人気ブログランキング |

やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

うまこゆるなんとか

a0158478_13473811.jpg
緑色が少しずつ抜けていく


3連休のいいお天気だった日に撮った一枚。
夫は村の秋まつりで3日間飲んだくれておりましたの。 役員もあとちょっと。

今年はこの役員仕事のおかげで、休みは潰れるし、急な出費もあるしで大変な一年。
「家電話」なんか普段は勧誘の電話しかかかって来ないし、もう取り外してしまおうかと思っていた矢先にこの仕事。
電話本体も古くて時々聞こえなくなる事態が発生して、子機の充電池を取り換えてみたりしてなんとか使ってた。
これであと半年もってくれれば、役員さえ終わればと思ってたのにー
先日掛かって来た電話で応答できなくなり、夫が携帯で掛けなおしたらその話がむっちゃ長い!
5分? 10分?? 20分????・・・・・・・おいおいおい! 

約1時間してようやく切れて、速攻で夫連れて電気屋へ走ったわw
ふざけんな! こんなことがもう一度起きたら家電が2台買えるわっ!!

というわけで、通話料金と同じくらいの値段の電話機購入。
呼び出し音の種類が豊富だけど、夫がオーソドックスなのがいいというので設定したけど、どの電話もそれなので鳴ってると
「携帯?」「電話?」「テレビの中?」とややこしい。

電話機の前にはプリンターが壊れて買いに行ったばかり。その前には洗濯機。
量販店のお店なのに、店員さんと顔なじみになりそう。

a0158478_11072989.jpg
雨続きで稲刈りが進まない。

ほんとによく降る9月。
家の前の田んぼも、連休にお孫ちゃんもきて一家総出の稲刈りだったのに途中でやめてしまった。
どうも、田んぼがぬかるみすぎてバインダーが動かなくなったみたい。 
はざかけした稲もぐっしょり濡れてお米どうなっちゃうんだろう。
野菜も徐々に高騰してるしね。 
次の台風が少しでもそれてくれることを祈る。

a0158478_11172962.jpg
杏のケーキ
あまくてすっぱくておいしっ♪
昨年漬けた杏のシロップ漬けの瓶の蓋が開かなくて一年半!
いい感じに漬かってたwww

3連休にはPも帰省してた。
「ちょっと生活を取り戻したい」といって帰宅。
迎えに行った駅で一目見るなり「やせた?」って言ってしまったほど、夏よりもすっきりしてる。
とはいえ、大学受験の終わった頃と同じくらいなんだけど、その春の健康診断で呼び出されて「ヤセすぎ」といわれた体重。
部活で大食漢の仲間につられて一時期はふっくらした時もあるので、そのころと比べてしまうとすごく痩せてしまったように見える。

3日間寝たいだけ寝て、食べたいだけ食べるという日を過ごして火曜日の朝。
「どう?少しは体重増えた?」と聞いたら「そうね、服着てるけど1キロほど」ときいて、ちょっとほっとして送る。

家に戻って母も体重計に。

なるほどね。 おなじだわww  (ダレカツッコンデ~)













by vinge | 2018-09-27 11:06 | つれづれ | Comments(6)

September rain

a0158478_09584957.jpg
秋桜には青が合う


秋桜っちゅうのは、茎の細さのわりに大きな花が乗っかって下から見あげると皿回しのようだね。

というわけで、9月は雨ばっかり降ってるのでこんな晴れ間があったなんて一昨日のことなのに忘れそう。
そしてさむい。一雨ごとに寒い。一か月前のあの暑さもとうに忘れました。
でも頑張って夏の思い出(?)もちょっと書いておこう。


直売でとても安く「しろうり」が売られているのを見てつい買ってしまった。

子どもの頃、粕漬けの季節になるとよく手伝わされた。 
漬物はなんでも大量に漬ける。
切って種を取る。塩を盛る。 塩漬けしたものを干す。粕を練る。 
種を取る作業は最初は楽しいのに、10,20と続けていくうちに飛び散る種と汁でべとべとになりながら飽きてくる。塩は夏の虫刺されあとにしみるし、粕はクサい。おまけに酔う。
大きな樽に漬け終わった後は、もう見るのも嫌になっている。

粕漬けがおいしいなんて思ったのは最近のこと、昨年は夏のきゅうりが採れすぎて、おおぼけに育ったものを捨てるのももったいないからと粕漬けにしたら思いのほかおいしくできあがり、ちょっとづつ食べてこの夏までもたせ、酷暑のお茶漬けには最高だった。

で、今年は夏野菜ほとんど作らなかったし。 「瓜」ってこんなに安いんだ?と つい。

8月の終わりに、ほんのちょっとだけ漬けようと数本買って塩漬けして、水が上がったからいいかと安心してたら大間違いだった。
雨が続いて干せない。「今日こそ!」という日に重しをはずしたら・・もう水が濁って半分融けかけてた。(涙)
ああ・・やっぱやめときゃよかったかなあ?? 瓜の逆襲・・涙涙

でももう粕も買ってあったし、まだ瓜は売られてたし、また数本買ってきてやり直し。今度は塩きつめ、漬ける時間も短く晴れてもいないけど雨でも無い日に干して粕に漬けた。なんとかなってくれいっ!

今年は梅も「カビ」が発生したし、そういえば「味噌」はどうなったか? 
気にはなっているけど、廊下に置いた味噌桶はまだ一度も蓋を開けていない。
猛暑の間ずっと気になってたけど怖くてwww

で、先日意を決してそっとのぞく。
お! 
カビてない!!!

たぶん。←

まだ6カ月だし、今年はもう少し寒くなるまで待とうと思うのね。(昨年はもう食べ始めてたけど)
あの暑さを乗り切ってこの状態なら大丈夫じゃなかろうか?

大丈夫と言えば、六月に仕込んだこれはおもった以上に美味しくなった。
a0158478_11030667.jpg
スグリのお酒

これも漬けてから検索してたらみなさん丁寧に作ってるのね。私ほんといろいろが雑。
雑だったけど、なんとか。(汗)
赤毛のアンで「イチゴ水」と間違えて飲ませた「葡萄酒」というのは、葡萄でなくてこの「ふさすぐり」を発酵させたお酒なんだそうで。
これはホワイトリカーで漬けこんでるだけだけど、確かに「イチゴ水(原文キイチゴ水)」のような味になってる。とてもおいしい♡
でもとても甘いので寝酒にして胸やけがしたわw

a0158478_11145490.jpg
かわいいこだね

干上がった夏の庭が、生気を取り戻してきた。 枯れたと思ってたものに花が咲いて、虫たちが戻ってくる。

人間のほうは、もう「おこたつ」が恋しいw
あともう少し晴れた空が見たい。








by vinge | 2018-09-21 11:21 | つれづれ | Comments(4)

痕跡

a0158478_11183763.jpg
秋になってテラスに戻ってきた外猫たち


猫は危険を察知すると、狭くて暗い場所にもぐりこむ。
先日の突然の豪雨の時に、たまたま目撃したのは隙間10cmもないような物置の下にもぐりこもうとしていた「みけ子」
おいおい何もそこじゃなくても安全な場所はほかにありそうなものを。(裏の物置はそのためにわずかに開放しているのに)

酷暑の夏が過ぎて、庭のあちこちにそんな猫たちが避難して寝ていた場所を見つける。
小さな体が押しつぶした草の跡。
そこにいた証


酷暑の痕は、人間のほうにも現れる。
いささか疲れてきた。
8月の合宿ラッシュが終わって、次は宴会ラッシュ。 
稼働率200%の人が、相変わらず元気で(←) ほんと、もーうるさい。

仕事は好きだと思う。じぶんてこんなに「会社人間だった?」って思うほど、仕事内容に関してを常に考えてることに呆れる。
こんなにのめり込むようになったのは、所属長があらゆることを任せてくれて、アイディアを取り上げてくれるようになったからで
「パートさんは言われたことだけやりゃいいの」というかつての職場を変えてくれたから。


先週、とある書類から私のいる部署の数人の名がそっくり外されていて(まー。削られててもなにも問題にもならない書類ではあったけど)
社内には、いまだに数人「たかだかパートの名前だからいいんじゃないか?」という態度をとる人がいて度々嫌な思いをする。
しかし、やはりミスであって指摘が入り、しかも200%男その人のやったことであったから、その部下が謝りに来た。
なので「つまり、あなたと200%男(とは言わないが)は私たちをその程度に認識していると受け取りました」と冷たく言い返してやった。

なにむきになってんだろ。

疲れ果てて、ベッドに体がめり込んでるんじゃないかってくらいに眠りに落ちる日があって。
翌日、鉛のように重い体を起こして、もう体力的に無理かも。
どんなにこういう仕事が好きでも、こんな日が続いたら止めたほうがいいかも。
やっぱり、たかがパートだし。いなくなっても困りゃせんだろ。 ほら。自分でもそう思う。


年に一度の地域交流社内開放の日。
私は今回イベントに参加しなくてもよいことになって、お客さんとして行くことはできる日。
行かないでいようと思ったけど、近所の人に誘われてしぶしぶでかけた。
ものすごい人出、こちらは私服だしそうそう気づかれもしないだろうと思ってたら、あちこちから声がかかる。
職場の人、寮にいる若い人、結婚して出た人、時々出張で来る人。あれ?こんなに知り合い増えてたっけ?てかんじ。
あっちに手を振り、こっちで「久しぶり!お疲れ!!」って声かける。
エレベーター待ちの時ふいに目の前に現れた男性が両手のお菓子を私に差し出して「先日の懇親会ありがとうございました!」という。
「だれだっけ??」と名札みて、あ‼本社の偉い人!!と慄いた。(いや慄くほどでもないが、私を知ってることに驚く社内なんばーつーくらいのひと)
初めて会話して、私も企画した内容をホメてもらって「みんな大満足でしたから、次はさらに参加者増えそうです」といわれた。(えー)



子会社のさらに隅っこの隅っこで働くただのパートのおばちゃんなのに。
私もこの職場のそれぞれの人の中に、何かの痕跡を残せているのかな。
もう少しだけ 頑張れるかな。


a0158478_17274490.jpg
「ががいも」の花
フェルトのような花が可愛い

晩秋に夢のような綿毛を撒き散らそう







by vinge | 2018-09-08 12:22 | つれづれ | Comments(8)

祈る

a0158478_15221112.jpg

次から次へと、いろいろなことがおきて

離れている人たちのことを想う日々

みなさん、どうか無事でいてください。


何事も無いことがいかにありがたいことなのかを思う日々

どうか今日一日が無事でありますように

願うことはただ一つ







by vinge | 2018-09-07 15:37 | つれづれ | Comments(0)