やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

梅雨入り

a0158478_08342037.jpg
「いくら泣いても雀の涙」
に もらい泣き w

(とはいえ、フラれて泣きつく背中がたけるんってとこが少女漫画すぎてw)


普段 遅寝遅起きの夜型生活で「朝ドラが目覚まし」くらいが起床時間だったのに、
ここ二日くらい5時台に目が覚める。
なぜなら掛け布団を冬用から夏用に替えたから。
冬用の間は枕もとに寝ていた猫が、薄掛けになったとたん足元の布団の上に移動するんで重いのなんの。
朝方ちょっと寒いと思って布団をかけ直そうにもびくとも動かないんだもの。
重い!!どけっ!! 布団よこせ!! ああっ!起き上がって人の上で丸まり直すのやめてっ!!
とやってるうちに、すっかり目が覚めちゃうというわけw

a0158478_08581423.jpg
「ボクは重くないですよ?」

そーねー(怒)



仕事で来週1週間のお休みをとった。
そういうまとまった休みをとるシステムがあるんだけど、ここ2,3年人手不足でそれどころではなく
ま、他の人のように子どもの長期休みに合わせたいとか、行事があるからとか、そういう理由もないから普通の有給すら取らず
にいたのだけど、
若い人たちの時間調節で人手不足も解消、そしてその人たちが「くまたろうさん休みとってください!」
と言ってくれるので、本当に久しぶりに休むことにした。
なんだけど・・
その週にイベントが重なってしまって所属長がしばらく前から「あー」だの「えー」だの言うんだよね。
休みはとっちゃいけない!という決まりはどこにも無いから「いいよ。休んでいいよ」と表向きは言うけど
どこか「察しろよ!」てきなニュアンスをもあもあと漂わせてくる。
それがどういう理由からかは私も分かっている。 ここは所属長に忖度すべきかどうかでしばらく迷ったんだよね。
いやー。本音を言えばそこまで頼られるのは悪い気はしない。私もやりがいのある仕事だし。
でも、そんなこと言ってたら休めないし、そもそも私じゃなきゃできない仕事ってわけでもなければ、ほかの人にも引き継がなきゃならないことなんだし・・・
と迷ってぐずぐずしているうちに、若い人が
「そんなに私たちじゃダメなんですか?(所属長は)信用してないってことですか?」と怒りだしてしまい(そりゃそーだ)
こりゃ、忖度の方向を変えねばと思った次第 ←

というわけで、今週は引き継ぐ内容をすべて絵にして文にしてという作業中。
全部済ませたら、来週は思いきり遊びますぞっ!!






[PR]
# by vinge | 2018-06-06 09:57 | つれづれ | Comments(8)

増殖中

a0158478_11000823.jpg
6月に入りましたよー

梅雨入り間近かな



先週くらいから、忙しく巣箱に出入りするシジュウカラのペア
巣材を運んでいるようでもないし、餌をくわえてるようでもないのに、二羽で出たり入ったりしてる。

ここ2年くらい巣箱の掃除もしてないし、それどころか、この巣箱で雛が孵ったことが何年もない。
毎年様子を見にくるペアはいるけど、こんなに古い巣箱じゃ嫌だわって奥さんに嫌われてるんだろか?って思ってた。

でも、今回はそういう様子見とも違うようだから、ここに決めて2回目の産卵でもしてるんじゃなかろうか?
この時期は梅雨入りも重なって温めきれずに結局雛が孵らなかったなんてときもあったし、あの古巣じゃ雨漏りもしそうだし
もっと手入れしとくべきだったなあ~、最近鳥たちに関することがすっかりおざなりだったよ
なんて、少々後悔してたんだけど

今朝、夫が出かける頃一緒に庭に出て頭上がいやににぎやかだなと思ったら

a0158478_11114694.jpg
ありゃあああ!!

巣立ち雛だ!!

a0158478_11125414.jpg
なんと!君たちもう育ってたんかい!?


ざっと見渡して十数匹のヒナたちが親の声に従って森のほうに連れだっていった。

ああ、さよなら~  なんて早いお別れ~ 
というか。

そんなことになってたことを、なぜ気が付かなかったんだ? 雛の声にも気づかなかったなんて
毎日庭に出て巣箱の下にもいたのに・・感度が落ちるにもほどがある。
ああ、がっかりだがっかりだ。
あっという間に静かになってしまった庭に一人残されて落ち込む気持ち半分と、でも無事に巣立ってよかったなという気持ち半分で
まだ遠くで親子が鳴き交わす声を聞いていた

だがしかし

その数十分後


ふたたび、雄の大きな声が「つぴー つぴー」と聞こえるではないか! しかも!

a0158478_11240557.jpg
「いるわよ」
と奥様が

は? さっきの団体は何??

a0158478_11253502.jpg
↑さっきの団体の親はこちら↑



べつもんだったんかーーーーーーーい!!




やれやれwww
無事に孵るといいな♪ 
a0158478_11342756.jpg
赤いばらも咲き始めましたよ


[PR]
# by vinge | 2018-06-04 11:36 | とりのはなし | Comments(2)

楽園

a0158478_11022276.jpg
どこもかしこもばら祭り



「あついな」「さむいな」言ってるうちにもう5月下旬でした。

a0158478_09393488.jpg
バイカウツギが強く香ったその日は、こんな夏空が広がってた

a0158478_09444496.jpg

先日、蜘蛛の糸を見てたらその糸を回収している蜘蛛を発見。
虫を捕らえるためのべたべたした糸を、上手にくるくる手繰り寄せては丸めていく。
「鬼蜘蛛」がそういうことをすると知ってはいても
実際に見るとその巧みな動きに感動する

夜網を張って、朝に回収
最後の1本まで何一つ残さず巻きとっていった

「素晴らしいんだよ!」
と職場で話したら

「くまたろうさん何時間みてるんですかっ!日に焼けちゃいますよ!!」
だいじょうぶだいじょうぶ!
日焼け止めも塗ってるし帽子もかぶってるから
それにそんなに長い時間じゃないよ、結構早いんだよー

って、そんなこと誰も聞いてないし。

そもそもみんなが呆れてるのは日焼けのことじゃないし

だけどほら
a0158478_11452459.jpg
カマキリの赤ちゃんが孵化するとことか

世間がつまらないことでごたごたごたごた言ってる最中だって

こんな美しい瞬間があるんだよ?

a0158478_11493318.jpg

a0158478_11523531.jpg
梅雨入り前の小さい楽園にひたる








[PR]
# by vinge | 2018-05-28 09:52 | つれづれ | Comments(4)

風はどこから香るか

a0158478_10162758.jpg
立科町 標高709m地点


ゴールデンな週は足早に過ぎ去り、日常に戻って早3日目 寒いです。さむいでーーーーーす。

写真の立科町というところは、千曲川の対岸から見上げるとかなり高い台地にあるので、
もっと標高高いところかと思ったらそうでもなかった。 こちらの別所温泉とそんなに差がないわw
リンゴのおいしい産地です。

というわけで、連休中も相変わらず遠出するわけもなく。ぶらぶらと近間をぶらぶらといつもながらにw
Pは休みの後半に帰宅し、山の緑色を堪能して月曜日の朝駅へ送った。

学校のあるところだって十分に田舎で、緑豊かな街なのにやはりこちらとはグラデーションが違うのだそうで。

「風薫る5月というけど、あちらじゃ風は薫らないの」 と

むかし「風に音は流されるか?」と聞いた娘は、相変わらず風を眺めてる。



風を求めて見つけたあちらの景色

a0158478_10581078.jpg
五月 菜の花


もうじき誕生日で今年は年女のP。あらやだ、もうそんなお年ですって。ぷぷ。
髪を切って、ファッションにも気を使うようになって、ずいぶんお姉さんっぽくなったww

「誕生日だから服買ってあげる」と一緒にユ○クロで探したSサイズがどうにもゆるくてー
このお直しだけは致し方なしww











[PR]
# by vinge | 2018-05-09 10:17 | つれづれ | Comments(4)

2000万年前の海の底

a0158478_23062630.jpg


a0158478_23113874.jpg
a0158478_23143390.jpg


この前ここに来たのはいつだっけ? と思いだしたら、もうかれこれ20年近く経っていた。
 どうりで草木が伸びて だいぶ景観が変わりつつある。




とはいえ、目の前の地層は2000万年前の海の底。

a0158478_23182791.jpg

この小石は時を越えて海の音を覚えているか?



a0158478_23272355.jpg




[PR]
# by vinge | 2018-05-05 23:30 | おさんぽ・おでかけ | Comments(2)