなかったですよね」と大変お上手な日本語で言ってたけど、いーや。前回もあったはず。
今回目に留まったってことは、少しは上達したのかなー。(嬉)
褒められて伸びるタイプなんで、もっと言ってクダサイ。
 
というわけで、一週間の苦労も吹っ飛びました。たんじゅーーーんwww




土曜日の午前中はいつもの山へ。

この道通るの6月以来かな? でもその時は気が付かなかった、道沿いの小さな看板。ん?はるた?

ありゃ?いつの間にこんな近くにお店が!
外観が倉庫なのでぜんぜん気が付かなかったー。 
聞いたら、パンの販売は土曜日限定なんだそうで、チラシとかも入れずにそっと営業してたそうだけど、次々お客さんが入ってきてさすがの人気店。
奥にパン工場もあって、地元の小麦を石うすでひいてるのだって。

この地域、ほんとにパン屋さん増えてきたなー。(天然酵母のハード系)
もういつでも買えると思うから、多分私は一生パンに手出ししないと思う。爆 (一時期、購入に迷ったパン焼き器に未練無し)

で、さっそく焼き立ての食パンなどを購入し、
家に帰るまで待ちきれなくて、山に着いたら車のボンネットをまな板にして、夫の手作りのナイフでカットして食べる。
a0158478_12445432.jpg
飲み物は、湧水でー

a0158478_12453705.jpg
うんめえ~~~~(やぎ)

「チーズ買ってくればよかったねー」といっても、パン屋からここまでに、店は一軒もないからな。爆
でも、水とパンだけでも充分おいしかった。

で、ここに何しに来たかといえば

a0158478_12531197.jpg
秋の胡桃拾いに

6月には、手の届かないところにしか生っていなくて諦めた場所も、秋になれば落ちてくるからだいじょうぶ♪

a0158478_12550927.jpg
 
前回は食べるため。今回は「インク」をつくるため♪

さ!秋の作業がはじまるよーーー!

あ、先週のあれもね。

a0158478_12574637.jpg
一週間経って、表面に産膜酵母がびっしり覆ったけど、かきまわすと中からしゅわしゅわしゅわーーーーーっと泡が!
順調に発酵してます!

強烈な匂いがするって書いてあるのもあったけど、ぜんぜんいやな匂いじゃない!
むしろいい匂い? 果物の匂い。パン焼けそう!!! 
あ。パンは焼かないんだった。(笑)













[PR]
by vinge | 2017-09-10 13:10 | 作る | Comments(4)

この夏一番の?

a0158478_11091466.jpg
見よ!あれが梅雨明けの光ぞ



違います

盆明けです





お盆休みも終わりましたね。
あ、わたしはまだお休み中ですがね。うふふ。うふふふふふ。

それにしても変なお天気の夏でした。(夏も終了したかのように言う)
夫が「今年はー 冷夏か?」 と2度ほどいいましたが、その都度「世間は暑いっていってる」と言い返してたわw
朝晩に「寒い寒い」言ってたのは私ですけどね。

ま、そんな夏の総集編を~

a0158478_11220949.jpga0158478_11224405.jpga0158478_11222491.jpga0158478_11230633.jpg








a0158478_11214472.jpg
夏は「きゅうり」で生きてますん。
今年はキュウリのキュウちゃん作りませんでした。
干して、酢としょうゆとみりんに漬けるという簡単おつけもの。 それと、おおボケのキュウリはタネをとって、瓜のように粕漬けを。

粕漬けって、うちは家族が酒粕嫌いなので作らなかったんだけど、昨年も大きくなりすぎたキュウリに困って、作ってたんですよ。で、漬けた後の粕に鮭とか漬けると、もんのすごくおいしいのに「好きじゃない」っていわれるので、そのまま残した粕に今年もきゅうりをー。エンドレス粕。
粕漬けのキュウリを細かく刻んでお茶漬けにすると、えんどれすごはん。(あーたのしみーー)

6月だっけ?につけた杏のシロップ漬けを開けて、「フルーツかん」にしようと寒天溶かし中に砂糖が無いことに気付くという夜半過ぎ。
シロップ漬けも砂糖控えたんで酸っぱいのに、どうしようかと・・
で、あんみつのように、黒蜜かけて食べたら、もう夢のようにおいしい真夜中の出来事。
(黒砂糖はあったので、それで黒蜜作った)

そんなこんなで、この夏もよく食べましたので、暑さにも負けず体重増加。

a0158478_11501970.jpg
どーーーーん

さらっと事実を公表してみました。


いや。それよりもですね。
この夏一番の衝撃の事実を教えてあげましょう。

a0158478_11573355.jpg
あの畑で拾った「イネ子」のゆくえ

a0158478_11595448.jpg
トロ箱田んぼに移して、あべっちさんに教えていただいたように、朝晩の水やりも欠かさず

すくすくすくすくお育ちになって
a0158478_13021469.jpg
いよいよ、出穂か?というときを迎え

ん?

穂??


はっ!!!

a0158478_13015781.jpg
おめええええぇは「ひえ」でねええぇがあ~~~~??

という結末を迎えました。

滝涙




[PR]
by vinge | 2017-08-17 12:00 | 作る | Comments(11)

じめじめじめじめ

a0158478_13030663.jpg
蝶の羽から小さな涼風



職場が新しくなって、換気システムもハイパワーになったんですけどね。
換気すると外気もダイレクトに入ってくるわけで、
それまで冷やしてた室内が一気に結露。 室温も急上昇。  屋内プールで作業してるみたいよ。泣


そんな梅雨戻りしたかのようなここ数日。
やっと、ミシンもかけられましたよ。
実に・・・・半年ぶりくらい?  もっと??  もう作り方も忘れてるんじゃないかってほど久しぶり。
(ああ、そういえば、冬は冬で寒いからってやってないんだよね。)←

しかも、作りかけで放置して、ずーーーーーーーーっとそのままだったものを、ようやく完成させました。


a0158478_13205970.jpg
むーのジーンズをリメイクした、超簡単バッグ。

リメイクといっても、オーバーオールの紐使っただけだけど。

a0158478_13223543.jpg
袋状にして、上をぱたんと倒すだけー
内布はついてるけど、ポッケも何にもない。
すとんと入れるだけ。

着画

a0158478_13252091.jpg
たったこれだけなんだけど、思いつきで布をじょきじょき切って形にしていったので、所々でつじつまが合わなかったり
やり直したりして、結構手間でした。 (ちっとも簡単じゃないじゃないかーーー!)
で、なぜ着画も撮ってるかというとー。

パンツもリメイクしてるからです。
最近はやりのワイドパンツ。 GUのお買い得品(なので激安)を見つけたんで、おばさんにもおかしくない程度に裾巾直しちゃいました。生地がなかなか良いので、これで作れれば、布買うよりも安上がり。るん♪
若い子のって、すんごいよね。 袴か?と思うわ。トイレ行けないわ。

それにしても、(適度な)ワイドパンツって楽だわ~ww
もう、ジーンズ履けないかもーー。







[PR]
by vinge | 2017-07-26 13:43 | 作る | Comments(6)