やわらかな 日々

vinge.exblog.jp

mission!

a0158478_12541520.jpg
梅雨はどこ行ったんだー?



今朝のこと。
ドラマの中でたけるんが「結婚しよう」といい

すずめちゃんが「 無理だ・・」 と返事した時に、テレビの前の私を前足でつついて餌の催促した猫におもわず

「なんで?」 といってまった。


a0158478_13031350.jpg
「なんで?・・・っていわれましても・・」

い、いや・・きみに言ったんじゃあないんだけどね。だってねえ。 ぽりぽり



さて、いろいろあるですよ。 
先週末にようやく梅を採って来てもらったので梅仕事を。

a0158478_13163364.jpg
今年は、あまり成りがよくないの。大きさがまちまちだしキズものも多い。 
大きめのを梅干し用に追熟させて、残りの小粒なものは梅ジュース、梅サワーにした。まだ青いのは「青梅の砂糖漬け」に。

a0158478_13260991.jpg
夫実家で梅採った帰り際、ご近所から根曲がり竹をいただいてきたので、その処理も。
県の北のほうでは、筍といえばこれ。 3,40センチほどの長さがあるけど、食べるのは中の10cmほど。
あく抜きの必要もなく、水からゆでるだけ。 サバ缶とみそだけでつくる「筍汁」にする。

青胡桃の水を取り換えたり、手作業はいいよのう~  とか思いながら、
一人だけのお昼ごはんはお湯注ぐだけの「あれ」だったりする 爆 

作業の合間に、ぴんぽーーーーん♪とチャイムが鳴って、宅配屋さん。

箱を開けたら・・・

a0158478_13430735.jpg

さらなるmissionが届いたよーーー!
(裏に丁寧なレシピ付き-♪)

爆発しなかったけど、爆笑したーーー!!


ただいま、これをBGM に任務遂行中!


[PR]
# by vinge | 2018-06-26 13:53 | つれづれ | Comments(2)

フサスグリのリキュール!・ノチーノ!・キイチゴのジャム!そして追記!

a0158478_22545966.jpg
一袋100円の宝石


直売で売られてた「フサスグリ」があんまりきれいでついつい買ってしまったーw
3か月後には飲める予定。 きれいな色のお酒♡




というわけで、木の実三昧の季節です。

ネット友のAfricaさんと始まった「青い胡桃のプロジェクト」も3年目。
6月に入ったとたん、まずそわそわし始めたのが「夫」ww
何事も、よその奥さんのためとなると張り切るよなー 爆
今年はすごく近くで大きな木を発見したので楽々収穫、ほんとに胡桃の木だらけなのよね。

a0158478_00062651.jpg

胡桃の実は「砂糖煮」のためなのだけど、先日スペインの旅から帰ってきたばかりのAfricaさんから「一緒にお酒作らない?」
と誘われて、私も初挑戦「ノチーノ」作りです!

「ノチーノ」というのは、
6月24日聖ジョヴァンニの日に収穫した胡桃で「nocino(ノチーノ)」と言う胡桃酒を作る。
イタリアのモデナの伝統行事だそうな。(グルグルつばめ食堂より)

これ3年前に「砂糖煮」の話を聞いて、胡桃の砂糖煮は検索しても一つも出てこないのに「ノチーノ」はいくつか出てくる。
へー!と思っても、飲んだことないものにはちょっと腰が引ける。
ところが、実際飲んできたAfricaさんが「おいしい!」っていうんだから、これは作るしかないでしょ。うふふ。

a0158478_00071343.jpg
どんなになるかな?わくわくわくわくw

レシピはいろいろあるけど、わたしはAfricaさんのレシピ通り♪ そりゃあ本場仕込みだもん。しかもほっとけばいいんだもん♪
食後酒として飲むといいらしいし、アイスクリームにかけるとおいしいんだって。
これは一年数か月後の出来上がり予定。  うわー。いろんなお酒増えてくなー。(誰が飲むんだろーw)

なにしろ、これ以外にうちの食器棚の中には夫が作った「またたび酒」と、娘が作った「ニセアカシアのお酒」があって、梅酒はもちろん、いつのものかわからない「朝鮮ニンジン酒」もある。

そう。いろんな木の実やら花やら、採るのが楽しくて、作ってみたくて作るけど「飲んべぇ」がいないww  

それって大問題では?←

ということは置いといて。胡桃を取りに行った日、夫が「ついでに」といってそのまま山に駆け上がり(車で)

a0158478_00302032.jpg
「俺のパラダイス♪」

という場所は「木いちご」が山ほど実ってるところ。

a0158478_00321496.jpg
確かそんなこと言って昨年もいっぱいとってきて、まだ冷凍庫にいっぱいあるはず・・・・汗
また、小袋にいっぱいとってきたものの、さてどうしたものか? 木いちご酒? ではなくて。

a0158478_00392869.jpg
とりあえず、ジャムになりました。

冷蔵庫に桑の実のジャムもあるんだよなー

(誰が食べるんだろ?)
(実は、パンもあまり食べない)




 追記!  業務連絡!!


a0158478_11311052.jpg
Africaさーーーん!!

始めちゃったよーーーww

2週間後のレシピを教えてください! おねがいしますー♡




[PR]
# by vinge | 2018-06-20 23:11 | 作る | Comments(6)

明るく行こう

a0158478_22165877.jpg
今回の旅はカメラを持たずスマホのみ
写真へたくそか


 最近有名になりつつある小布施。土日ともなれば激混みらしい。
平日だったので、観光客もまばらで美術館もゆっくりゆったり。
ま、女子受けの可愛らしい小道なんか、整備されたの近年のことだもんね。町おこし頑張ってるなーって感じ。
何よりも、お店やボランティアガイドの人達がみんな優しくて親切で
駅からタクシーで宿泊場所へ行ったのだけど、タクシーのおじさんも「なんか話ししなくちゃ!」って一生懸命で
ぶどう畑から「シャインマスカット長者」の話に夢中になり、挙句の果てに到着場所間違えて玄関前にたどり着けず
場所を知っていた私が「大丈夫です。ここからいけます」と言って降りたのに、ずっと不安げな顔で見送ってくれてーww

田舎のおもてなし隊 まだ慣れてませんっ!! 爆  

お宿は小布施町唯一の温泉宿。温泉だらけの長野県だけど、ここは一軒しかないないのよねー。
そして、そんな温泉大国に住んでいながら、久しぶりの温泉!露天風呂!! 懐かし~湯の香り~~
旅館のお料理なども堪能し
そして、そして修学旅行のハイライトは夜を徹してのおしゃべりーーー!! (道中もずっとしゃべり続けてんのにw)
どんだけしゃべるんだ50代女子
ま、そうは言ってもお疲れの県外組が一抜け2抜け~ (笑)
残ったu-たんさんに、私が寝れないでいるんじゃないか?って心配されながらいつしか二人とも眠りに落ちたのでした。

翌日は小雨。
そしてやってきたのは、「夫」 でででーーん!
久しぶりのお出かけを心配してー ではなくて。 二日目はどうしたもんだろ?小布施狭いからほかにどこか行けないだろうか?
と、夫に相談したら「タクシー」してくれることになったのでした。(半強制)

晴れたら「山か?」と張り切ってたんだけど(夫が)お天気いまいちだし、またちょっと町へ寄りたいし~と、とりあえず

a0158478_23091425.jpg
岩松院 

北斎の描いた天井絵が有名。10年ほど前までは本堂に寝転んで見ることができたのに、今は微かな振動でも絵の具が落ちたりすることがあるので、椅子に座って見あげるようになっていて、監視のお坊さんなどもいらして観光客が多くなるとこういうことにもなるのね。
夫はここに来ると必ず話す思い出話があって、やっぱりのんのんさん捕まえて話してたわw 
しかも、話し足りなかったのかお寺の関係者にまで話してるしーーw  見て見ぬ振りしたけどね。←

次は、小布施を後にして長野市内の「水野美術館」へ~

a0158478_23273007.jpg
日本画中心の美術館で日本庭園が素敵。

3階まで上がって、最初の大きな木の自動扉がさーーーっと開くと 大きな屏風絵がどおーーんと現れて
「おおおおーーーーー!」と感嘆の声を思わず上げ、(擬音炸裂)
u-たんさんの解説に「ほおおおおおおぉ」と感心し  貸し切り状態で誰もいない館内でくつろぎながら鑑賞。
人がいないのは、おそらく昼時で1階のレストランに集中しているからだと思われ・・どちらかといえばそっちがメインだったりする美術館なのね。(ランチとセットの割引チケットなんかもある)
我々もそこでランチをという話もあったのだけど、ごちそう続きもなんなので近間の学食なんかどう?ということになり。
実は、ここはPの大学もアパートも目と鼻の先www(そして、夫は私たちを置いてさっさとpとランチデートに行ってる)
   私も「初学食!」
a0158478_23464440.jpg


 時間が遅かったので、ピークも外れて空いていて
 Pが言うには「社食と同じ」というのであまり期待せずに行ったのだけど
 なかなかメニュー豊富でした。
 ついメニューを写真に撮って職場に持っていこうかと思ったり。(仕事忘レテ!)


 食事後はいよいよみなさんとお別れ。この後、皆さんは松本に移動。
 駅にお送りするために一旦Pのアパートまで。

 夫とPが戻ってきたのと、アパートにたどり着いたのがほぼ同時。
 Pがいつになく女子力高めのスタイルだったのは、皆さんにお会いするせいか?と思ったら
 ちょうどその日に「卒業アルバム」の写真撮りがあったそうな。
 (言うまでもないが夫とデートのためでもない)


 50代半ばの私たち、積み重ねた時間は一緒でもそれぞれ違った人生で、そのドラマがいよいよ佳境に入ったところというところなのかな。
 自分の物語は自分で作るものだから、悲劇も喜劇も自分次第でどうにでもまとめられる。 
 なんて。たくさん語って思ったのでした。

 はー楽しかったー! みんなありがとね。 これからも頑張って(働く?)あそびましょ。(笑)

 
 


 
 
 

[PR]
# by vinge | 2018-06-17 00:45 | おさんぽ・おでかけ | Comments(10)

大人の修学旅行

a0158478_10122919.jpg
北信五岳を望む一日の終わり



最後に旅館にお泊りしたのはいつだ? と、記憶をたどってそれが「28年前」だと驚愕した本人でございます。
そんな28年ぶりのお泊り旅行に行ってきました。
同年齢の旅行と言えば修学旅行よねー。 はい。s38星人4人組 4人で集うのは・・・・3年ぶりいや4年?5・・??(記憶力!)

のんのんさんとバードさんが「小布施に行くよー」と誘ってくださって、やっと重い腰を上げました。爆
県内ならなんとか・・・・・苦笑

a0158478_10302547.jpg
小布施には小田急電鉄ロマンスカーに乗っていくんだよーw
(神奈川県ー!)

ま、なんですよ。寂れた地方電鉄の苦しさを逆手にとってお下がりの車両を活用し鉄オタの皆様を呼び込もうという発想。
大当たりしてるとは思えないが、夫はこれが一番うらやましいと騒いでおったわw
先頭の先頭には座れなかったけど、鉄オタでなくてもこれは楽しい乗りものでした。お天気もよくて遠くのアルプスもよく見えたし~
地元民の見慣れた車からの景色も全然違って見えて旅気分満喫!特急料金100円プラスするだけで乗れます!お勧め!

長野駅で松本から来られるu-たんさんとも落ちあってそこから長野電鉄で24分で小布施に到着 

a0158478_10500919.jpga0158478_10495402.jpg




















小布施という町は、県内で一番小さな町でしかもその半分くらいは栗畑とブドウ畑。
残りの半分が観光地で、それを駅前にぎゅぎゅぎゅっと濃縮させてつまってる街なのです。


観光資源は栗と北斎&中嶋千波
美術館と栗菓子で構成ww 
ここがなぜ北斎かというと晩年の北斎を「いらっしゃい~♪」と地元のお金持ちが呼んだからです。(と、今回の旅で知りました)
銭で呼びつける地方の豪商にも驚くが、銭に呼ばれて80過ぎて山越えてくる北斎にも驚くわw

と、こんな下賤な感想を持ちつつ歩くのは私だけで、他の3人は純粋に北斎と女子受けする街並みを楽しんでおられました。
いや~。でもほんときれいなんですよ。裏道やちょっとした小道なんかを巡るのは。
そしておいしいものがいっぱいで、見てるとあれもこれも食べたくなるーー(ここが女子)
その中でもこちら↓
a0158478_11121544.jpg
これがおいしくてねー。翌日また買いに行ってしまったという福栗焼き。一言で言えば大判焼きの栗バージョン。でもちょっと違うの。
これは「これ」でしかない。お立ちよりの際にはぜひご賞味ください(マワシモノ)
思ってたよりぼりゅーみーなので、半分コして食べたんだけど、これのおかげで「小布施に行ったなら絶対食べたいモンブラン!」が食べられなくなりました。次回のお楽しみデスネ

一日目は、小布施ミュージアム(中嶋千波館)~お蕎麦屋さん、高井鴻山記念館、北斎館、日本のあかり博物館などなどを巡り
宿に向かったのでありました。

長くなるのでつづく


[PR]
# by vinge | 2018-06-16 11:12 | おさんぽ・おでかけ | Comments(4)

豆豆豆まき

a0158478_14414307.jpg
当ブログ、出番の少ない「こつぶ」

いまだ人に慣れないのねーw


休暇も真ん中、さわやかに晴れて気持ちいいお天気。
やっと職場からの電話もなく家のことに没頭。 あちこち掃除して換気扇も磨いた。
システムキッチンの扉の取っ手を取り換えたり、リメイクシート張ってみたりしてちょっとだけリフォームした。

昨日はそんなことしてたら急に雷雨で真夏の夕立みたいにさっと降って、すっきり晴れた。

a0158478_15053981.jpg

今年は、借りてる畑を少し休ませようってことで、トマトなんかは植木鉢で育ててる。(こつぶがくっついてる植木鉢)
なんにも植えないんじゃなくて、豆を主体にしようとしてて、地元の「こうじいらず」という大豆を準備。
在来種でも、このあたり一帯でしか作られていないらしい。
大きくてとてもよい豆で味噌用にするの。
ただ、育てるのがちょっと難しいともいわれてて、夫が丈夫な苗を作る方法を調べてきて試してるところ。
発芽させてから、根も芽も切ってポットに分けて差す。
そんなことしちゃって大丈夫なんだろうか?と思ってたけど、ちゃんと本葉も伸びてきた。
「麹いらず」のほかにも、昨年の「黒豆」と「鞍掛豆」もすこしづつ。
黒豆は去年のがまだ残っていて、なかなか煮るのも手間だと思ってたけど、炒って「黒豆茶」なんかにするものいいらしいから、こんどやってみよう。

a0158478_15244087.jpg
こちらはそら豆

そら豆は、春先に買ってきた苗を数本植えておいたので、いま収穫期。
ほんのわずかだから、毎日ちょびっとづつ採ってきてはゆでて食べている。 採りたてがほんとーにおいしい♡


今日は、また仕事も少し。
明日がイベントでどうしてもやらなければならないことがって。ちょろっと会社へ。
いやー。近すぎる職場って便利なんだか、こうやって未練がましく出入りしてしまうところがちょっとね。(未練かー?)

a0158478_15275514.jpg
メニューボード書き

もっとかっこいい字が書けないもんかなーw
でも、もう最近はこれがとても自分っぽいとは思う。
結局こんな感じなんだ

ちゃらんぽらんなかんじ (爆)


さて!明日はお出掛けだよーー!
















[PR]
# by vinge | 2018-06-13 22:12 | つれづれ | Comments(2)